最終更新日:

休職中でも転職エージェントは利用可能?休職中を隠すリスクと効率の良い転職方法

休職中でも転職エージェントは利用可能?休職中を隠すリスクと効率の良い転職方法

「休職中でも転職エージェントは使える?」
「休職中でもサポートしてもらえる?」

休職中に転職エージェントで十分なサポートが受けられるか、心配している人は少なくありません。

休職中の旨を事前に伝えておくと休職中と把握したうえでのサポートやアドバイス・求人紹介が受けられます。伝えず入社し、バレると病歴詐称で内定取り消し・懲戒処分のリスクも。

本記事では、休職中におすすめ転職エージェント・エージェントに休職中と伝えないメリットとリスクや休職中の転職成功方法をご紹介。

休職中に転職先を見つけたい・環境を変えて働きたい人は必見です。

転職エージェントは休職中でも利用可能

転職エージェントは「今働ける状態」であれば利用でき、休職中は利用できないルールはありません。

現在働ける状態か・休職中の転職活動の進め方など客観的な意見やアドバイスをもらえるため、休職中でも転職エージェントの利用がおすすめです。

自分では働ける状態だと思っていても、他の人から見ると休んだ方が良いときもあるよね。客観的な意見がもらえるのは心強いな。

転職エージェントでは、その子の状態次第で転職を勧めない場合もあるわ。無理しちゃうとかえって症状が悪化するでしょ?そうならないためにも休職中の転職活動では転職エージェントの利用がおすすめよ♪

休職中の転職活動におすすめエージェント

ジェイック
(JAIC)
DYM就職
サイト
年齢層 18~39歳 18~35歳
対象者 【休職中の転職者対応】社会人経験がない・浅い人 正社員就職・転職を目指す人
求人数
非公表
特徴 入社後
定着率91.3%
最短2週間で内定獲得も可能
厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
実績 採用成功実績のべ2万人超 正社員就職成功者5,000人
無料登録


リクルート
エージェント
Spring転職エージェント
サイト
リクルートエージェント
Spring転職エージェント
年齢層 20代~ 20代~40代
求人数 約362,000件 約53,000件
サポート 休職中の転職活動コラム掲載 経験/スキルに関係なく面談希望者全員対応
特徴 求人数No.1
面接対策充実
世界60か国に拠点を持つアデコグループ運営
コンサルタント 交渉/営業力に長けたコンサルタント在籍 7つの専門分野別でコンサルタント在籍
実績 老舗ならではの転職ノウハウで採用成功実績54万人超 2018年 利用者満足度No.1
主な
業種/職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
外資系企業/メーカー/IT・通信系
公式


休職中の転職活動におすすめサイト

リクナビNEXT
(転職サイト)
サイト
リクナビNEXT
年齢層 年齢制限なし
多い
業種
職種
IT/通信・サービス系
営業・ITエンジニア職
公式

転職エージェントに休職中と伝えないメリット・リスク

休職中って伝えるリスクがあって、少しでもメリットがあるなら伝えない方が良いと思うんだけど…。

伝えるか伝えないかは自分次第だけど、隠していて後で発覚すると信用問題に関わるから今後の転職活動が不利になるわ。どの程度メリットやリスクがあるか見てみましょ。

企業や転職エージェントには必ずしも休職中と伝えなくてもOK。

伝えなければ転職活動に影響なく進められますが、バレる可能性はゼロではありません。休職中と伝えず転職活動を進め、後に休職中とバレると不信感を抱かれる原因になります。

■ 休職中とバレるタイミング
・源泉徴収票の「在職期間の給与額」で発覚
・住民税の納税額が少ない
・傷病手当金の手続き時

転職エージェントに休職中と伝えないリスク

■ 休職中と伝えないリスク
・信頼が損なわれる
・会社から責任を追及される
・病歴詐称と判断される
・内定取り消し

転職エージェントは企業との信頼関係で成り立っています。

採用後にうつ病や精神的要因が再発してすぐに退職すると信頼関係が崩れてしまうため、エージェントから敬遠され今後のサポートが受けられなくなるリスクも。

また休職の事実を隠したまま採用され、入社後に休職した原因が再発すると会社から責任を追及される可能性が高いです。

面接時に休職やうつ病について質問されたのにも関わらず、隠し・バレた場合は病歴詐称と判断され懲戒処分や内定を取り消されるケースもあります。

後のことを考えると事前に伝えておいた方がよさそうね…。

休職中に関わらず、隠し事って後からバレると印象が悪いわよね。不安要素は先に伝えておくとそれを踏まえたサポートやアドバイスが貰えるから安心ね♪

休職中の転職活動を成功させる方法

休職中ならではの転職方法ってあるのかな?

