最終更新日:

20代で2回目の短期離職でも転職は可能!離職を繰り返しても希望の職場に就職するには

短期離職繰り返す20代2回目

「20代で2回目の短期離職をしてしまった」
「20代で短期離職2回目は不利?」
「もう短期離職を繰り返したくない」

短期離職が2回目だったり、転職を繰り返したりしてもう就職できないと思っている20代も少なくありません。

転職回数より意欲を重視する企業も多く2回以上短期離職しても20代なら転職可能です。

短期離職を20代で2回以上繰り返した筆者が、20代の短期離職の印象、短期離職の定義や離職理由、転職成功法を解説していきましょう。

20代2回目の短期離職者も転職できる

短期離職ってそもそもどれくらいの期間なのかな?

人事担当によって変わるけど、1年未満~3年未満とする企業が多いわ。

    短期離職の20代は転職できる?

  1. 2回目の短期離職でも内定は出る
  2. 短期離職者への印象が△な企業も
  3. 短期離職を20代で繰り返すと危険?

2回目の短期離職でも内定が出る

2回目の短期離職でも内定は貰えるの?転職や就職活動に影響は出ない?

2回目の短期離職をしても、20代であれば内定は出やすいです。

短期離職しても20代は転職しやすい理由
・若い人材の需要が高い
・そもそも求人数が多い
・知識や経験が必要とされにくい
・将来性を評価されやすい

20代の人材は不足しやすく、会社の将来を担う人材として育てたい企業も豊富。

スキルや資格に自信がない、経験や実績が乏しくてもポテンシャルを評価してくれます。

転職エージェントを使えば、担当者から企業に推薦してくれるよ!

求人の年齢制限はNGだが、長期勤続によるキャリア形成のためなら例外とされるため30代未満が対象の求人は多い。

参考:募集・採用における年齢制限禁止について/厚生労働省

短期離職者への印象△な企業も

どの会社にも採用されやすいわけじゃないの♡

短期離職を繰り返す20代にネガティブな印象を抱いている企業もあり、書類選考でたくさんの会社に落ちる人も多いです。

短期離職を繰り返す20代への企業の印象
・堪え性がないのでは
・またすぐ辞められるかも
・飽き性なのでは?

すぐに辞めそうな20代を、初期投資をしてまで採用したい企業は少ないでしょう。

長く働きたい意思と、入社して実現したいこと・キャリアプランを具体的に伝えると評価されやすくなります。

わからないなら転職サービスで適性や適職を診断するのも手よ♡

短期離職を20代で繰り返すと危険?

20代で2回目、3回目と離職と何度も転職を繰り返したら採用されなくなるのかな?

20代で1年未満の短期離職を2回以上繰り返してしまうと、再就職先の選択肢は狭くなるでしょう。

再就職先の選択肢が狭まる理由
・書類選考で落ちやすい
・実績が少なくスキルと経験が乏しい
・悪い印象を持つ企業も など

筆者は20代前半で短期離職を3回繰り返して、「あなたの経歴では転職は無理」と言ってきた転職エージェントもいます。

特に目的がなく2回目、3回目と離職しても、いくつかの転職サービスを活用する自分に合う職場が見つかりました

短期離職者にも◎のサービス

doda
マイナビジョブ20’s
適性診断
対象者 20代~30代 20代
利用方法 会員登録 会員登録&面談予約
診断費用
無料
所要時間 3分 10~20分程度
特徴 人気企業300社から転職できる企業を診断。他に複数の診断サービスあり 毎年数千万人が受検する信頼性が高い適性診断を導入。強みや弱みを見直せる
簡単登録
(無料)

DYM就職 UZUZ
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~29歳
主なサポート対象者 第二新卒、短期離職者、中退者 大学中退、フリーター、短期離職者
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 月間2000人↑登録・累計11万人超の支援実績
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
担当者は全員既卒や短期離職者
書類選考9割↑通過
ブラック企業ナシ
簡単登録<Br> (無料)

20代の短期離職者はどれくらいいる

20代の短期離職者って多いの?

短期離職は約3年以内の離職

短期離職に明確な定義はありませんが、一般的に3年以内での離職とされています。

インフラや製造業など、平均勤続年数が長い業種では5年程度でも短期と扱われる例も。

新入社員が一人前の戦力になるのに約2~3年かかるため、3年以内を短期とみなす企業が多いのでしょう。

20代の短期離職者は多い

20代短期離職者の割合

厚生労働省によると、新卒入社の約3人に1人は3年以内に離職しています。

20代 短期離職者の割合

直前の勤務期間が2年未満で転職活動をする20代は約半数です。

じゃあ転職する20代もいっぱいいるってこと?

20代はどれくらい転職しているか

ハタラクティブによると、転職回数の平均は20代前半で0~1回、20代後半で1~2回。

20代前半での3回以上の転職は企業に不信感を抱かせやすいです。

企業が短期離職者に抱く不信感
・人間性に問題がある
・忍耐力がない
・長続きしない
・計画性に欠ける

2回以上の短期離職でも、20代は若さと意欲を評価されやすく、新しい仕事への意気込みを積極的にアピールすれば転職できるでしょう。

短期離職を繰り返してる20代は少ないんだね!

