最終更新日:

パソナキャリアの電話面談なら時間がなくても効率良く転職成功できる!

パソナキャリアの電話面談なら時間がなくても効率良く転職成功できる!

パソナキャリアを利用したいけど、
「電話面談は可能?」
「仕事が忙しく、面談に行けない」など
パソナキャリアで転職サポートを受けたいけど、面談に行けない方もいます。

パソナキャリアは電話面談にも対応しており、電話面談のみでも担当者と1対1でキャリアの棚卸や求人紹介など通常の面談と同じ内容で対応してくれるのです。

本記事ではパソナキャリアの電話面談の流れメリットデメリット、電話面談のみを利用した人の感想を紹介し、電話面談だけしか無理な場合でも、電話面談を最大限活用しパソナキャリアで効率良く転職する方法を解説します。

電話面談を受ける理由

    電話面談を受ける理由

  • 多忙などで仕事の合間に転職活動したいため、電話面談のみで済ませたい
  • 東名阪など大都市圏で転職したいが、近くに面談をしてくれる拠点がない

面談は『拠点までの移動時間+面談時間』がかかってくるため、近くに拠点がある場合でも2時間程度かかるでしょう。

他府県まで面談を受けに行かないといけない場合は更に時間がかかる可能性があります。

面談の為だけに数時間かけるのは効率が悪いと言えるわ。忙しい子の場合、面談をしたくてもまとまった時間が取れないケースがあるわ。

地方の人や今も正社員で働いてる人にとったら面談に行くのは結構ハードルが高いんだね。

前向きに転職したい気持ちはあるのに、面談に行けないから本格的に転職活動ができていない方には、面談のすべてを電話で完結するパソナキャリアの【電話面談】がオススメです。

パソナキャリアではWEB登録後の初回面談を対面ではなく、電話面談に変更できます。

所要時間も30分と対面での面談より短いので、スキマ時間を利用して電話面談が可能です。

所要時間 1回30分程度
電話面談受付時間 平日 :10:00-21:00まで
土曜日:10:00-18:00まで
受付時間終了間際では電話面談を受けられない可能性もあります。電話面談の所要時間を見越して、余裕をもって電話面談の予約をしましょう。

パソナキャリアでも電話面談より対面での面談の方が伝わりやすいです。

可能な限り対面での面談がオススメですが、パソナキャリアの「面談に行けない」方は、電話面談を利用しましょう。

パソナキャリア電話面談の流れ

パソナキャリア電話面談の流れは、通常の対面での面談と大まかには同じ流れです。

ただし電話面談は時間短く対面と比べて淡々と進んでいくので、伝えておきたい内容や聞きたい話などがあれば、事前にメモしておけば忘れずに済むでしょう。

もちろん後から「これも伝えたかった!」と思い出した場合でもメールや電話で伝えられるから安心して☆

パソナキャリアの電話面談の大まかな流れは下記となります。

    電話面談の流れ

  1. サービス内容の説明
  2. キャリアカウンセリング
  3. 求人紹介
  4. 書類添削
  5. 質疑応答

電話面談5分前になったら通話できる場所に移動して準備をしておきましょう。

その際、メモだけでなく事前にアップロードしておいた職務経歴書のコピーも手元に準備しておくのがオススメです。

電話面談では対面と比べて伝わりにくい場合があるので、事前に提出した職務経歴書を見ながら話を進めていき、口頭で補足していくとスムーズに進みます。

パソナキャリアのサービス内容の説明

電話面談では簡単な自己紹介の後、パソナキャリアのサービスについての説明があります。

説明されるのはパソナキャリアで『どのように転職活動が進んでいくのか』『どのようなサポートがあるのか』など具体的な内容です。

電話面談では自分の表情や仕草が伝わらないため、キャリアアドバイザーのペースでどんどん進んでいってしまう可能性があります。

電話面談では受け身にならず、自分の考えや疑問点は積極的に伝えるようにしましょう。

キチンと理解しながら電話面談が進んでいくようにしなきゃダメよ♡「メモを取っているから少し待って」など自分の状況も伝えるようにしなさい★

キャリアカウンセリング

    キャリアカウンセリングのポイント

  • スキルや希望条件はすべて伝える
  • スキルや退職理由など面談内で嘘はNG

電話面談のキャリアカウンセリングでは、事前にアップロードしておいた履歴書(キャリアシート)・職務経歴書・PCチェックシートなどを参考に転職者のこれまでのスキルや職歴、希望の条件などを洗い出します。

キャリアカウンセリングの内容を参考に紹介する求人を選定するので、自分のスキルや希望条件はすべて伝えましょう

迷いがある場合もここでキャリアアドバイザーと相談して方向性を決めていきます。

パソナキャリアの電話面談でスキルや職歴・退職理由など、嘘の申告をするのはNGです。

退職理由など言いづらい場合でも、正直に話せばあなたの考え方や失敗パターンを分析して、最適な職場に巡り合えるよう希望条件やキャリアプランをすり合わせてくれるのよ★

STEP3.求人紹介

パソナキャリアの電話面談ではキャリアカウンセリングで伝えた希望条件に合った求人を紹介してくれます。

パソナキャリアの電話面談で、求人紹介されない場合もあるのかな…。

パソナキャリアは厳選した求人のみを取り扱っているから、タイミングによっては電話面談で求人紹介がない可能性もあるわ。電話面談時に求人紹介がなかったからって落ち込まないで☆

