最終更新日:

パソナキャリアは電話面談だけでも十分使える転職エージェント!

パソナキャリアは電話面談だけでも十分使える転職エージェント!

「パソナキャリアを使ってみたいけど面談してくれる拠点が近くにない」
「仕事が忙しいし、なかなか面談に足を運べない」
「転職はしたいけど、転職活動に時間がさけない」
パソナキャリアで転職サポートを受けたいけど、面談に行けないのなら電話面談も視野に入れてみましょう。
電話面談のみでも同じように、担当者と1対1でキャリアの棚卸や求人紹介など通常の面談と同じ内容が受けられます。

どうしても電話面談だけしか無理な場合、電話面談で最大限あなたのスキルや魅力が伝わるように工夫し、パソナキャリアの転職エージェントを味方につけるための方法を解説していきます。

電話面談を受ける理由

  • 多忙などで仕事の合間に転職活動したいため、電話面談のみで済ませたい
  • 近くに面談をしてくれる拠点がないが、転職活動したいと思っている

面談に行こうと思うと『拠点までの移動時間+面談時間』がかかってくるため、近くに拠点がある場合でも1時間半程はかかるでしょう。
他府県まで面談を受けに行かないといけない場合ですと4時間くらいかかってしまう可能性もあります。

そうなったら、平日日中は難しいし、平日夜も遅くなりそうよね。土曜は行ける時もあるかも知れないけど仕事になるかもだし、皆なかなか面談に行きづらい現状よね。

そもそも拠点が近くに全くなくて、移動だけで片道2、3時間かかるなんて距離的な問題で諦めちゃう子もいるかも知れないわね。

地方の人や今も正社員で働いてる人にとったら面談に行くって結構ハードルが高いんだね。

前向きに転職したい気持ちはあるのに、面談に行けないから転職活動が始められないと思っているのなら勿体ないです。パソナキャリアでは面談のすべてを電話で完結する【電話面談】があります。

電話面談とは、WEBでの登録後、最初のステップである面談を電話での面談に置き換えるのです。所要時間も30分と対面での面談の半分ほどで済みますので、会社のお昼休みなどを有効活用して受けられます。

所要時間 1回30分程度
電話面談が受けられる時間 平日 :10:00-21:00まで
土曜日:10:00-18:00まで

ただし、転職エージェントを使いこなすためにはやはり対面での面談に勝るものはありません。可能な限り対面での面談がオススメです。どうしても働きつつの転職活動など面談に行くのに無理が生じるようなら電話面談を利用しましょう。

ギリギリの時間からでは面談を受けられない可能性もあります。電話面談の所要時間を見越して、余裕をもって電話面談の予約をしましょう。

パソナキャリア電話面談の流れ

全体の流れとしては通常の対面での面談と同じ流れで進んでいきます。ただし電話面談は時間も短いため、対面と比べてアッサリと終わってしまいます。伝えておきたい内容や聞きたい話などがあれば、事前にメモしておくと漏れが少なくなりそうですね。

もちろん後から「これも伝えたかった!」と思い出した場合でもメールや電話で伝えられますので安心してください。
電話面談の大まかな流れは下記となります。

  1. サービス内容の説明
  2. キャリアカウンセリング
  3. 求人紹介
  4. 書類添削
  5. 質疑応答

面談5分前になったら静かな場所に移動し、いつでも電話を受けられる準備をしておきましょう。
その際、メモだけでなく事前にアップロードしておいた職務経歴書のコピーも手元に準備しておくのがオススメです。

口頭だけでは伝わりきらない部分などもあるため、事前に提出した職務経歴書を見ながら話を進めていき、そこに補足していくと相手に伝わりやすくスムーズに進みます。

STEP1.サービス内容の説明

電話がかかってくると、まず簡単な自己紹介があり、その後パソナキャリアの転職サービスについての説明があります。

パソナキャリアを使って『今後どのように転職活動が進んでいくのか』『どのようにサポートしてもらえるのか』といった点が伝えられます。

電話面談では相手の顔や仕草が伝わらないため、相手のペースでどんどん進んでいってしまう可能性があります。
ポイントとしては、受け身にならず分からない点があれば質問し、疑問を残さないようにしましょう。

☆レディのワンポイントアドバイス★

キチンと理解しながら進んでいくようにしなきゃダメよ♡
「メモを取っているから少し待ってほしい」など自分の状況も伝えるようにしなさい★

STEP2.キャリアカウンセリング

  • スキルや希望条件はすべて伝えきる
  • スキルや退職理由など面談内で嘘はつかない

ここからは、転職者のこれまでのスキルや職歴、希望の条件などを詳しく確認していきます。

事前にアップロードしておいた履歴書(キャリアシート)・職務経歴書・PCチェックシートなどを見ながら細かく確認していきます。ここでの内容によってこの後の求人紹介が変わってきますので、自分のスキルや希望条件はすべて伝えきりましょう。迷いがある場合もここでキャリアアドバイザーと相談して方向性を決めていきます。

その分野に詳しい専門のキャリアアドバイザーが担当となって面談してくれるため、転職者の希望業界についても詳しくスムーズに進むでしょう。

面談内で嘘はついちゃダメよ♡
退職理由や転職回数の多さとか、言いづらい話もあるかも知れないわね。でも担当者を信頼して包み隠さずに話すのが大事よ。

そこを話すことによってあなたの考え方や失敗パターンとかを転職のプロだからこそわかる目で分析して、失敗しないように希望条件やキャリアプランをすり合わせてくれるんだから★

STEP3.求人紹介

STEP2で相談したこれまでのキャリアやスキル、希望条件に基づき転職者にオススメできる求人を紹介してくれます。
パソナキャリアでは、無理やり向こうのおすすめする求人を猛プッシュするといった営業感は少なく、転職者の希望を叶えるための求人を紹介してくれます。

