最終更新日:

フレンチシェフ・料理人になるには?求められるスキルと未経験からの就職方法

フレンチシェフ・料理人になるには?求められるスキルと未経験からの就職方法

「フレンチシェフ・料理人になる方法は?」
「仕事内容や必要なスキルは?」

フレンチシェフやフランス料理人になりたいと考える人は少なくありません。

フレンチシェフは、厨房の最高責任者。専門学校や海外研修・働きながらシェフを目指せますが、料理人の監督や仕入れ業務のため、管理・マネジメント能力は必須です。

本記事では、フレンチシェフ・料理人の仕事内容や求められるスキル・なる方法をご紹介。

フランス料理が好き・シェフを目指したい人は必見です。

≫フレンチシェフに必要な
管理・マネジメント能力があるか自己分析する

フレンチシェフ・フランス料理人の仕事内容

シェフ(総料理長)は、厨房の最高責任者。仕事内容は、ポジションによって異なります。

  • シェフ
    1店舗につき1人の厨房の最高責任者であり、料理人のまとめ役。調理技術だけでなく管理・マネジメント能力が必要
  • スー・シェフ
    シェフの右腕。不在の場合は代理を務める
  • エクスペダイター(アボイエ)
    注文を厨房に渡すウエイターに似た役割。料理の仕上げを行う場合もある
  • シェフ・ド・パルティ
    魚や揚場など各部門の責任者。担当場所の料理人・アシスタントの管理を行う

店舗の規模や形態で違いはあるものの、一般の料理人(キュイジニエ)にも担当部門があり分担して料理を完成させるケースが多いです。

≫料理人(キュイジニエ)の分担
**アントルメティエ(entremetier):
前菜やスープ、卵料理担当
**ガルド・マンジェ(garde manger):
サラダなど冷製メニュー・冷蔵庫の食材管理担当
**ポワソニエ(poissonnier):
魚料理担当。魚の下処理や切り分けも担当する
**ソーシエ(saucier):
料理の命と言えるソース担当。全部門のトップでありスー・シェフの次に重要なポジションと言われる
**ロティシエール(rotisseurs):
炙りものや煮込みなど肉料理・ソースづくり担当。この中で「グリャーダン:焼き物、フリチュリエ:揚げ物」と分けられる場合も。
**パティシエ(patissier):
デザートやパン担当。この中で「グラシエ:冷菓、ブーランジェ:パン」に分かれるレストランも。
**アプランティ(apprentie):
見習い。フランス語で弟子の意味がある

フレンチシェフ・フランス料理人の年収

○シェフ:1,000万円~2,000万円以上
○スー・シェフ:800万円~1,000万円
○エクスペダイター:600万円~800万円
○シェフ・ド・パルティ:500万円~600万円

フレンチシェフ・料理人の給料は、下積み時代で平均17~18万円程度。収入は経験や技術によって変動するため、ポジションと共に年収も上がります。

フレンチシェフ・料理人に求められるスキル

  • 調理技術・知識
  • 向上心
  • 根気・精神力
  • 体力
  • 発想力

フレンチシェフは、立ち仕事に加え料理人の管理をするため体力や責任感・リーダー性が必要です。

調理技術はもちろん、向上心や根気など精神の強さが求められます

向上心を持ち、常に調理技術や味・盛り付けなどを追求して更なる高みを目指すのが料理人。日常にもヒントがないかアンテナを張れば、新メニューの開発にも役立つでしょう。

フレンチシェフの適性を知る

責任感や管理能力・発想力が必要なフレンチシェフ・料理人を目指す前に適性があるかを把握すれば、キャリア形成の材料になります。

適性は、簡単な質問に答えるだけで自己診断が可能なミイダスがおすすめです。

≫ミイダスの診断内容
■ コンピテンシー診断(総合適性検査)
―シェフに必要な状況適応力やマネジメント資質・ストレス要因、適性度の高い職種
■ 市場価値診断
―現在の経験やスキル/資格の市場価値(適正年収)を予測
■ パーソナリティ診断
―生まれ持った個性や今のコンディション
 ※精神医学を基にした「PSA」を基にした診断で信頼度”高”
    ミイダス診断のメリット

  • 結果が公開され面談確約スカウトが届く
  • 市場価値が知れて適した求人に応募できる
  • 性格など自己分析ができる

フレンチシェフ・フランス料理人なるには

フレンチシェフになるには、高い調理技術や知識が必要。

まず見習のアプランティとして食材準備や皿洗い・清掃など4年程度の修業期間を経て、料理人を目指します。

調理師学校での授業・研修も修行の一環と捉えられるケースが多いです。

  1. 専門学校へ行く
  2. 飛び込みで働き知識をつける
  3. 本場フランスに渡り修行する

料理人は正しい調理知識が必要なため、基礎を学ぶには専門学校・スクールなどの教育機関で1から学ぶか、飛び込みで働き技術を習得する方法があります。

未経験からフレンチシェフになるなら転職エージェント

未経験でフレンチシェフを目指すなら、飲食業界に特化した転職エージェントフーズラボエージェント(Foods Labo)がおすすめです。

未経験から幹部・飲食業界やホテル業界など料理人が活躍できる求人を網羅しています。

飲食店・調理経験者が多い在籍アドバイザーが求人紹介から面接同行・条件交渉まで料理人の就職活動を徹底サポート。内定獲得まで最短1週間とスピード就職も可能です。

■ フーズラボエージェントのメリット
・業界最大級の案件数5万件保有
 -首都圏/関西圏多数
「フレンチ」案件数:約3,400件
・スピード就職可能:内定獲得まで最短1週間
・年収400万~600万、週休2日の求人多数
・未経験や若年層から料理長や幹部候補まで網羅

本場フランスに渡り修行する

本格的なフレンチを習得するなら、フランス・ヨーロッパへ修行するのも手段の一つ。

近年では、日本人シェフがミシュランに載る人も増えてきていたりとフランスで高い評価を受けているため、日本人シェフに興味をもってくれる店も多くあります。

しかし個人で渡仏するにはビザ取得から修行店の確保まで一人です。現地で修行するなら、最低限のヒアリングや読解力も求められます

■ 修行へ行く手段とメリット
・専門学校/留学支援機関
 -留学手続きや修行先紹介などサポート
・個人
 -ビザの取得から修行先確保まで自己負担

フレンチシェフ/フランス料理人 資格

フレンチシェフ・料理人になるために必須の資格はありません。

しかし料理のプロとして調理技術や食材の扱い・衛生知識を証明するため調理師免許は取得しておくべき資格

調理師免許は、専門学校卒業後に無試験で取れる他、飲食店での実務経験2年以上が受験条件です。調理師免許を取得すると、就職・転職やキャリアアップに役立ちます。

フレンチシェフ・料理人に向いているか診断する

フレンチシェフは、料理人の監督や仕入れ関係など管理・マネジメント能力が必要。

フレンチシェフ・料理人が向いているか不安なら適性診断を受けると、今後のキャリア形成に役立ちます。

未経験から現場に飛び込み経験を積むなら、飲食業界の案件を網羅しているフーズラボエージェントがおすすめです。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事