最終更新日:

リクルートエージェントの社内選考とは?落ちやすい人の共通点と対策

リクルートエージェント転職支援No.1の実績圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅していますが、社内選考を通過できず企業に応募できない求職者も多いです。「社内選考に落ちる原因は?」「どうすれば社内選考を通過できるのか」わからないと転職の意欲も削がれてしまいますよね。

リクルートエージェントの社内選考に落ちる人には共通点があり、事前の対策で社内選考の通過率は高められます。今回は「リクルートエージェントが社内選考を行う理由」「リクルートエージェントの社内選考の難易度」を紐解き、社内選考を有利に進める対策をお伝えしていきます。

リクルートエージェントが社内選考を行う理由

リクルートエージェントも他社の転職エージェントもそうだけど、どうして社内選考をするのかな?社内選考の後に企業による選考もあるんだから、必要なさそうな気もするけど…。

たくさんの応募者の中から条件にマッチングする人材を選び出すってかなりの労力じゃない?転職エージェントは企業のフィルターを通す前に先回りして選考作業を担ってくれてるのよ。

企業にマッチする人材を紹介し信頼を得るため

数多くの転職エージェントが世に溢れている昨今、企業から選ばれる存在になるのは至難の業です。業界最大手のリクルートエージェントでも、そのブランドだけで勝負できるとは限りません。

リクルートエージェントは求人条件にぴったりな人材を選び抜くために社内選考を徹底して、企業にマッチする求職者を紹介し続け企業と固い信頼関係を結んでいます。

せっかく依頼したのに的外れの人材を紹介するような転職エージェントだと企業からの求人依頼がストップしちゃうケースもあるわ。常に良い人材を紹介するために、リクルートエージェントは慎重に社内選考してるのね。

二度手間三度手間を防ぐため

  1. 良い人材を確保するために企業がリクルートエージェントに求人を依頼
  2. 多数の応募者の情報を企業がチェック
  3. 求める人材がいなければ再度依頼

もし社内選考がなければ、上記を何度も繰り返す可能性が生まれます。明らかに二度手間三度手間になり、企業が転職エージェントに依頼するメリットがありません。

特にリクルートエージェントは、高い知名度と豊富な求人数で登録者も多数。自ずと応募者の母数が多くなるため、社内選考に注力して求職者を厳選しないと企業側に相当な手間がかかってしまいます。

採用率の高い人材を常に選抜するため

求職者が希望する企業で転職が成立すればもちろんリクルートエージェントの高評価に繋がります。しかし求職者側だけではなく、企業からも高評価を得られなければビジネスとして成り立ちません。

企業がすぐに採用したいと思えるだけの人材を常時選抜できているのも企業から選ばれる転職エージェントの必須条件です。

信頼を得て効率化を図って採用率を上げるための社内選考なのか!紹介前にリクルートエージェントの“社内選考”ってフィルターを通すから円滑なマッチングが可能なんだね。

下記公式サイトからリクルートエージェントに登録後、求人に応募すると社内選考に進みます。登録・利用はすべて無料です。

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

リクルートエージェントの社内選考の難易度

間口は広いが過度なミスマッチは厳しい

転職エージェントによって社内選考の基準は変わりますが、リクルートエージェントの場合は企業が提示している求人条件と照らし合わせ、あまりにもミスマッチでほぼ間違いなく落ちると判断された人がふるいにかけられます。

例えば35歳以下、実務経験2年以上の求人に、どんなに優れた経歴やスキルがある40歳未経験が応募しようとしても社内選考を通過できる見込みは薄いでしょう。希望条件を高く設定すればするほど社内選考の難易度は高くなります

リクルートエージェントは豊富に求人を取り揃えている分他社よりも間口が広いのは確かですが、高望みし過ぎるのは避けましょう。

担当キャリアアドバイザーからの求人紹介の場合は、マッチングする企業を厳選して紹介してくれるため社内選考で落とされにくい。それでも落ちる場合は担当を変える選択も視野に入れる。

リクルートエージェントの社内選考に落ちやすい人の共通点

実際の企業の採用選考と同じで、社内選考でも落ちやすい人とそうでない人には明確な差が出ます。少しでも通過率を上げるために落ちやすい人の共通点を把握しておきましょう。

自分の市場価値を把握していない

自分の市場価値を把握しないまま希望条件を高く設定し過ぎると、ミスマッチが起こり社内選考に落ちやすくなります。やりたい仕事や理想の条件を追いかけるのは決して悪くはありませんが、それだけを重視してはいつまでもマッチングできないままです。

転職活動が長引けば妥協を余儀なくされ、いつの間にか望まない企業に転職していた、なんて事態にもなりかねません。自分がこれまで培ってきたスキルや経験を客観的に見直し過大評価し過ぎないように注意しましょう。

面談での印象が良くない

リクルートエージェントとの初回面談で印象が良くないと社内選考で不利になるケースが多いです。実際に面接をするまで、企業側はあなたがどんな人間か書類で判断するしかありません。つまりあなたの人柄や性格を知れるのは、リクルートエージェントの担当キャリアアドバイザーだけです。

