最終更新日:

転職エージェントの社内選考に通らない?社内選考を通過できる転職成功法

転職エージェントの社内選考の通過率アップ方法

「転職エージェントの社内選考に通らない」
「社内選考に落ちる原因は?」
「どうすれば社内選考を通過できる?」

転職エージェントを利用して転職活動していても、社内選考に通過できず企業との面接に進めない求職者は少なくありません。

転職エージェントの社内選考に落ちる人には共通点があるため、事前に対策すれば社内選考を突破して転職を成功させられます

今回は社内選考に通過しやすい転職エージェントと、転職エージェントが社内選考をする理由、社内選考に落ちる人の共通点や社内選考を有利に進める対策を解説していきましょう。

社内選考に通過しやすい転職エージェント

転職エージェントは複数併用するほど社内選考の通過率がUPするの☆まずは求人数が多くて社内選考に通過しやすいサービスをご紹介♪

経験が浅い20代向け

ジェイック
(JAIC)
DYM就職
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 社会人経験がない・浅い人 正社員就職・転職を目指す人
支援実績 入社後の定着率91.5% 経験が浅い若年層を積極支援
求人数
非公表
特徴 正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
簡単登録
(無料)


経験がある20~30代向け

リクルート
エージェント
Spring転職
エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 大手優良企業への紹介実績多数
求人数 約46万件 約3.1万件
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
面談を断らない
簡単登録
(無料)


社内選考に通過しやすい転職エージェント詳細

社内選考をクリアして確実に正社員へ
ジェイック(JAIC)

社内選考に通過しやすい転職エージェント

求人数:非公表
拠点:東京・神奈川・仙台・大阪・名古屋
   広島・福岡
【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/

ジェイック(JAIC)は経歴やスキルに自信がない人向けの転職エージェントです。

正社員求人のみを保有し、就職成功率81.1%・入社後定着率91.3%の手厚いサポートで、これまでに2万人以上の転職支援実績があります。

書類選考なしの集団面接会では最短2週間での転職も可能なので、社内選考に自信がない人はまず相談してみましょう。

社内選考突破で最短転職
DYM就職

DYM就職公式

求人数:非公表
【公式サイト】https://www.dshu.jp/

DYM就職は第二新卒やフリーターなど経験が浅い求職者向けの就職エージェントです。

厳選した優良企業から社内選考で不利にならない求人を紹介し、人物重視の採用を実現しています。

長期的に働ける企業へ素早く転職したい人は、必ず利用するべきでしょう。

求人数No.1で社内選考◎
リクルートエージェント

社内選考に通過しやすい転職エージェント

求人数:約30万件
拠点:全国
【公式サイト】https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、転職実績・求人数No.1の業界最大手の転職エージェントです。

非公開求人を10万件以上保有し、求職者の希望条件に合わせて社内選考に通過しやすい豊富な選択肢を提案してくれます。

業界や職種、年齢層も幅広いので、社内選考を確実に通過したい人は必ず利用しましょう。

専門領域で社内選考通過
Spring転職エージェント

社内選考に通過しやすい転職エージェント

求人数:約1万7000件+非公開求人
拠点:東京・大阪・名古屋
※3拠点以外の地域でも随時個別転職相談会を開催

【公式サイト】https://www.springjapan.com/

Spring転職エージェントは、世界最大手の人材会社アデコグループが運営する転職エージェントで、外資系・IT系に特化しています。

求職者と企業を1人のアドバイザーが担当するため、ミスマッチが少なく社内選考に通過しやすいです。

Spring転職エージェントは基本的に面談を断らないので、相談だけしてみたい・他の転職エージェントで社内選考を通過できなかった人はまず登録してみましょう。

転職エージェントが社内選考をする理由

転職エージェントはどうして社内選考をするのかな?社内選考の後に企業側での選考もあるんだから、必要なさそうな気もするけど…。

多数の応募者からマッチする人材だけを選ぶってかなりの労力よ?転職エージェントは企業のフィルターを通す前に先回りして選考作業をしてるの。

企業から信頼を得るための社内選考

昨今は様々なジャンルに特化した転職エージェントが増加中です。

業界大手で知名度が高い転職エージェントでも、ブランド力だけで企業から選ばれ続けるとは限りません。

転職エージェントは企業に最適な人材を厳選して紹介し続け信頼を得るために、社内選考を徹底しています。

ミスマッチな人材ばかり紹介してたら企業からの求人依頼もストップしちゃうでしょ?常に良い人材を紹介して企業からの信頼を得るために転職エージェントは慎重に社内選考してるの。