キャリアカウンセリングしてもらったけど、求人紹介されない場合もあるのかな…。

もし、面談時に求人紹介がなかったからって落ち込まないで!
もともとパソナキャリアは求人の量が飛びぬけてるエージェントではないの。タイミングによっては面談で求人紹介がない可能性もあるのよ。

でも、面談後にオススメの求人が出てくれば電話やメールで紹介があるわよ♬

STEP4.書類添削

電話面談でも変わらず、事前にアップロードしておいた『キャリアシート』や『職務経歴書』などの添削をしてもらえます。

具体的にどこをどう変更すれば企業の採用者に響くのか、言い回しや見せ方の工夫でどんな風に思ってもらえるか、他の転職者の職務経歴書より目立たせるためにどうすればいいのか、といった一人一人の経歴や希望に合わせて採用者の観点からアドバイスがもらえます。

数々の職務経歴書に目を通し、企業の求める人物像を把握しているからこそできるプロのアドバイスですね。

☆レディのワンポイントアドバイス★

もらったアドバイスは、コピーしておいた職務経歴書に直接メモしていくと後から修正がラクになるわよ★

STEP5.質疑応答

最後に、疑問が残っていないか、伝え忘れはないかなどの質疑応答の時間がもらえます。
これまでの流れで聞けなかった点など、細かく聞いていきましょう。

人生のかかった転職をサポートしてもらうのですから、疑問や不安を残さず、パソナキャリアの担当者を信頼できると思えるまでにしておきましょう。

ただし、人と人との件なので、尚且つ電話のみの面談になるので人間相性の問題もあります。
万一「担当者を信頼して任せられない」と感じるようであれば面談後でもキャリアアドバイザーを変更してもらえます。
⇒変更の際は『問い合わせサポート』または『担当者に連絡』して変更希望を伝えましょう。

電話面談のメリット・デメリット

電話面談でも通常の面談と同じような流れで安心したよ。
でも、電話面談だけを選んじゃってデメリットとかってないのかな…。

もちろん電話面談にもメリット・デメリット両面があるわ。
いい面・悪い面、両方理解してから納得して電話面談を申し込むといいわよ★

電話面談を選択することでのメリット

限られた時間しか取れなくても面談を受けられる
⇒時間がとれない在職者でも、昼休みや自宅などの空き時間に電話面談を受けられます。
移動しなくてもどこでも受けられる
⇒自宅でもカフェでも公園でも自分の落ち着く場所で電話面談を受けられます。
準備などの手間がかからない
⇒顔が見えないため、部屋着でもすっぴんでも面談が受けられます。わざわざ出向くために準備をする手間が省けるため、時間の短縮になります。
対面での面談と同じようにサポートが受けられる
⇒対面と比べると相手に伝える努力は必要になってきますが、受けられるサービスや面談内容についての差はありませんので安心して受けられます。

電話面談で損をしないためには全て出し切る

どうしても細かなニュアンスなどは対面での面談と比べて伝わりづらくなります。

それらを軽減するために、キャリアシート・職務経歴書・PCチェックシートなどは事前にアップロードし、面談前に伝えておける部分はすべて伝えておきましょう。また、思っていることが伝わらないときは『根気よく伝える』『言い回しを変えてみる』など対面での面談以上に伝える努力をするようにしましょう。

諦めて相手のペースにすべて任せちゃうと、不満の残る面談になっちゃうわよ!

パソナキャリアで電話面談だけをした人の口コミ

総合満足度:3.9
有効口コミ件数:3
話しやすく普通の面談と遜色がなかった

近くに拠点がなかったため、電話面談にしてもらいました。他社で対面での面談を受けた経験がありますが、電話面談でも遜色なく細かいところまでお話ができたように思います。電話だとかかってくるまで変に緊張して待っていましたが、話し始めると向こうがスムーズに話を回してくださるためあっという間に終わった印象です。

(20代後半・女性)

電話面談でも十分満足できた

面談に行きたかったのですが、どうにも都合がつかず、でも早く転職活動を始めたかったので、電話面談を希望しました。
こちらの言いたかった話はスムーズに伝わりましたし、貴重なアドバイスもいただけました。電話のみでもしっかりと面談してもらえたので移動の手間を考えると私はこちらで問題ありませんでした。
残念ながらその場では求人紹介はなかったですが、後からお勧めしたい求人があるといくつか紹介していただけました。

(30代前半・男性)

希望と違う求人を紹介された

電話面談ではこちらの希望が詳しく伝わらず、希望と違う求人の紹介が多かった。
拠点が遠くはなかったので、改めて対面での面談もしてもらいました。やはり対面での方がキャリアアドバイザーさんも熱が入っている感じがしてスムーズに進みました。

(30代後半・男性)

パソナキャリアから電話面談を勧められた場合は、パソナキャリア側があまり良い印象を持っていない可能性があります。電話面談で挽回できるよう自分を売り込みましょう。
また、電話面談であまり良い結果が出なかった場合は、下記も参考にしてください。

パソナキャリア電話面談 まとめ

面談に行けず、電話面談の選択肢になってしまったからと言って決してサポートが受けられないわけではありません。電話面談のみでも、あなたのキャリアやスキルを詳細にアピールできれば求人紹介してもらえる可能性があります。

パソナキャリアは25~39歳くらいの年齢に特に強い転職エージェントで、都心や大都市圏の求人を多く扱っています。
20代なら350万円~、30代なら450万円~ほどの年収帯の方には年収アップもオススメできるエージェントです。


RECOMMEND

関連記事