最終更新日:

転職エージェントは掛け持ちできる?転職成功率を上げる賢い利用法とは?

転職エージェントは掛け持ちできる?転職成功率を上げる賢い利用法とは?

転職したい気持ちが強くなればなるほど、可能性を少しでも増やすために転職エージェントの掛け持ちを検討する人もいるでしょう。

しかし、その一方で「何かトラブルが起きないか?」「マナー違反じゃないか?」など、気になる点も出てくるかもしれません。

本記事では、転職エージェントを掛け持ちするメリット・デメリットや注意点、掛け持ちにおすすめの転職エージェントなどを解説します

後悔しない転職のためにベストを尽くしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

転職エージェントは掛け持ちしても問題ない!

結論から先に言うと、転職エージェントを掛け持ちしても問題はなく、むしろ多くの転職者が転職エージェントを掛け持ち利用しています。

実際に転職サイト「リクナビNEXT」が行った調査では、転職者全体の転職エージェント利用社数は平均2.1社、転職成功者だけを見れば平均4.2社といった結果でした。

むしろ、転職エージェントを掛け持ちした方が転職成功率が上がると考えてもいいでしょう。

掛け持ちにおすすめの転職エージェント

転職エージェントを掛け持ちする場合、ただ単に数を増やすのではなく、タイプの異なる転職エージェントを掛け持ちするのがおすすめ

ここでは以下のタイプ別におすすめの転職エージェントを紹介します。

  1. 万人向けの総合型
  2. 企業からのスカウト型(若手向け)
  3. 企業からのスカウト型(ハイクラス)
  4. 社会人経験が少ない方向け
  5. 適性診断ができる転職サイト

万人向けの総合型

万人向けの総合型とは
幅広い転職者に対応している転職エージェントです。迷ったらまずはこのタイプのエージェントを1社選んで登録しておきましょう。
リクルートエージェント spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約30万件 約1万7000件+非公開求人
特徴 業界最大手求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録(無料)

企業からのスカウト型(若手向け)

企業からのスカウト型(若手向け)とは
企業からスカウトが来る機能があるタイプです。キャリアアップを目指す若手の転職者におすすめ。
キャリトレ doda
転職エージェント
主な年齢層 20~30代前半 26~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 関東・関西・東海の大卒以上
支援実績 大手企業を多数導入 業界30年の採用成功実績
求人数 約13万件 約10万件
特徴 面談確約スカウトありAI分析で希望の求人が見つかる! 非公開求人多数
面接確約オファーあり
簡単登録(無料)

企業からのスカウト型(ハイクラス)

企業からのスカウト型(ハイクラス)とは
企業からスカウトが来る機能があるタイプのハイクラス層向けです。実績に自信のある方、年収アップを目指す方におすすめです。
リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職エージェント
主な年齢層
30~40代
主なサポート対象者
年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
支援実績 転職時の平均年収900万円 ハイクラスから支持される転職サイトNo.1
求人数 約7万件 約12万件
特徴 年収800万~2000万円求人を多数保有
一流ヘッドハンター指名可
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウトあり
簡単登録(無料)

社会人経験が少ない方向け

社会人経験が少ない方向けとは
既卒・第二新卒などの社会人経験が少ない方に特化したタイプです。これまでの実績や経験が少ない方におすすめ。
ジェイック(JAIC) DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 18~39歳 18~35歳
主なサポート対象者 社会人経験がない・浅い人 正社員就職・転職を目指す人
支援実績 採用成功実績のべ2万人超 正社員就職成功者5000人
求人数
非公表
特徴 5日間の研修+集団面接(書類選考不要)あり
入社後定着率91.3%
厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
簡単登録(無料)

適性診断ができる転職サイト

適性診断ができる転職サイトとは
強みや市場価値を診断できる機能を備えた転職サイトです。転職活動に備えて自己分析をしたい方におすすめです。
リクナビNEXT MIIDAS(ミイダス)
転職エージェント
主な年齢層
全年齢
主なサポート対象者
全転職者
求人数 約4万件 約4万件
特徴 自分の5つの強みを診断できるグッドポイント診断あり 自分の市場価値がわかる
適性職を診断できるコンピテンシー診断あり
簡単登録(無料)

