最終更新日:

リクルートエージェントで担当変更は注意が必要!?担当者の変更方法とは?

担当変更前に知らないと拒否される?リクルートエージェントの担当変更を紹介!

「担当変更したいけど言いにくい」
「変更するときの注意点は?」
「そもそもどうやって変更するの?」
など気になる人は多いようです。

リクルートエージェントの担当変更は電話1本で簡単にできます!
言いにくい場合は担当者本人に直接伝えなくても変更も可能!

しかし、担当変更は失敗しないように注意点をしっかり押さえるのがポイントです。
今回はリクルートエージェントの担当変更についての注意点や変更方法をご紹介していきます。

リクルートエージェントの担当変更は簡単にできる


リクルートエージェントでアドバイザーについてもらったが自分と合わない…ってことは結構ありますよね。

そんな場合はキャリアアドバイザーの担当変更が可能です。

公式HPにも担当変更は可能と書かれています。
希望する業界や職種のアドバイザーが少ない場合や地方でアドバイザーの数が少ない場合は担当変更を断られることもあります。

明確な基準は公表されていないのですが、変更可能かわからならければ一度申し出てみるのが良いでしょう。よっぽど理不尽な理由でなければ変更は可能です。

その前に、本当に担当変更するべきかを考えていきましょう。

担当者を変更するかどうかの判断方法


担当変更は何度もすることは難しいです。
変更をする前に本当に変更するべきなのかもう一度考えてみることが大事です。

担当者を変更しない方が良い場合

いわゆる優秀なキャリアアドバイザーの特徴を挙げています。担当変更をしても今より状況が悪くなってしまう可能性が高いです。

この場合、よっぽどのことが無い限り担当変更はしないほうが良いでしょう。

  1. 面談での聞き取り能力が高い
  2. レスポンスが早い
  3. 希望の業界に詳しい

1.面談での聞き取り能力が高い

面談時にあなたが十分に今までの経歴や思いを伝えきれたと感じた場合は、あなたの伝える能力が高い場合もありますが、アドバイザーの聞き取る能力が高いです。

そのようなアドバイザーは、あなたの希望や経験をしっかりと理解しているので希望の求人や適切な求人を紹介してくれる可能性が高いです。

2.レスポンスが早い

リクルートエージェントはアドバイザー1人が抱える求職者が多いので比較的レスポンスは遅いです。

しかし、レスポンスが早いということは、アドバイザーはあなたが転職する可能性が高いと見ています。その為、他の求職者よりも求人紹介や面接対策など積極的にあなたをサポートしてくれることが多いです

3.希望の業界に詳しい

希望の業界が決まっている場合、アドバイザーがその業界に詳しいのはとても強い味方になります。

実際の現場にも詳しいので、現状などネットではわからないような生の情報を教えてくれることもあります。求人情報+αの情報を持っているケースが多いので転職で有利になることもあるでしょう。

