最終更新日:

パソナキャリア横浜(神奈川)の求人の特徴を徹底調査!

パソナキャリア横浜(神奈川)の求人の特徴を徹底調査!

「横浜のパソナキャリアってアクセスしやすい場所にあるの?」「求人数は多いの?」「どんな求人があるの?」
実際に使えるのかどうか、パソナキャリア横浜の評判が気になっている方もいるかもしれませんね。

パソナキャリアはもともと求人数が多くありませんが、求人の質の高さやキャリアアドバイザーのサポート力から利用した方の満足度が高い転職エージェントです。

横浜のパソナキャリアは製造業・IT業界の求人や電気・機械系エンジニアやWebエンジニアなどの業界・職種の求人が多い特徴があります。
求人の特徴や口コミなどを解説していきます。横浜で転職を考えている方は、ぜひ参考にして下さい。

パソナキャリア横浜支社の場所

横浜で転職を考えてるんだけど、パソナキャリアは使った方がいいのかな?

地域によって求人の差は出てくるわ。横浜でのパソナキャリアの求人の特徴や実際に利用した人の口コミを見て参考にしてみましょッ♪

パソナキャリアの横浜オフィスは下記になります。
横浜在住や横浜で転職を考えている方はこちらをご利用下さい。

横浜支社
〒221-0835
横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビルディング10F
アクセス
JR・東急・京急・相鉄・横浜市営地下鉄ブルーライン横浜駅より徒歩3分
横浜駅西口ターミナル方面のヨドバシカメラの手前を右に入り、橋を渡ってすぐにある右側のビルの10階です。県民センターの向かいになります。
TEL
045-326-3672
FAX
045-316-4052

横浜の地域性

横浜(神奈川)で盛んな業界・産業

横浜と言えば赤レンガや中華街が真っ先に思い浮かびそうですが、どのような産業が盛んなのでしょうか。

横浜で盛んな業界・産業

横浜で盛んな産業は、IT、バイオテクノロジー、といったIT業界や研究機関が活躍しています。立地条件の問題というよりは、単純に横浜は都市として発達しており、世界中から企業が集まっているから最先端技術の研究が発達しています。

東京を除けば、外資系企業の数は断トツ1位で、大阪市の2倍以上です。

  • 富士ソフト
  • パナソニックモバイルコミュニケーションズ
  • レノボ

IT業界の主な企業としては、富士ソフト、パナソニックモバイルコミュニケーションズ、外資系だとレノボなどが有名です。大学も東京工業大学、横浜国立大学、慶應義塾大学などが横浜で研究を行っています。

ITのなかでもハードウェアや半導体設計開発等に強みがあり、逆にソフトウェアに関しては東京が中心です。IT業界に在籍されている方であれば、横浜にハードウェアや半導体が集中しているイメージをお持ちかと思います。

  • 旭硝子
  • キリン
  • リコー
  • 資生堂

バイオテクノロジーで有名な企業は、旭硝子、キリン、リコー、資生堂などです。これらの超有名企業が横浜でバイオテクノロジー系の研究を行っています。大学は横浜市立大学、東京工業大学、慶應義塾大学といった大学が横浜で研究に従事しています。

横浜の経済動向

神奈川県全体の経済動向になりますが、関東財務局から平成31年4月分の報告が発表されています。全般的な景気に関しては、『一部に弱い動きがみられるものの回復しつつある』と報告されています。これに関しては横浜、神奈川だけでなく全国的に同様の傾向があります。

個人消費や生産活動は緩やかに持ち直していますが、神奈川県の大きな特徴としては企業の景気が右肩上がりに拡大している件です。これは神奈川県全体の統計データですが、神奈川県の主力は横浜市と言っても過言ではないので、神奈川県の景気拡大に関するデータはほぼそのまま横浜市のデータとして解釈して問題ないでしょう。

参照:
神奈川県分の経済情勢報告(平成31年4月)/財務省 関東財務局

横浜の求人状況

次に横浜の求人状況について解説します。

横浜の有効求人倍率・動向や傾向

2019年3月の神奈川県の有効求人倍率は1.54です。高度経済成長期のピークに迫る数値です。求職者数を考えると求人数はそれ以上に多いので求人は多いと言えます。横浜市は特に全国から求職者が集まるので、その求職者数以上の求人数があります。

横浜の求人動向

神奈川県の有効求人倍率をまとめると以下のようになります。

年月 有効求人倍率
2018年 1月 1.66
2018年 2月 1.63
2018年 3月 1.49
2018年 4月 1.34
2018年 5月 1.29
2018年6月 1.33
2018年7月 1.42
2018年8月 1.46
2018年9月 1.47
2018年10月 1.48
2018年11月 1.58
2018年12月 1.63
2019年 1月 1.62
2019年 2月 1.59
2019年 3月 1.54

参照:
横浜市主要経済指標(失業率・有効求人倍率)/横浜市

多少上下している部分はありますが、全体的な傾向としては徐々に有効求人倍率の数字は上がってきています。ただしこれは神奈川県に限った話ではなく、全国的に同じような推移をたどっています。