20代が短期離職する5つの原因

厚生労働省によると、20代の離職理由は主に以下の5つです。

    20代の離職理由

  1. 労働条件が悪い
  2. 人間関係が悪い
  3. 給与が少ない
  4. 会社の将来が心配
  5. 仕事内容に不満

20代の短期離職原因① 労働条件

最も多い離職原因は労働条件で、以下の具体例が挙げられます。

・長時間労働
・副業が出来ない
・衛生や気温の面で勤務環境が悪い
・休みがない/合わない  など

内定を承諾前や選考前にリサーチを入念にすれば回避できる問題もあります。

転職支援サービスなら内部情報や労働条件にも詳しいので、入社後のギャップを感じにくいでしょう。

20代の短期離職原因② 人間関係

人間関係が上手くいかずに短期で離職する20代も一定数います。

人事や上司に相談するのも一つの手段ですが、取り合ってくれない会社も少なくありません。

心身に不調が出そうなら転職も検討すべきですが、転職先でも同じ問題が起きかねないので、自分の落ち度がないかも振り返りましょう

20代の短期離職原因③ 給与が安い

全年齢層に共通して、給与が理由で離職する人は多いです。

何もしていない人が一番お金を貰っていたり、賞与がなかったり、評価基準がはっきりしていないなど、要因は多岐に渡ります。

転職回数が増える程給与は下がる傾向にあるため、キャリアプランを周到に練って、将来を考えた転職をしましょう。

20代の短期離職原因④ 会社の将来

会社の将来性・先行きが不安で辞める20代も少なくありませんが、倒産しそうなら退職宣告を待つのが得策です。

会社都合での退職なら、失業保険もすぐに支給され、退職理由も明確なので転職に不利に働きにくいでしょう。

20代の短期離職理由⑤ 仕事内容

思っていた仕事内容と違ったり、つまらないなら異動を申請するのも手です。

取り合ってくれないなら、今後のキャリアや給与、自分の希望を加味したうえで思い切って転職しましょう。

20代で短期離職を繰り返さないために

20代での短期離職を2回目、3回目と繰り返すと転職活動で不利になりがちです。

繰り返す短期離職にも、2回以上の短期離職をしないためにも、しっかりと対策をして転職活動に臨みましょう。

  1. 職場選び
  2. 書類選考対策
  3. 面接対策 など

短期離職を繰り返さない職場の選び方

短期離職を2回以上繰り返した20代は、仕事の向き不向きがわかってくるでしょう

自分に向いていそうな職種・業種の仕事に重点的に応募すると短期で離職しにくい仕事が見つかります。

仕事内容以外の要因で退職したなら、事前のリサーチで解決可能

どうしても就職先が見つからなければ、職歴よりスキル・人柄を重視する業界・会社、慢性的に人手不足な業界も視野に入れましょう。

キャリアやスキル重視の外資系やIT・ベンチャー、人手不足のサービス業や不動産などは職歴問わない企業も♡

吟味しないとまた離職しちゃいそうだから、非正規雇用やフリーランス、資格取得も考えないとね。

応募前に企業への解像度を上げる1

「この業界・職種で働きたい」とざっくり考えて求人を見ているだけでは、希望通りの働き方を実現するのは難しいでしょう。

営業職で言えば「無形商材の法人営業」「SaaSのインサイドセールス」「人材系の営業」と、その仕事の表面的な名称だけを見て応募するのは危険です。

同じような仕事の募集に見えても、業界・商材・単価・組織の掲げるミッションなど様々な要素に応じて求められる働き方は変わります。

応募したい企業における職種の特徴や求められる姿勢について深掘りすると、本当に働きたい企業か判断がつくでしょう。

企業に対する解像度が高くなれば、面接で聞かれる質問の意図や求められている回答も想像しやすくなります。

20代の2回以上の短期離職者の書類選考対策

短期離職を繰り返す20代の書類選考では、書き方を工夫して自分の魅力を最大限アピールしたり、ひたすら応募するのが効果的です。

選考書類に書ける内容が薄かったり、大量に応募した後の企業とのやり取りが大変なら転職支援サービスを利用しましょう。

企業といきなり面接も可能な、スカウト型転職サービスもあります。

絶対に貴社じゃないとダメって理由や、良いPRがなければ雇ってもらえないわ!短期離職を隠すのもNGよ!

短期離職を繰り返す20代の面接

ヒロミがダメな例、サキちゃんは良い例で面接練習をするわよ!短期離職者の気持ちになって話してみて♪

この見出しは長いので、ここを押すと次の見出しに進みます。

パターン① 人間関係

NG例

僕は同僚が気に入らなくてすぐ退職しました。良い人がいっぱいいる会社で働けたらいいな!

OK例

入社してみたら上司の指示以外の行動は禁止で、社員の士気が低かったの。社内での異動は難しくて転職を決意したわ。

短期で離職した理由をちゃんと述べる!仕事への考え方とか、視点を変えて伝えると良いわ♡

人間関係が原因ならぼかすほうが無難。今度も同じ理由で離職するのでは?と疑念を持たれない表現を

パターン② 労働環境

NG例

毎日残業だらけで休みも取れない。人生終わりだ!

