最終更新日:

フレンチシェフ/フランス料理人になるには?向いている人とスムーズな転職方法

フレンチシェフ/フランス料理人になるには?向いている人とスムーズな転職方法

世界三大料理の一つであるフランス料理を手掛けるフレンチシェフ/フランス料理人。

なるにはどうしたらいいのか」「給料・年収は?」憧れはあっても、現実はどうなのか気になりますよね。

本記事では、フレンチシェフ/フランス料理人の仕事内容やなる方法・年収までご紹介。

フランス料理×料理人に興味があるなら必読の一記事です!

あなたが「フレンチシェフ/フランス料理人に
向いているか」適性診断するにはこちら≫

フレンチシェフ/フランス料理人の仕事

フレンチシェフ/フランス料理人の仕事内容は、ポジションによって異なります。

    ≪フレンチシェフのポジション≫

  • シェフ
    1店舗につき1人の厨房の最高責任者であり、料理人をまとめる役割。調理技術だけでなく管理・マネジメント能力が必要
  • スー・シェフ
    シェフの右腕。不在の場合は代理を務める
  • エクスペダイター(アボイエ)
    注文を厨房に渡すなどウエイターに似た役割の他、料理の仕上げを行う場合もある
  • シェフ・ド・パルティ
    魚や揚場など各部門の責任者を指す。担当場所の料理人・アシスタントの管理を行う

上記ポジションは責任者や管理者ですが、一般の料理人(キュイジニエ)の中にも担当部門があります。お店の規模や形態によって違いはありますが、多くの場合は分担して料理を完成させるのです。

≪キュイジニエの分担≫

**アントルメティエ(entremetier):
前菜やスープ、卵料理担当
**ガルド・マンジェ(garde manger):
サラダなど冷製メニュー・冷蔵庫の食材管理担当
**ポワソニエ(poissonnier):
魚料理担当。魚の下処理や切り分けも担当する
**ソーシエ(saucier):
料理の命と言えるソース担当。全部門のトップでありスー・シェフの次に重要なポジションと言われる
**ロティシエール(rotisseurs):
炙りものや煮込みなど肉料理・ソースづくり担当。この中で「グリャーダン:焼き物、フリチュリエ:揚げ物」と分けられる場合も。
**パティシエ(patissier):
デザートやパン担当。この中で「グラシエ:冷菓、ブーランジェ:パン」に分かれるレストランも。
**アプランティ(apprentie):
見習い。フランス語で弟子の意味がある

フレンチシェフ/フランス料理人 なるには

フレンチシェフ/フランス料理人になるには、下記3つの方法があります。

  1. 専門学校へ行く
  2. フランス料理店で働く
  3. 本場フランスに渡り修行する

専門学校へ行く

専門学校には、フレンチに特化した学科・コースを開講しているところも多いため調理技術を一から学びたい人に向いています。

調理技術だけでなく礼儀なども学べ、留学する際にはサポートしてくれる学校も多いです。

フランス料理店で働く

基礎から技術を現場で学びたいなら、フランス料理店へ飛び込みで働くと良いでしょう。

しかし、未経験からの勤務ではいきなり料理をさせてくれない場合がほとんどです。見習いから始まり掃除や皿洗いなどから現場の流れを覚えていくため、根気が必要になります。

本場フランスに渡り修行する

本格的なフランス料理を習得したいなら、渡仏して技術を学ぶのも一つの手です。

近年では、日本人シェフがミシュランに載る人も増えてきていたりとフランスで高い評価を受けているため、日本人シェフに興味をもってくれる店も多くあります。

しかし、個人で渡仏するにはビザの取得から修行店を探すところまで一人で行わなければいけません。また、フレンチを理解するためにも、最低限のヒアリングや読解力は必須です。

フレンチシェフ/フランス料理人 資格

フレンチシェフ/フランス料理人になるための資格は、特に必要ありません。

しかし、料理のプロとして調理技術や食材の扱い・衛生知識を証明するため調理師免許は取得しておくべき資格と言えます。

調理師免許は、専門学校卒業後に無試験で取れる他、飲食店での実務経験2年以上が受験条件です。調理師免許を取得すると、就職・転職やキャリアアップに役立ちます。

フレンチシェフ/フランス料理人に向いてる・求められる人物像

    ≪向いてる・求められる人物像≫

  • 調理技術・知識
  • 向上心
  • 根気・精神力
  • 体力
  • 発想力

フレンチシェフ/フランス料理人になるには、調理技術はもちろん向上心や根気など精神の強さが求められます

また、向上心を持ち、常に調理技術や味・盛り付けなどを追求して更なる高みを目指すのが料理人としての道。日常にもヒントがないかアンテナを張れば、新メニューの開発にも役立つでしょう。

