最終更新日:

ホテルのドアマンってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

ホテルのドアマンってどんな仕事?仕事内容や必要なスキル、将来性などを徹底解説

ホテルのドアマンというのは、一般的にハイクラスのホテルにのみ存在する仕事です。

お客様が到着された際に、車のドアを開け、荷物を預かったり、ホテルの入り口の扉を開けてフロントまで誘導したりします。お客様と接する時間自体は短いかもしれませんが、お客様に一番初めに接するホテルスタッフであり、ホテルの印象を決める存在です。

ホテルのドアマンというのは実際にはどのような仕事をしているのか、必要なスキル、具体的な仕事の流れ、さらには待遇や将来性などについてご説明します。

ホテルのドアマンの仕事内容

ホテルのドアマンの仕事内容は、タクシーやハイヤーの扉を開けたり、ホテルの扉を開けたりして、お客様を特別な空間へといざなうことです。また、来訪される車の誘導や、タクシーの手配、ホテル入り口の警備など、様々な対応を行っています。

ホテルのドアマンの仕事の具体的な中身について詳しくご紹介していきます。

ホテルのドアマンが果たすべき役割とは

ホテルのドアマンは、その名の通りドアを開け閉めすることが仕事です。お客様が来られた際に、お声掛けし、扉を開けてお出迎えします。普段何気なく行っている扉を開け閉めするという行為をドアマンが行うことで、お客様に特別なおもてなしを実感していただくことができます。

そのため、ドアマンには常に規律正しい動作と優雅な所作、そして隙のない身だしなみによって、特別感の演出を行うことが求められます。ホテルをよく利用するお客様については、名前や顔、車の車種やナンバーを覚えておくことで、即座にそのお客様へお声掛けできるようにしておくことも大切です。

また、来訪される車の誘導を、素早く的確に行うこともドアマンの重要な役割です。パーティーやイベントなどが開催される際は、多くの車でホテルの正面入り口が混雑することになります。その時に、スムーズに車を誘導し、混乱が起きないように対応する必要があります。

お客様と一番初めに接するドアマンだからこそ、良い印象を抱いてもらうことができれば、そのホテルの評価はぐっと高まります。

ホテルの第一印象を決める顔となる存在なので、やりがいのある仕事です。

ホテルのドアマンの仕事の流れとは

ホテルのドアマンの具体的な仕事の流れはどのようになっているのでしょうか。一般的な流れについてご説明をしていきます。

基本的に、ホテルは24時間稼働しています。夜間でも警備員としての役割もかねて、ドアマンはホテルの入り口に控えることになります。そのため、交代制での仕事となります。基本的には、ホテルの玄関入り口にてお客様対応を行うことがドアマンの仕事です。

午前中はチェックアウトをされたお客様のお見送りが主な業務です。お客様が玄関に歩いてこられるのを察知し、すっと扉を開けてお見送りをします。タクシーを希望される場合は、手配を行い、車に乗り込むまでご案内します。連泊されるお客様や会議室やレストランを利用されるお客様もいるため、ホテルの玄関は常に人や車が行き来しています。それぞれ対応が遅れないように、常に人の動きに目を配りながら、誘導やドアの開け閉めを行います。

チェックインの時間帯になると、宿泊されるお客様が多く来訪されるため、ドアマンにとっても忙しい時間になります。ドアの開け閉めだけではなく、荷物を運んだり、お客様へのお声掛けを行ったり、ホテルからの歓迎の気持ちを表します。

人の出入りが多いホテルだからこそ、ドアマンは常に気が抜けない重要な仕事だといえます。

ホテルのドアマンとなるために必要な経験やスキルについて

ドホテルのアマンになるために必要な経験やスキル
ホテルのドアマンになるためには、接客業や営業の経験があると有利になります。ドアマンは幅広いお客様に対して、礼儀正しく気持ちの良いコミュニケーションが取れることが求められます。接客業や営業など、人と接するスキルを磨いてきていると役に立ちます。

ホテルのドアマンには、自分を律し、人からどのように見られるのかを意識して立ち振る舞う力も必要不可欠です。常に冷静に、周りに目を配りながら、ホテルの顔としての役割を果たさなければなりません。

また、最近は海外からの宿泊客が増加しているため、語学力が必要とされる場面も多くなっています。

こんな人はホテルのドアマンに向いていないので注意

ホテルのドアマンに向いていないのはどのような人でしょうか。まず、気分に波がある人は向いていないのでやめておきましょう。ドアマンの仕事は、常にすべてのお客様をもてなし、特別な丁寧な対応をとることが求められます。その時の気分で、仕事の対応やお客様への接し方が変わることは許されません。

また、身体が弱いという人もやめておいた方がいいかもしれません。ドアマンは、真冬の雪の日も、真夏の猛暑日も、ホテルの入り口で制服に身を包み、毅然と立ち続けお客様を出迎えることが仕事です。想像以上に、体力が求められる仕事といえます。

ホテルに合った態度を貫き、かつ長時間経ち続けられる足腰の強さに自信がない方には難しいといえます。

ホテルのドアマンの待遇や将来性について

ホテルのドアマンは、一般的にそれほど給与が高い仕事とはいえません。ただ、夜間の勤務手当がつけば、ある程度の収入は期待できます。ドアマンからキャリアをはじめ、フロントやコンシェルジュなどにステップアップしていくこともできます。

現在海外の富裕層の日本への観光が増加し、ハイクラスのホテルの開業が続いています。ドアマンはホテルのステータスを示す存在でもあるので、今後も一定の需要は期待できると考えられます。


RECOMMEND

関連記事