最終更新日:

転職エージェントの担当変更は簡単?担当の変更方法と確実な転職成功法

転職エージェントの担当変更

「転職エージェントの担当を変更したいけど言いにくい…」「担当を変更する注意点は?」「どうやって担当者を変更すればいい?」

転職エージェントを利用した方が転職活動は効率的ですが、担当者と合わずに変更を希望する求職者も少なくありません。

転職エージェントは電話やメールで簡単に担当変更が可能、直接言いにくいなら担当者本人に伝えなくても担当変更できます

今回は転職エージェントの担当を変更する判断基準や変更前の注意点、担当変更方法と変更後の転職成功法を詳しく解説していきましょう。

転職エージェントの担当変更の判断基準

多くの転職エージェントの公式HPには担当の変更が可能と記載されていますが、変更が難しい状況もあります。

担当変更できない状況
・希望業界に詳しい担当者が手一杯
・転職希望地域のスタッフが少ない

明確な基準は公表されてないから、担当変更を希望するなら一度利用してる転職エージェントに相談してみて。

転職エージェントでは何度も担当者の変更はできません。

変更を依頼する前に「本当に担当を変更するべきか」もう一度よく考えましょう。

担当者を変更した方が良い場合

  1. 希望業界に詳しくない
  2. マナー・態度が良くない
  3. 求人紹介が的外れ

担当者が希望業界・職種に詳しくない

希望業界・職種の知識が乏しい場合は改善は難しいので担当変更を依頼するべきです。

業界・職種に精通しているほど求人のマッチング精度も高くなります。

転職の希望が明確なら、変更依頼の際に○○業界に詳しい人、○○職種の知識が豊富な人など要望を出すと、次はニーズに応えられる担当者がつきやすいです。

担当者のマナー・態度が良くない

担当者のビジネスマナーが悪い、担当者が求職者に対して失礼な態度をとるのは問題外。

あまりにもひどいならすぐに担当変更を依頼しましょう。

複数回の担当変更は難しいですが、正当な理由があれば相談は可能です。

求人紹介が的外れ

条件を詳細まで伝えていても希望と全く違う求人を紹介される求職者もいます。

担当者のヒアリングが甘いとミスマッチが起こりますが、転職エージェントが苦手な分野だとそもそも求人数が少ないため、条件に合う求人が見つかりにくいです。

担当変更と共に今利用している転職エージェント自体の変更も視野に入れましょう。

サービス名 特徴
DYM就職 2,500社の優良企業から求人紹介。サービス満足度90%
JAIC(ジェイック) 無料就活講座あり。就職成功率は81.1%
リクルートエージェント 求人数&転職実績No.1。営業職やIT系に強い
マイナビエージェント 20代の信頼度No.1。中小企業に強く独占求人多数
doda 業界・職種が幅広く手厚い面接対策も人気
パソナキャリア 顧客満足度No.1。転職後の年収アップ率67.1%

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なります。

それぞれを比較して自分の状況に最適な転職エージェントを選ぶと効率的です。

担当者を変更しない方が良い場合

下記に当てはまるならアドバイザーが優秀なため、担当変更をすると逆に状況が悪くなりかねません

  1. 面談でのヒアリングが丁寧
  2. レスポンスが早い
  3. 希望の業界に詳しい

担当者のヒアリング能力が高い

面談時に今までの経歴やスキル、転職に求める条件を十分に伝えられているなら、担当者のヒアリング能力が高いと考えられます。

ヒアリングに注力してくれる担当者は、あなたの希望条件を細部まで理解した上で求人を紹介するため、ミスマッチが少ないです。

担当者のレスポンスが早い

大手で知名度の高い転職エージェントほど登録者が多く、1人のアドバイザーが複数の求職者を担当します。

大勢のサポートに追われてレスポンスが遅くなる傾向がありますが、もしレスポンスが早いならあなたは「すぐに転職が決まりそうな人材」だと優先されているでしょう。

求人紹介や面接対策など他の求職者よりも手厚いサポートに期待できます。

担当者が希望業界・職種に詳しい

転職の希望条件が明確に決まっている場合、その業界・職種に詳しい担当者だと転職活動が有利です。

会社の内部事情や実際に働いている人の雰囲気など、ネットでは知りえない生の情報を教えてもらえるので、担当変更は踏みとどまった方がいいでしょう。

転職エージェントの担当変更前の注意点

転職エージェントの担当者と適当に付き合うのはNGよ。今後手厚くサポートしてもらうためにも、あなた自身も最低限のマナーは意識して。

担当変更前でも誠実な対応を心がける

どうせ変更前だからいいや、と横柄な態度をとるのは避けましょう。

引継ぎ等で、求職者の様子は変更後の担当者にも伝わります。

今後より良い求人を紹介してもらえなくなる懸念もあるので、転職エージェント側に不手際があったとしても最後まで誠実な対応を心がけるのが賢明です。

担当変更前に適性診断

転職エージェントの担当変更前に、「自分にどんな仕事が向いているか」を把握しておけば、担当変更後にスムーズな転職活動が可能です。

自分の仕事の適性を今すぐ診断したい求職者は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

転職エージェントの担当変更と適職診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人数は約4万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

