最終更新日:

アパレル事務とは?仕事内容や必要な資格・アパレル事務になる方法もご紹介

アパレル事務とは?仕事内容や必要な資格・アパレル事務になる方法もご紹介

「アパレル事務の仕事内容は?」
「アパレル事務ってなに?」

アパレル事務がどんな仕事か気になっている人は少なくありません。

アパレル事務は一般事務とは違い、梱包・発送作業やEC運営など業務の幅が広い企業もあります未経験でも挑戦でき、ファッション関連のトレンドをいち早くキャッチできます。

本記事では、アパレル事務とは?から仕事内容・アパレル事務に必要なスキル・効率良くアパレル事務に転職する方法をご紹介。

ファッションに関わりたい・おしゃれを楽しみながら事務職に就きたい人は必見です。

アパレル事務とは・仕事内容

アパレル事務は、アパレル系企業での事務職。その中でも、総務や人事・営業や一般事務などポジションは様々です。

■ アパレル事務の仕事内容
・総務
・営業事務
・人事
・経理
・広報
・電話対応
・データ入力
・書類作成
・在庫管理
・商品の発注

事務作業だけでなく、近年ではEC運営(通販サイト運営)がメイン業務の職場も増えています

企業によって業務内容は異なるものの、電話対応やデータ入力・書類作成など事務職経験者であれば今までのスキルを活かせるでしょう。

未経験でもアパレル事務を目指せる

アパレル事務は、学歴や経験不問の求人が多く未経験でも目指せる職業です。

しかし未経験歓迎求人でも事務職・アパレル業界経験者が優遇され、ECサイトに関わる求人の応募条件には運営スキルがある人と書かれているケースが多い傾向があります。

アパレル事務になるには

アパレル事務に必要なスキル・資格

アパレル事務には、専門的なスキルや資格・知識は必要ありません。

しかしパソコンを使った仕事がメインなので基本操作程度のスキルは不可欠

在庫や売上データの管理や書類作成でExcel・Wordを使用するため、最低限一般的なオフィスソフトは習得しておきましょう。

アパレル事務に向いている人

■ アパレル事務に向いている人
・コツコツ作業できる
・コミュニケーションが取れる
・気遣いができる

事務職は、ルーティーンワークのためスピード感をもって業務をこなさなければなりませんが、電話や来客対応など人と接する機会が多いためコミュニケーション能力は必須

アパレル事務では、発注・梱包業務も兼任する企業もあるので柔軟な対応力が求められます。

また繁忙期にはアパレル販売員として店頭に立たされるケースも。販売員としての経験があれば、有利です。

アパレル事務の適性を知る

事務職と言っても社内で協力して業務をこなすシーンもあるため、コミュニケーション能力は必須。梱包・発送作業がある企業では体力も求められます。

アパレル事務への適性があるかを把握しておけば、今後のキャリアを考える要素にもなり入社後のミスマッチを防止可能。

適性は、簡単な質問に答えるだけで自己診断が可能なミイダスがおすすめです。

≫ミイダスの診断内容
■ コンピテンシー診断(総合適性検査)
―アパレル事務に必要な人あたりや問題解決力・ストレス要因、適性度の高い職種がわかる
■ 市場価値診断
―現在の経験やスキル/資格の市場価値(適正年収)を予測
■ パーソナリティ診断
―生まれ持った個性や今のコンディション
 ※精神医学を基にした「PSA」を基にした診断で信頼度”高”
    ミイダス診断のメリット

  • 結果が公開され面談確約スカウトが届く
  • 市場価値が知れて適した求人に応募できる
  • 性格など自己分析ができる

アパレル事務のメリット

アパレル事務は新商品やトレンドがいち早くキャッチできる点が最大のメリット

ファッションに関わる仕事なため、服装やネイルなどが自由な職場も少なくありません。

ファッションに興味がある人には、アパレル業界を裏で支える役割としてやりがいのある仕事と言えるでしょう。

アパレル事務の注意点

アパレル事務は、一般事務の業務に加えアパレルならではの事務作業があります。

幅広い業務内容を効率よくこなす必要があるため、事務職の「座っていればいい」「楽」「誰にでもできる」などのイメージでアパレル事務を目指すなら、転職失敗と感じる可能性も。

苦労する点ややりがいなど仕事内容以外の業界知識を把握してから、アパレル事務を目指すか検討しましょう。

参考:マイナビニュース
「事務職」のイメージって?

アパレル事務への転職は転職エージェント

アパレル専門の転職エージェントを利用すれば、業界に精通したアドバイザーが求人紹介から書類・面接対策や条件交渉まで転職活動を徹底サポート。

一般非公開の好条件求人も紹介してもらえるため、年収・キャリアアップも可能です。

アパレル事務の求人数は1社ごとで見ると少ないですが、掛け持ちすれば求人・サポートの幅が広がり効率良く転職活動が進められます。

クリーデンス doda
転職エージェント クリーデンス doda
全体求人 企業数2,800件以上
非公開求人70~75%
約15万件
アパレル事務の求人 約100件 約1,000件
主なサポート対象者 アパレル・ファッション業界転職希望者 26~35歳
大卒以上
対応地域 関東/関西/中部
その他の地方求人は少ない
全国
関東/関西/東海に強い
支援実績 転職支援実績
18万人以上
転職者満足度No.1サービス
公式


アパレル事務への適性を知る

アパレル事務は一般事務とは異なり業務の幅が広い企業が多いため、応募前に業務量の確認が必要です。

年収・キャリアアップには現在のスキル・経験の適正年収や市場価値を確認し、アパレル事務の適性があるかを把握すればミスマッチを防止できます。

自己分析をするには、診断ツールミイダスがおすすめ。

転職エージェントを利用すればアパレル事務への転職を徹底サポートしてもらえるので、効率の良い転職活動が可能です。

■ アパレル事務への転職におすすめエージェント
クリーデンス
doda
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事