最終更新日:

【3分読破】20代転職で知っておくべき面接術を完全網羅!採用を逃さない技とは

【3分読破】20代転職で知っておくべき面接術を完全網羅!採用を逃さない技とは

今や20代で転職することも珍しくない時代になってきました。「新卒の3分の1以上は3年以内に退職する」と言われています。

とはいえ、「今回の転職が初めてだから何に気を付ければいいか分からない…」「面接でどんな部分が重視されるんだろう?」と疑問を抱いている20代の方も多いのではないでしょうか?

そこで、かつて20代の頃に転職を経験し、人材業界で10年勤務している筆者が「20代で転職をする人が知っておくべき面接術」についてお伝えしていきます。

この記事を通じてポイントを押さえておけば、採用がもらえる可能性がグンと上がること間違いなし!

3分程で読めるので、ぜひご一読ください。

20代転職の面接で重視されるポイント

ねぇレディ。転職の時の面接って、どの年代でも一緒じゃないの?

いいえ。募集年代によって企業が期待するところや重視する項目は違うのよ。今回は、20代の面接について見ていくわよ♬

    ≪20代転職の面接で重視されるポイント3つ≫

  • 人柄
  • 学歴や学生時代の活動
  • 履歴書・身だしなみなどのビジネスマナー

経験より人物重視

20代の転職者は、経験より人柄や熱意・ポテンシャルを重視される傾向にあります。

30代以上の転職者は、経験・スキルなど即戦力になれるかどうかが重視されますが、20代は経験が少ないため経験以外の部分を重視されるケースが圧倒的に多いです。

20代は職歴が浅い分、前の会社に染まりきっておらず、転職先企業のカラーに馴染みやすい「適応力」も期待されています。

≪面接官が面接で確かめる項目≫
・素直さ
・前向きさ
・やる気の有無
・努力家で勤勉か否か
・根気
・順応性

面接官は、短時間で様々な方向からあなたがどんな人かを品定めするため、面接の中でしっかりアピールしなくてはなりません。

そのためにも事前に自己分析をしっかり行い、伝えたいことを整理しておきましょう。

20代は経験が無くて当たり前。企業側も「これからの成長に期待できる」20代の若手を積極的に採用し育てていきたい、と考えている場合がほとんどです。経験より人柄で勝負する姿勢で臨んでみてください。

学歴や学生時代の活動も重視される

職歴以外に、学歴や学生時代の活動も重視される点を忘れてはいけません。

職歴が乏しい分、その人の能力を判断する材料があまりないのが20代。

そのため、学歴・学生時代の活動はあなたを判断する材料として重要度合いが増すということになります。

    ≪過去アピールのコツ≫

  1. 活動事例
  2. 勉強、部活動やサークル、留学経験やボランティア活動など
    趣味や特技、アルバイトなどでもOK

  3. 注意点
  4. 職歴以外の部分で、教訓として次につながる経験をしているかをアピールをしていくのが採用を勝ち取るカギ
    ・何を得て、どんな考えを持ったのか
    ・強みをどう活かしていくのか etc…

基本的に、このアピール方法が有効なのは20代まで

30代以降は、社会人経験が重視され、職歴が見られてしまうことはもちろん、仕事上での経験や能力、資格などが重視されるようになります。

20代に転職は、学生時代のことも聞かれるんだ…記憶を掘り返さなくちゃ。

逆に言うと、20代転職で職歴が弱くてもアピールできる部分がたくさんあるから、面接に有利なの。刺激を受けた出来事などを、思い返すといいわよ☆

履歴書にすべてが表れる

意外と手を抜いてしまいがちな「履歴書」。

20代は職歴や実績がないため、企業側は限られた材料でその人を判断しなければなりません。

そのため、履歴書は必ずチェックされています。企業側は、「その人の誠実さや仕事ぶりが、全て履歴書に出る」と考えているといっても過言ではありません。

≪履歴書のNG例≫
・字が汚く読みづらい
・誤字脱字が多い
・顔写真が使いまわし
・志望動機欄に空白が多い

履歴書は、基本的に下書きが必須。字は読みやすく丁寧に、誤字脱字に注意し、顔写真は新しいものを使ってください。

志望動機欄は何度も下書きをして、空欄なくしっかりと埋めましょう。

写真を取る際は、まず清潔感を第一に、髪やスーツはもちろんのこと、男性ならヒゲ、女性なら化粧に気を配って面接での印象UPを狙っていきましょう。

履歴書は事前準備がしっかりできるもの。わずかな見落としがマイナスになるなんてもったいないわ。学生の就活に戻ったつもりで、履歴書や身だしなみの再確認をするといいわよ。

