最終更新日:

同僚からのパワハラが辛い!実際の事例と同僚間パワハラの解決方法

どうすればいいの?同僚間のパワハラへの対策法 具体的な事例も

「同僚からパワハラを受けている」
「同僚間のパワハラへの対処法は?」

世間で話題になるのは上司から部下へのパワハラが多数派ですが、近年は同僚からのパワハラに悩んでいる方も多いです。

パワハラに対応可能な窓口や第三者機関へ相談すれば、同僚間のパワハラは早期解決が可能

今回は同僚間におけるパワハラの定義やパワハラから解放される方法、職場で起こったパワハラの事例を解説します。

同僚間のパワハラで悩み、解決策を探している方は必読の一記事です。

お悩み別サービス
職場を辞めたい→退職代行サービス
まともな企業に転職したい→転職エージェント
向いている仕事を探したい→適性診断

【同僚?上司?】パワハラの定義

パワハラは上司と部下の間だけではなく、同僚間でも発生しうる問題です。

優位な立場や権力を使って業務の範疇を超えた干渉・嫌がらせをし、精神的・肉体的苦痛を与えるのがパワハラの定義。

パワハラに当てはまる加害行為を客観的視点で見つけるには、厚生労働省が提唱するパワハラの6分類が参考になるでしょう。

分類 パワハラ行為の例
身体への攻撃 相手を肉体的に傷つける、物を投げつける
精神への攻撃 長時間の執拗な叱責、人前での威圧的な叱責
人間関係からの切り離し 同僚と隔離、仲間外れにして無視
過大要求 業務上明らかに不要な作業や遂行不可能なノルマの強制
過小要求 合理性なく程度の低い業務を命じる
個の侵害 相手のプライベートを暴露、嫌がらせ行為
分類に当てはまらなくても、大きな苦痛を感じていればパワハラと判断される余地があります。

