最終更新日:

調理師になるには?資格や向いている人、効率良く転職する方法まで大公開!

調理師になるには?資格や向いている人、効率良く転職する方法まで大公開!

料理が好きで調理師になりたいけど「調理師になるには?」「年収や将来性は?」「どんな場所で活躍できる?」「調理師に向いている人は?」など具体的な疑問は尽きません。

この記事では調理師が活躍できる場所仕事内容年収/将来性や、調理師になるにはどうすれば良いか解説。

調理師に向いているかどうか手軽に適性を診断する方法や、調理師が効率良く転職成功できる方法も紹介します。

「調理師に向いているか」すぐに分かる!
無料の適性診断はコチラ⇒

調理師におすすめ転職エージェントはコチラ⇒

調理師になるには

調理師とは

調理師とは

調理師とは、食品の「栄養」や「衛生」「適切な調理法」などの知識や技術があり、安全な料理を作れる調理のプロフェッショナルです。

調理師になるには資格が必要

調理師になるには国家資格の「調理師免許」を取得する必要があり、調理師免許の資格は安心安全な調理の知識・技術の証明となります。

飲食店で料理を作り提供するのに調理師の資格は必須ではありませんが、調理師として働く/調理師を名乗るには必要な資格です。

調理師=調理師免許を保有している人
料理人=調理師免許の有無に関わらず、料理を作るのを仕事にしている人

調理師免許はあらゆる場面で評価される資格のため、キャリアアップ・年収アップに繋がったり転職の幅が広がります

調理師の資格があれば飲食店を開業する際に必須である「食品衛生責任者の資格」を申請だけで取得可能

調理師の資格の取得方法は2つ

調理師になるには資格が必要なのは分かったけど、どうすれば調理師の資格を取れるのかな?

調理師の資格を取る方法は主に2つあるの☆調理師になるにはどうすれば良いか解説するわ♡

    調理師の資格の取得方法

  1. 調理師学校を卒業する
  2. 2年以上の調理実務経験を積み、調理師の資格試験に合格する

調理師学校を卒業する

最もオーソドックスな調理師の資格取得方法は、調理師学校を卒業する方法です。

厚生労働省から認可を受けた調理師学校(約270校の大学や専門学校)で1~2年勉強し卒業すれば、試験を受けずに調理師の資格を取得可能

調理の技術や知識を一から学びたい・短期間で調理師資格を取得したい方にオススメです。

2年以上の調理実務経験を積み、調理師の資格試験に合格する

調理師学校を卒業する以外の方法で調理師になるには、飲食店で2年以上の調理の実務経験を積み資格試験に合格する方法です。

これまで働いた飲食店の勤務期間を合算して2年以上あれば、受験資格を満たせます。

パートやアルバイトでも1日6時間以上を週4日以上勤務していれば実務経験扱いになるので、比較的易しい受験資格と言えるでしょう。

調理師の資格試験は、毎年1回各都道府県で受験可能です。

調理師の仕事内容と活躍できる場所

調理師の仕事内容

    調理師の仕事内容

  • 仕込み
  • 調理
  • 皿洗い・後片付け
  • 掃除・衛生管理

調理師の仕事内容は調理だけではなく、食材の下処理などの「仕込み」や皿洗いなどの「後片付け」も含まれます。

食中毒防止のために、食材の保存や調理器具/食器の消毒、掃除など徹底した衛生管理をするのも、調理師の重要な仕事の一つです。

調理師が活躍できる場所

  1. 病院/福祉施設/学校など
  2. ホテル・レストランなどの飲食店
  3. 独立開業

病院/福祉施設/学校など

調理師は病院や福祉施設で提供する食事を作ったり、学校や幼稚園/保育園の給食センターなどで活躍できます。

上記のような施設は、他の調理師と連携を図り一度に大量の調理をする集団調理の現場なので、コミュニケーション能力が必要です。

流動食にする必要がある高齢者・食事制限がある患者・食物アレルギーを持つ子供など、食べる人によって食材や調理法を変える必要があり、臨機応変に対応する能力も求められます。

病院や福祉施設、食物アレルギーを持つ子の食事は、些細なミスが命に関わる場合があるわ。責任感があって慎重に正確に業務を遂行する力も大切よ☆

ホテル・レストランなどの飲食店

調理師はホテルや旅館の厨房、レストランなどの飲食店でも活躍できます。

ホテルや旅館・大きな飲食店になると、多くの調理師が働いているので、円滑に仕事をこなすためにもコミュニケーション能力は必須です。

ホテルや飲食店の調理師の世界は、実力主義で上下関係が厳しいですが、下積みから調理師に必要な実践的な知識/技術を学び経験を積める環境と言えます。

調理師として一人前になるには、コツコツと努力し技術を磨き続ける必要があるのよ☆厳しい世界でもあるからブレない諦めない心が大切よ♪



独立・開業

下積みを経て一人前になった調理師の中には、独立して自分の店を開業する調理師もいます。

お店を軌道に乗せて繁盛させるためには、調理師として技術を磨き続けるだけではなく、経営能力を高める必要があると言えるでしょう。

厳しい下積みや修行を経て一人前の調理師になれば、自分の店をオープンするのも夢じゃないんだね!