担当変更前に対策した方がいい場合

  1. 希望と異なる求人を提案してくる
  2. エージェントのレスポンスが遅い

1.希望と異なる求人を提案してくる

希望と異なる求人を紹介されるといったケースは多いです。

それはあなたが受かりやすそうだったり、向いている求人の場合はありますがエージェント都合で紹介してくる場合もあります。

希望をしっかり伝え、それでも改善されない場合は自分都合でしか考えないアドバイザーなのでその経緯も説明して変更を依頼しましょう。

<対策>希望を再度しっかりと伝える

2.エージェントのレスポンスが遅い

リクルートエージェントは業界最大手で、アドバイザー1人に何十人もの求職者がつきます。必然的にレスポンスは遅くなる傾向があります。

転職意欲があまり感じられないのが原因で放置されることもあるようなので、こちらから積極的に連絡をし転職意思を伝えましょう。

それでも改善が見られない場合は担当変更を依頼しましょう。

<対策>積極的に連絡し転職意思を伝える

今すぐ担当変更をした方がいい場合

  1. 希望業界に詳しくない
  2. マナー・態度が良くない

1.希望業界や希望職種に詳しくない

希望業界・職種の知識が乏しい場合は改善は難しいので担当変更を依頼すべきです。

求人紹介の質も変わってきますし、より適切なアドバイスがもらえるので素早い変更がおすすめです。、

2.マナー・態度が良くない

これは改善を求めたところでその人のマナーや態度が短期間で著しく良くなるとは考えにくいです。

担当変更を申し出るほうが早いでしょう。

複数回の担当変更は難しいので、対策して改善がみられないようなら担当変更を依頼するのが良いでしょう

担当変更の種類


リクルートエージェントの担当変更する方法は以下の3つがあります。

  • 電話
  • メール
  • 問い合わせフォーム

文字入力が手間な人は電話での変更をおすすめします。
話すのが苦手な人はメールやお問い合わせフォームがおすすめです。

種類によっての特徴を抑えてどれで変更依頼をするか決めましょう。

それでは種類別に変更方法をみていきましょう。

リクルートエージェントの担当変更する前の注意点


担当変更の際に変更方法ばかりに目がいってしまいがちですが、再び同じ繰り返しや変更を断られてしまうのを避ける為に、注意点を抑えて担当変更していきましょう。

原因を明確に伝える

なぜ変更したいと思ったのかを明確にして担当変更時に伝えなければ、再び同じ繰り返しになってしまいます。
例えば、

変更理由によっては担当者には伝えない

担当者の変更をするうえで、担当者本人に変更理由を伝えずらい場合があります。

公式HPのお問い合わせフォームから変更依頼をすればベ直接担当者本人に伝えるわけではないのでこの選択がおすすめです。

例えば、連絡がしつこい、希望の求人とは全く違う求人紹介をしてくるなど担当者本人に原因があるケースです。

その場合、変更理由をごまかして変更依頼をすることも可能ですが、それでは本当の変更理由が伝わらないです。

本当の変更理由が伝わらなければ再び同じ繰り返しになってしまう可能性があるので

誠実な対応を心がける

もうどうせ変更前だからいいや、といって横柄な態度をとってしまうのは避けましょう。
引継ぎ等で、そのような態度は担当変更後のアドバイザーにも伝わってしまいます。

アドバイザーも企業に紹介する立場なので、あなたの人柄と捉えられてしまい、より良い求人を紹介してもらえるちゃんすを逃すかもしれません。

リクルートエージェントの不手際があったとしても最後まで誠実な対応を心がけることが大切です。

また、必ずしも担当変更が可能ということでないので求職者に原因があると判断されてしまい変更を断られることもあるようです。

リクルートエージェントの担当変更の方法


電話やメールで簡単に依頼できるとはいえ、内容をおろそかにするのはNGです。しっかりと変更理由と自分の希望を伝えて、担当者を変更してもらいましょう。
それでは変更方法を紹介していきます。

電話での担当変更

    あなた:
    お世話になっております。
    リクルートエージェントで転職支援サービスを利用している○○と申します。

    大変恐縮ですが担当アドバイザーの変更をお願いしたく連絡致しました。

この後はリクルートエージェント側の指示に従い受答えすれば問題ないです。

メールでの担当変更

    お世話になっております。

    貴社で転職支援サービスを利用している○○と申します。

    この度、大変恐縮ですが、担当アドバイザーの変更をお願いしたく連絡致しました。

    ・担当者名:○○様

    ・変更理由

    大変恐縮ではありますが、○○の業界に詳しいアドバイザーの方に変更いただけますと幸いです。

    お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

    —————————————
    ○○(名前)
    ○○(電話番号)
    ○○(メールアドレス)

お問い合わせフォームでの担当変更

公式HPのお問い合わせフォームはこのようになっています。

    貴社で転職支援サービスを利用しております。
    この度、大変恐縮ですが、担当アドバイザーの変更をお願いしたくお問い合わせしました。

    ・担当者名:○○様
    ○○○○
    ・変更理由
    ○○○○

    大変恐縮ではありますが、○○の業界に詳しいアドバイザーの方に変更いただけますと幸いです。

    お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

公式ホームページのお問い合わせフォームからでも変更が可能です。

記入例はメールの例文とほぼ同じで問題ないでしょう。

リクルートエージェントの担当変更した後の注意点


担当変更をした後はアドバイザーと良い関係を築くことが大切になってきます。リクルートエージェントの特徴から、担当変更後の注意点を紹介していきます。

面談を申し込む

既に一度、前のアドバイザーと面談している場合でも変更後のアドバイザーと面談をすることをおすすめします。

やはり実際に合ってどんなアドバイザーなのかを知ること、自分を知ってもらう事が大切です。再び面談となると手間に感じますが、自分の希望や経歴等実際に会って話さないと伝わりづらいこともあるのでより良いサポートしてもらう上では欠かせません。

返事は早めにする

アドバイザーから転職活動の状況確認などで電話やメールがくることがあります。返事が早いと実際に転職してからもそのように働いてくれるという安心感をアドバイザーに与えることもできます。やはり遅いよりかは早い方が印象も良くなるでしょう。

自分から積極的に連絡する

積極的な連絡で転職意欲が高いとわかってもらえれば優先的に求人紹介を受けられることがあります。

職務経歴書の書き方や、希望業界不明点などこまめなことでも結構です。積極的に連絡することで、あなたの転職志望度が高いことが伝えることができます。

希望をはっきり言う

「営業はできれば避けたいです」など曖昧な表現ではなく、「技術職のみで探しているので営業職は考えていません。」等、あなたの希望を明確に伝えることが大切です。

リクルートエージェント側は自分で抱えている求人を紹介する為、やむを得ず希望以外の求人も紹介してくるアドバイザーもいるでしょう。紹介しやすいと思われてしまえば希望以外の求人を紹介されることも多くなるので、十分注意が必要です。

もし希望が決まっていないなら素直にそのまま伝えてかまわないでしょう。

リクルートエージェントの担当変更に失敗した場合

他の転職エージェントの利用も考える

あなたがリクルートエージェントのタイプに合っていない可能性もあります。

リクルートエージェントは最大手で一人のアドバイザーが抱える求職者がとても多いです。その為、こちらからマメに連絡しなければ放置されてしまうといったことが多いです。自分のペースで進められるといった利点はありますが、主体的に行動するのが苦手という人にはあまり合わないかもしれません。

もちろんアドバイザーによっての違いがあるので一概には言えませんが。

リクルートエージェントの担当変更は慎重に!

リクルートエージェントの担当変更は本当に担当変更すべきかどうかを慎重に考える必要があります。
今のアドバイザーが優秀かどうかをしっかりと見極めて決断することをおすすめします。

    変更方法

  • 電話
  • メール
  • お問い合わせフォーム

担当変更する場合は上記のいずれかから簡単にできるので変更理由をしっかりと伝えることが大切です。

転職成功に向けて自分に合ったアドバイザーを見つけて頑張っていきましょう!


RECOMMEND

関連記事