最終更新日:

レバテックキャリアは未経験の人向けではない?未経験からエンジニアになるための方法を紹介

レバテックキャリアは未経験者向けではない!未経験者がエンジニアになるための手法を紹介

「レバテックキャリアは、未経験でも利用できるのか」と不安を感じている方もいるでしょう。

レバテックキャリアは経験者向けの転職エージェントです。スキルがない完全な未経験はサポートをしてもらえません。しかし、未経験にはパターンがあり、状態によっては利用できる可能性があります。

    ≪紹介される可能性のある人≫

  • 業界・職種ともに未経験だが、その職種のスキルがある人
  • 業界経験はあるが、職種未経験の人

本記事では「未経験からエンジニアになる方法」「未経験者におすすめ その他エージェント」「未経験の異業種・職種転職の実態」をご紹介します。

 

未経験でもレバテックキャリアを利用できる可能性がある

レバテックキャリアは、登録自体に審査はなく誰でも登録できます。

しかし、経験者向け転職エージェントのため、未経験者は「サポートができない」主旨のメールが届き、実質的な登録拒否をされる可能性が高いです。

未経験には3種類ある

ITエンジニア未経験といっても大きく分けて3種類の未経験が存在します。

自身がどのパターンに当てはまるのか確認しましょう。それぞれのパターンによって転職活動の方法が異なります。

難易度 状態 対策
×
業界・職種ともに未経験
(その職種のスキルなし)
サポートされない。
⇒スクールに通う、知識をつけてから転職orアルバイトから経験をつむのがオススメ。
業界・職種ともに未経験
(その職種のスキルあり
⇒完全未経験より確率は上がるが、独学スキルでも利用できなかった例もある。
業界経験あり・職種未経験 ⇒業界知識はあるため業界未経験よりはサポートしてもらえる可能性が高い。

業界・職種ともに未経験(その職種のスキルなし)

『業界・職種ともに未経験』でプログラミング経験などのスキルもない全くの未経験の場合は、レバテックキャリアでの転職活動はできないに等しいです。

プログラミングスクールに通う・アルバイトで経験を積むなどしてスキルをつける方が近道でしょう。

≪レバテックビギナーを利用する≫
レバテックキャリアを運営しているレバテック株式会社は、エンジニアの技術を学べるスクール案内・スクール卒業後に就職サポートを行う「レバテックビギナー」を展開しています。

『転職サポート付きのスクール』なら習得したスキルに合わせて企業紹介してもらえる&キャリアアドバイザーがしっかり就職サポートしてくれるのでおすすめです。

業界・職種ともに未経験(その職種のスキルあり)

『業界・職種ともに未経験』でも、希望する職種に必要なスキルを持っていればサポートしてもらえる可能性が高くなります

≪業界・職種共に経験はないがスキルがある例≫

  • 独学でアプリ制作経験あり
  • Webサイト制作経験あり
  • 前職で少しコードに携わっていた

また、下記のように似たスキル・経験があれば職種未経験でもサポートしてもらえる可能性も。

  • エンジニア経験はあるがSE経験なし
  • SE経験はあるがPG(プログラマー)なし

業界経験あり・職種未経験

『業界経験はあるが職種の経験はない』場合、業界知識がある点が評価されます。業界への知識が少しでもあれば、職種が未経験でも新たなスキルの習得がスムーズになるでしょう。

≪職種経験のみが無い例≫

  • 医療関係の営業から医療関係のエンジニアなど

未経験なら他の転職エージェントを併用する

どのパターンの未経験だったとしても、ITに専門特化したレバテックキャリアより総合転職エージェントの方が未経験可のエンジニア案件も多くなります。

また、エージェントを併用することで案件数やサービスの幅が広がり、転職活動がよりスムーズに進められるなどメリットが多いです。下記では実際未経験案件が多く、特におすすめのリクルートエージェントとdodaをご紹介。

\*dodaとリクルートエージェントの案件数比較*/

doda

リクルートエージェント
公開案件数
70,844件 110,700件
非公開案件割合
80%~90% 90%
職業別:全体案件数
SE/エンジニア案件数
11,657件 27,645件
クリエイティブ案件数
1,701件 6,351件
未経験可にチェックを入れた時の案件数
SE/エンジニア
未経験案件数
220件 2,473件
クリエイティブ
未経験案件数
44件 198件

リクルートエージェント

サイト名 リクルートエージェント
特徴 総合型
どんな人向き あらゆる転職希望者
案件数 88,000件以上+非公開案件20万件
対象地域 全国
エンジニア案件 未経験可

リクルートエージェントは業界最大手のエージェントで案件数も群を抜いて多く、未経験可のエンジニア案件も多く扱っています。

また、20万件以上の非公開案件も保有しているため、気になる案件に出会える確率が高いでしょう。

    ≪未経験の人向けサポート≫

  1. 未経験の人向け「転職成功ガイド」掲載
    「未経験」ワード検索で35件ヒット
  2. エンジニアの最新転職市場動向掲載
  3. SE/エンジニア未経験案件数:2,000件以上
  4. 過去データから分析した綿密な面接対策
↓リクルートエージェントの詳しい情報はこちら↓