転職エージェントを掛け持ちするメリット

多くの転職者がそうしているように、転職エージェントを掛け持ち利用すれば以下のようなメリットがあります。

    ■ 掛け持ちのメリット

  1. 転職エージェント同士を比較できる
  2. 強みを使い分けられる
  3. 非公開求人をより多くカバーできる

転職エージェント同士を比較できる

転職エージェントを掛け持ち利用すると、エージェント同士を比較できます

1社だけしか登録していない場合、担当エージェントが優秀かわからないまま活動を進めてしまうかもしれません。

また、相性が悪かった場合は担当者の変更に時間がかかったり、そもそも変更を言い出せない人もいるでしょう。

そういった時間を無駄にしないためにも、複数エージェントを掛け持ちして自分に合うエージェントを並行して探した方が効率的です。

強みを使い分けられる

各転職エージェントにはそれぞれ独自の強みがあります。

例えば求人量、業界専門知識、面接対策などの強みがあり、大手エージェントでも全てを網羅しているわけではありません。

タイプの異なる転職エージェントを複数掛け持ちし、用途別に使い分ければ非常に効率よく転職活動を進められるでしょう。

非公開求人をより多くカバーできる

転職エージェントは、それぞれ独占的に非公開求人を所有しており、1つのエージェントが全ての求人を持っているわけではありません。

そのため、転職エージェントを掛け持ち利用するとより多くの非公開求人をカバーできます。

少しでも多くの求人を見たい方は、積極的に複数の転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを掛け持ちするデメリット

転職エージェントの掛け持ちにはメリットだけでなくデメリットもあります。

あまり多くの転職エージェントを掛け持ちしすぎると、後悔する可能性もあるのでデメリットもしっかり把握しておきましょう。

    ■ 掛け持ちのデメリット

  1. スケジュール管理が複雑になる
  2. 面談に時間がかかってしまう
  3. 多方面からの情報に混乱する場合も

スケジュール管理が複雑になる

転職エージェントを利用する場合、面談の日程調整や応募手続きなどは担当アドバイザーがやってくれます。

しかし、転職エージェントを掛け持ち利用すると、それぞれの日程が重複しないよう自分でも管理しなければなりません

もし日程が重なってしまい、面接のキャンセルなどが起きてしまうと、当然企業側に悪い印象を与えてしまうので注意が必要です。

面談に時間がかかってしまう

転職エージェントを掛け持ち登録すると、その分面談に時間がかかってしまいます。

3社ほど登録した場合、全ての面談が終わるまでに1か月かかる場合もあるほどです。

転職するまでの時間がない方にとっては、かなりのデメリットでしょう。

多方面からの情報に混乱する場合も

それぞれの転職エージェントからあらゆる角度のアドバイスをもらえるメリットがある反面、情報が多すぎて混乱する場合もあります。

担当アドバイザーそれぞれが違うアドバイスを言う場合もあるので、自分はどうしたいかの基準を持つのが重要です。

転職エージェントを掛け持ちする際の注意点

転職エージェントを複数掛け持ちする場合、いくつかの注意点があります。

ここでは特に注意すべき以下の3つをご紹介します。

    ■ 転職エージェント掛け持ちの注意点

  1. 掛け持ちしているのを正直に伝える
  2. エージェントへの連絡はこまめに
  3. 同じ求人に重複応募をしてはいけない

掛け持ちしているのを正直に伝える

転職エージェントの掛け持ちはマナー違反でもないため、担当者には正直に伝えましょう。

むしろ、転職エージェントを掛け持ちしている事実を隠している方が不利になる可能性もあります。

例えば、他社で既に選考が進んでいる企業を他のエージェントから紹介された時、理由を言わずに断ってしまえばこの案件には興味がないと誤解されるかもしれません

また、正直に伝えれば日程が被らないよう調整してくれる場合もあるので、必ず転職エージェントの掛け持ちは正直に伝えましょう。

エージェントへの連絡はこまめに

転職エージェントを掛け持ち利用する場合、報告や連絡はこまめに行いましょう。

転職エージェントは更新頻度の高い利用者を優先的に対応しているため、連絡が遅いと対応も遅くなってしまいます

せっかく複数エージェントを掛け持ちしても、それによって一方の対応が遅くなってしまえば本末転倒ですので注意して下さい。

同じ求人に重複応募をしてはいけない

掛け持ちしている転職エージェントから同じ求人に重複応募するのは絶対に避けて下さい

転職エージェント⇔企業間でトラブルになってしまう可能性も高く、一気に色んな方面から信頼を失ってしまいます。

場合によっては、それ以降求人を紹介してもらえなくなる場合も

他にも転職エージェントと転職サイトからの直接応募も同じ求人には応募できないので覚えておきましょう。

転職エージェントの掛け持ちは積極的に行おう

転職エージェントの掛け持ちは決してマナー違反ではなく、むしろ複数社を併用すればその分転職の可能性は上がるでしょう。

しかし、転職エージェントの掛け持ちには一長一短あり、メリット・デメリットの両面を事前に把握しておくのも大切。

実際に掛け持ちする場合は、タイプの異なる転職エージェントに登録し、用途別に使い分けるのが最も賢いやり方でしょう

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事