最終更新日:

人材派遣会社の営業の仕事内容は?派遣営業への転職成功法や将来性を徹底解説

人材派遣会社の営業の仕事内容は?派遣営業への転職成功法や将来性を徹底解説

人材派遣会社の営業は若いうちから評価してくれる企業が多いため営業の実力をつけるために転職を検討する人も多いですが、実際の仕事内容はよく分からないですよね。

今回は派遣営業の仕事内容から転職に必要なスキル・経験、年収や将来性まで幅広くご紹介しましょう。

派遣営業への転職をより確実にする転職エージェントも併せてご紹介します。

あなたが「派遣営業に向いているか」適性診断するにはこちら→

派遣営業とは?

派遣営業とは派遣会社において企業側と求職者側を繋ぐ役割を担っています。

営業未経験からでも始められるので、異業界からの転職先として選択する人も多いです。

新規開拓営業がきつい・離職率が高いイメージがありますが、向いている人は日々達成感や充実感を感じられます。

派遣営業を経験したら他の営業がなんでもできるようになると言われてるの!営業力をつけるには派遣営業が一番よ★

人材コーディネーターとの違い

派遣会社では人材コーディネーターと共に仕事を進めます。

派遣営業 人材コーディ
ネーター
対応する
顧客
企業 求職者
メインの
仕事内容
企業への新規開拓営業 求職者の登録対応
仕事場所 外回りが多い 自社での対応が多い

営業もコーディネーターも相手から多くの情報や潜在ニーズを引き出せるかが重要です。

派遣会社の規模によっては人材コーディネーターの業務も営業が担うケースもあります。

派遣営業と人材コーディネーターとの蜜なコミュニケーションが企業と求職者のミスマッチを防ぐんだね!

派遣営業の仕事内容

派遣営業の仕事の流れ

派遣営業の仕事の流れは以下の通りです。

  1. テレアポや飛び込みで新規開拓
  2. 商談・ヒアリング
  3. 求人票の作成・求職者の引き当て
  4. 面談の調整・同行
  5. 契約書の締結
  6. スタッフフォロー

派遣営業は企業側とのやり取りがメインです。

派遣会社によってはスタッフフォローや求人票の作成は別の担当者が行う場合もあります。

新規開拓と商談・ヒアリングが派遣営業の腕の見せ所ね★

新規開拓

派遣営業は新規開拓営業がメインになります。既存客への営業は少ないです。

テレアポや企業の担当者との約束なしに訪問する飛び込み営業で新規客の獲得を目指します。

テレアポや飛び込みでの訪問は8割以上断られるので、根気よさが必要です。

派遣営業は断られるのが当たり前よ!くよくよせずに当たって砕けろって気持ちで臨みましょ★

商談

話を聞いてくれる企業に訪問し商談をします。

派遣需要がある場合は、求める人物像や職場環境など求人票作成に必要な項目をヒアリング

聞き漏れがあると再度電話やメールで確認が必要になるので、1回の商談で必要項目を全て聞けるようにします。

求人票の作成

求人票を作成し、求職者を募ります。

企業と求職者のミスマッチを防ぐため、ヒアリング内容に合わせた求人票の作成が必要です。

また、企業によっては派遣登録している人の中から求職者を自分で探して引き当てる業務もあります。

求人票は書き方ひとつで応募人数が大きく変わるわ!魅力的な求人票を作成できる能力も派遣営業には必要ね♪

面談の設定・同行

求人票にマッチする求職者が見つかったら、企業との顔合わせの日程を設定します。

当日の面談には派遣営業も同行するケースが多いです。

面談にて企業側と求職者の同意があれば内定・契約成立となります。

スタッフフォロー

定期的に企業に訪問し、就業後も問題がないか企業・スタッフ双方に状況確認をします。

問題がある場合は解決や改善ができるよう、随時調整が必要です。

契約が決まった後も丁寧なフォローが求められるんだね!

派遣営業に転職するために必要な経験・スキル

派遣営業への転職に必要な経験

派遣営業は未経験歓迎求人も多く、採用の際は経験やスキルより人柄や考え方を重視する傾向にあります。

派遣営業はいかに企業の懐に飛び込んでいけるかが重要になるため、人と接する仕事の経験者は重宝されるでしょう。

ただ、営業経験者はもちろん優遇されやすく、無形商材の営業やBtoBの企業向け営業の経験者はさらに優遇されやすいです。

派遣営業は業界・職種未経験でも採用されやすいから新しく営業にチャレンジしたい人にもおすすめだね!

