最終更新日:

web企画ってどんな仕事?web企画への転職を確実に成功させる方法

「web企画の仕事内容は?」「web企画は他の企画職と何が違う?」「web企画に特別な経験やスキルは必要?」

“企画職”には馴染みがあっても“web”には馴染みが薄く、web企画の業務をイメージしにくい人も少なくありません。

web企画への転職はweb業界での実務経験があれば有利ですが、webの解析技術やコンテンツ制作スキルが高ければ転職は成功します。

今回はweb企画の仕事内容や必要な経験・スキル、web企画に転職する注意点からweb企画の将来性まで詳しく解説していきましょう。

web企画への転職が有利になる「転職エージェント」もご紹介します。

あなたが「web企画に向いているか」適性診断するにはこちら→

web企画の仕事内容

web業界の企画職は、webサイトの企画に携わる仕事です。

厳密にはwebサイト以外のwebサービスも含みますが、昨今はwebサービスの大半をwebサイトが占めるため、手掛けるのは主にwebサイトになります。

web企画の業務パターン
・自社サイト運営のためのweb企画
・外部から依頼を受けてのweb企画
・企画からコンテンツ制作まで担当
・企画のみでコンテンツ制作は外注

web企画は上記のように様々なパターンに応じて、webサイト全体の設計やコンテンツを決定して業務を進めていきます。

企画だけにとどまらず、コンテンツ制作にまで携わるケースも多いです。

web企画の仕事を自分で探したい人はこちら→
(※会員登録すると求人に応募できます)

web企画の役割とフロー

webサイトは収益の基盤を担うため、web企画は収益に直結します。

サービス内容に問題はなくても、webサイトでのマーケティングがうまくいかずに売り上げが伸びないケースは珍しくないでしょう。

具体的な作業フローは人によっても日によっても様々ですが、web企画職のざっくりとした1日の仕事の流れは下記の通りです。

◆web企画職の1日の仕事の流れ一例
09:00 1日の作業内容整理
09:30 ミーティング
10:00 webサイトに必要なコンテンツを洗い出す
13:00 web企画メンバーで必要コンテンツのミーティング
14:00 サイトレイアウト作成
17:00 進捗ミーティング
19:00 帰社

web企画に求められる経験

web企画は未経験でも応募できますが、下記の経験があると転職に有利です。

web企画と相性の良い業界・職種

web企画が未経験でも、web業界での経験はweb企画でも活かせます。

  • webライター
  • webエンジニア
  • webディレクター

例えば、ライターをしながらコンテンツ全体の企画を担当した、エンジニアをしながらレイアウト全般やSEO対策にも携わった、ライターやエンジニアのディレクション経験などがあればかなり重宝されるでしょう。

webサイト制作に関わった経験+上流工程から携わっているとより有効です。

自分が「web企画に向いているか」診断するにはこちら→

web企画に求められるスキル・資格

web企画には、ユーザーのニーズに応えられる知識や能力が求められます。

web企画に求められるスキル

web企画に必要なスキルは以下の通りです。

  1. webサイトを制作するジャンルの知識
  2. Google検索エンジンの知識
  3. ユーザーのニーズを満たす制作スキル

Googleの検索エンジンに対する最低限の知識がなければ、制作したサイトがペナルティを受ける可能性もあります。

基本を押さえているのは大前提で、携わるサイトのジャンルの知識やユーザーニーズへの柔軟な対応力をアピールできれば高く評価されるでしょう。

web企画に求められる資格

web企画に必須な資格は特にありませんが、以下の資格があれば重宝されます。

  • Googleアナリティクス個人認定資格
  • AdWord認定資格
  • Yahoo!プロモーション広告プロフェッショナル認定試験
  • ウェブ解析士
上記資格は採用のプラスに働く他、クライアントからの信頼性の向上、今後の自身のキャリアアップにも役立ちます。

