最終更新日:

どの転職エージェントを使えば英語を活かせる?英語を使って転職したい人必見!

どの転職エージェントを使えば英語を活かせる?英語を使って転職したい人必見!

「英語力を活かして転職したいけど不安だな」
「英語を使って転職するにはどこの転職エージェントがいいの?」

英語を使った仕事をしたいと考える人でこのような思いの人は少なくありません。実際、転職エージェントを利用して英語を使う仕事への転職を成功させている人はとても多いです。

転職エージェントを利用すれば英語での転職において万全な採用試験対策ができます。

英語を活かせる仕事や転職エージェントを紹介していきます!

※ちなみに転職エージェントは英語で
「Recruitment agency」
    もしくは
「Recruitment consultant」

英語を活かした転職に強い転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

◎業界で転職実績・求人数ともに業界No.1
◎国家資格「キャリアコンサルタント」有資格者が多数在籍
◎アドバイザーの年収交渉力が高い
◎面接確約スカウトサービスあり
◎土日も面談可能(他社は日曜日不可)
◎面談場所は全国16拠点で最多

リクルートエージェントは世界第4位の規模で、さらにアジア圏では決定数・案件数は1位です。
また外資系企業は1400社以上の搭載があります。規模も中小から大企業まで幅広く取り扱っており、あなたにぴったりのグローバルな仕事が紹介される可能性は十分。

英語を活かせる仕事は
3762件 非公開10650件
外資は2,614件 ( 非公開求人: 10,608件

マイナビ
外資236 件+ 非公開求人740件

ハイキャリア・グローバルコンサルティングサービス

グローバルな働き方においてファーストキャリアで、以下のような求職者にはハイキャリア・
グローバルコンサルティングサービス
が適しています。

  • 英語力が特段高い訳でない
  • 外資系または海外で働いた経験がない
  • 経験を十分に積んでいる
  • 専門性に自信がある

ハイキャリア・グローバル・コンサルティングサービスはその名の通りハイキャリア、グローバル志向に照準を当てたサービスで、ハイクラス・高年収領域専門に特化しており、多数のグローバルポジションを掲載、紹介しているという特徴があります。

あらゆる業界・職種の求人が揃い、非公開求人も多数。グローバルに、さらなるキャリアアップを目指す方にお勧めしたいリクルートエージェントの特別サービスのです。

アジア圏では決定数・案件数は1位なので外資系案件は特に強いと言われています。

ハイキャリア・グローバルコンサルティングサービスの受け方

登録を画面に従って進め、<伝えておきたいこと>の記入欄にハイキャリア・グローバルコンサルティングサービスを受けたいという旨を記入し登録すれば完了です。

ただ、これまでの経歴などから受けられない場合もあるみたいなので、その場合はリクルートエージェントの通常サービスを受けるという形になります。

<ハイキャリア・グローバル・コンサルティングサービスについてより詳しく知りたい方はこちら↓>

【公式サイト】https://www.r-agent.com/
登録は3分で完了!

JACリクルートメント

JACリクルートメント

◎外資系やグローバル企業に特化
◎ロンドン発祥の日系転職エージェントというインターナショナルな企業
◎英国とドイツ、アジア8カ国に広がる独自のグローバルネットワーク
◎日本での転職実績30年

JACリクルートメントは外資系企業や海外進出企業など、グローバル転職のサポートに特に強みを持っており、国内大手、外資系、海外進出企業などの求人が豊富です。「30~50代」のミドル・高年収帯向けの転職支援実績を多数持ち求人の質や専門性の高さに定評があります。

世界11カ国に広がるネットワーク

1970年代、イギリスのロンドンでビジネスを展開する日本企業をサポートするために日系人材紹介会社として誕生し、2015年には東証一部上場企業となりました。日本、シンガポール、マレーシア、インドネシア、タイ、中国、韓国、香港、ベトナム、インド、英国、ドイツで転職支援サービスを提供。
各国のJACは密に情報交換を行っているため、日本にいながら現地に根づいた鮮度の高い転職情報の取得が可能です。

万全な英語の試験対策

履歴書等の英語での書類提出が必要です。

翻訳サポートだけではなく、外資系企業が見るポイントやアピールの方法など書類通過までを意識した添削を受けられるので安心です。

また、英語面接の企業に備えて英語での模擬面接も体験可能で、英会話能力だけではなく外資系企業に対する自己PR方法も学べます。

【公式サイト】https://www.jac-recruitment.jp/
登録は3分で完了!

英語を活かして転職って?