派遣営業に必要なスキル

派遣営業に必要なスキルは以下の通りです。

コミュニケーション能力
スケジュール管理能力
事務処理能力

派遣営業は商材が「人材」なので、コミュニケーション能力は必須です。

複数の案件を平行して進めながら新規開拓のアポ取りをするので、ある程度のスケジュール管理能力は必要になるでしょう。

派遣営業は契約書の作成や求人票の入力など意外と事務作業も多く、素早く業務を完了できるかどうかは事務処理能力に左右されます。

基本的なWord/Excelの操作はできるのが望ましいです。

派遣営業向きな人、不向きな人の特徴

派遣営業向きな人

派遣営業向きの人の特徴は以下の通りです。

  1. ポジティブ思考
  2. 連絡や対応がマメ
  3. 完璧主義でない
  4. 向上心・成長意欲がある

派遣営業は新規開拓営業で日常的に断られる場面が多いので、なんでも前向きに捉えられる力は重要です。

連絡の早さや対応の丁寧さが信頼関係を構築するので、面倒がらずにできる人は向いているでしょう。

企業やスタッフのイレギュラーな対応も多いため、完璧に業務をこなそうとするのではなく「こんな時もあるな」と深刻になりすぎない心構えも大切です。

派遣営業はどんどん自分から行動できる人が伸びる傾向にあるので、目標に向かってとことん頑張れる人も活躍できるでしょう。

メンタルの強さやいい意味での鈍感さは派遣営業では武器になるわ!

派遣営業に不向きな人

反対に派遣営業に不向きな人の特徴は以下の通りです。

  1. いちいち考えすぎてしまう
  2. プレッシャーに弱い
  3. 自分の思い通りにならないと嫌

仕事が上手くいかない時、考えすぎたり自分を責めすぎてしまう人は派遣営業は不向きです。

派遣営業は常に数字に追われながら仕事を進める企業が多いので、数字のプレッシャーに弱い人にも向いていません。

派遣営業は自分の思い通りに業務が進む場面は少ないので、完璧主義や柔軟性に欠ける人はもどかしさややるせなさを感じやすいでしょう。

派遣営業の年収と将来性

派遣営業の年収

派遣営業の平均年収は400万円前後と言われています。

多くの派遣会社はインセンティブ制度や若いうちから役職や管理職を任せるなど、努力や実績が給与に反映されやすい環境です。

大手派遣会社になると実力次第では年収800万円以上も目指せます。

頑張った分がダイレクトに給与に反映される部分にモチベーションを感じる子も多いみたい。

派遣営業の将来性

人材派遣業界は社会の景気に左右されやすい傾向にあります。

現在人手不足から、高齢者の再雇用・外国国籍の労働者支援など従来の手法にとらわれないサービスの提供を検討する派遣会社も多いです。

派遣営業は景気によって営業活動が厳しくなる可能性もあるので、より丁寧な対応と社会の動向を察知する能力が必要になるでしょう。

派遣営業への適性を手軽に診断する方法

派遣営業の適性をすぐに知りたい人はリクナビNEXTのサービス「グットポイント診断」を利用しましょう。

簡単な質問に答えるだけで自分の強みが見つかる本格診断サービスです。

\無料で手軽に適性がわかる!/

診断結果ではあなたならではの5つの強みが分かり、仕事の向き不向きの適性をチェックできます。
派遣営業に向いているか分かるリクナビNEXTのグットポイント診断

リクナビNEXTでも多くの派遣営業の求人を取り扱っています。

コミュニケーション能力や行動力が必要な派遣営業は「社交性」「俊敏性」「柔軟性」「挑戦心」などが特徴の人には向いている仕事です。

簡単に適性が見えてくるので、自分に派遣営業が向いているか知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で手軽に適性がわかる!/

グットポイント診断の詳しい手順はコチラ→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ
リクナビNEXT

求人数4万件超!利用満足度No.1
日本最大級の求人データベースから検索可能&AIが最適な求人をレコメンドする転職サイト。
本格診断サービス「グッドポイント診断」で自分の適性を把握できる。

【公式サイト】https://next.rikunabi.com/
登録は3分で完了!

派遣営業への転職を転職エージェントで効率化

一人でできる転職活動には限界があり、自分一人での作業が多いのは否めません。

転職エージェントは転職活動の手間のかかる作業をすべて代行してくれる存在です。

    転職エージェントのサポート内容

  1. 求人の検索、紹介、応募、推薦
  2. 応募書類の添削
  3. 面接日程の調節、面接対策
  4. 採用条件、給与、配属先、ポジションなど企業との交渉
  5. 契約書や入社関連の手続き、入社日のすり合わせ

転職エージェントを利用すれば面接の本番以外で企業と直接やり取りする機会はほぼ0。

転職活動は転職エージェントを活用した方が確実に効率的です。

転職エージェントによって特性やサポートの質、得意な求人は異なるため、自分に合う転職エージェントをピックアップしましょう。

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20~30代
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者
女性にも好評
支援実績 採用成功実績は41万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
求人約10万件
非公開多数
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)

※1 非公開求人は含まない
※2 dodaが運営する求人サイトの求人数も含む


人材派遣会社の営業は前向きさが必要

人材派遣会社の営業はが学歴や経歴に関係なく、前向きに明るく対応できる人にはおすすめの職業です。

グットポイント診断や転職エージェントを活用して派遣営業への第一歩を踏み出しましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事