最終更新日:

食の安全を守る食品品質管理の仕事とは?

食の安全を守る食品品質管理の仕事とは?

食品の管理がきちんとされていなければ、消費者が食べたあとに健康的被害が出る可能性が高くなります。もしも病院に運ばれるようなことになれば大問題となり、その商品を作った企業は大ダメージを負うことになるでしょう。

決して、そのようなことがあってはならないためにも、食品の安全を守るために必須と言える職業が、食品品質管理です。今回は食品品質管理の仕事内容やなるためにはどうすれば良いのかを詳しく解説していきます。

食品品質管理が重要な役割を担う仕事内容とは?

食の安全を守る食品品質管理と言っても、実際にどんな仕事をしているのか想像しにくいですよね。そこで食品品質管理がどのような仕事をしているのか詳しく見ていきましょう。

食品品質管理の具体的な仕事内容

食品品質管理は商品を検査して、その商品が安全かどうかを確認するだけの仕事ではありません。まずは、商品開発の研究所を点検して検査をします。安全に研究が実施されているか、研究所内の衛生面や試作品作りの過程まで、事細かく見ていき安全をチェックします。

その後、商品を量産する工場もチェックしていきます。工場で動いているラインや設置してある機械の点検、働いている人たちの健康状態、搬送用のトレーや荷台、トラックなどすべてを細かくチェックします。

それから、各店舗に搬入される商品について、安全性の確認を行い、『国で定められたルールに違反していないか』『規定の数値はクリアされているか』を確認します。これらの厳重なチェックをクリアして、ようやく小売店に商品が送られるというわけです。

食品の開発から搬入の全ての段階においての安全面を確認していく仕事です。

食品業界における食品品質管理の役割

食品を安全に開発、作成、搬入することは、食品業界全体の安全と信頼を守るためでもあります。どこかの会社で食中毒などの事件が起きれば、まったく関係のない会社でも同じ種類の食品を取り扱っていれば、心配で消費が下がる危険性もあるということです。

そうならないためにも、食の安全を守ることは、食品業界全体の利益を守るということでもあります。そのため、食品品質管理の仕事が重要になってくるということです。豊富な知識と確かな技術で、食品の安全を守るという重要なポジションである職業と言えます。

消費者に不健全な食品を提供することがないようにするための検査機関としての役割もあります。

食品品質管理の業務フロー

  1. 事務作業
  2. 各担当部署にて見回り
  3. 施設内の物、人のチェック
  4. クレーム発生原因の調査

さまざまな業務が存在しますが、メインとしては衛生管理です。出勤後は事務作業を終えたあとに、担当部署の見回りや打ち合わせなどを行い、チェック項目通りに点検し問題点がないかどうか確認します。

研究所内や工場内にある器具や装置類、機械類も細かくチェックしていき、働く研究開発者や工場内の作業員など、関連者全員の健康状態や衛生面も確認も入念です。

これらの作業を一連として、各担当部署に対し実施していきます。また、クレームが入った場合は、商品に対して何が問題だったのかの原因を探るために調査する仕事でもあります。実際のクレーム要因と調査結果をすり合わせて実験を繰り返します。

食品品質管理を目指したい人必見!なるための方法とは?

食品業界において重要なポジションである食品品質管理の仕事は、誰にでもできる簡単な仕事には見えませんね。そこで、食品品質管理の仕事がしたい人のために、どうすればなれるのかについて紹介していきますので、参考にしてみて下さい。

食品品質管理を目指すために必要な経験

食品品質管理という特殊な技術を要する仕事でも、かなりの企業で未経験可能としています。未経験でも応募できるのはうれしいですね。ただし、なかには大学で生物学を専攻していることを条件としている企業もあります。

大企業の応募では、「食品衛生品質管理」「生産管理経験者」「衛生関係業務」の実務経験者必須となっているケースもあります

食品品質管理に求められるスキルや資格

  • 管理栄養士
  • 食品衛生管理者
  • 食品表示管理士検定

必須となるスキルはありませんが、有利となる資格は多く存在します。自分が取得できる範囲で1つ2つ程度は取得しておいた方が良いかもしれません。

必須ではありませんが、有利となる資格は「管理栄養士」「食品衛生管理者」「食品表示管理士検定(初級・中級・上級のいずれか)」が該当します。

転職の場合、確実性を取るなら、事前に「食品衛生管理者」は取得しておいた方が良いでしょう。

管理栄養士 試験案内
参考URL
http://www.bio-edu.or.jp/qualification

食品衛生管理者 試験案内
参考URL
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000049348.html

食品表示管理士検定 試験案内(2018年度)
参考URL
http://s-kentei.com/kentei04.html

食品品質管理に向いていない人の特徴

細かいところまでしっかりとチェックしなければならないため、大ざっぱな人、細かい作業を面倒と感じる人には向いていない仕事です。

食品品質管理は稼げる職業なのか?将来性はあるのか?

確かな技術が必要な食品品質管理の仕事なので、高い給与のイメージがあるのですが、実際はどうなのでしょうか。気になる年収と将来性について見てみましょう。

食品品質管理の平均年収

年代 平均年収
20代 331万円
30代 429万円
40代 672万円
平均 446万円

品質管理の全体年収としては平均446万円、年代別では20代331万円、30代429万円、40代672万円です。経験を積むごとに給与もかなり上がる傾向にありますね。

平均年収ランキング2013「職種別:技術系(メディカル/化学/食品)-品質管理/品質保証」
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/2013/syokusyu/medical/004.html

食品品質管理の将来性について

食品業界が衰退することもなく、今後も需要は高くなり、必須とも言える職業のため、食品品質管理の仕事は安定した職業と言えます。


RECOMMEND

関連記事