担当変更前に市場価値診断

転職エージェントの担当変更前に自分の市場価値を把握しておけば、担当変更後にミスマッチを防げます。

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”効率的な就職活動ができるアプリです。

簡単な質問に答えるだけで想定年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

転職エージェントの担当変更と診断(※会員登録完了後に自動で市場価値を算出)

業界大手「doda」の運営会社の新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

すぐに優良企業28万社にあなたの経歴が公開され、企業からオファーが届くシステムです。

転職エージェントの担当変更の方法

転職エージェントの担当変更方法は以下の3つです。

  • 電話
  • メール
  • 問い合わせフォーム

電話やメールで簡単に依頼できるとはいえ、内容をおろそかにするのはNGです。

しっかりと変更理由と自分の希望を伝えて、担当者を変更してもらいましょう。

文字入力が手間な子は電話での変更を、話すのが苦手な子はメールやお問い合わせフォームを利用するのよ☆

電話での担当変更

    お世話になっております。
    ○○エージェントで転職支援サービスを利用している○○と申します。

    大変恐縮ですが担当アドバイザーの変更をお願いしたく連絡致しました。

この後は転職エージェント側の指示に従い受け答えすれば問題ありません。

メールでの担当変更

    お世話になっております。
    貴社で転職支援サービスを利用している○○と申します。

    この度、担当アドバイザーの変更をお願いしたく連絡致しました。

    ・担当者名:○○様

    ・変更理由

    大変恐縮ではありますが、○○の業界に詳しいアドバイザーの方に変更いただけますと幸いです。

    お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    —————————————
    ○○(名前)
    ○○(電話番号)
    ○○(メールアドレス)

お問い合わせフォームでの担当変更

転職エージェントの公式サイトのお問い合わせフォームから必要事項を入力します。

    貴社で転職支援サービスを利用しております。
    この度、担当アドバイザーの変更をお願いしたくお問い合わせしました。

    ・担当者名:○○様

    ・変更理由

    大変恐縮ではありますが、○○の業界に詳しいアドバイザーの方に変更いただけますと幸いです。

    お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

転職エージェントの担当変更後の転職成功法

新たな担当者に面談を申し込む

前の担当者とすでに面談している場合でも、実際に新しい担当者と会ってどんな人かを知る、自分を知ってもらわないと、求人紹介にミスマッチが起こります。

より良い企業に転職するためにも、再度面談して新しい担当者と希望条件をしっかりとすり合わせましょう。

担当者へのレスはこまめに

担当者から転職活動の状況確認などで電話やメールが頻繁にあります。

担当変更直後には特に意識して早めのレスポンスを心がけると、転職意欲も伝わりより手厚いサポートが受けられるでしょう。

担当者に希望をはっきり言う

「営業は避けたい」など曖昧な表現ではなく、「技術職のみ希望」など、担当者に希望を明確に伝えるとマッチングの精度が上がります

転職エージェントには、自社の都合を優先して求職者の希望から外れた求人を紹介してくる担当者も少なからずいるようです。

希望と違う求人でも担当からの提案を受け入れ続けると的外れな求人ばかり紹介されるので、担当者には希望をはっきり伝えてください。

転職エージェントの担当変更に失敗した時の対策

もし要望を伝えて担当を変更しても、新しい担当者と相性が良いとは限りません。

転職活動の効率を上げるためにも、担当変更の良し悪しに関わらず他の転職エージェントの利用も検討しましょう。

登録・利用はすべて無料です。

転職エージェントは2~3社併用すると求人の選択肢が広がります。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~39歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 社会人未経験、中退者もOK
支援実績 20000名以上を支援 正社員就職成功者5000人
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪の年収400万以上
支援実績 業界30年の採用成功実績 顧客満足度調査1位
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


転職エージェントの担当変更は慎重に!

転職エージェントの担当変更は、今のキャリアアドバイザーが優秀かどうかを見極めて決断しましょう。

    担当者の変更方法

  1. 電話
  2. メール
  3. お問い合わせフォーム

担当変更は上記のいずれかの方法で簡単にできるので変更理由をしっかりと伝えて自分に合う担当者を見つけてくださいね。

やみくもな担当変更はしない方がいいけど、担当を変更すると転職活動がスムーズになる子もいるわ。変更するべきか冷静に判断して、希望通りの転職を成功させて♪

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事