パワハラ・いじめに正当性はない

同僚からのパワハラ・いじめは相手を傷つけ、尊厳を著しく損なわせる行為です。

互いの意思や意見が食い違ったなら、議論や対話で問題解決を図るのが社会人としての正しい振る舞い。

単なる個人間の揉め事だと過小評価するのはおすすめできません。

パワハラ・いじめは、加害が認められた時点で同僚間でも犯罪行為として訴訟が成立します。

加害者は利己的な思考で正当化を図りますが、許される理由はないと認識しましょう。

同僚から受けたパワハラへの対策

同僚からのパワハラは、上司・部下と比べると権力や立場の差が明確ではありませんが、精神的・肉体的な被害を受けたかどうかがパワハラの有無を判断する大きな基準です。

上司と企業には職場を適正に管理する責任があるので、恐れずにまずはパワハラ被害を報告しましょう。

ハラスメント窓口への相談

パワハラが社会問題化し、人事部総務部にハラスメント窓口がある企業も増えました。

職場環境を悪化させるパワハラを放置すると企業全体にも損害が出るので、同僚間の些細な問題も被害が軽いうちに相談してみてください。

上司・先輩・同僚に相談

パワハラに加担する人間が少ない職場では、周囲に相談するのも有効です。

先輩や直属の上司があてにならないなら、より立場の強い、または他部署の上司に相談してみるのも一つの手段。

まっとうな感性を持った相手を見極める必要はありますが、事前に相談・根回しをしておくと、加害者と揉めても有利に立ち回れます。

弁護士や警察など社外の機関に相談

同僚からのパワハラが深刻さを増すと、会社内の人間が信用できず、対応しない会社にも失望を感じるようになります。

味方がいない状況が続いた被害者はマイナス思考に陥り、パワハラが加速する悪循環が完成するでしょう。

被害の悪化を防ぐには、被害を記録して都道府県労働局、弁護士などの社外の機関に相談するのが有効です。

被害内容を整理せずに相談しても、具体的な解決策は得づらいです。メモボイスレコーダーで証拠を集めましょう。

訴訟

話し合いに応じずパワハラを繰り返す加害者が係争・訴訟に発展する前に自省する望みは薄いです。

訴訟をすると加害者だけでなく管理・監督を行った会社にも責任が及ぶので、勤めている職場では快適に過ごせないかもしれません。

深刻な被害を受けて訴訟した側の視点でも、会社や周囲と信用関係を再構築するのは難しいのではないでしょうか。

訴訟や揉め事を起こさずにパワハラの被害を避けたいなら、早めに今の職場から離れるのが最善の策です。

同僚のパワハラが辛いなら退職代行も検討

相談をしても同僚間のパワハラが解決せず、退職・転職を考える方は少なくありません。

「パワハラが理由の退職だと会社に言い出しづらい」「そもそも上司が取り合ってくれない」職場もあるでしょう。

同僚からのパワハラがある職場を早く退職したいなら、退職代行サービスを利用しましょう。

退職代行サービスの違い

退職代行サービスには一般業者、労働組合、弁護士の3タイプがあり、それぞれ対応可能な範囲が異なります。

一般業者 労働組合 弁護士
有給交渉 ×
未払い請求 × ×
損害賠償対応 × ×

有給交渉だけなら、労働組合の方がリーズナブル。未払い請求も希望する方は弁護士の退職代行サービスへ依頼しましょう。

料金は約3~5万円と決して安い金額ではないものの、面倒なやり取りなしで同僚間パワハラの苦痛から逃れられます

業界最安水準の退職代行サービス

退職代行モームリ 退職代行ネルサポ
退職代行サービス
依頼費 ■正社員・契約社員
22,000円
■アルバイト
12,000円
■キャンペーン価格
一律22,000円
■リピーター限定
一律20,000円
相談窓口
電話
メール
LINE
相談料 無料 無料(相談は回数無制限)
特徴 業界最安水準
弁護士監修
労働組合が運営
最安値挑戦中
弁護士監修
退職成功率100%
無料相談

労働組合の退職代行サービス

退職代行Jobs(ジョブズ) 退職代行ガーディアン
退職代行サービス
依頼費 ■安心パックプラン
退職代行+労働組合

29,000円
■シンプルプラン
退職代行

27,000円
一律29,800円
相談窓口 電話
メール
LINE
電話
LINE
相談料 無料 無料
特徴 顧問弁護士監修
労働組合と連携
現金後払いOK
追加費用なし
東京都労働委員会認証の労働組合法人が運営
追加費用なし
無料相談

【同僚間パワハラ】転職を成功させるコツ

パワハラで退職を選択した場合、次は少しでも自分に合った職場に転職したいですよね。

転職する前に仕事の適性診断

転職活動を始める前に仕事の適性を把握すると、自分に向いていない職場を回避しやすくなります。

仕事の適性を診断するなら、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、簡単に向いている仕事を確認できます

同僚間パワハラに悩んだら適性検査(※会員登録完了後に診断できます)

リクナビNEXT

求人6万件超!スカウト機能あり
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

転職エージェントで同僚間パワハラのない企業に転職

転職エージェントは転職活動で手間のかかる作業をすべて無料で代行してくれる存在です。

自分一人では知りえない企業の内部情報や人間関係も教えてくれるので、ミスマッチを未然に防げます。

転職エージェント_サービス一覧

取り扱い件数が多い業種・職種やサポート内容は各社で異なるので、自分に合う転職エージェントを選びましょう。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

おすすめの大手転職エージェント

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
求人が幅広い
営業職に強い
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

若手向け転職エージェント

マイナビ
ジョブ20’s
DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 20代 18~35歳
主なサポート対象者 既卒・第二新卒・短期離職者など 既卒・第二新卒・短期離職者など
支援実績 年間約3万4000人が登録 経験が浅い若年層を積極支援
特徴 20代専門
ポテンシャル採用中心
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
簡単登録
(無料)
ハタラクティブ 就職Shop
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 フリーター、既卒、中卒も可 フリーター、既卒、中卒も可
支援実績 6万人以上の支援実績 利用者累計10万人超
特徴 就職成功率8割3人に2人が未経験職種に転職 書類選考なし
優良企業1万社
最短7日で内定
簡単登録(無料)

ハイクラス向け転職サービス

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
転職
サービス
弁護士の転職に強い転職エージェント「ビズリーチ」
弁護士の転職に強い転職エージェント「リクルートダイレクトスカウト」
主な年齢層 30~40代 20~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
年収500万円以上の転職者
ハイキャリア
管理職クラス
年収600万円以上の転職者
入会審査 あり なし
実績 年収1,000万円以上の人から支持される転職サービスNo.1 転職時の平均年収900万円
特徴 ベンチャーから大手まで幅広い
求人の1/3が年収1000万円
企業からの面談確約スカウト
完全無料
大手求人多数
年収800~2000万円求人多数
一流ヘッドハンター指名可
簡単登録
(無料)

同僚から受けるパワハラの具体的な事例

パワハラとは、身体的・精神的苦痛が伴う嫌がらせを指す言葉です。

実際にあった裁判事例と判決を確認して、同僚間パワハラへの理解・対策を深めましょう。

同僚からの暴力行為

  1. 被害者A(衣料小売り店舗の代行店長)は店長Bのミスを日誌で指摘(「反省してください」との文言があった)
  2. 情報共有の日誌の場での指摘に対し、店長Bはさらし者にされたと感じた
  3. 店長BはAに問いただし、Aの態度に激高。怒りからBはAを殴った

