最終更新日:

【体験談】dodaの電話がしつこい!快適サポートで転職を実現する対処法

【体験談】dodaの電話がしつこい!快適サポートで転職を実現する対処法

大手転職エージェントの1つであるdoda。

このdodaを利用した人からは、時々dodaは非常に催促の電話が多く、しつこいと感じるという声を聞きます。

あまりにも頻繁にdodaから電話がかかってくる時には、どのように対処したら良いのかをお伝えします。

実際に体験してみた結果、しつこい理由も判明しました

dodaの電話頻度はしつこいくらい高い

dodaの電話をかける頻度は高い

  • dodaの連絡頻度はかなり高い
  • 面接対策など小まめに教えてくれる
  • 選考結果をスピーディーに知らせてくれる

dodaの電話がしつこいと思われる大きな理由

実際にdodaの転職エージェントを利用した体験談になりますが、dodaの連絡頻度はかなり高いのは事実です。

一次面接の結果や二次面接への対策、二次面接後の会社側の反応などをこまめにエージェントが電話で教えてくれるなど、サポート面で見れば転職先を探している人間には頼もしいでしょう。

特に結果についてもできるだけ早く知らせてくれるので、不合格になった場合には今後の活動方針を決めやすく、相談に乗ってくれます。

ただし問題になってくるのは一度内定が出た後です。

dodaなどの転職エージェントは自社が紹介した企業へ入社してもらうことで初めて成功報酬を得られます

転職者に他の転職エージェントで内定をもらった会社に入社されてしまうと、dodaが今まで転職者にかけた時間が損となってしまうのです。

そのため内定が出ると入社決定の意志確認を取ろうとしてくるため、この段階での電話連絡をかなりしつこいと感じる人が多いようです。

電話のタイミングはすり合わせておこう

転職活動をしている人の中には、普通に働いている人もたくさんいます。勤務中に電話がかかってきたりしたら出られない人もいるでしょう。自分が転職活動をしやすい環境を作るためにも、コンサルタントの方には「電話は○○時以降でお願いします」と伝えるのがベスト。

dodaからしつこく電話がかかってくるタイミング

実際にdodaを使って電話がかかってきたタイミングを以下にまとめましたので、ご自身の進捗状況に照らし合わせて参考にしてください。

  1. dodaに登録したがエージェントサービスに登録していない場合
  2. 面談ができない場合
  3. 登録してから面談の日程調整
  4. 電話面談を申し込んだ場合の当時連絡
  5. 紹介できる求人がある場合
  6. 企業への応募書類の作成状況確認
  7. 書類選考後の企業面接の日程調整
  8. 企業面接後にエージェントへ連絡をしなかった場合
  9. エージェントサービスを介して求人へ応募した場合(応募後2週間)
  10. 内定後のフォロー
2.面談ができない場合の補足情報

3.電話面談を申し込んだ場合の当時連絡の補足情報

5.紹介できる求人がある場合の補足情報

9.エージェントサービスを介して求人へ応募した場合の補足情報

dodaがしつこく電話をかけてくる前に予定を伝える

dodaに期日を伝えて待ってもらうこと

転職志望者としては様々な会社の条件を比較して、最も自分にとって良い条件の会社に入社をしたいものです。

そのため仮にdodaで内定が出ても「他のエージェント会社の結果が出るまで待ってほしい」「doda内で他に応募した会社の結果が出てから入社先を決めたい」と感じるでしょう。

転職志望者の「全部の会社の結果が出てから最終確認をしたい」という意向と、dodaの「とにかく早く内定先を決めたい」という意思が最終段階まで来るとミスマッチを起こしやすいため、利用者にはdodaからの催促がストレスになりやすい。なので、コンサルタントにはっきりと言うべきところは言っておきましょう。

dodaへの上手い伝え方

ここで利用者として対応するべきことは、dodaに対しはっきりと自分の意思を伝えることです。

何事もうやむやにしておくのが最も良くない対応です。

dodaに伝えるべきこと

  • 進捗:現在何社に対し転職活動中であり、○○段階まで進んでいる
  • 予定:この会社は何時に最終面接があり、○日頃に最終結果が出る予定である
  • 意志:最終結果の内容を見て現在の内定先と比較して入社の検討をしたい