OK例

週に3日は終電帰宅。効率化を提案したら聞き入れてもらえなくて…生産性の高い働き方がしたいわ。

面接官を納得させるのが大事。「確かに」と思ってもらえるように話すの♪

過酷な労働環境は具体例を示すのも有効。自分の取り組みも添えると説得力UP!

パターン③ 給与が安い

NG例

ボーナスもないし給与が安すぎる!生きるための転職だよ…。

OK例

入るまで昇給システムを知る術がなかったわ。年功序列だったから若い世代の活躍が評価される環境で働きたいの。

不満をそのまま話してしまうのはダメ!どこに行っても満足しない人だと思われちゃう。

現在〇万円で数年後も昇給は見込めない、などの具体例を挙げても◎。前職の悪口にならないように

パターン④ 仕事内容

NG例

思ってた仕事と違った!肉体労働ばかりだと思わなかった!

OK例

経理部に入社したのに、新事業の展開で未経験の営業部に突然異動になったの。

サキちゃんの理由ならそのまま伝えるのも悪くないわ。事前のリサーチが不十分だと思われないようにね★

単純に入社後のギャップでは下調べ不足の言い訳に聞こえがち。非を認めて反省を伝えるのも有効

パターン⑤ どうしようもない理由

どうしようもない理由で退職する人は、そのまま伝えていいわよ!

NG例

病気で入院したんだ!

OK例

寿退社よ。旦那についていくために退職したの。

体調不良なら今は元気で業務に支障が出ないとアピール。結婚・育児・介護でも、働き方に制限はないか伝えると◎

受け答えのコツは分かったかしら。
・嘘はつかず、表現を変える
短期離職した事実は隠さない
・前職の悪口はダメ
の3点を頭に入れておきなさい★

短期離職を繰り返す20代の転職には

転職エージェントは1社だけでなく複数を併用する方が効果的です。

サービスによって求人や担当者などの特徴が異なるため、比較して自分に合うサービスを探しましょう。

書類の添削や面接対策などのサポートもあり、短期離職者の20代は転職サービスを上手に活用すれば転職できます

  1. 未経験・経験が浅い短期離職者
  2. 多少経験がある20代短期離職者へ
  3. 年収を上げたい短期離職者向け
  4. 書類選考なしも!スカウト型

未経験・経験が浅い短期離職者向け

マイナビ
ジョブ20’s
第二新卒エージェントneo
転職エージェント
主な年齢層 20代 18~28歳
主なサポート対象者 既卒/短期離職者など20代 20代/既卒・第二新卒
フリーター/短期離職者
実績 年間約3万4000人が登録 転職支援実績2万人超
特徴 求人は全て20代が対象
ポテンシャル採用中心
転職成功実績1万人以上
内定獲得まで最短3日
簡単登録
(無料)


安定のお仕事 えーかおキャリア
転職エージェント
主な年齢層 20代 20代
主なサポート対象者 既卒/短期離職者など20代 20代
高卒・中退、短期離職者など
実績 定着率、内定率97%以上 リクナビNEXTで何度も表彰
特徴 働きやすい企業を厳選
無料の資格支援制度も
内定まで平均2週間
Googleクチコミ★4.8
簡単登録
(無料)

少し経験のある20代短期離職者向け

リクルートエージェント LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
主な
業種・職種
IT・通信業界
営業・SE/ITエンジニア職
外資系企業/メーカー/IT・通信系
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
IT/外資系に強い
面談を断らない
簡単登録
(無料)

年収を上げたい20代短期離職者向け

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 26歳~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
年収600万円以上
ハイキャリア
年収500万円以上
入会審査 なし あり
利用料金 完全無料 一部有料
支援実績 転職決定年収の平均925万円以上 導入企業数28,900社(累計)
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)


面接確約もあるスカウト型サービス

ミイダス リクナビNEXT
適性診断 (市場価値診断) (グッドポイント診断)
主な
年齢層
20~50代 20~40代
サポート対象者 学歴職歴経歴
すべて不問
学生不可
転職者向け
利用方法 会員登録 会員登録
診断費用 完全無料 完全無料
所要時間 5分程度 15~30分程度
特徴 想定年収と市場価値がわかる。面接確約オファーあり 強みと適性がわかる本格診断企業からスカウトが届く
簡単登録(無料)


20代の短期離職、2回目でも繰り返しても転職は成功する!

20代で短期離職を2回以上繰り返していくと、転職の難易度が上がります。

20代は、短期離職を隠さず退職・転職理由をポジティブに伝え、意欲をアピールすれば内定が出やすいです。

複数の転職サービスを上手に活用すれば、書類選考不要の求人もあり選考対策も受けられるので、転職が成功するでしょう。

引用:厚生労働省/新規学卒者の離職状況,雇用の構造に関する実態調査(転職者実態調査)
ハタラクティブ20代前半で転職回数が多いと不利?好印象を与える5つのコツ
1 参考:営業転職BootCamp/リクルートに転職するなら-Pomto株式会社

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事