最終更新日:

転職と引っ越しはどっちが先?スムーズな転職を実現する適切な手順とは

転職と引っ越しはどっちが先?スムーズな転職を実現する適切な手順とは

「転職活動と引っ越しを同時に行いたい」
「先に引っ越してから転職活動してもいいのか」

このように、転職活動をしながら引っ越しもしたいと困っていませんか?

先に引っ越したとしても、居住地の近くで転職できるとは限らないため、基本的にまず転職するのがオススメです。

この記事では、引っ越しを伴う転職活動をする人へ向けて、転職を先にした方がいい理由、先に引っ越した方がいいケース、転職活動と引っ越しのスケジュールと費用について紹介します。

この記事を読めば、転職と引っ越しどちらを先にするべきか明確にわかるので、ぜひ転職活動の参考にしてください。

転職と引っ越しはどちらを先にするべきか

結論からいえば、引っ越しよりも転職を先にするのがオススメです。

    引っ越しより転職を優先させる理由

  • 新居の近くで転職できるとは限らない
  • 収入に目処が立っていないので払える家賃がわからない
  • 転職先の企業で社宅が用意されている可能性がある
  • 引っ越し費用や家賃を一部負担してくれる可能性がある

仮に引っ越しを先に行った場合、その新居の近くで転職できるとは限りませんし、給料がはっきりしていない状態で賃貸契約するのはリスクが高いです。

また、転職先の企業によっては社宅が利用できたり、引っ越しなどにかかる費用を一部負担してくれたりするなど費用を抑えられるかもしれません。

引っ越しを先にするのにはリスクがあるため、先に転職してから引っ越しをしましょう。

転職よりも引っ越しが先になるケース

基本的に引っ越しは転職が決まった後に行うものですが、引っ越しが先になるケースもあります。

転職より引っ越しを先にした方がいい場合ってどんなときなのかな?

上京などの遠方への移住を前提とした転職をする場合は引っ越しを先にした方がいいわ★

通常、遠方で転職活動を行うと、採用試験や面接が行われるたびに渡航費用と時間がかかります。

そのため、どのエリアで働きたいかを決めていて、移住を前提として転職活動をする人であれば、先に引っ越す方が効率よく転職活動ができるでしょう。

ただし、引っ越し先が地方の場合は注意してほしいの。

厚生労働省が行った調査では、地方の求人は都市部のそれと比べると少ない結果になっています。

再起に地方へ引っ越してから転職活動をしても、転職先が見つからない可能性もあるのです。

事前に引っ越し先エリアの求人情報をリサーチしておくといいでしょう。

参考:一般職業紹介状況(職業安定業務統計):直近の雇用関係指標|厚生労働省

引っ越しを伴う転職の3つの注意点

引っ越しを伴う転職には注意点が3つあります。

  • 転職活動と引っ越しの同時進行はしない
  • 内定後の入社日に余裕を持つ
  • 引っ越しは家族を第一に考える

ここからは、それぞれの注意点について解説していきます。

転職活動と引っ越しの同時進行はしない

転職活動と引っ越しの同時進行は避けてください。

なぜなら、片方だけでも労力が必要で、両方を同時進行にするとどちらもうまく行かない可能性があるからです。

内定を出してもらえる時期に合わせて引っ越しの段取りを進めたものの、内定をもらえなかったら引っ越しの予定を取り消さないといけないのよ。

引っ越しのスケジュールを立てるだけでも、引っ越し業者とのすり合わせが必要なので、同時進行するのはリスクが高いと言えます。

まずは転職活動に集中し、内定が決まった後に引っ越しの手続きを進めるようにしましょう。

内定後の入社日に余裕を持つ

内定が決まった後もやるべきことはたくさんあるでしょう。現職の引き継ぎをはじめ、引っ越しの手続きや事務手続きなどさまざまです。

現職の引き継ぎには場合によっては1ヶ月以上かかる場合もありますし、引っ越しの予約からその準備、新居で荷物の整理などをすれば、引っ越しをして落ち着くまでに2〜3週間かかるのが一般的です。

