最終更新日:

便利な制度にもデメリットはある?短時間正社員のメリット・デメリット

便利な制度にもデメリットはある?短時間正社員のメリット・デメリット

育児や介護などで離職を余儀なくされる方が増えている現在、時短勤務でも正社員として働くことができる、短時間正社員制度を導入する企業が存在しています。

時短で正社員として働くことができるのであれば、育児や介護との両立も不可能な話ではなくなります。

このように、何らかの事情をお持ちの方にとっては、とてもありがたい短時間正社員制度ではありますが、デメリットがまるでないわけではありません。

それでは、短時間正社員制度の詳細や、メリット・デメリットについてご紹介していきます。

短時間正社員制度ってどんな制度?メリットは?

通常のフルタイム正社員では、週5日間、1日当たり8時間勤務(週40時間)が基準となっています。

それに対し、短時間正社員の場合では週30時間の勤務時間を基準としていますので、週5日勤務とすると1日当たり2時間の時短で勤務できる計算になりますね。

この制度は、3歳未満のお子さんをお持ちの方にも適用されますので、育児と仕事の両立が難しくて離職せざるを得なかった方には、特に利用していただきたい制度です。

では、短時間正社員にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

フルタイム正社員と同様の待遇

正社員勤務では、雇用保険の加入、賞与の支給、昇給、退職金などの制度が適用されますが、これは短時間正社員であっても変わりはなく、フルタイム正社員と同様の待遇を受けながら勤務することができます。

モチベーションアップ

以前では、パートやアルバイトなどの短時間労働者は正社員として扱われることがなく、正社員と同様の仕事をこなしたとしても、正社員よりも低い待遇でモチベーションが下がってしまった方は多いのではないでしょうか。

ですが、時短であっても正社員扱いとなる短時間正社員であれば、パートやアルバイトとは一線を画する形になりますので、モチベーションアップにつながることは間違いないでしょう。

高齢者の受け入れ先が増える

  • 労働者側:年齢を重ねた方への雇用の創出
  • 企業側 :有望な人材の離職の阻止

年齢を重ねると長時間勤務が難しいことがあるかもしれません。このようなときに短時間正社員制度を利用すれば、年齢を重ねた方にも雇用のチャンスが生まれます。

これらは雇用される側のメリットですが、一方の企業側には、育児や介護などによる有望な人材の離職を食い止めることができるというメリットがあります。

このように、雇用する側とされる側の双方にメリットがある短時間正社員制度ですので、今後は導入する企業が増加すると予想できそうです。

長時間労働による心身の不調から社員を救出する目的で、この制度を取り入れている企業もあります。

短時間正社員制度にはデメリットもあります

雇用する側にもされる側にもメリットがある短時間正社員制度ですが、デメリットがないのかといえば、もちろんあります。

それでは、短時間正社員制度のデメリットはどのような部分にあるのかご紹介していきましょう。

フルタイム正社員よりも給与が低い

1日あたり6時間の勤務をするという雇用スタイルであるため、フルタイム正社員よりも給与が低くなるというデメリットがあります。

この部分についてだけ考えると、時間給で勤務するパートやアルバイトと同様と捉えることができます。

ですが、毎月の給与が低くなったとしても、フルタイム正社員と同様の待遇を受けることができるわけですから、この部分については割り切らなくてはならないでしょう。

給与はパート・アルバイトと同じ、待遇は正社員と同等

フルタイム正社員との間に温度差が生じることも…

何らかの理由によって時短での勤務を選択していても、繁忙期などには短時間で帰宅する短時間正社員とフルタイム正社員の間に微妙な温度差が生じることが考えられます。

この状態を防ぐためには、普段からフルタイム正社員としっかりコミュニケーションをとり、あなたの事情を伝えておく必要があります

時短勤務ゆえに努力が必要

フルタイム正社員と渡り合っていくためには、フルタイム正社員と同様の知識量・生産性が求められます

もちろん、時短の2時間分の仕事をフルタイム正社員と同様にこなすことは困難であるため、企業側としてはある程度まで配慮はしてくれるでしょう。

ですが、あなたと企業の間では話がついていても、フルタイム正社員とあなたとの間で話がついていなければ、「同じ社員なのに仕事量が少ない、仕事が遅い」と受け取られてしまう可能性が広がります。

そうならないためには、フルタイム正社員をカバーするくらいの気持ちで仕事に取り組む必要がありますので、フルタイム正社員以上の努力をしなければならないこともあります。

まとめ

メリットだけではないのが短時間正社員制度ですので、「短時間正社員で勤務したほうがいいのかな?」とお考えの方は、デメリットの部分についてもしっかりと理解した上で検討してみると良いでしょう。

特に小さなお子さんが要る方の場合では、周囲の理解を得にくい可能性も頭に入れて、慎重に検討する必要があります


RECOMMEND

関連記事