やる気のない履歴書なんか一目でわかるっちゅうねん。今まで何百・何千人の履歴書見てると思ってんねん!履歴書も立派な書類やぞ、綺麗に仕上げて熱意伝えんかい!

20代転職 面接の注意点

20代が企業に見られるところは分かったけど、どう注意すればいいのかしら…。

20代転職の面接で注意すべきは、下記4つです。

20代転職の面接ポイント4つ
・笑顔で挨拶
・転職理由を明確に答える
・姿勢や身だしなみには常に注意を払う
・やる気を根拠も添えて伝える

面接注意点1.笑顔で挨拶をする

面接は
スタートダッシュが肝心!

20代の面接は、人物重視なだけに第一印象はとても大事。笑顔で明るくはっきりと挨拶をし、あなたの印象を上げてから面接に入りましょう。

メラビアンの法則を意識する

「メラビアンの法則」をご存じでしょうか?

これは、話し手が聞き手に与える影響について「視覚情報」「聴覚情報」「言語情報」の観点から見た時に、それぞれがどのくらいの影響を及ぼすかについて数値化したものです。

それぞれの情報の影響力は次の通りです。

・視覚情報(=表情)   …55%
・聴覚情報(=声)    …38%
・言語情報(=話の内容) …7%

驚くことに、視覚情報と聴覚情報が約90%を占めています

極端な話、面接でいくら素晴らしい話をしたとしても、暗い顔と声で挨拶をされてはあまり良い印象が残らないのです。

それほど、表情と声が与える影響力は絶大といえます。

第一印象を良くするためにも、面接の冒頭では必ず笑顔で「本日はお時間をいただきありがとうございます。宜しくお願い致します。」などと挨拶をするようにしましょう。

笑顔で…大きな声で…印象を良くすることが大事…

少しは意識も大事だけど、気にし過ぎるとから回っちゃうわ。そんな時こそリラックスしなきゃ♪

面接注意点2.
転職理由を明確に答える

企業側は、「成長する見込み・長く働いてくれるか」を見るため、転職理由を必ず聞きます。

面接対策をする段階で、転職理由はそれぞれの職歴1つ1つで明確にしておき、前向きかつ深く練り込まれた内容にしておきましょう。

転職理由があまりにも主観的で自己都合によるものだと「採用しても社内で衝突が起こるのでは?」「早くに辞めてしまうのではないか?」と判断され、不採用になる可能性も。

≪転職理由を考える際に意識するポイント≫

・客観的にみて妥当か
・他責傾向がないか
・次の企業にどう活かすか

現職・応募企業のやりがいや将来性も絡めて話ができると、納得感のある理由になります。

転職理由を一人で考えていると、これでいいのかなって不安になりがち。そんなときは、友人や家族に相談したり、転職エージェントを利用するといいわよ☆

面接注意点3.
姿勢や身だしなみには常に注意を払う

20代の転職希望者を採用する際、姿勢や身だしなみも重要視されます。

面接の場ですらしっかりできない人は、仕事の場でもしっかりできないと判断されてしまうからです。

面接時間が長くなると、慣れからか姿勢が崩れてきてしまいがちですが、面接中は常に背筋を伸ばすことを意識してください。

身だしなみも、企業に入る前にもう一度トイレなどで再確認し、ビシッと決めましょう。

せっかく挨拶や転職理由が上手くできたとしても、見た目やしぐさで評価が落とされてしまうのは損。姿勢と身だしなみには常に注意を払い、意識しておきましょう。

面接注意点4.
根拠も添えてやる気を伝える

20代の転職では、人柄に加えて「やる気」も重視されます。

やる気をアピールすることは当然ですが、ただ「やる気があります」「頑張ります」だけはNG

根拠がないやる気は、口先だけと捉えられてしまうケースも。やる気になっている根拠も添えて伝えると、面接官の納得性が増して採用される率が上がるといえます。