転職の進捗状況や考えを明らかにすればdodaも今後の活動方針を考えやすくなりますし、意思も把握できます。

意思疎通ができていないとdodaはどのようにサポートをすればいいのか分かりません。

無料で利用できるサービスとはいえ、様々なサポートをしてもらう相手に電話がしつこいからといって連絡を一切断つというのは、社会人としてよくないです。

もし無視したとしても訴えられはしませんが、dodaのブラックリストになる可能性は非常に高いでしょう。

今後また転職をしたくなった時にdodaを利用できなくなるかもしれません。

現在の進捗・予定・意志の3点をしっかりと伝えておきましょう

誠意を持った対応をすればdodaからしつこく電話はかかってこない

現在の転職活動の状況、入社の意思決定をいつまで待って欲しいかをしっかりエージェントに伝えれば、意思確認の最終期日が来るまでしつこく連絡が来ることはないはずです。

もちろんdoda内で行う別の会社に対する連絡は来るでしょうが、「まだですか」「いつになりますか」などの催促はそれ以上来ません

別の内定が出た時点でそれぞれの会社の条件や業務内容を比較検討し、doda経由で決まった会社が良ければ、dodaに入社の意思を伝えます。そして他エージェントなどで決まった内定先が良ければその意向も必ず連絡をしましょう。

電話で少なからず説得されることはありますが「慎重に検討した結果こちらの会社にお世話になることに決めました」と伝えればそれ以上電話が来ることもなく、エージェントの登録抹消も可能です。

dodaがしつこく電話をかけるのはサポート体制がしっかりしてるから

ここまで読んで、dodaは連絡がしつこいので後々面倒なことになりそうだ、あまり使いたくないと感じた人もいるかもしれません。

しかし最初に述べたように、この連絡の回数の多さはある意味でdodaのサポートの丁寧さを象徴しているとも捉えられます。

中小のエージェントに登録をしていると初回案件は紹介してくれたものの、その後は放置されてしまい結局まともな転職先を斡旋してくれなかったとの話もよくあります。

それに比べると、dodaは大手だけに紹介してくれる案件の数も豊富ですし、転職志望者に対する電話連絡・メール連絡も頻度が高いため相談しながら転職活動に臨むことができます

結果が出るのも早い傾向にありますし、面接時のサポートも非常に丁寧です。

それだけにdodaは利用する価値の高い転職エージェントと言えます。

現在は数年で転職を繰り返す人もいますから、一度dodaを利用した後、またdodaを利用して転職活動に臨むこともあるかもしれません。

そんな時にも互いに気持ちよくエージェントを利用できるようにしておきましょう。

結論 コンサルタントを上手く利用すれば最高のエージェント

dodaは電話がしつこい・ウザイという口コミが多く、評判がよくないイメージですが、サポートが徹底しているからこその細かい電話です

その細かなサポートをプラスと捉えるかマイナスと捉えるのかは自分次第になってきますが、実際にdodaを体験した結果、はじめに電話できるタイミングなどを伝えておけば全くしつこいとは思わないでしょう。

dodaをご検討しているなら、コンサルタントとの情報共有をしっかりしておけば、よりよい転職活動ができるはずです。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職実績No.1の『リクルートエージェント』と20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかるアプリ「ミイダス」も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント

転職成功実績No.1!非公開求人20万件超!!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!
登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ

年収500万円から利用できるハイクラス転職サイト。
求人の3割以上が年収1,000万円超え!登録時に入力した情報をもとに企業から直接スカウトされる。

中でも「プラチナスカウト」を受け取ると企業やヘッドハンターと必ず面談できる。キャリアアップを望む人は必ず登録しておきたい転職サービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事