例えば面談時にビジネスマナーが悪い言葉遣いがおかしい身だしなみが整っていないなど、立ち居振る舞いに問題がある場合は、紹介する企業に迷惑がかかると判断され落とされる大きな要因になってしまいます。

レスポンスが悪い

キャリアアドバイザーからは企業の紹介などで電話やメールで何度も連絡があります。それに対してレスポンスが悪いとどうしても優先度が落ちがちです。やはり転職に積極的な人ほど優先される可能性が高いため、連絡を取るのを面倒くさがるとマイナスにしかなりません。

要は謙虚な姿勢を常に念頭におけば良いの☆自分を過大評価するのも、面談で悪印象を与えるのも、連絡がルーズなのも、謙虚ささえ忘れなければ自然と避けられるはずでしょ?

リクルートエージェントの社内選考を有利にする対策

社内選考に落ちやすい人の共通点が把握できれば、有利に進めるための対策を講じられます。事前対策を万全にして、社内選考を確実に突破しましょう。

徹底的な自己分析で市場価値を見誤らない

ただ単に自分の経験やスキル、資格を並べるだけでは転職は成功しません。大事なのは自分のキャリアが市場でどう評価されるか企業から重宝されるスキルなのか経験をどう上手く活かせるかです。

これまでの経験の中から最低限自分の強みや得意な分野、弱みや苦手な分野は具体的に洗い出しておかなければなりません。そこから導き出される自分の適性を把握しておくと、市場価値を見誤りにくくなります。

自分の市場価値が分かるアプリ「MIIDAS(ミイダス)」

自己分析に自信がない場合は、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーに相談すれば手厚くサポートしてもらえますが、リクルートエージェント登録前に市場価値を簡単に分析できるアプリがあります。

MIIDAS(ミイダス)は、あなたの本当の価値を“見いだす”、効率的な転職活動ができるアプリです。dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ数百万人の過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。すぐに優良企業40,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くシステムです。求人全体の20%を営業職が占めています。

    MIIDASのメリット

  • 家で手軽に適性チェック可
  • 5分程度の短時間かつ無料で、転職市場での自分の価値がわかる
  • スマホだけで企業からオファーが届く体制ができる
  • オファーがきた時点で書類選考合格済み(面接確約!)
  • 求人を探す手間が省けて書類選考もなし。転職の負担を大幅軽減
MIIDAS

自分のキャリアを見いだす適正チェックができるアプリ。
社会人だけでなくニートでも想定年収が算出される。自分の市場価値がわかり、転職するべきか客観的な判断が可能に。
オファーはすべて面接確約で転職活動が効率的。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

MIIDASの詳細はこちらの記事をチェック↓

ファーストインプレッションを大切にする

初回面談では失礼のないように、できるだけ好印象を与えられるようにファーストインプレッション(第一印象)を大切にしてください。スーツの指定がない場合でも服装はスーツやオフィスカジュアルが無難です。髪型から靴まで、清潔感がある身だしなみ・着こなしに配慮しましょう。

何も特別なアピールをしなくとも、人柄の良さが伝われば足りない経験やスキルを補える可能性もあります。ファーストインプレッション次第で応募できる企業の幅が決まると言っても過言ではないので、たかが面談と蔑ろにせず全力で臨みましょう。

リクルートエージェントの【面談準備編】はこちらの記事をチェック↓

リクルートエージェントの【面談本番編】はこちらの記事をチェック↓

リクルートエージェントで面談なしや連絡がこない対策はこちらをチェック↓

メールや電話に対しては早めのレスが吉

キャリアアドバイザーからの連絡が、今現在の状況の確認や希望条件の再確認・摺り合わせなどそこまで急ぎの用件ではない場合は、多少レスが遅れても転職活動自体に大きな影響はないでしょう。しかし、求人紹介での連絡の場合はレスが遅れてしまえば他の人にその求人を回される可能性もあります。

チャンスを逃さないためにも、一つ一つのメールや電話連絡に対して早めにレスポンスするのが賢明です。

リクルートエージェントついてさらに詳しい情報はこちらの記事をチェック↓

リクルートエージェントの社内選考は万全な対策で通過率がアップ!

リクルートエージェントの社内選考のレベルは決して低くはないですが、越えられないハードルではありません。「自分の市場価値の把握」「面談での好印象」「素早いレスポンス」の3つの対策で、落ちやすい状況を回避し社内選考を有利に進めましょう。

リクルートエージェントは求人数が多いから、社内選考さえ通ってしまえば色んな企業に挑戦できるのも魅力だね。

まずは社内選考を通過できなきゃいくら求人数が多くても選択肢は広がらないの。行きたい企業に応募すらできない状況はとっても悲しいじゃない?経験やスキルは急にレベルアップしないけど、意識や姿勢は簡単に変えられるわ。謙虚さを徹底して、社内選考に通過しやすい状況を自ら作るのよ♡

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。
特に20~30代の転職決定者が多く営業職に強い。充実の面接対策も人気!

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!


RECOMMEND

関連記事