最終更新日:

フラワーデザイナーの仕事内容は?意外な一面ややりがい・将来性まで徹底解説

花が好きでフラワーデザイナーを目指したいけど「具体的な仕事内容は?」「どんな場所で活躍しているのか」気になりますよね。

花をアレンジ・デザインして場の雰囲気や気持ちを演出するフラワーデザイナーは、様々なイベントには欠かせない職業です。

本記事では、フラワーデザイナー”とは”から、注意点や将来性までを解説します。

人に喜ばれる仕事がしたい・花に関わる仕事がしたい人は必見です。

フラワーデザイナーとは

フラワーデザイナーは、結婚式や美術館・舞台などで花を用いり、用途に合わせてアレンジする職業です。

フラワーショップに在籍するデザイナーは、店頭で母の日やギフト用のアレンジ、結婚式ではブーケやコサージュ・ゲストテーブルの演出を手掛けます。

■ 呼び名の違い
フラワーアーティストやコーディネーターの定義ははっきりと決まっていません。しかし、ブライダル関連・ホテルで花をアレンジする職業をフラワーコディネーターと呼ぶ場合もあります。

フラワーデザイナーの就職先

フラワーデザイナーの就職先は、フラワーショップや結婚式会場・ディスプレイ会社など様々。中でも、結婚式場・ホテルでは花で空間を華やげる場面が多いためフラワーデザイナーの需要が高いです。

フリーとして独立する人が多い職種でもあり、経験・技術を積んだのちスクールなどの講師や教室を開講する人もいます。

フラワーデザイナーになるには

フラワーデザイナーになる方法
・専門学校で学ぶ
・スクールや通信教育に通う
・アシスタントとして働き技術・知識を身に付ける

フラワーデザイナーを目指すには、スクールなど教育機関などでカリキュラムを終えた後、フラワーショップなど関連する職場に就職するのが一般的です。

一方で、花屋の求人は経験・知識不問のものが多く未経験でも就職できるので、アシスタントとして働けば給与を貰いながら技術を身に付けられます。


日本フラワーデザイナー協会(NFD)に公認登録されているスクールなら、在校中にフラワーデザイナーの検定試験を2級まで受けられ、合格への近道になります。

日本フラワーデザイナー協会(NFD)
公認校をCHECK

フラワーデザイナー 求められるスキル

フラワーデザイナーになるには、技術や知識はもちろん主に下記の能力が求められます。

  • 型にはまらないセンスとオリジナリティ
  • クライアントの要望を引き出すヒアリング力
  • コミュニケーション能力
  • 対応・提案力
  • 根気・体力

クリエイティブ職のフラワーデザイナーは、技術以外にもクライアントのニーズを引き出すなど気持ちを汲み取る力やコミュニケーション能力が必須です。

また、時代の流れや流行にも柔軟に対応しなければならないため、日々の情報収集・スキルアップへの貪欲さが大切。また、早朝から夜間にかけて作業があるので体力も不可欠です。

※適性診断説明ぺージに飛びます

フラワーデザイナーに必要な資格

一般的なフラワーショップでは、経歴や資格不問の求人が多く狙いやすいですが、将来フラワーデザイナーとしてキャリアアップや独立・講師も視野に入れているなら下記の資格が有利です。

フラワーデザイナーに有利な資格
≪国家資格≫
・フラワー装飾技能士

≪民間資格≫
・NFDフラワーデザイナー
・フラワーデコレーター
・色彩検定
・生け花 各流派の免状
・グリーンアドバイザー

≪その他≫
普通免許※花運搬のため

フラワーデザイナーは、資格の有無より経験が重視されるケースが多いです。しかし、経験年数だけでは自身の実力がはっきりとわからないため資格を基にしてどのレベルなのか確かめると良いでしょう。

フラワーデザイナーになる際の注意点

フラワーデザイナーはハード

フラワーデザイナーは、華やかな職業とは裏腹に肉体労働・長時間勤務が多くハードです。

≪ハードと言われる理由≫

・立ち仕事
・早朝~夜間にかけての長時間労働
・花の状態維持のため年中気温が低い

結婚式やイベントが多くなる週末や繁忙期の5月~6月には、深夜にかけての作業があるケースも。体力勝負になるため、年齢を重ねるたびにきつくなる人もいるようです。

しかし、ハードなだけでなく自身が施したアレンジで喜んでもらえた時などにやりがいや達成感を味わえる瞬間が、クリエイティブ職のメリットと言えるでしょう。

※適性診断説明ぺージに飛びます

フラワーデザイナーに不向きな人

就職・転職後のミスマッチを防ぐためにも、自身がフラワーデザイナーに向いているかを確認しておきましょう。

≪フラワーデザイナーに不向きな人≫

・業務で人と関わりたくない
・打たれ弱い
・単純作業のみを繰り返したい
虫が嫌い
・体力に自信が無い
・勉強が嫌い
・相手の気持ちを考えるのが苦手

フラワーデザイナーは、クライアントの要望によって成り立つ仕事のため修正や指摘などを受ける場合も。そのため、打たれ弱く気持ちの切り替えが苦手な人は、精神的に疲れてしまう可能性が高いです。

また、花木は生き物のため虫がつきもの。自然から切り出され殺虫・消毒されていないまま出荷されているものもあるので、虫が苦手な人は覚悟しておきましょう。

フラワーデザイナーの年収・将来性

フラワーショップやホテルなどに所属するフラワーデザイナーの平均年収は、250~300万円程度

フリーで活動する場合は、知名度などにより異なります。スクール講師は、1時間5,000円~など時間で収入が決まるため、フリーのフラワーデザイナーは、講師と兼業しているケースも多いです。

安定を求めるのであれば、企業に所属するのが得策。しかし、経験を積み独立すると年収アップを狙えます。

フラワーデザイナーの将来性

日本では古くから、生け花や華道などがあり花で雰囲気や気持ちを表現する習慣があります。

1967年頃から在日アメリカ人によって広まったフラワーアレンジは、今や誕生日や記念日などのライフイベントでは必ずと言っていいほど登場します。

生の花をアレンジ・デザインするフラワーデザイナーは、今後も需要は尽きないでしょう。

■ 景気の影響を受けやすい
需要は下がらないものの、生活必需品ではない花は景気が悪くなると出費を削減される傾向にあります。よって、フラワーデザイナーの需要・年収は景気の波によって左右されてしまう点が懸念されます。

フラワーデザイナーが適性かを知る

フラワーデザイナー(クリエイティブ職)に向いているのか不安なら、適性診断がおすすめ。

グットポイント診断では質問に答えるだけで自身の5つの強みが見つかり、そのデータを基に向いている職種を知れるため今後のキャリアを考える指標にもなります。

少しでもフラワーデザイナーが気になっているなら、クリエイティブ職が向いているかを診断してみるといいでしょう。

※適性診断説明ぺージに飛びます

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事