英語を活かす転職の種類

メリット デメリット
外資系企業
(例.グーグル、アマゾン、LINE、ゴールドマン・サックス、P&G Japan、ジョンソン・エンド・ジョンソン等)
・一般的に給与が高い
・年齢、性別に関係なく、実力に応じて昇進、昇給する
裁量権が大きい
・退職金制度などの福利厚生はあまりない
・安定性がない
グローバル進出している日本企業
(例.トヨタ、キャノン、三菱UFJ銀行、ユニクロ、ブリヂストン、無印良品等)
安定性と革新性の2つの性質が共存している
海外駐在のチャンスがある
・配属先によっては一般的な日本企業と大差がない
観光客の多い場所で働く
(例.東京・京都・大阪などの飲食店や販売員)
・スキルや経験が浅くても始めやすい選べる
企業数が圧倒的に多い
・土日休みがほぼない
・体力仕事が多い
海外で就職 ・選べる企業数が圧倒的に多い
・自分にぴったりの企業が見つかる可能性が高い
・転職、移住までの手続きが面倒
・自力でしなければいけない
・それなりの英語力が必要

必ず習得しておきたい英語力

実際に英語を使う場面はメール・資料作成・電話会議などがあります。

英語を活かす仕事に就きたいのに英語力が皆無ではまず話になりません。最低でも英語で一般会話ができるようになれば、外国人社員ともコミュニケーションを取れ、仕事を円滑に進められます。
 
また最近では英語を使う企業では書類選考でTOEICの点数が重視されることが多いです。現在採用の基準は低くても600~700点ほどといわれています。現場では点数より会話力の方が重視される傾向があるようです。

英語力や仕事の経験がない場合は外国人観光客が多い飲食店や販売員等は未経験からでも始めやすく、併用で英語の資格を取るのがおすすめです。

英語での転職は転職エージェントを使うべき?

転職エージェントを使うメリット

英語での面接や書類作成のサポートがある

外資系の企業では、書類選考や面接は英語のみで行うこともあります。今まで英語での採用試験を経験していない人がほとんどでどうすれば良いのかわからない人も多く、よく聞かれる質問やどのような英語を使って受け答えすれば良いかなどを教えてくれます。

転職エージェントによっては、英語での模擬面接をしてくれるので他の転職者に比べ、とても有利に始められます。

どのようなワードを使って書けば受かりやすいかなど英語を用いた書類作成にも的確なアドバイスをくれます

自分の英語レベルがどの程度通用するのかわかる

自分の経験や英語力がどのような企業に通用するのか、なかなか自分ではわからないことが多いです。

自分ではこのくらいの英語力でいけるだろうと思っていても企業の求めるレベルはそれよりもっと高いなんてこともしばしば。運よく採用試験に受かったとしても、実際の業務ではより高度な英語力を求められ入社してからとても苦労するといったことがあります。

転職エージェントの担当のアドバイザーは何人もの求職者を見てきている為、あなたのスキルがどのくらい通用するのかをあなたの経験や業務の内容から判断し、入社してから後悔するといった失敗を少なくできます。

転職エージェントを使った転職事例

旅行業界から総合商社の総合職へ
旅行会社マネージャー年収670万円
外資系総合商社 年収850万円
(34歳 男性)

前職は大手旅行会社でプロジェクトマネージャーとして働いていました。前職の業務で英語をよく利用していた為、英語力には自信がありました。自分では年齢もそこそこの為、同業種しか難しいかなと思っていたのですが、高い語学力やこれまでの前職での経験が活かせる求人をいくつも紹介して頂きました。担当のアドバイザーの丁寧なヒアリングと色々な助言があったからこそ最終的に総合商社の総合職として内定することができました。

エンジニア経験を活かし、外資系プライヤーへ転職
国内通信メーカーエンジニア 年収750万円
外資系通信サプライヤ技術開発 年収900万円
(36歳 男性)

成果評価型で風通しの良い風土に惹かれ、外資系に転職を希望しており何社か受けていましたが自力での英語面接に限界を感じ転職エージェントを利用しました。英語での模擬面接、英文履歴書の支援を受け、今まで応募書類や面接のレベルの低さを思い知りました。外資系の企業に採用試験に適した書類の書き方や面接での答え方などがあることを知りその部分が特に利用して良かった点です。なによりも無料でこのサポートが受けられるのでデメリットは感じませんでした。

サプライヤーとは、自社の業務に必要な機材や原材料、サービスなどの供給元のこと。

転職エージェントのグローバル求人って?

アジアを中心に海外勤務の可能性あり

グローバル展開する新規事業の責任者の求人などが掲載されています。日系企業のビジネス経験や、英語、中国語などの語学力を活かした仕事も多数。

次世代リーダー候補採用

日系企業のこれからの海外進出を担うポジションも紹介されています。裁量権の多い、成長ができそうな仕事も経験によっては内定の可能性がありそうです。

需要の高い業界は?

製造業、エネルギー関連、サービス業、ネットサービス業界です。外資系企業のみならず、日系グローバル企業の海外駐在員事業責任者のポジション募集もしています。

外資系企業ではIT業界。セールス、プロジェクトマネジメントなどの職種での採用が目立ちます。外資系IT業界が注力しているクライアントが金融機関です。ビジネスにおいてのグローバル化による頻繁な法制度改正が行われ、システム対応も急ピッチで実施されるため、保険会社、銀行、証券などの金融業界のクライアントが増加しています。

英語を活かした転職には転職エージェント!

英語を活かしての転職におすすめな転職エージェントを紹介してきました。

転職エージェントを利用すれば、より万全な面接対策や書類作成ができます!理想の転職に失敗しない為にも転職エージェント利用はお勧めです。

あなたの英語のスキルを最大限活かしてグローバルに活躍することを期待しています。


RECOMMEND

関連記事