最終更新日:

転職エージェントは休職中に利用するべき!転職を成功させる休職中の転職活動のポイント

休職中でも転職エージェントを利用しよう!その理由と注意点を解説!

転職エージェントは休職中に利用できるのか?できるなら休職の事実を隠した方がいいのか?

本来、休職とは仕事を休んでいる状態なので、その期間に転職活動をするのはおかしな状況だと言えます。

しかし労働環境に問題を抱えた日本では、そんな悩みを抱えた人も少なくないでしょう。

本記事では休職中に転職エージェントを利用するべき理由と注意点、休職中の転職活動のポイントを詳しく解説します。

休職中でも転職エージェントのサポートを受けて転職活動を成功させたい方は必見です!

休職中にも使える
おすすめの転職エージェントはこちら
↓↓↓

転職エージェントは休職中でも利用可能

「休職中は転職エージェントを利用してはいけない」といったルールはありません。

休職中の方が転職活動をする場合に最も重要なのは、「今働ける状態にあるか?」です。

しかし、それを自分で判断するのは難しいため、客観的な意見やアドバイスをもらえる転職エージェントを利用した方がよいと言えるでしょう。

そっか。今働ける状態にあるか客観的に判断する必要があるんだね。
確かに自分一人では難しそう。

転職エージェントはその子の状態次第で転職を勧めない場合もあるわ。病気が治りきっていないのに無理しちゃうとかえって症状が悪化するでしょ?そうならないためにも休職中の転職活動では転職エージェントの利用を強くオススメするわ☆

転職エージェントには休職の事実を伝えるべき?

不利になるケースもあるが、専門的なアドバイスをもらえる

たとえ休職中であっても、その原因が不慮の事故などの身体的な要因の場合、現在働くのに支障がなければ特に問題はありません。

しかし、うつ病などの精神的な要因による休職の場合、休職歴が不利になってしまうケースもあります。

というのも、転職エージェントは企業との信頼関係で成り立っている仕事です。

もし採用後にうつ病などが再発してすぐに退職する事態になってしまった場合、その信頼関係は崩れてしまうため、エージェントから敬遠される可能性もあるのです。

しかし一方で、休職期間の過ごし方や転職活動の進め方など様々な客観的なアドバイスをもらえるメリットも。

休職していた経験に悲観的にならず、どうフォローするかを考えるのも転職エージェントの役目です。

ただでさえ不安の多い休職中の転職活動です。理解してくれる味方がいる安心感を得られるのはかなり心強いでしょう。

    <休職歴を伝えるメリット>

  • 休職中に関する専門的なアドバイス
  • 休職に理解のある味方がいる安心感
    <休職歴を伝えるデメリット>

  • 精神的要因の場合は不利になるケースも

会社から責任を追及される可能性も

休職やうつ病の事実を隠したまま採用された場合、うつ病が再発すると会社から責任を追及される可能性もあります。

特に採用面接時に休職やうつ病について聞かれたにも関わらず、その事実はないと答えていた場合、病歴詐称と判断されて懲戒処分もあり得ます

そのため、仮に転職エージェントに休職歴を隠したとしても、面接時に聞かれた場合は嘘をつくのを避けた方がよいでしょう。

ただし、一般的な企業であれば個人情報は保護されており、元の会社経由で休職の事実が知られる可能性はほとんどないので、精神的な要因が再発しなければ問題はありません。

    <休職歴を伝えないメリット>

  • 転職活動が不利になることはない
    <休職歴を伝えないデメリット>

  • 再発すると責任追及される可能性
  • 面接時に答えなかった場合、懲戒処分も

不安がある場合は休職していた事実を正直に伝えよう

採用後にうつ病などを再発させない自信があれば休職歴を隠して転職活動をしても問題ないでしょう。しかし、再発してしまった場合のリスクは非常に大きいと言えます。

休職歴を正直に伝えるメリットも十分にあるため、少しでも不安を感じるのであれば転職エージェントには正直に休職歴を伝えた方が良いでしょう。

せっかく転職が決まっても精神的な要因が再発した上に懲戒処分になってしまったら、相当ダメージが大きいよね…それに休職の事実を隠し続けるとかなりストレスになってしまいそう。