根拠に悩んだ際は、「どの経験・どの能力を、どう企業に活かしたいか」を考えるとやる気の根拠は見つかりやすいでしょう。

希望する企業で、あなたがどうなりたいのかのイメージが大切です。

転職先で、自分がどうなりたいかをイメージすればいいのね!

やる気は、何もないところから生まれてこないはずよ。企業と自分にしっかり向き合って、やる気を生み出すことから始めしょ。

20代転職で面接をクリアするための方法

面接時の注意点は分かったけど、本番で実行できるか不安だよ…

本番が不安。そんな子のために、次は面接を成功させる方法を教えちゃうわよ!コツは、「面接前にどれほど備えることができるか」。詳しく見ていきましょ☆

事前準備をしっかりする

事前準備は、本番と同じくらい大切

面接経験が少ない20代ならなおさら、力を注ぐべきです。面接で採用を勝ち取れるかどうかは、事前準備に全てがかかっているといっても過言ではありません。

「書類選考や筆記試験は通るのに、面接で落とされてしまう人」。おそらくそれは、事前準備を怠っていた人でしょう。

やはり人間、ここぞという場面では誰しも緊張してしまうもの。事前準備なしに、面接で100%のパフォーマンスが発揮できるとは思ってはいけません

伝えたいことをきちんとまとめて頭の中にイメージし、声に出して自分の言葉で話す練習をしておくこと。もしあなたの近くに誰かがいる環境(家族や友人)なのであれば、面接練習に付き合ってもらうのもありです。

限られた時間であなたがどんな人か?を伝えきるために、事前準備は怠ってはいけません。

「頭が真っ白になってしまって何もアピールできなかった」とならないよう、事前準備をしっかりとして自信を持って本番を迎えられるようにしておいてくださいね。

面接が不安なら転職エージェントで面接対策をしてもらうのも手

面接への不安が拭いきれないのなら、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

無料で登録できるものがほとんどなので、安心して利用できます。最近では、若手転職希望者向けの転職エージェントが増えてきました。

20代を求める企業を多く扱っているため「企業の求める20代」を熟知しており、有益な情報も提示してくれます。

転職エージェントに登録をすると、専任のコンサルタントが面接対策だけではなく、履歴書の添削や身だしなみ指導や性格分析、マッチした企業のピックアップ、さらには面談日の調整までも全面的にサポート。

気になる点や疑問点もコンサルタントが解決してくれるため、一人で不安を抱え込むことはないでしょう。

無料で面接対策をしてもらえる転職エージェントを使わない手はないわね。転職経験の浅い20代は特に、転職エージェントを上手く活用するれば転職成功に導いてくれるはずよ♬

事前準備・転職のプロへ相談をすれば、面接に対する不安も吹き飛びそうだよ!!

20代転職での面接まとめ

20代転職での面接で従事されるポイントや注意点を最後にまとめるわよ♡

≪20代の面接で重視される3つのポイント≫
・人柄
・学歴や学生時代の活動
・履歴書や身だしなみなどのビジネスマナー
≪20代が転職時の面接で注意するべきこと≫
・笑顔で挨拶をし、第一印象を良いものにする
・転職理由は明確に答え、
 かつ前向きで深く考えられた理由にする
・姿勢や身だしなみには常に注意を払う
 しっかりした人物というイメージを与える
・やる気を根拠も添えて伝える
≪20代が転職で面接をクリアするためには?≫
・事前準備をしっかりする
・転職エージェントを利用する

20代転職の面接についてわかったかしら?今日手に入れた知識を転職活動で活かして、あなたが採用を勝ち取って新しい企業で活躍できることを願っているわ♡

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事