書類添削

『キャリアシート』や『職務経歴書』を事前にアップロードしておけば、電話面談時に添削してもらえます。

パソナキャリアでは電話面談のみでも、職務経歴書の書き方について対面での面談と同等の具体的なアドバイスがもらえるのです。

電話面談でもらったアドバイスは、コピーした職務経歴書に直接メモしていくと後から修正がラクになるわよ★

質疑応答

電話面談の最後に、疑問が残っていないか、伝え忘れはないかなどの質疑応答の時間があるので、これまでの流れで聞けなかった点があれば質問しましょう。

パソナキャリアでは電話面談でも親身にサポートしてくれます。

電話面談でも遠慮せずに質問し、疑問や不安を残さ残さないようにしましょう。

電話面談の場合でもパソナキャリアは担当者の変更が可能です。担当者が合わないと感じて変更を希望する場合は『問い合わせサポート』または『担当者に連絡』から変更希望を申請しましょう。

電話面談のメリット・デメリット

電話面談でも通常の面談と同じ流れで安心したよ。でもパソナキャリアの電話面談だけだと不十分だったり、デメリットがあったりしないのかな?

もちろんパソナキャリアの電話面談にもメリット・デメリットがあるわ。ここからはパソナキャリアの電話面談のメリット・デメリットを解説するわ☆

電話面談を選択することでのメリット

時間がなくても面談を受けられる
⇒時間がとれない転職者でも、スキマ時間を活用して電話面談を受けられます。
訪問しなくてもどこでも受けられる
⇒拠点に訪問する必要はなく、自宅で電話面談を受けられます。
準備などの手間がかからない
⇒電話面談なので、部屋着でもすっぴんでも面談が受けられます。身支度など準備をする手間が省けるため、時間の短縮になります。
対面での面談と同じサポートが受けられる
⇒電話面談では相手に伝える努力は必要ですが、受けられるサービスや面談内容に差はないので安心して受けられます。

電話面談で損をしないためには全て出し切る

電話面談のデメリットは細かなニュアンスなどが対面での面談と比べて伝えにくい点です。

キャリアシート・職務経歴書・PCチェックシートなどは事前にアップロードし、面談前に伝えておける部分はすべて伝えておきましょう。

上手く伝わらないときは『根気よく伝える』『言い回しを変えてみる』など対面での面談以上に伝える努力が必要です。

パソナキャリアのキャリアアドバイザーも電話面談の際は「伝える努力」をしてくれるけど、お互いが意識し合えばよりスムーズに有意義な電話面談ができるわ♡

パソナキャリアで電話面談だけをした人の口コミ

パソナキャリアは電話面談のみでも十分使えるエージェントか、電話面談だけを利用した子の感想を紹介するわ♪

話しやすく普通の面談と遜色がなかった

近くにパソナキャリアの拠点がなかったため、電話面談にしてもらいました。電話面談でも遜色なく細かいところまでお話ができたように思います。担当者が話を回してくれてスムーズに面談が進みました。

(20代後半・女性)

電話面談でも十分満足できた

早く転職活動を始めたかったけど時間の都合がつかず、電話面談を希望しました。こちらの言いたかった話はきちんと伝わり、貴重なアドバイスもいただけました。電話面談のみでも十分満足だったので、移動の手間を考えると電話面談にして正解でした。残念ながら電話面談では求人紹介はなかったですが、後からいくつか紹介していただけました。

(30代前半・男性)

電話面談より対面のほうが良い

パソナキャリアの電話面談ではこちらの希望が詳しく伝わらず、希望と違う求人の紹介が多かった。拠点が遠くはなかったので、改めて対面での面談もしてもらいました。やはり対面での方がキャリアアドバイザーさんも熱が入っている感じがしてスムーズに進みました。

(30代後半・男性)

パソナキャリアから電話面談を勧められた場合は、パソナキャリア側があまり良い印象を持っていない可能性があります。

パソナキャリアから電話面談を進められた場合は、下記の記事を参考にしてください。

パソナキャリアは電話面談だけでも効率良く転職成功できる

パソナキャリアの面談に行けず、電話面談のみになってしまったからと言って良質なサポートが受けられないわけではありません。

パソナキャリアは電話面談のみでも、キャリアやスキル・転職への熱意をきちんと伝えれば手厚いサポートや求人を紹介してくれます。

パソナキャリアはの電話面談を上手に活用し、より効率良く理想の転職を成功させましょう。

パソナキャリア

オリコン顧客満足度調査 転職エージェント部門1位
東名阪など大都市圏の好待遇求人が豊富。25~35歳転職初心者やキャリアのある女性の転職サポートに特化。
転職成功者の年収アップ率は驚異の67.1%

【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/
登録は3分で完了!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事