料理人の世界は、縦社会で厳しく「料理人=職人」のイメージから男性が圧倒的に多い職種。一方で、女性はホルモンの関係で味覚が変わりやすく、プロの料理人としてのハードルが高い・長い修行があるため結婚・出産が難しいケースが多いです。

フレンチシェフ/フランス料理人の年収・給料

    ≪フレンチシェフの年収≫

  • シェフ
    1000万円~2000万円以上
  • スー・シェフ
    800万円~1000万円
  • エクスペダイター(アボイエ)
    600万円~800万円
  • シェフ・ド・パルティ
    500万円~600万円

フレンチシェフ/フランス料理人の給料は、下積み時代で平均17~18万円程度。収入は経験や技術によって変動するため、ポジションと共に年収も上がります。

フレンチの豆知識

フランス料理の起源

世界三大料理と言われ高級なイメージがあるフランス料理は、中世に誕生しています。

12世紀頃のフランス料理は、肉のローストと茹で野菜の質素なものでナイフやフォークも存在しなかったため、シチューのような煮込み料理も手づかみで食べ、手はテーブルクロスで拭いていました。

16世紀になり、イタリア料理が持ち込まれたのをきっかけにフランス料理が一変

肉や野菜を焼く・茹でるだけの料理からソースを使った料理になり、ナイフやフォークを使用した食事作法・テーブルマナーも取り入れています。

その後、17世紀に「フランス料理」としての独自性を追求し始め、18世紀末のフランス革命でフランス料理が庶民に馴染み現在も進化を続けているのです。

フランス料理はイタリア料理に大きな影響を受け、料理だけでなく、マナー・作法も取り入れた。

フレンチシェフ/フランス料理人へは転職エージェントを利用する

転職活動には、手続きが多く手間がかかるのがデメリット。

転職エージェントを利用すれば、アドバイザーが手間のかかる手続きを代わりに行ってくれるためスムーズな転職活動が可能です。

転職エージェントは、企業の内部情報まで把握しているケースもあるため、書面では分からない情報を入手出来きブラック企業が懸念される飲食業界でも安心して就職先が決められます

    ≪転職エージェントのサポート内容≫

  • 求人検索・紹介から応募・推薦
  • 書類添削
  • 面接日程の調節・面接対策
  • 採用条件(給与や配属先・ポジション)を企業に交渉
  • 契約書など入社関連の手続き


飲食業界に活用可能 転職エージェント

飲食業界におすすめの転職エージェントは、飲食業界に特化したフーズラボエージェント(Foods Labo)

    フーズラボエージェント(Foods Labo)の強み

  • 未経験から料理長まで幅広いポジションに対応
  • 内定取得率・年収アップが実現できる
  • 独自レポート・体験入店済みの優良企業求人を保有
  • 食事特典付きの店舗視察ができる

フーズラボエージェント(Foods Labo)には、飲食業界に精通したアドバイザーが在籍し面談(ヒアリング)から求人紹介など基本的なサポートに加えて面接同行や企業への条件交渉を行います。

アドバイザーは、保有する求人の現地に体験入店し内情を把握。従業員へのインタビューも行っているため、紙面では伝わらない情報から就職先を選べ、ブラック企業を回避できます。

求職者は、気になった企業へ食事特典付きの店舗視察が可能。自身でお店の雰囲気を感じ理想・目指す味を探し出せるので、フレンチシェフ/フランス料理人としての第一歩が踏み出せるでしょう。

上記のサポート内容から、フーズラボエージェント(Foods Labo)は下記4冠を達成しています。


・飲食店スタッフが選ぶ転職エージェントNo.1
・支持率、満足度、信頼度No.1

フレンチシェフ/フランス料理人に向いているか診断する

フレンチシェフ/フランス料理人に興味があるけど、料理人が向いているか不安なら適性診断がおすすめ。

質問に答えていくだけで自身の強みが5つ分かり、そのデータを基に向き不向きが分かるため今後のキャリアを考える指標になります。

フレンチシェフ/フランス料理人が気になっているなら、自己診断もかねて適職診断してみると良いでしょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事