【公式サイト】
https://www.r-agent.com/
\公式HP/

doda

サイト名 doda
特徴 総合型
どんな人向き 25~34才までの若手の方にオススメ
案件数 67,000件以上+非公開案件10万件以上
対象地域 全国
エンジニア案件 未経験可

dodaは未経験歓迎案件のハードルが低く、やる気や人柄でポテンシャル採用してくれる会社もあります。

また、履歴書添削や面接対策など丁寧なサポートが人気。転職後のアフターフォローも手厚く、女性の求職者向けにトピックを掲載するなどどんな状況の人にも親身になって応えてくれます。

    ≪未経験の人向けサポート≫

  1. 未経験・ブランクありなど、どんな状況の人でも登録できる
  2. 未経験業種・職種を目指す人向け「転職活動」掲載
  3. 職歴不問で誰でも参加できる転職フェアを開催
  4. 女性特有な転職の悩みにも理解がある
↓dodaの詳しい情報はこちら↓

【公式サイト】
https://doda.jp/
\公式HP/

未経験で異業種・職種へ転職するなら早めの行動が成功の鍵

未経験から異業種・職種にチャレンジできる確率は、年齢が上がるごとに逓減していきます。

30代で未経験業種に転職するのは「不可能」という訳ではありませんが、20代と比較するとハードルが上がってしまうのは事実です。

≪30代:未経験業種・職種への転職が難しい理由≫
○若年層は吸収が早く、柔軟な対応を期待しているから
○年相応のスキルや経験を求められる

しかし、30代前半であれば意欲・人柄などを評価してくれる企業があるため、未経験であっても意欲的な姿勢を見せることで採用される可能性も出てきます

30代後半になると、実務経験・スキルをもとめられ、即戦力人材として求められることが多いです。相応のアピールが必要になるため、転職活動が長引く心構えをしておきましょう。

転職に有利なのは20代後半

転職するにあたり、一般的に有利だとされているのは20代後半です。20代は「自身の可能性を広げる・探す時期」と評価対象にする企業が多いため、他業種への転職も可能。

また、20代後半は社会人が5年ほど積んでいることが多く、これからの成長も期待されるため、一層需要が高まります。

年齢別:異業種・職種へ転職する割合

≪年齢別:異・同業種転職者≫
異業種転職者:24歳以下 70.5%に対し、35~39歳 50.1%に低下している。一方、同業種転職者:24歳以下 29.5%に対し、35~39歳 49.9%に上昇】

※1

≪年齢別:異・同職種種転職者≫
異職種転職者:24歳以下 48.0%に対し、35~39歳 28.0%に低下している。一方、同職種転職者:24歳以下 52.0%に対し、35~39歳 72.0%に上昇】

※2

上記の結果、異業種・職種共に転職者割合が24歳以下から35~39歳の間に減少しており、それとは逆に同業種・職種は増加しています。

この要因として、「社会人経験の少ない若者に可能性を感じて採用する企業側」「年齢が上がり、経験を長く積んだためスキルを活かしたいと考える個人」の違いがあると考えられるでしょう。

「調査結果で異業種・職種へ転職した割合が高かった24歳以下」+「一般的に転職に有利とされている20代後半」で考えると、未経験から転職を考える際には20代がベストです。

調査概要
25〜39歳のビジネスパーソン約10,000人の、2013年の転職事例を調査し、どのくらいの割合で、未経験の業種・職種へ転職を果たしているのか、また年代によってその割合に違いがあるのかなど、異業種・異職種転職の実態を分析しました。

【対象データ】2013年1月~2013年12月の期間に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン
【有効回答数】約10,000件

レバテックキャリア×未経験 まとめ

レバテックキャリアは経験者向け転職エージェントのため、どのパターンの未経験者も利用できない可能性があります

≪未経験からエンジニアを目指すなら≫

業種・職種変更しての転職活動は20代~30代前半がスムーズ

未経験から異業種・職種に転職するのは、年齢を重ねるごとにハードルが上がります。

20代~30代前半なら、意欲や人柄・可能性を汲み取られ採用してもらえる場合があるため、業種・職種を変更したい場合には早めの行動をするといいでしょう。

年齢」「未経験」で悩んでいるなら、一度アドバイザーへ相談すると光が見えるはずです。

未経験から入社できたとしても、入社後に様々な技術を身に付けなければいけないため、覚悟を決めて活動しましょう。また、過去のスキルや職歴から活かせることをしっかりアピールし熱意を伝えると効果的です。

(※1、2 出典:未経験の業種・職種に転職できる可能性はどれくらい?/doda)


RECOMMEND

関連記事