最終更新日:

dodaの電話はしつこい?実際に体験談を話します!!加えて対処方法も伝授

dodaの電話はしつこい?実際に使ってみて感じた事や対応方法

大手転職エージェントの1社であるdoda。このdodaを利用した人からは、時々dodaは非常に催促の電話が多く、しつこいと感じるという声を聞ききます。
そこであまりにも頻繁にdodaから電話がかかってくる時には、どのように対処したら良いのかをお伝えします。実際に体験してみた結果、しつこい理由も判明しました

dodaの電話の頻度はかなり高い

  • dodaの連絡頻度はかなり高い
  • 面接対策など小まめに教えてくれる
  • 選考結果をスピーディーに知らせてくれる

dodaの電話がしつこいと思われる大きな理由

実際にdodaの転職エージェントを利用した体験談になりますが、dodaの連絡頻度はかなり高いのは事実です。もちろんこれは良い側面もあり、一次面接の結果や二次面接への対策、二次面接後の会社側の反応などをこまめにエージェントが電話で教えてくれたり、サポートしてくれたりするので転職先を探している人間としては頼もしい側面もあります

特に結果についてもできるだけ早く知らせてくれるので、不合格になった場合には、今後の活動方針を決めやすく、相談に乗ってくれます。

ただし問題になってくるのは一度内定が出た後です。dodaのような転職エージェントは内定先に入社してもらうことで、初めて成功報酬を得られます。そのため利用者が他の転職エージェントで内定をもらった会社に入社されてしまうと、dodaとしてもこれまでの努力が全く無になってしまいます。

そこでとりあえず内定が出ると、そこに入社させようと決定の意志確認を取ろうとしてくるのです。この段階での電話連絡をかなりしつこいと感じる人が多いようです。

電話のタイミングはすり合わせておこう

転職活動をしている人の中には、普通に働いている人もたくさんいます。もしも勤務中に電話がかかってきたりしたら、たまったもんじゃないです。自分が転職活動をしやすい環境を作るためにも、コンサルタントの方には「電話は○○時以降でお願いします」と伝えておくのがベスト。

内定連絡待ちの時にはしっかりと期日を伝えて待ってもらう


転職志望者としては様々な会社の条件を比較して、最も自分にとって良い条件の会社に入社をしたいものです。そのため仮にdodaで内定が出たとしても、他のエージェント会社の結果が出るまでもう少し待ってほしい、またdoda内でも他に応募した会社の結果が出て、しっかり考えてから最終的な入社先を決めたいと感じるでしょう。

転職志望者の「全部の会社の結果が出てから最終確認をしたい」という意向と、dodaの「とにかく早く内定先を決めたい」という意思が最終段階まで来るとミスマッチを起こしやすいため、利用者にはdodaからの催促がストレスになりやすい。なので、コンサルタントにはっきりと言うべきところは言っておきましょう。

dodaへの上手い伝え方

ここで利用者として対応するべきことは、dodaに対しはっきりと自分の意思を伝えることです。何事もうやむやにしておくのが最も良くない対応です。

  • 現在何社に対し転職活動中であり、このような段階まで進んでいる
  • この会社は何時に最終面接があり、何日頃最終結果が出る予定である
  • そして私としてはその最終結果の内容を見て現在の内定先と比較して入社の意思を考えたい

とdodaに伝えるべきです。

その譲歩が明らかになればdodaも今後の活動方針を考えやすくなりますし、意思も把握できます。意思疎通ができていないとdoda側もこれからどのようにサポートをしていけばいいのかわからなくなってしまうのです。無料でできるサービスを最初から謳っているとはいえ、様々なサポートをしてもらった相手に電話がしつこいからといって連絡を一切断つというのは、社会人としてよくはないです。

仮に無視したからと言って訴えられることはないかもしれませんが、dodaのブラックリストになる可能性は非常に高くなります。これから先にまた転職をしたくなった時にdodaを利用できなくなるでしょう。自分の現在の状況と意志、そしてスケジュールの三つをしっかりと伝えておけばそれ以上dodaに伝える必要もありません。

◆3点は必ず伝える
自分の現在の状況
自分がどうしたいかの意志
現在どうなっているかのスケジュール

誠意を持った対応をすればそれ以上の催促が来ることはない

現在の転職活動の状況、そして入社の意思決定をいつまで待って欲しいかをしっかりエージェントに伝えれば、意思確認の最終期日が来るまで、それ以上連絡が来ることはないはずです。もちろんdoda内で行う別の会社に対する連絡は来るでしょうが、「まだですか」「いつになりますか」などの催促はそれ以上来ません。

別の内定が出た時点でそれぞれの会社の条件や業務内容を比較検討し、doda経由で決まった会社が良ければ、dodaに内定の意思を伝えます。そして他エージェントなどで決まった内定先が良ければ、その意向も必ず連絡をしましょう。
  • doda経由で決まれば入社の意志を伝える
  • 他エージェントなどで決まればその以降を伝える

電話で最終的にこちらの方が良くないですかと、少なからず説得されることはありますが「慎重に検討した結果こちらの会社にお世話になることに決めました」と伝えればそれ以上電話が来ることもありません。エージェントの登録抹消も可能です。

電話が多いのはサポート体制がしっかりとしていることの裏返しでもある

doda側から頻繁に来る催促に対して転職活動中の人間はどのように対処するべきかをここではお伝えしました。ここまで読んだ中で、dodaは連絡がしつこいので後々面倒なことになりそうだ、あまり使いたくないと感じた人もいるかもしれません。しかし最初に述べたように、この連絡の回数の多さはある意味で>dodaのサポートの丁寧さを象徴しているとも捉えられます。中小のエージェントに登録をしていると初回案件は紹介してくれたものの、その後は放置されてしまい結局まともな転職先を斡旋してくれなかったということもよくあります。

それに比べると、dodaは大手だけに紹介してくれる案件の数も豊富ですし、転職志望者に対する電話連絡、メール連絡も頻度が高いため相談しながら転職活動に臨むことができます

  • 連絡回数の多さはサポートの丁寧さ
  • 中小エージェントは紹介連絡さえくれなくなる事もある

結果が出るのも早い傾向にありますし、面接時のサポートも非常に丁寧です。それだけにdodaは利用する価値の高い転職エージェントと言えます。現在は数年で転職を繰り返す人もいますから、一度dodaを利用した後、またdodaを利用して転職活動に臨むこともあるかもしれません。そんな時にも互いに気持ちよくエージェントを利用できるようにしておきましょう。

結論 コンサルタントを上手く利用すれば最高のエージェント

dodaは電話がしつこい・ウザイという口コミが多く、評判がよくないイメージですが、サポートが徹底しているからこその細かい電話です。その細かなサポートをプラスと捉えるかマイナスと捉えるのかは自分次第になってきますが、私自身、実際にdodaを体験した結果、はじめに電話できるタイミングなどを伝えておけば、全くしつこいとは思わなかったです。もしもdodaをご検討している方がいるなら、コンサルタントとの共有をしっかりしておけば、よりよい転職活動ができるはずです。


RECOMMEND

関連記事