最終更新日:

結婚プランを提案するブライダルコーディネーターの仕事内容やなるための方法とは

結婚プランを提案するブライダルコーディネーターの仕事内容やなるための方法とは

ほとんどの人にとって一生に一度だけ経験する結婚式は、挙式する側にとってみれば人生を掛けた記念すべきイベントとなります。その晴れの舞台である結婚式をプロデュースするのが、ブライダルコーディネーターの仕事です。

人の幸せのために頑張るやりがいのある仕事だと言えるでしょう。そんな素敵な職業、ブライダルコーディネーターは実際にどんな仕事をするのか、なるために必要な資格や経験は何かを解説していきます。

ブライダルコーディネーターは結婚プランを考える人?

挙式する顧客の要望を聞いてプランを考える人というイメージですが、実際は少し違います。あくまでもプランを考えるのは挙式する人が主体である点です。やりがいのあるブライダルコーディネーターの仕事について見ていきましょう。

ブライダルコーディネーターが実際にしている仕事内容

まずは挙式する側の要望をしっかりとヒアリングしていくところからスタートです。予算はいくらなのか、予算内で提供できるサービスはどうなるのかというポイントに重点を置いて、打ち合わせしていきます。

既存のプランを使う人は少ないため、提供する料理や式場を飾る花、ウエディングケーキ、引き出物の選択、写真やビデオ、司会者の手配、キャンドルサービスやスピーチの有無や段取りなど、事細かに要望を聞いていきます。

そして、修正した方が良い部分や、問題のある部分に関して、アドバイスをしていくのがブライダルコーディネーターの仕事です。一生の思い出に残るように演出やスムーズな進行になるように手助けしていきます。

最高の晴れ舞台にすべく、顧客の要望を実現できるよう提案・アドバイスする仕事です。

ブライダル業界におけるブライダルコーディネーターの役割

挙式回数自体の増加が難しいため、挙式する人は強いこだわりを持っていることが特徴と言えます。そのため、予算以内で最高の思い出となる結婚プランが必要です。そこで重要になるのが、挙式する人の要望をすべて盛り込んだうえで、最高の演出となるようなプランを作らなければなりません。

挙式する人や親族、関係者が満足できるクオリティの高い結婚式を成功させないといけないため、ブライダルコーディネーターが担う責任はとても重いでしょう。お金を掛けても悔いがないようなすばらしい結婚式にすることで、ブライダル業界を引っ張っていく立場にあります。

予算内で顧客の要望を全て取り入れた上で、最高の演出となるプランを作成する役割があります。

ブライダルコーディネーターの業務フロー

  1. 2~3か月前から準備
  2. 日取りの調整
  3. 挙式の流れを決めるための打ち合わせ
  4. 挙式当日は指揮・サポート

まずは、顧客の都合の良い日取りと、挙式したい会場の日取りを調整します。

そして、およそ2~3カ月前から準備を開始します。挙式する顧客と直接会って、予算を聞いてから、細かな部分までしっかりと要望を聞き出し、入念な打ち合わせからスタートです。出席者の人数なども決めていきます。

挙式直前までは、入念な打ち合わせを繰り返し、挙式のスタートから終了までの流れを具体的に決め、必要なものなどを準備する期間となります。挙式当日には全体の指揮やサポートに回り、結婚式を見守ります。

ブライダルコーディネーターになるために必要なことは?

ブライダルコーディネーターになるためには、難しい勉強や資格が必要なのか、有利になるスキルは何かを解説していきます。

ブライダルコーディネーターに有利となる経験

ほとんどの求人で、未経験可としています。とくに必要となる経験はないようです。営業の実務経験や接客サービス業経験がある人は有利となるため、大手企業に転職する場合は、実務経験があった方が有利となるでしょう。

全体的に実務経験よりもやる気や熱意、人柄重視としている企業が多いため、自信のある人は応募してみるのもいいでしょう。

接客の経験があると有利となります。

ブライダルコーディネーターに必要なスキルや資格

  • 高いコミュニケーションスキル
  • BIAブライダル・コーディネーター検定

スキルについては必須となるものはありませんが、高いコミュニケーションスキルは必要です。しっかりと落ち着いて人の話を聞けるスキルが重要です。資格についても必須となる資格はありません。

必須ではありませんが、がんばってきた証として取得するのに最適な「日本ブライダル事業振興会(BIA)」が主催している「BIAブライダル・コーディネーター検定」という資格があります。

こちらはブライダル企業に勤めている経験者のみが受けられる試験なので、ブライダル企業に勤めていて、ブライダルコーディネーターを目指している人が取得するのに最適な資格です。

BIAブライダル・コーディネーター検定 受験概要
参考URL
http://www.bia.or.jp/%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/abc/

ブライダルコーディネーターに不向きな人の特徴

  • 聞くよりも自分が話したいタイプの人
  • マイペースタイプの人

聞き上手な人に向いているので、聞くよりも自分が話したいタイプの人には不向きな仕事です。相手の気持ちに立って考えられない、自分勝手なマイペースタイプの人も向いていません。

ブライダルコーディネーターの収入や将来性はどうなっているのか?

気になるブライダルコーディネーターの平均年収と将来性を見ていきましょう。

ブライダルコーディネーターの平均年収

年代 平均年収
20代 276万円
30代 341万円
40代 362万円

男性342万円、女性の全体平均282万円、年代別では、20代276万円、30代341万円、40代362万円となっています。

男性と女性とでは平均年収は約60万円も違います。

平均年収ランキング2012「ブライダルコーディネーターの平均年収」
参考URL
https://doda.jp/guide/heikin/2012/syokusyu/service/004.html

ブライダルコーディネーターの将来性について

ブライダル業界自体、少子化の影響で縮小傾向です。今後、少子化に歯止めが掛かるとは言えない状況のため、将来的に安定した職業とは言えません。ただし、ブライダルコーディネーターで得たスキルや能力は他業界でも通用します。


RECOMMEND

関連記事