web企画の注意点

本当にweb企画の仕事が自分に合っているか、web企画を目指す前に確認しておいた方が賢明です。

web企画に不向きな人の特徴

  • webサイト制作に興味がない
  • 分析や調査が苦手
  • 失敗の可能性がある作業に浪費したくない
  • ルーティンワークの方が好き

そもそもwebサイト自体に興味・関心がない人にはweb企画は向いていません。

良いサイトを企画するにはサイトの分析やユーザー調査が欠かせないため、分析や調査が苦痛ならweb企画は不向きです。

web企画には結果が付いてくるとは限らずルーティンワークでもないため、前向きに取り組み続ける忍耐力がある人に向いています

web企画の年収・将来性

dodaの調査によると、ネット広告/Webマーケティング職の平均年収は419万円です。

web企画の働き方は多種多様で、コンサルタントと兼ねている人やライターと兼ねている人、アフィリエイターと兼ねている人もいます。

個人でも億単位の年収を稼ぎ出す人もいるので、平均年収は会社に勤めた時のweb企画の目安として考えておくと良いでしょう。

参考:doda 業界別平均年収ランキング

web企画の今後の推移

今の主力ツールがwebサイトなのでwebサイトを手掛ける人が多いですが、マーケティングスキルやユーザーのニーズを満たすコンテンツ制作は媒体が変わっても同じです。

web企画で活躍している人は、webサイトがビジネスの主力ではなくなっても活躍できる可能性があります。

web業界自体が衰退しても、web企画で培ったスキルは様々な会社で応用して活かしていけるでしょう。

web企画への適性を手軽に診断する方法

自分にweb企画が向いているか今すぐ診断しませんか?

web企画への適性を今すぐ診断したい求職者は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

web企画の適性検査(※会員登録完了後に診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群

あなたのグッドポイントを企業にアピールできれば、確実に転職成功率がUPします。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の手順は非常に簡単です。

診断をスタートすると出題される質問に順番に回答していくだけ。

スムーズに答えれば15分程度であなたならではの5つの強みが分かります。

web企画の適性検査

例えば「独創性」に長けていると診断された人は、新しいものを創り出すクリエイティブな仕事に向いているでしょう。

「社交性」や「親密性」に長けていれば、営業職や接客業向きです。

データの解析・分析能力やサイトを改善し続けていく忍耐力が重視されるweb企画は、「現実志向」や「挑戦心」「継続力」や「柔軟性」に長けている人に向いている仕事です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にweb企画が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で簡単に診断できる!/
リクナビNEXTの求人数は約4万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。
    【適性診断の開始手順】
    ※会員登録が完了すると無料で利用できます

  1. リクナビNEXTに会員登録
  2. web企画の適性検査

  3. 診断ページへ
  4. web企画の適性検査

  5. 診断スタート
  6. web企画の適性検査

適性診断の詳しい手順はこちら→

    グッドポイント診断のメリット

  • リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
  • どこでも手軽に診断可
  • 自分の強みを客観的に把握できる
  • 診断結果は求人応募時に添付OK
  • 自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は5分で完了!

自分の市場価値を診断しませんか?

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”効率的な転職活動ができるアプリです。

dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

すぐに優良企業140,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くシステムです。

    ミイダスのメリット

  • どこでも手軽に診断可
  • 5分程度かつ無料で自分の市場価値がわかる
  • スマホだけで企業からオファーが届く体制に
  • オファーが届いた時点で書類選考合格済み
  • 求人を探す手間が省けて面接も確約。転職活動の負担を軽減
ミイダス

自分のキャリアを見いだす適性チェックができるアプリ。社会人だけでなくニートでも想定年収が算出され、客観的に自分の市場価値がわかる。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

web企画への転職を転職エージェントで効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。

転職エージェントでは“転職のプロ”が転職活動の手間のかかる作業を無料で代行。

自分一人だけでは知りえない企業の内部情報まで知れるため、ミスマッチも未然に防げます。

web企画への転職は転職エージェントを活用した方が確実です。


web企画への転職を有利にする転職エージェント

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

各転職エージェントの転職支援サービスに申し込み後、キャリアコンサルタントと面談すると様々な転職サポートが受けられます。

登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。
リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 20代の信頼No.1を獲得
web系企画職の求人 1500件以上 約900件
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
IT系に強い
中小企業に特化
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪のハイクラス層、女性
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
web系企画職の求人 約1000件 600件以上
特徴 求人約10万件
丁寧なサポート
面接対策も◎
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


web企画へ効率良く転職成功

web企画は他の業界の企画職と大きな違いはないものの、PDCAサイクルを繰り返しwebサイトを改善していく柔軟な対応が求められます。

web業界での経験やGoogle検索エンジンの知識、コンテンツ制作のスキルがあると転職に有利です。

上記サービスを上手に活用して、効率良くweb企画への転職を成功させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事