最終更新日:

うつ病に理解のある転職エージェントや転職支援を受けよう

うつ病に理解のある転職エージェントを利用しよう

うつ病の方の転職活動は精神的にも身体的にも負担が大きく大変です。「うつ病だから転職は厳しい」「転職に不利になるのであれば、病気を隠して転職活動をしたほうが良い」と考えてはいないですか?

しかし、うつ病を隠して転職しても症状が悪化してしまえば元も子もないですし、自分に合った環境でなければ長続きもしません。

この記事では、うつ病であっても隠さず希望の条件で転職ができ、うつ病に理解の深い転職エージェントを紹介したいと思います。

うつ病でも転職エージェントを利用できる

利用できるが転職エージェントが限られる

うつ病だと言うと、サポートを断られるところもあれば、ケアしつつ求人紹介をしてくれるエージェントもあります。

通常の転職エージェントが集めている企業では、うつ病を持っている方の受け入れ態勢が整っている所も少ないので、転職活動は思うようにはいかないでしょう。それにあなたの病状を理解していないので負担がかかってしまいます。うつ病に理解のある転職エージェントを選び、手厚いサポートをしてもらいましょう。

うつ病で転職をするのであれば転職エージェント選びが重要ポイントなのです。

転職エージェントエージェント以外の転職方法

実際には転職エージェントを利用するのではなく、他の支援を受けるのもあります。

施設や訓練 特徴・内容
ハローワーク ハローワークには、うつ病の方の相談窓口もあります。うつ病に理解ある人が担当してくれるので、手帳がない方は一度相談に行くのがいいでしょう。
生活支援センター 働く意思はあるが、働くために何をしていいのか分からない人の為の窓口。職業適性検査や職業リハビリステーション計画の基づき、今後の支援プランを製作してくれます。
職業訓練 無料でPCや溶接のスキルを身に付けられます。うつ病の方でも受講可能。
精神障害者社会適応訓練 いきなり、企業で働くのではなく、うつ病について理解のある会社でインターンシップに近い訓練をして現場復帰を目指します。

障害者認定を受けて働く方法もある

障害者雇用枠で入社すれば気持ちに余裕ができた働き方ができる

完全に社会復帰するのに自信が無い方は障がい者雇用枠で働く手もあります。障がい者雇用枠で働くのであれば企業側もうつ病を受け入れる体制ができていますし、柔軟に対応してくれるでしょう。

自分のペースで無理なく働けますので、症状が悪化する可能性が低くなります。『がっつり働くのは自信が無い』『うつ病が悪化してしまったらどうしよう』そう考えてしまうのであれば障がい者雇用枠で働くことも一つの手です。

うつ病のサポートが手厚い転職エージェントサービス

Spring転職エージェント


うつ病に理解のある転職エージェントを利用しよう

Spring転職エージェントでは申し込みがあった面談は100%受け入れられ、親身にサポートしてくれる所が強みの一つです。

それに加えてSpring転職エージェントにはソーシャルパートナーズという障がいをお持ちの方への転職支援サービスがあります。

うつ病の特性に合わせた柔軟な働き方ができ、Spring転職エージェントの基準をクリアした企業のみを紹介しています。あなたの症状に合わせて企業選びをし、入社してからも無理がなく長期で働ける企業探しをしてくれるでしょう。

doda


うつ病に理解のある転職エージェントを利用しよう

業種・職種の豊富さや求人数では国内でもトップクラスのdodaなら、うつ病がきっかけで働き方を見直したいあなたの選択肢を広げられます。

しかもdodaにはdodaチャレンジという障がい者のための転職支援サービスがあり、障がい者認定を受けたうつ病の方の転職実績も豊富です。そのためdodaのキャリアアドバイザーにあなたのうつ病の状況を包み隠さず打ち明ければ、的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

うつ病で転職エージェントを利用するメリット

うつ病に理解のある転職エージェントを利用しよう

一人で転職活動をするより負担がかからない

一人で転職活動をするのは求人探しから面接予約や書類の作成全てを1人で行わなければなりません。

転職エージェントを利用すれば、代理で面接日を決めてくれたり、書類作成の補助なども行ってくれます。

一人で転職活動をするのは相談相手もいないので精神的な負担が多いです。うつ病をもっているのであれば、無駄なストレスがかからないように配慮して下さい。

ミスマッチが少ない

自分で探すとなると病気に理解のある企業を探すだけでもかなりの労力がいりますし、ミスマッチが多く効率が悪いです。

会社の雰囲気も知りたいとなると入社してみなければどういった会社かも分からず、入社してから雰囲気が違えば転職を繰り返すのは少なくありません。

転職エージェントを利用すれば企業の理解もありますし、転職者と相談を重ねて、希望条件に合わせて紹介をしてくれるので、ミスマッチが少ないのです。

うつ病で転職エージェントを利用する注意点

転職エージェントにうつ病であるのを必ず伝える

うつ病だと受け入れてくれる企業は少なくなり、ハンディキャップになります。

ですが、転職エージェントにうつ病であるのは必ず伝えてください。医師にうつ病と診断されているにも関わらず黙って入社した場合、解雇の理由になり得る可能性があります。お気を付けください。

些細な疑問や悩みもすぐに転職エージェントに相談する

一人で抱え込まずに転職エージェントの方と相談しながら進めてください。一人で抱え込んで無理をする状況は絶対にやめてください。

転職スケジュールが早い」や「条件があわない」など些細な事でも問題ありません。我慢をして転職を進めるのはうつ病が悪化する可能性があります。

あなたの希望に合わせて転職エージェントも動いてくれるはずです。

結論 うつ病に理解ある転職エージェントや支援施設を利用して、自分のペースで動いていこう

うつ病で転職エージェントを利用するのであれば病気に理解が深い、特化したサービスがある転職エージェントを選びましょう。特化している転職エージェントであれば、あなたのペースで無理なく転職活動ができます。症状に合わせた企業選びをおこないますので、事前にミスマッチを防げます。転職先で条件が違うからといってすぐに辞めてしまうことも少なく、長期で働けます。転職エージェントを利用するメリットは多くありますので、利用してみる価値はあるのではないでしょうか。

うつ病でも転職エージェントによっては利用する事が可能だわ。症状も落ち着いてきていて、転職を考えているなら、無理の無い程度に相談から始めてみたらどう?


RECOMMEND

関連記事