調理師の年収・将来性

実際に調理師を仕事にする場合、年収や将来性について知っておく必要があるわ。詳しく解説していくから参考にしてちょうだい♪

調理師の年収

賃金構造基本統計調査を元に算出したデータによると、調理師の平均年収は約340万円です。

調理師の初任給は平均15~19万円、年収は20代前半までは200万円台であるケースが多く、他の産業と比較しても低水準と言えます。

調理師の平均年収は高水準とは言えませんが、勤務先によって差が大きいのが特徴で、一流ホテルや三ツ星レストラン勤務になると年収1000万円を超えるケースも。

独立し自分の店を開業した調理師は、店が繁盛すればその分年収アップも見込めるでしょう。

(※1)(※2)

調理師の将来性

調理師は生きる上で必要不可欠な「食」に関する仕事なので、これから先も残り続ける仕事と予想されています。

「健康を促進し寿命を延ばす食」の観点から、ノウハウを持つ病院調理師や介護施設調理師の需要が高まるとの予想も!

病院/学校などの集団調理の現場ではサブチーフやチーフなど、現場責任者へのキャリアアップや年収アップが可能です。

ホテルや飲食店でも、実力や経験に伴ってポジションや年収が上がりますが、独立を果たし自分の店を開業する道もあります。

調理師に向いている?適性診断方法

調理師についてはよく分かったけど、僕って調理師に向いているのかな…?

自分が調理師に向いているのか/適性があるのかは気なるところよね☆調理師は以下のような特性や強みが当てはまる子に向いているわ♪

    調理師に向いている特性/強み

  • 社交性
  • 慎重性
  • 継続力
  • 自己信頼
  • 柔軟性
  • 独創性

そう言われても自分にどんな特性や強みがあるかなんて分からないよ…

自分の特性や強みが分からない子はリクナビNEXTのグッドポイント診断がオススメよ♪あなたが調理師に向いているか、数分で無料診断できるの♡

調理師に向いているか分からない
自分の特性や強みが分からない」方は、
リクナビNEXTを利用しましょう。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は、簡単な質問に答えるだけで自分の強みが分かる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

調理師の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断(※会員登録完了後に診断できます)

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の手順は非常に簡単です。

診断をスタートすると出題される質問に順番に回答していくだけ。

スムーズに答えれば15分程度であなたならではの5つの強みが分かります。

調理師の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断
社交性」「慎重性」「継続力」「自己信頼」「柔軟性」「独創性」のいずれかに長けていると判断された方は、調理師に向いているなど、仕事の適性を分析可能です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分の強みや調理師に向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で簡単に診断できる!/
    【適性診断の開始手順】
    ※会員登録が完了すると無料で利用できます

  1. リクナビNEXTに会員登録
  2. 調理師の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

  3. 診断ページへ
  4. 調理師の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

  5. 診断スタート
  6. 調理師の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

適性診断の詳しい手順はこちら→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ

リクナビNEXTには全国の飲食店の求人も豊富で、調理の実務経験を積みたい方転職したい調理師にもおすすめの転職サイトです。

精度も信頼性も抜群のグッドポイント診断の結果は、リクナビNEXTで求人応募時に添付可能なので、あなたの強みを企業にアピールし、転職成功率をアップできます。

調理師の転職はエージェントの利用もオススメ

リクナビNEXTを使えば調理師に向いているか分かるし、効率良く調理師の求人も探せるんだね!

そうよ♡だけど転職したい調理師の子や実務経験を積みたい子は、転職エージェントも利用すべきよ☆調理師におすすめエージェントを紹介するわ♪

調理師・実務経験を積みたい方におすすめの転職エージェントは、飲食業界に特化したフーズラボエージェント(Foods Labo)

    フーズラボエージェント(Foods Labo)の強み

  • 未経験から料理長まで幅広いポジションに対応
  • 内定取得率・年収アップが実現できる
  • 独自レポート・体験入店済の優良企業求人多数
  • 食事特典付きの店舗視察ができる

フーズラボエージェント(Foods Labo)には、飲食業界に精通したアドバイザーが在籍し、カウンセリング/求人紹介/応募書類添削/面接対策などのサポートが完全無料で受けられます。

基本的なサポートに加えて面接同行や企業への年収交渉も可能です。

アドバイザーは、保有する求人の現地に体験入店し内情を把握。従業員へのインタビューも行っているため、紙面では伝わらない情報から就職先を選べ、ブラック企業を回避できます。

求職者は、気になった企業へ食事特典付きの店舗視察が可能。自分の目でお店の雰囲気を確認してから求人に応募できるので、入社後のギャップもほとんどありません。

手厚いサポートにより、フーズラボエージェント(Foods Labo)は下記4冠を達成!


・飲食店スタッフが選ぶ転職エージェントNo.1
・支持率、満足度、信頼度No.1

調理師は生きる上で必要不可欠な「食」を支える仕事

調理師の世界は実力主義であるケースが多く、厳しいと感じる場合もあります。

しかし、調理師は生きる上で必要不可欠である「食」支える仕事で、人々の健康をサポートできる仕事です。

調理師は「食」を通して誰かを楽しませたり、喜びを与えられるので、やりがいを感じられる仕事とも言えます。

調理師に興味がある方はリクナビNEXTの適性診断で、調理師の適性を手軽に診断可能です。

適性診断と転職エージェントを上手に活用して、調理師への第一歩を踏み出しましょう。

(※1出典:調理師の年収 調理師の平均年収・生涯年収など各種データ|年収ガイド)
(※1出典:下積み時代!調理師1年目の給料を知っていますか?|ハッピー製菓調理専門学校)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事