せっかく転職エージェントにサポートをお願いするって決めたんなら、お互いを丸ごと信用し合える関係性を築けた方がステキだと思わない?精神的な要因を人に話すのは勇気がいるかもしれないけれど、これもあなたの将来のために大切な一歩だと思うわ♡

休職中に転職活動をする際のポイント

休職中に転職活動をする場合、以下のポイントに気を付けましょう。

    ■ 休職中に転職活動をする際のポイント

  1. まずは自己分析をして転職準備
  2. 履歴書には休職中と書かなくていい
  3. 転職が決まった後は退職手続きを

それぞれ詳しく見ていきましょう。

まずは自己分析をして転職準備

ただやみくもに転職活動を始めてしまうと、たとえ会社が変わっても今と同じ結果になる可能性も高くなります。

そういった状況を避けるためにも、まずは自己分析をして自分にはどんな仕事が合うのかを改めて見直しましょう

しかし、自己分析を自力でやるのはどうしても限界があるため、転職サイトなどで公開されている適性診断を受ける方法がおすすめ。

ここでは手軽に実施できて信頼性も高い診断を2つご紹介します。

強みがわかる「グッドポイント診断」

どんな人にも必ず「強み」と「弱み」がありますが、休職に追い込まれてしまうような人は能力が低いのではなく「強み」と仕事内容が合ってない可能性が高いです。

リクナビNEXTの「グッドポイント診断」では、18種類の中から自分の「5つの強み」とその強みに合った「適性職」を診断できます。

18種類の強み

15分程度で診断できる手軽さな上に、業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため診断結果の精度も信頼性も抜群

利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。

自分の強みや適性を知り、新しい分野へチャレンジするのもいいでしょう。

\* あなたの5つの強みがすぐわかる */

↓詳しい診断手順はこちらを参考にしてください↓

市場価値が分かるミイダス

「ミイダス」はdodaを運営するパーソルキャリアが開発したアプリで、自分の「市場価値」や「資質」を診断できます。

更に優良企業170,000社に診断結果が公開され、興味を持った企業があれば直接オファーが届くシステムになっています。

アプリならではの手軽さでサクッと自己分析ができるのが魅力です。

\* あなたの市場価値がすぐわかる */

履歴書には休職中と書かなくていい

たとえ休職中でも会社に籍を置いている間は在職している扱いになるので、わざわざ「休職中」と書く必要はありません。

履歴書の職歴欄には「社名」と「業務内容」、そして「在職中」の一言を書けば十分です。

また、履歴書のフォーマットによっては「健康状態欄」の項目がありますが、ここも同様に、現在働くのに支障がなければ健康状態は「良好」と書きましょう。

    <履歴書に記載すること>
  1. 社名
  2. 業務内容
  3. 「在職中」の一言
  4. 健康状態は「良好」

絶対〇〇だという考え方に陥らない

「転職がうまくいけば病気が良くなる」や「転職に失敗すれば病気が悪化してしまう」といった極端な考え方に陥らないように気を付けましょう。

皆が皆そうではありませんが、うつ病などの精神的な要因で休職してしまう人には、こういった「絶対〇〇だ」という極端な思考に陥りがちな特徴が挙げられます。

仮に転職に失敗してもそこで人生が終わるわけではありません。「良い所があれば転職しよう」くらいの気持ちで臨んだ方がいい結果につながる場合もあるでしょう。

これを機に柔軟な考え方のトレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

転職が決まった後は退職手続きを

基本的には会社の就業規則に従って退職手続をすれば問題ありません。

退職理由は「復帰しても以前と同じ業務が困難だと判断した」などと伝えればいいでしょう。

休職って復帰するのが前提の制度でしょ?その間に転職活動をしていたのに、退職理由を正直に言わなくても大丈夫なのかな?

