最終更新日:

係長に昇進する方法は?係長昇進後の仕事内容や係長になる方法を徹底解説

係長 昇進

「係長に昇進する方法はある?」
「係長に昇進するために必須のスキルは?」
「係長への昇進を成功させるには?」

係長に昇進したいと思っていても、係長に求められるスキルや係長になる方法が分からず悩んでいる人は少なくありません。

係長への昇進には求められるスキルは多いですが、転職エージェントを上手く活用すれば効率よく希望の係長への転職を実現できます

本記事では、係長の役割や平均年収、係長に昇進するために求められるスキルと係長に昇進する方法を詳しく解説していきましょう。

【係長就任を実現できる】
おすすめの転職サイトはこちら

昇進と係長の定義とは?

そもそも昇進の定義や係長とはどんな人を指すのかな?

昇進の定義とは

係長 昇進 定義

昇進と似たような言葉に「昇格」がありますが、昇進と昇格は全く異なる意味で昇格しても同時に昇進できるわけではありません。

昇進や昇格の基準は企業によって異なるため、係長に昇進したい人は社内の評価制度や基準を再確認しておきましょう

係長の定義とは

係長は管理職への昇進の1歩目の役職で、「課」の中の「係」のリーダーです。

係長は管理職に含まないとするのが一般的ですが、他の管理職と同様に部下や業務の管理、人材教育やリスクマネジメントを担当します。

係長 昇進 平均年齢

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、係長に昇進した人の平均年齢は45.3歳で、勤続年数は約18年です。(※1)

係長に昇進したくても年功序列制度やポスト不足で昇進できない人は、今すぐ係長のポストに就ける転職も検討してみましょう

係長に昇進した人の役割・仕事内容

係長は管理職に昇進するための第一歩なんだ!具体的に係長の役割は?

  1. 業務遂行・管理
  2. 人材育成・教育
  3. 現場のプレーヤー

業務遂行・管理

係長は自分の業務だけでなく、部下の業務の進捗や現場全体の流れも把握します。

成果を上げるのはもちろん、日々の業務の進め方に無駄がないかを確認してリスク管理するのも係長の役割です

係長は業務だけでなく、部下のメンタルケアやモチベーションを保つためのコミュニケーションも不可欠だと言えるでしょう

人材育成・教育

新人や部下のスキル向上のためにも、係長はそれぞれに合う方法で育成・教育をします。

業務を教えるだけでなく、個人の能力や適性を的確に判断して評価しなければなりません

部下が学びやすい・育ちやすい環境を整えるのも係長ならではの仕事だと言えます。

現場のプレーヤー

係長には現場で部下を教育できる、豊富な知識やスキルがが不可欠です

現場と管理職を繋ぐかけ橋の役割も担うため、管理職の人と同じレベルで業務について話さなければなりません。

係長に昇進しても業務が激変するわけではないので、部下の模範となるように主体的に行動しましょう

係長への適性があるかがわかる
おすすめの診断サービスはこちら ⇒

係長に昇進する方法

係長には結果だけじゃなく人材育成や管理職とのかけ橋の役割も担うんだ!具体的に係長に昇進する方法は?

効率よく係長に昇進したい子は自己分析や転職エージェントの利用がおすすめ♡順番に見ていきましょ♪

資格取得やスキルの向上

係長への昇進を目指している人は、自己分析をしておくと管理職への適性がわかります

自分の性質・強みや転職市場価値を無料で診断できるサービスを活用すれば、スマホやパソコンで簡単に自己分析が可能です。

【ミイダス】

市場価値がわかる転職アプリのミイダス【公式】https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの本当の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけ就職市場価値や行動特性、適正などを診断できます。

登録すると条件にマッチする企業からオファーが届くので、就職活動が効率的です。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で就職市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
面接確約のオファーも多数
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

【グッドポイント診断】

自分の適性をすぐ知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グッドポイント診断」を利用しましょう。

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きをチェックできます。

グッドポイント診断

グッドポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
\無料で手軽に適性がわかる!/

転職して係長になる

係長に昇進したい人や昇進できないと悩んでいる人は、係長を募集している企業への転職の検討がおすすめです

転職エージェントでは求人紹介だけでなく、面倒な日程調整や交渉も全て代行してくれるので、仕事と転職活動を両立できます。

それぞれ得意なサポートや求人は異なるので、自分に合うサービスを利用しましょう。

ハイクラス向け転職サイト

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 20~50代 25歳~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査
なし
利用料金
完全無料
支援実績 転職決定年収の平均925万円以上 20~50代で年収200~400万UP実績あり
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)