・事前に休職中と伝える
・業務に支障なく働けるとアピール
・転職理由や条件を明確化
・自己分析をする
・復職してから転職活動

事前に休職中と伝える

転職エージェントや企業に休職中と伝えずに転職活動を進め、採用後や入社後にバレると病歴詐称・内定取り消しや今後のサポートが十分に受けられなくなるリスクがあります。

事前に伝え休職中と踏まえたサポートを受けると、スムーズな転職活動が可能です。

業務に支障なく働けるとアピール

休職中の理由がうつや心身の健康状態で回復傾向にあるなら、現在の状況や業務に支障なく働ける状態であると報告しましょう。

企業によっては休職中の人を受け入れた前例や理解・健康状態に合わせた働き方や対策を練ってくれる企業も多いです。

転職理由や条件を明確化

現在の職場で何が不満か・なぜうつ病を発症してしまったのかなど原因を探り、次の職場に求める条件を明確化しましょう。

また併せて、現在の適正年収・適性度の高い職種を把握すれば応募できる求人が分かり、無理のない範囲で年収アップが可能です。

自己診断ツールミイダスなら簡単な質問に答えるだけで、自分の市場価値(適正年収)や適性度の高い職種・自分の強みが分かります。

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断(想定年収)
>年収アップのヒントになる
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
>自分の強みが知りたい/人間関係で失敗したくない人におすすめ
・パーソナリティ診断
>自分がどんな人か客観的に見たい人向け

市場価値診断では、職務経歴や実務経験などの4つから想定年収を算出。

コンピテンシー診断(総合適性検査)は自分の強みや適性度の高い職種・ストレスを感じやすい環境や条件が分かり、働きやすい職場を見つけるヒントになります。

生涯で変化しにくい生まれ持った個性・環境や経験で変化する現在のコンディションは、パーソナリティ診断で可視化。

精神医学をベースにした診断サービス「PSA」を基にしているため、信頼性が高いです。

復職してから転職活動をする

職場復帰後の転職活動なら休職中を隠すリスクもなく、業務に支障なく働ける状態と証明できます。

休職中は回復を最優先し心身の状態をみながら、転職の準備をすると良いでしょう。

休職中と伝えたうえで転職エージェントを活用

休職中でもエージェントは転職活動で強い味方になるんだね!

転職エージェントは休職中と事前に伝えておけば、休職中と知ったうえでのサポートやアドバイス・求人紹介をしてもらえます。

休職中で応募できる求人が少ないなら、転職エージェントの掛け持ちも手段。2・3社掛け持ちすれば、求人の選択肢・サポートの幅が広がり効率良く転職活動が進められます。

■ 休職中の転職活動におすすめエージェント
ジェイック(JAIC)
DYM就職
リクルートエージェント
Spring転職エージェント
リクナビNEXT(転職サイト)

休職中から転職を成功させるには転職理由や条件を明確にするだけじゃなくて、ストレス要因や適性度の高い職種・強みなど自己分析も重要よん♪

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と、専門分野に精通する『Spring転職エージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』や自分の仕事の適性がわかる『グッドポイント診断』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

転職実績No.1!非公開求人10万件超!! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

世界最大級の総合人材サービス企業「Adecco Group」の転職支援サービス。専門分野に精通し、年収UP率は59%!

第二新卒、20~40代まで幅広い年齢層のキャリアにベストマッチな求人を提案

フリーター・未経験・既卒なら無料就活講座がある就職サービスを利用!

未経験からの就職成功率80%超!18~39歳なら誰でも利用可能な研修が無料

5日間の研修でビジネスマナーの基礎から面接対策まで、就職活動の全スキルを一気に学べる!

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事