暴行により、被害者であるAは医療機関で診察を受け、PTSDとの診断を受けました。

● 被害者Aは診察後、管理部長Cに対し暴行事件の報告書の開示を要求
● 管理部長Cは被害者Aを恫喝する内容の発言をする(Aは診断書の提出および面談に応じなかった)
● 被害者Aは店長Bと管理部長Cを告訴の後、勝訴(損害賠償を勝ち取る)

この事例では、「暴力」と「暴言」がパワハラと認定されています。

被害者Aが問題解決のための要求に全く応じず、問題のある態度を取ったのは事実です。

管理部長Cが怒る心情を理解できる方も多いかもしれませんが、暴力や恫喝に訴えた時点でパワハラとして扱われます。

事の発端となった「反省してください」の文言自体もパワハラになりえるので、パワハラを受けたと感じた際は冷静に対応しましょう。

先輩によるパワハラ

  1. 被害者Cは土木建設会社の養成社員。道路工事の作業所に配属された
  2. Cは加害者の先輩Eから日常的に威圧・暴言・理不尽な労働の強制を受け、残業や徹夜を強いられていた
  3. 上司のG部長は勤務時間中にパソコンゲームに没頭し、必要な措置を講じなかった

この事例の原告は、C本人ではありません。

飲酒後の加害者Eを車で送迎する途中で被害者CはEと共に交通事故で亡くなったため、被害者Cの両親が原告となりました。

目の前で起きていた同僚間のパワハラを無視した上司の管理責任も問われ、原告は勝訴。

理不尽なパワハラに耐えても結果が好転する保証はありません。

パワハラを受けている方・パワハラの現場を見ている方は、深刻な事態を招く前に今の環境を変えるのをおすすめします。

会社の同期によるパワハラ

  1. 加害者Iと被害者Hの入社日は2カ月差
  2. Iはグループ会社の役員になる予定で、Iの立場は上司ではないがHより優位だった
  3. Iは優位性を悪用しパワハラを行なった

会社からの評価が高く、後ろ盾を持った同僚によってパワハラが起こった事例です。

● 業務に関係のない領収書整理をさせ、従わないと暴言を浴びせる
● 社内メールで被害者の人格を性的にも中傷する名誉棄損行為
● 役員や同僚が集まる中で被害者に暴言
● 業務外の用件で深夜に長時間の電話を強要

Iの行為はHに精神的苦痛を与えたと認められ、被害者Hは勝訴しました。

肩書は同僚であっても、なんらかの優位性とパワハラ行為が認められれば加害者の糾弾は可能です。

同僚による陰湿かつ執拗なパワハラ

  1. 被害者の女性Jは、同僚の女性社員7名から長期間にわたって執拗かつ陰湿ないじめを受けた
  2. 加害者集団による職場いじめは、周りに気づかれにくい形で行われた
  3. 被害者Jは上司に相談したが、会社は対応せず。のちに被害者Jは精神障害を発症

被害者の女性Jはパワハラにより精神障害を患い、自治体の療養補償給付を打ち切られたので自治体に対して訴訟を起こしました。

パワハラを行った加害者集団や管理責任を行った企業への損害賠償訴訟を起こしていませんが、訴えればほぼ勝訴できる内容でした。

● 男性上司(課長)から顔を殴る真似や跳び蹴りの真似といった嫌がらせを受け、見ていた部長は注意しなかった
● 日常的に人格を否定する誹謗中傷があった
● 加害者集団は、勤務時間中に被害者への中傷メッセージを送り続けた

被害者の受けた絶望感と精神的苦痛は計り知れません。

上司や会社がなんら必要な措置を講じなかったのも、同僚からのパワハラ被害が深まった大きな要因でもあります。

被害者は長期間にわたる執拗かつ陰湿な精神的攻撃で心理的に疲弊し、判断能力が低下していたと考えられます。

パワハラ・いじめを受けたら、精神的苦痛がまだ軽度で正常な判断ができるうちに対応するか、社外の第三者に頼るべきでしょう。

同僚間のパワハラは我慢せず相談を

同僚からのパワハラに晒されて「自分が我慢すればいい」「自分が悪いんだ…」と考える必要はありません。

同僚間のパワハラ・いじめの解決は上司、ひいては会社の責任です。

同僚からパワハラを受けたら、上司や先輩、社外の機関に相談・報告をしましょう。

速やかに職場を辞めたいなら、退職代行サービス転職エージェントを利用するのも一つの選択肢です。

身勝手な理由でパワハラを続ける加害者のせいで心身を壊す前に、どうか一歩を踏み出してみてください。

【万人向け!大手転職エージェント】
リクルートエージェント
doda
【若手向け転職エージェント】
マイナビジョブ20’s
DYM就職
ハタラクティブ
就職shop
【ハイクラス層向け転職サービス】
ビズリーチ
リクルートダイレクトスカウト
お悩み別サービス
職場を辞めたい→退職代行サービス
まともな企業に転職したい→転職エージェント
向いている仕事を探したい→適性診断

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事