もし内定が決まって1〜2週間後が入社日になった場合、引っ越しの手続きなどが追いつかず、結局入社日に間に合わないなどの失敗が考えられます。

よく転職先の企業から「早めに入社してほしい」と声をかけられますが、退職や引っ越しも含めたスケジュールをしっかり立てておく必要があるでしょう。

引っ越しは家族を第一に考える

転職を伴う引っ越しはあなただけでなく、配偶者や子どもにとっても大きなイベントとなります。

家族で引っ越しをする場合、共働きなら配偶者の異動や転職、また子どもがいるのなら学校の手続きもしないといけません。

特に子どもがいる家庭は、子どもが新しい環境に慣れるようにするため、出来るだけ進学や新学期が始まるタイミングで引っ越しをするといった配慮が大切です。

内定が決まってから引っ越しするまでの流れ

引っ越しを伴う転職は、内定から引っ越しまで以下の流れで行われます。

    内定から引っ越しまでの流れ

  1. 内定通知
  2. 入社日と退職日の決定
  3. 現職の会社へ報告
  4. 退職・引っ越しの準備
  5. 引っ越し完了
  6. 各種手続き

内定を得たら、まずは入社日と退職日を決めます。入社日を転職先の企業へ伝え、退職日を現職の会社へ報告しましょう。

入社日と退職日は内定を受け取ってから数日で伝えるのが好ましいわ★

先延ばしにすると転職先の企業と現職の会社の両方に迷惑がかかるためです。

以下では、転職活動にかかる時間と引っ越し後の手続きについて詳しく解説していくので、引っ越しのスケジュールを立てる参考にしてください。

転職活動にかかる時間とスケジュール

転職にかかるおおよその期間
準備 2週間
応募~面接 1~3か月
内定~入社 1~2か月

転職はただ求人に応募して採用試験を受けるだけではありません。自己分析したり面接の対策をしたり、転職活動するにあたっての準備が伴います。

当然、引っ越しを伴う転職の場合は引っ越しの準備もしなくてはなりません。

特に在職中の人は転職活動に使える時間が限られており、さらに3月・4月は引っ越しの繁忙ピーク時期です。※

引っ越しを伴う転職はできる限り早めの行動が大切と言えるでしょう。

※参考:よくあるご質問|サカイ引越センター

また上記でも説明したように、引っ越しの手続きには最低でも2〜3週間はかかるので、引っ越しの手続きを進めるタイミングは、内定をもらってから入社するまでの1〜2ヶ月間がベストです。

しっかりとスケジュールを立てて入社日の1週間前までには引っ越しを完了させるようにしましょう。

引っ越し後に必要な手続き

引っ越しが完了したら以下の手続きが必要となります。

引っ越し後の手続き例
電気、ガス、水道の契約 転入届、転居届の提出
国民年金、国民健康保険の住所変更 免許証など本人確認証明書の住所変更
車やバイクなどの登録変更 転校や児童手当の手続き

上記の手続きは一例です。人によっては手続きの数が増減するでしょう。

入社してからこれだけの手続きを済ませるにはどれくらいかかるんだろう?

引っ越し後の手続きにどれだけの時間がかかるかは、その数や時期によるところがあるでしょう。

しかし、仕事が始まってからでは、まとまった時間が取りにくいと考えられます。

各種手続きは後回しにしないで、引っ越したらすぐに着手しましょうね★

転職活動と引っ越しにかかる費用

引っ越しを伴う転職には多くの費用がかかります。

転職活動と引っ越しにかかる費用相場は以下の通りです。

転職活動と引っ越しにかかる費用
転職活動 10万円未満~60万円未満
引っ越し 約9万円~約12万円

参考:
転職時に貯金はいくら必要?転職にまつわるお金の話|リクナビNEXT
転職にはいくらかかる?必要な費用とスケジュール|リクナビNEXT
引越し費用が一番安くなる時期を徹底調査。月別の引越し料金データを公開|SUUMO

転職活動においてもっとも負担になるのが交通費。

特に遠方で転職活動を行う場合は飛行機や電車にかかる交通費、および現地での宿泊費などに多くのお金がかかります。

また引っ越しには、業者への依頼料物件にかかる費用があり、家具・電化製品・日用品を買い揃える場合はさらに多くのお金が必要です。

時期や引っ越す距離によって費用は大きく異なりますが、いずれにしても予算には余裕を持っておきましょう。

転職活動と引っ越しの同時進行はやめよう

転職活動と引っ越しを同時進行すれば、どちらも失敗してしまう可能性があります。

引っ越しを伴う転職をする際は、転職を先に行い内定が決まったら引っ越しの手続きを進めていきましょう。

求人のエリアを絞って転職活動する場合に限っては、先に引っ越してしまうのも手段の一つですが、先に引っ越す時の注意点は頭にいれておいてください。

転職活動と引っ越しはいずれもスケジュールと予算に余裕を持って、計画的に行いましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事