ビズリーチ
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 20代後半
~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
現年収500万円以上の転職者
入会審査 あり
利用料金 一部有料
支援実績 導入企業数28,900社(累計)
特徴 求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

ハイクラス向け転職エージェント

リクルートエージェント JAC Recruitment
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 35歳~50代
主なサポート対象者 全転職者に対応 現年収600万円以上
支援実績 採用成功実績は54万人超 グローバル転職を中心に約43万人の支援実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
管理職や専門職の求人が豊富。外資系も◎
簡単登録
(無料)


係長と課長・主任の違い

係長 昇進 ピラミッド

一般社員に最も近く、最初の昇進で就くのが「主任(チーフ)」と呼ばれています。

小さな組織でリーダーとして業務を遂行・部下の教育を担当しますが、係長と同様に管理職には含めない企業が多いです

一般的に管理職として位置づけられるのが「課長」からで、業務命令や人事権などの権限が与えられます。

管理職として働きたい人は、効率よく係長に就任して課長を目指しましょう

係長に昇進後の平均年収

厚生労働省の令和3年度「賃金構造基本統計調査 結果の概況」(※1)によると、係長の平均年収は以下の通りでした。

係長 平均年収 昇進

係長に昇進すると一般社員よりも、約130万円程度年収が上がります

業界や職種にもよりますが40代の平均年収が351万円なので、係長に昇進すれば同年代よりも年収が高くなると言えるでしょう

係長昇進に求められるスキル

経済学者ピーター・ドラッカー氏によって提唱された「ドラッカーモデル」によると、役職ごとに求められるスキルの割合は以下の通りです。

管理職 昇進 ドラッガー

管理職の中でも階級ごとに重視されるスキルは変化していくのよ♪詳しく見ていきましょ♡

管理職への適性が分かる診断はこちら ⇒

コンセプチュアルスキル(概念化力)

コンセプチュアルスキル(概念化力)とは、物事の結果や原因を明確に捉えて、各事象に共通する点を見抜く論理的思考力です。

昨今の労働者不足・管理者不足の影響で管理職だけでなく、一般社員にも求められるスキルになりつつあります。

課題解決やリスク回避などの状況に応じた判断と行動をするためにも、管理職への昇進には欠かせないと言えるでしょう

コンセプチュアルスキルを保有している人の特徴
・データや根拠を重視している
・たくさんのアイデアを提案する
・物事を全体と詳細の両面から見ている
・相手を納得させるのが上手い
・トラブルが発生しても冷静に対処できる

テクニカルスキル

テクニカルスキルは「汎用」「専門」「特化」の3つに分けられ、日々の業務を遂行するために不可欠な知識やスキルを指します

汎用スキル 基礎となるスキルで業務知識や商品知識を示す。ビジネスマナーやPC操作なども含まれる。
専門スキル 業務における専門性の高いスキルで、専門性を持って担当できる業務に特化したスキルを示す。
特化スキル 業界や市場でも評価されるスキルで、保有している人が少ない希少価値の高いスキルを示す。

どの階級の管理職でも同様の割合で求められるスキルですが、現場に近い管理職には特に重視されやすいです

ヒューマンスキル

ヒューマンスキルは、下記の7つの要素に細分化されています。

  1. ネゴシエーション
  2. 傾聴
  3. リーダーシップ
  4. プレゼンテーション
  5. コーチング
  6. コミュニケーション
  7. ファシリテーション

ヒューマンスキルは、研修やフィードバック、PDCAサイクルを意識的に学べば誰でも身に付けられるスキルです

管理職への昇進を目指している人は、今までに取り組んだ業務を振り返ったり社内の研修などに積極的に参加したりしましょう

マネジメントスキル

マネジメントスキルは人によって管理する対象が変化しますが、人やお金、情報や環境などを管理・運営する能力を示します

リーダーシップでは対象が人のみですが、マネジメントスキルでは経営全体が対象です。

マネジメント能力は研修ですぐに身に付くスキルではないため、管理職に昇進したい人はまずは自分に不足しているスキルを身に付けるための行動を始めましょう。

効率よく係長に昇進・転職成功

係長に昇進したいと悩んでいる人は多いですが、昇進できなくても係長を目指せる方法は多数あります。

係長に求められるスキルは多いですが、転職エージェントでは係長に就任するために効率的なアピール方法を教えてくれるので転職を検討するのもおすすめ

係長になる方法や昇進しやすい企業は増加しているので、転職エージェントを上手く活用して希望の係長昇進・就任を実現しましょう

(※1 引用:厚生労働省/令和3年賃金構造基本統計調査の概況)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事