最終更新日:

保育士1年目で妊娠発覚!仕事への影響と報告手順・悩みの相談先は?

保育士1年目で妊娠発覚!仕事への影響と報告手順・悩みの相談先は?

「保育士1年目で妊娠した」
「突然の妊娠発覚でどうしたらいい?」

保育士になって1年目で妊娠し、悩んでいる人も少なくありません。

妊娠が発覚したら、同僚や先輩ではなくまずは園長に相談しましょう。妊娠報告後にハラスメントや身体への悩みがあるなら、各地域で開設されている相談窓口への相談がベストです。

本記事では、保育士1年目で妊娠した時の仕事への影響や報告の仕方・今後の働き方や相談先をご紹介。

保育士1年目で妊娠した・どうすればいいか焦っている人は必見です。

保育士1年目で妊娠したら仕事への影響は?

保育園では年間スケジュールに沿って業務を行うため、欠員が出ると運営に影響を及ぼす恐れがあります。

時期により体調面でも業務に支障がでてくるため、早めの報告が大切です。

■ 仕事への影響
・悪阻/眠気などで欠勤が増える
・力仕事/抱っこができない
・走ったり一緒に遊べなくなる

保育士1年目で妊娠した時の報告手順

園長への報告を最優先

妊娠発覚後、園長を優先して出来るだけ早く報告しましょう。早期に報告すれば、欠員補充や今度の働き方の最善策を相談できます。

業務の再調整は上司が担当するため、先輩・同僚への報告は園長・主任の後がベストです。

妊娠を隠すリスク

妊娠を隠すと、悪阻や体調の変化で肉体的負担・不慮の事故の可能性も。

妊娠初期は身体の変化があまり見られず周囲から認識されにくいので、力仕事や子どもと接する時には細心の注意が必要です。

早期に報告しフォローしてもらえるよう、自ら環境を作りましょう。

報告時の注意点

上司への妊娠報告時は今後どうしたいかを明確にし、要望を伝えると双方が納得する働き方ができます。

先輩や同僚・保護者へ報告するタイミングやどの範囲まで報告するか事前に相談しておくと、スムーズ。

自己判断での報告は、後々トラブルを招く危険性もあるため避けましょう。

1年目で妊娠後、保育士の働き方

産休・育休取得で保育士を続ける・退職後して落ち着いてから復職を目指すなど今後の働き方を考えましょう。

しかし思い切って退職するのも一つの手。

保育士不足の保育園は多く存在するため、経験や資格を持っているなら再就職しやすいです。

保育士の退職理由

保育士の離職理由で1番多かったのは職場の人間関係で33.5%、結婚・出産を機に退職する保育士は5番目に多く22.3%です。

保育士の退職する理由

参考:平成30年東京都保育士実態調査

妊娠を機に退職する保育士の割合

退職する保育士は、経験年数が低い層が多く7年以下の保育士が約半数。離職率:10.3%、市営保育所:12.0%です。

妊娠を機に退職する保育士の割合

参考:第3回 平成27年保育士等に関する関係資料

1年目の妊娠で困ったら相談窓口を利用する

保育士1年目で妊娠し悩みや不安を抱えているなら、行政や民間に設置されている相談窓口の利用がおすすめ。

■ 相談できる悩み例
・妊娠はタブーとされている職場で言い出しにくい
・園長や上司に報告したものの、理解されず不当な扱いを受けている
・今後の働き方について悩んでいる
・仕事は続けたいけれど体調の変化が辛い

妊娠に対してのハラスメントや悩み解決などに精通しているプロに相談すれば、現状打破する方法を見つかるでしょう。

■ 相談窓口例
・妊娠に関するハラスメント相談窓口
―都道府県労働局雇用環境・均等部(室)
・体調の相談窓口
―女性健康支援センター

上記以外にも、「妊娠 SOS+地域名、妊娠 相談+地域名」で検索すると、各地域に設置されている窓口があります。

保育士1年目で妊娠したら早々に報告する

保育士1年目で妊娠したら、できるだけ早く園長へ報告し今後の業務について相談すべきです。

悩みや不安があれば、相談窓口の利用を検討しましょう。報告方法・今後の働き方についてアドバイスが貰えます。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事