最終更新日:

未経験者はレバテックキャリアで転職可能?未経験からIT転職を実現させる方法

未経験者はレバテックキャリアで転職可能?異業種から未経験で転職を成功する方法

レバテックキャリアの利用を検討していて、「未経験でも利用できるのか」と疑問をもつ方も少なくないでしょう。

レバテックキャリアは経験者向けの転職エージェントで、スキルがない完全な未経験はサポートを受けられません

しかし、未経験でも条件や選択次第では転職エージェントを利用できる可能性があります。

本記事では、未経験からIT/web業界の専門職を目指す方法、その他おすすめ転職エージェントをご紹介します。

レバテックキャリアは未経験向きではない

レバテックキャリアは、登録自体に審査はなく誰でも登録できます。

しかし、経験者向け転職エージェントのため、未経験者は「サポートができない」主旨のメールが届き、実質的な登録拒否をされる可能性が高いです。

未経験ならレバテックキャリア以外の転職サービスを利用する

IT・WEB業界に未経験で転職するなら、無料のプログラミングスクールが付いた就職・就職エージェントがおすすめ。

さらに、複数のサービスを利用すればサポート・求人の幅が広がるため、スムーズかつ有利な転職活動が可能です。

無料プログラミングスクール

GEEK JOB WORKPORT(みんスク)
プログラミングスクール
対象年齢 20代のみ 20~30代
対応地域 全国
(オンライン)
(※求人は首都圏のみ)
全国
(オンライン)
主なサポート対象者 IT未経験者・正社員経験者・第二新卒など IT未経験者・正社員経験者・第二新卒・既卒・フリーターなど
実績 転職成功率97.8% 転職決定人数No.1のサービス
特徴 20代は無料
良質な学習教材
講師に質問可能
手厚いサポート
最短22日就職
完全無料
自己学習形式
講師に質問可能
手厚いサポート
限定求人多数
オンラインで相談する
(無料)

有料プログラミングスクール

テックキャンプ CodeCampGATE
プログラミングスクール
対象年齢 20~30代 20代のみ
対応地域 全国
(オンライン)
(※求人は首都圏のみ)
全国
(オンライン)
主なサポート対象者 IT未経験者・正社員経験者・第二新卒・既卒・フリーターなど IT未経験者・正社員経験者・第二新卒など
実績 転職成功実績2,000人 受講者20,000名以上
特徴 転職率99%
返金保証あり
手厚いサポート
講師に質問可能
実践的な学習カリキュラム
個別指導あり
講師に質問可能
手厚いサポート
実践的な学習カリキュラム
オンラインで相談する
(無料)


Aidemy Premium CODE×CODE
プログラミングスクール
主な年齢層 20代 20~30代前半
対応地域 全国
(オンライン)
全国
(オンライン)
(※求人は一都三県)
主なサポート対象者 AI技術・アプリ開発に興味がある社会人、IT未経験者 IT未経験者・社会人経験者・学生など
実績 オンラインAI人材育成サービス受講者数No.1 就職成功率
97%
特徴 AIの基礎から徹底コーチング
講師に質問し放題&コードのレビュー
8日間返金保証
個別指導あり
講師に質問可能
週一回の面談
自分のペースで学習できる
学割制度あり
オンラインで相談する
(無料)


未経験で転職するなら早めの行動を

未経験から異業種・職種にチャレンジできる確率は、年齢が上がるごとに逓減していきます。

30代で未経験業種に転職するのは「不可能」という訳ではありませんが、20代と比較するとハードルが上がってしまうのは事実です。

≪30代:未経験での転職が難しい理由≫
○若年層は吸収が早く、柔軟な対応を期待しているから
○年相応のスキルや経験を求められる

しかし、30代前半であれば意欲・人柄などを評価してくれる企業があるため、未経験であっても意欲的な姿勢を見せることで採用される可能性も出てきます

30代後半になると、実務経験・スキルをもとめられ、即戦力人材として求められることが多いです。相応のアピールが必要になるため、転職活動が長引く心構えをしておきましょう。

転職に有利なのは20代後半

転職するにあたり、一般的に有利だとされているのは20代後半です。20代は「自身の可能性を広げる・探す時期」と評価対象にする企業が多いため、他業種への転職も可能。

また、20代後半は社会人が5年ほど積んでいることが多く、これからの成長も期待されるため、一層需要が高まります。

年齢別:異業種・職種へ転職する割合

≪年齢別:異・同業種転職者≫
異業種転職者:24歳以下 70.5%に対し、35~39歳 50.1%に低下している。一方、同業種転職者:24歳以下 29.5%に対し、35~39歳 49.9%に上昇】

※1

≪年齢別:異・同職種種転職者≫
異職種転職者:24歳以下 48.0%に対し、35~39歳 28.0%に低下している。一方、同職種転職者:24歳以下 52.0%に対し、35~39歳 72.0%に上昇】

※2

上記の結果、異業種・職種共に転職者割合が24歳以下から35~39歳の間に減少しており、それとは逆に同業種・職種は増加しています。

この要因として、「社会人経験の少ない若者に可能性を感じて採用する企業側」「年齢が上がり、経験を長く積んだためスキルを活かしたいと考える個人」の違いがあると考えられるでしょう。

「調査結果で異業種・職種へ転職した割合が高かった24歳以下」+「一般的に転職に有利とされている20代後半」で考えると、未経験から転職を考える際には20代がベストです。

調査概要
25〜39歳のビジネスパーソン約10,000人の、2013年の転職事例を調査し、どのくらいの割合で、未経験の業種・職種へ転職を果たしているのか、また年代によってその割合に違いがあるのかなど、異業種・異職種転職の実態を分析しました。

【対象データ】2013年1月~2013年12月の期間に、dodaエージェントサービスを利用して転職したビジネスパーソン
【有効回答数】約10,000件

レバテックキャリア×未経験 まとめ

レバテックキャリアは経験者向け転職エージェントのため、どのパターンの未経験者も利用できない可能性があります

≪未経験からIT・web業界を目指すなら≫

業種・職種変更しての転職活動は20代~30代前半がスムーズ

未経験から異業種・職種に転職するのは、年齢を重ねるごとにハードルが上がります。

20代~30代前半なら、意欲や人柄・可能性から採用してもらえる場合があるため、業種・職種を変更したい場合には早めの行動をするといいでしょう。

年齢」「未経験」で悩んでいるなら、一度アドバイザーへ相談すると光が見えるはずです。

未経験から入社できたとしても、入社後に様々な技術を身に付けなければいけないため、覚悟を決めて活動しましょう。また、過去のスキルや職歴をしっかりアピールし熱意を伝えると効果的です。

(※1、2 出典:未経験の業種・職種に転職できる可能性はどれくらい?/doda)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事