今後の見通しとしては、各所で徐々に有効求人倍率の数値は上がってくると予測されています。その理由は『企業の景気が伸びるとその分求人数は増加する』からです。企業の業績が今後も伸びて求人数が増加すると予測されていますが、求職者の数はあまり変わらないでしょう。

企業業績が伸びると求人数は増えますが求職者には影響がないので、結果的に有効求人倍率は高くなります。求職者にとってはメリットのある状態です。横浜は東京同様全国から求人を募っており、全国のどこから応募しても特に違和感のない企業が多いです。

そういう意味では地域密着型のローカル企業よりも応募しやすいので、特にIT系を中心に狙っていくと求職者の方は就職しやすいでしょう。

IT系は高スキル者も募集していますが、初心者の募集もあるので横浜で求職している方におすすめの業種です。

パソナキャリア横浜の求人傾向

横浜についてはよくわかったけど、パソナキャリアでどうなのかがまだよく分からないよ。

横浜って全国的にみると求人数は多い方なのよ♡だからパソナキャリアでも期待できるわね★

横浜のパソナキャリアの公開求人数は、1,330件(2019/05/01現在)となっています。ちなみに神奈川県のパソナキャリアの公開求人数は2,805件なので、神奈川県の半数近くは横浜の求人となります。
次にパソナキャリア横浜の業種、職種ごとの求人数は以下のようになっています。

【業種別求人数】
業種 公開求人数
製造業 662件
IT 163件
不動産・建設 100件
環境・資源・エネルギー 98件
商社 83件
教育・人材ビジネス 69件
流通・小売・サービス 60件
コンサルティング・士業 35件
医療・医薬品 28件
金融・保険 17件
物流・倉庫・交通 8件
マスコミ・広告 6件
その他 0件
【職種別求人数】
職種 公開求人数
技術職(電気・電子・機械・化学) 629件
IT・Webエンジニア 267件
営業 210件
管理・事務 204件
専門職(不動産・建設) 171件
マーケティング・企画 65件
販売員・サービススタッフ 53件
研究・開発 39件
専門職(Web・IT・ゲーム) 23件
専門職(金融) 21件
コンサルタント・士業 20件
クリエイティブ 15件

業界別、職種別の求人数は以上のようになります。営業職が多いのはもちろん、横浜として多かったIT産業はパソナキャリアでも多くなっています。また職種でも技術職(電気・電子・機械・化学)、IT・Webエンジニアでエンジニア職が1位・2位を占めています。

パソナキャリアに登録すると、転職サイトや企業ホームページ、求人情報誌には載っていない『非公開求人』や『独占求人』も紹介してもらえる資格を得ます。一般に公開されていないためお得感があり、パソナキャリアの総求人数の約80%を非公開求人が占めているため多くの求人の中から転職先を探したいのであればまずは登録してみましょう。

パソナキャリア横浜の口コミ・評判

総合満足度:4
有効口コミ件数:3
年収アップ転職にも使える

前職420万円から年収アップがしたくての転職でした。横浜だけに絞っても400万円以上、500万円以上の求人も十分にありました。
(ITエンジニア 20代後半 男性)

クリエイティブ職の方にはおすすめしません

公開求人は検索結果1件で、エージェントからの紹介もなく別のエージェントや他サイトで転職活動しました。デザイナーなどクリエイティブ系の人にはおすすめしません。
(クリエイティブ系 30代後半 女性)

横浜のパソナキャリアで転職成功しました!

求人検索しましたが、大手企業の求人もあり求人数に不自由はないと感じました。実際、6社応募して2社内定がでました。職務経歴書などもエージェントにチェックしてもらえたので通過率が高かったように感じます。
(営業職 30代前半 男性)

求人数が少ないと言われているパソナキャリアですが、横浜などの関東大都市となると一部の職種を除いてそこまで求人数に不満は出ていないようです。

同じIT業界でもエンジニア職は多いけど、クリエイティブ系の求人は少ないみたいだね。

横浜からだったら東京へも通勤圏内って子は、東京まで範囲を広げてみるのも一つの手よ♬

横浜のパソナキャリアで転職サポートを受けよう

調査してみたところ、横浜で多い業種や職種はやはりパソナキャリアでも求人数が多い結果となりました。
製造業やIT業界、エンジニア職の方には特におすすめできます。
パソナキャリアは、『転職が初めての方』『年収350万円以上でさらに年収アップしたい方』『キャリア志向の女性の方』のサポート体制が整っています。
そのような方は、一度転職相談にいってみると良いでしょう。具現化できなかった転職のモヤモヤがスッキリするかもしれません。

また、効率よく転職活動をするのなら、横浜で一緒に回れる他のエージェントも検討いかがですか。
エージェントによっての得意・不得意もありますので、パソナキャリアで上手くいかない場合は他のエージェントにもサポートをお願いしてみましょう。


RECOMMEND

関連記事