責任感が強いのはステキだけど、そもそも休職が必要な状況にまで追い込まれたのは会社側にも責任があると思わない?だからそこはお互い様♪本当に言うのが辛い場合は無理に言う必要ないのよ♡

休職中におすすめの転職エージェント

次に、休職中の方におすすめの転職エージェントをご紹介します。

選び方のポイントは、『休職中の事実を正直に話した時に、的確なアドバイスをしてくれるかどうか?』です。

転職エージェントは複数併用すると転職活動がより円滑に進みます。

ジェイック(JAIC)

ジェイックの公式公式サイトはこちら

ジェイックは5日間の研修を受けてビジネススキル・マナーを1から学習し、その後書類選考不要の集団面接により約20社の選考を受けられる少し特殊な転職エージェントです。

元々、社会人経験が少ない方を対象にしているサービスなので、1から再出発したいと考えている方におすすめ

研修は終日行われるので会社に勤めながら参加するのは難しいため、休職中の方にはうってつけの転職エージェントと言えるでしょう。

Spring転職エージェント

Spring転職エージェント公式公式サイトはこちら

Spring転職エージェントは、世界最大手の人材サービス会社であるアデコグループが運営する転職エージェントです。

社内で7つの専門分野に分かれており、希望業界・職種に合わせた専門的なサポートが受けられます。

企業側と求職者側の両方を1人のアドバイザーが担当する体制なので、双方のニーズを的確に把握したマッチング率の高い転職が魅力

Spring転職エージェントは基本的に面談を断らないので、休職中の方であっても安心して利用できるでしょう。

リクルートエージェント

公式サイトはこちら

リクルートエージェントは、転職支援実績・求人数共にNo.1の業界最大手の転職エージェントです。

リクルートエージェントに登録しないと紹介してもらえない非公開求人数は全体の90%で、好条件の求人を多数取り揃えています。

その求人数の多さから、幅広い求職者に柔軟な対応をしてもらえるので、休職中の方でもまずは登録・相談して損はないでしょう。

休職中は転職エージェントを味方に!

休職中でも転職エージェントを利用できるんだね!むしろ休職中は判断能力が鈍っている場合も多いから積極的に利用した方がよさそうだ!

休職していた経験をどうフォローするか考えるのも転職エージェントの仕事なの。精神的に追い込まれていると、どうしても思考が一方向に偏ってしまうものね。客観的で専門的な意見を得るためにも転職エージェントを利用するのはとてもいい選択だと思うわ♡

休職していた事実を理解してくれる味方ができるってのも嬉しいポイントだよね。

一度の休職で人生がダメになるなんて思わないで。何事も諦めなければ道は開けていくのよ☆利用できるものはなんでも利用しちゃいましょ♡

一度休職してしまったからといって人生がダメになってしまったわけではありません

休職に理解のある転職エージェントをうまく活用して、新しい人生への大きな一歩を踏み出してくださいね!

    <休職中の転職エージェント利用まとめ>

  • 専門的なアドバイスや休職への理解など、利用するメリットは多い
  • 履歴書にはわざわざ休職の事実を書く必要はない
  • 面接で聞かれたら正直に答える方が吉
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と、専門分野に精通する『Spring転職エージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』や自分の仕事の適性がわかる『グッドポイント診断』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

転職実績No.1!非公開求人10万件超!! 圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

世界最大級の総合人材サービス企業「Adecco Group」の転職支援サービス。専門分野に精通し、年収UP率は59%!

第二新卒、20~40代まで幅広い年齢層のキャリアにベストマッチな求人を提案

フリーター・未経験・既卒なら無料就活講座がある就職サービスを利用!

未経験からの就職成功率80%超!18~39歳なら誰でも利用可能な研修が無料

5日間の研修でビジネスマナーの基礎から面接対策まで、就職活動の全スキルを一気に学べる!

関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事