手間を省くための社内選考

  1. 良い人材を確保するために企業が転職エージェントに求人を依頼
  2. 多数の応募者の情報を企業がチェック
  3. 求める人材がいなければ再度依頼

もし社内選考がなければ上記の流れを繰り返すため明らかに二度手間で、企業が転職エージェントに依頼するメリットがありません。

特に登録者が多い転職エージェントは自ずと応募者の母数が多くなるため、社内選考に注力して求職者を厳選しないと企業側に相当な手間がかかってしまいます。

採用される人材選抜のための社内選考

求職者が希望する企業で転職が成立すれば転職エージェントの高評価に繋がります。

しかし求職者側だけではなく、企業からも高評価を得なければビジネスは成り立ちません。

企業がすぐに採用したいと思えるだけの人材を常時選抜できているのも企業から選ばれる転職エージェントの必須条件です。

過度なミスマッチは社内選考で×

転職エージェントによって社内選考の基準は変わります。

企業の提示条件とあまりにもミスマッチで間違いなく落ちると判断された人は、どの転職エージェントでも社内選考に通りにくいです。

希望条件を高く設定すればするほど社内選考の難易度は高くなるので、高望みし過ぎないように条件を伝えましょう。

担当アドバイザーからの求人紹介は、マッチする企業を厳選紹介してくれるため社内選考で落とされにくい。

信頼を得て効率化して採用率を上げるための社内選考か!紹介前に転職エージェントの社内選考のフィルターを通すからマッチングが円滑なんだね。

転職エージェントの社内選考に落ちる人の共通点

社内選考に通過できる人・できない人には明確な差が出るわ。通過率を上げるために落ちる人の共通点を把握しておきましょ★

市場価値を把握せず社内選考に落ちる

自分の市場価値を把握しないまま希望条件を高く設定すると、ミスマッチが起こり社内選考に落ちやすくなります。

やりたい仕事や理想の条件を追いかけて、希望条件にこだわり過ぎればいつまでもマッチングできないまま。

転職活動が長引けば妥協を余儀なくされ、望まない企業に転職してしまいかねません

これまでのスキルや経験を客観的に見直し過大評価しないように目標設定するのが得策です。

自分の現在の市場価値を診断

自分の市場価値がよくわからないなら、無料の診断ツールを利用しましょう。

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”効率的な転職活動ができるアプリです。

簡単な質問に答えるだけで想定年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

転職エージェントの社内選考と市場価値診断(※会員登録完了後に自動で市場価値を算出)

業界大手「doda」の運営会社の新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

すぐに優良企業28万社にあなたの経歴が公開され、企業からオファーが届くシステムです。

面談で悪印象で社内選考に落ちる

転職エージェントとの面談で印象が悪いと社内選考で不利に働きます。

面談で悪印象になりやすい例
・ビジネスマナーが悪い
・言葉遣いがおかしい
・身だしなみが整っていない

上記のように問題があれば、紹介する企業に迷惑がかかると判断され落とされる大きな要因になるでしょう。

レスポンスが悪くて社内選考に落ちる

キャリアアドバイザーからは企業の紹介などで電話やメールで何度も連絡がありますが、レスポンスが悪いと優先度が落ちがちです。

転職に積極的な人ほど優先されるため、連絡を面倒くさがるとマイナスにしかなりません。

自分を過大評価するのも、面談で悪印象を与えるのも、連絡がルーズなのも、謙虚ささえ忘れなければ自然と避けられるわ☆

転職エージェントの社内選考を有利にする対策

社内選考に落ちる人の共通点が把握できれば、有利に進めるための対策を講じられます。

事前対策を万全にして、社内選考を確実に突破しましょう。

徹底的な自己分析で社内選考を有利に

転職エージェントの社内選考に臨む前に徹底的に自己分析しておきましょう。

自分の強みを整理・詳細まで的確に把握していれば志望動機に説得力が生まれ、納得感のあるアピールができます。

事前に仕事の適性を理解していれば、自分に向いている求人に応募できるので効率的です。

急に自己分析なんて言われても難しいよ。自分の強みや仕事の適性が簡単にわかる方法はないの?

自己分析が苦手・自分の適性を今すぐ診断したい人は、リクナビNEXTのグッドポイント診断を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

転職エージェントの社内選考と診断(※会員登録すると無料で診断できます)

業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分にどんな仕事が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

リクナビNEXTの求人は約6万件。診断後にはそのままマッチする求人を探せるのでスピーディー。

ファーストインプレッションで社内選考を有利に

面談では好印象を与えられるようファーストインプレッションを大切にしてください。

スーツの指定がなくも服装はスーツやオフィスカジュアルで、髪型から靴まで清潔感がある身だしなみに配慮しましょう。

何も特別なアピールをしなくとも、人柄の良さが伝われば足りない経験やスキルを補える可能性もあります。

ファーストインプレッション次第で応募できる企業の幅が決まると言っても過言ではないので、面談には全力で臨みましょう。

メールや電話に早めのレスで社内選考を有利に

キャリアアドバイザーからの連絡が、現在の状況や希望条件の再確認など急ぎの用件ではない場合は、多少レスが遅れても転職活動自体に大きな影響はありません。

しかし、求人紹介での連絡でレスが遅れると他の人に求人を回される可能性もあります。

チャンスを逃さないためにも、メールや電話連絡に対して早めのレスポンスが賢明です。

転職エージェントの社内選考を突破して転職成功

社内選考に落ちやすい人
・自分の市場価値の把握不足
・面談で悪印象
・レスポンスが遅い

今より良い企業への転職成功の第一歩が、社内選考の通過です。

しかし、転職エージェントの社内選考のレベルは決して低くありません。

  1. 「自分の市場価値の把握」
  2. 「面談での好印象」
  3. 「素早いレスポンス」

上記3つの対策で、落ちやすい状況を回避し社内選考を有利に進めましょう。

転職エージェントの社内選考さえ通ってしまえば、色んな企業に応募できて転職の可能性が大きく広がるんだね。

社内選考を通過できなきゃ転職したい企業に応募すらできないわ。経験やスキルは急にレベルアップしないけど、意識や姿勢は簡単に変えられるから、謙虚さを徹底して社内選考に通過しやすい状況を作るのよ♡

【社内選考に通過しやすい転職エージェント】
リクルートエージェント
Spring転職エージェント
マイナビジョブ20’s
就職shop
ジェイック(JAIC)
DYM就職
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事