最終更新日:

有給の理由を聞かれたら答えるべき?違法な場合と理由を聞かれる時の対処法

有給の理由を聞かれたら答えるべき?違法な場合と理由を聞かれる時の対処法

「上司に有給申請の理由を聞かれる…」「有給の理由を聞かれたら答えなきゃいけない?」
など有給取得の理由を聞かれた際の回答に困る方は少なくありません。

有給の理由を聞かれる場合に答える義務はなく、どんな理由で有給を取得するのも労働者の自由です。

この記事では有給の理由を聞かれたら答えるべきか・嘘の理由でもOKかを取り上げ、有給の理由を聞かれる違法なケースと理由を聞かれる時の対処法を解説します。

有給の理由を聞かれる会社を
今すぐ退職するならコチラ⇒

有給に寛容で取得率の高いホワイト企業へ
効率良く転職する方法はコチラ⇒

有給の理由を聞かれたら答えなきゃいけない?

有給を申請する時に上司から有給の理由を聞かれるけど、プライベートな理由だしあまり答えたくないんだよね…

ヒロミのように有給申請時に理由を聞かれる子は多いようね。有給の理由を聞かれたら答えなきゃいけないのか、詳しく見ていきましょ☆

有給申請時に上司から理由を聞かれる・申請書に理由の記載欄がある会社がほとんどです。

労働基準法第39条では「使用者は、有給休暇を労働者の請求する時季に与えなければならない。」とされており、有給休暇は労働者の権利なので特定の理由がなくても自由に使用できると分かります。

つまり有給休暇の取得に理由は不要で有給の理由を聞かれても答える義務はありません

有給の理由を聞かれる…嘘の理由はOK?

有給の理由を答える義務はないとはいえ、上司に理由を聞かれたら答えないわけにはいかないよね…嘘の理由を答えても良いのかな?

有給の理由を聞かれる場合に嘘の理由を答えるべきではありません

有給の理由を聞かれた際に嘘の理由を申告する行為は、労働基準法では何も定められていないので特に問題にはならないでしょう。

しかし会社の就業規則で虚偽の申告に関して規定がある場合、嘘の理由を答えて有給を申請すると処分の対象となる恐れがあります。

また、有給の理由を聞かれた時に嘘の理由を申告したとバレた場合、職場での信用を失い人間関係の悪化に繋がるでしょう。

そもそも人として嘘を付くのは絶対にダメよ。だけど有給取得日の予定が変わって、結果的に申告した理由と異なってしまうのは問題ナシよ☆

有給の理由を聞かれるのは違法?

有給は労働者の権利で自由に利用できる休暇なら、理由を聞くのは違法になるんじゃないの!?

有給の理由の確認自体は基本的には違法にならないの。上司に有給の理由を聞かれる子も多いと思うけど、以下のような場合は違法・パワハラに該当する可能性があるわ。

違法になる可能性があるケース

  1. 有給の理由を細かく聞かれる
  2. 理由を言わなければ取得できない
  3. 理由によっては有給を取得できない

有給の理由を細かく聞かれる

誰とどこで何をする?」など有給の理由について毎回必要以上に聞かれる場合は、違法やパワハラに該当する可能性があります。

有給の理由について根掘り葉掘り聞かれると不快に感じる人も多いよね。

理由を言わなければ取得できない

労働者が雇用主に有給の理由を聞かれても答える義務はないにも関わらず、有給の理由を言わなければ取得できないのは違法です。

「有給の理由を言わなければ取得させない」などの発言だけでも、十分パワハラに該当すると言えるわ。

理由によっては有給を取得できない

有給の理由を聞かれて答えたのにも関わらず「遊びでの有給休暇は許可できない」など、理由によっては有給を取得できない場合も違法やパワハラに該当します。

有給休暇の取得は労働者の権利なので、どんな理由であっても会社に有給の取得を拒否する権限はありません。

遊びでの有給の使用は「減給するぞ」「評価に響くぞ」など、不利益な扱いを暗示するような脅し文句を言われた場合も違法やパワハラに該当するわ!

有給の理由を聞かれる会社を
今すぐ退職するなら⇒

有給に寛容で取得率の高い
ホワイト企業へ転職するなら⇒

時季変更の判断が目的なら違法ではない

労働基準法第39条によると有給の取得が事業の運営を妨げる場合、雇用主は「時季変更権」を使って有給取得時季を変更できます。

繁忙期などで業務に支障が出る場合、雇用主は従業員の希望を最大限に考慮すれば有給取得日や取得時期の調整ができるのです。

時季変更の判断のために有給の取得理由を聞かれるケースは違法になりません

同じ日に有給休暇を希望する従業員が多いと、有給の理由を確認しながら優先度を決めて別日で調整する場合がありますが、こちらも違法にはならないと言えます。

有給の取得時季の変更は労働基準法で認められているけど、別日での日程調整に応じてくれない場合は違法になる可能性があるわ。

有給の理由を聞かれる場合の返答・対処法

有給の理由を聞かれた時はどう答えたり対処すれば良いのかな?

有給の理由を聞かれた時の返答や対処方法を解説していくわ♪

有給の理由は「私用のため」でOK

前述したとおり有給の理由を聞かれても答える必要はないので、言いたくなければ言わなくても問題ありません。

しかし、有給の理由を言うのに抵抗がない方や無駄なトラブルを避けたい方は任意で正直に答えても良いでしょう。

通院や冠婚葬祭などの外せない用事の場合は具体的に答えても良いですが、基本的には「私用のため」でOKです。

内部/外部窓口に相談する

有給の理由を聞かれたのに答えなかったり、「私用のため」と答えてトラブルに発展した場合はどうすべきかな?

  • 有給の理由を細かく聞かれる
  • 理由を言わないと有給を取得させてくれない
  • 私用のためと答えたら有給の取得を拒否された

など違法なケースやパワハラ受けた場合は、内部/外部の相談窓口に相談してください

  1. 総務部/社内のコンプライアンス窓口
  2. 労働基準監督署/労働局の公的相談窓口

まずは総務部や社内のコンプライアンス窓口に相談しましょう。

有給の取得理由の件に関して社内で解決が難しい場合は、労働基準監督署/労働局にある「総合労働相談コーナー」に相談してください。

有給の理由を聞かれるのが嫌なら転職する道もある

「有給の理由を聞かれる」「理由を答えないと取得できない」など有給の申請に関して悩んでいる子は、今の会社から転職する道もあるわ☆

今すぐ退職したいなら

有給の理由を聞かれる会社を退職したい場合のおすすめ退職代行サービス「弁護士法人みやびの退職代行サービス」公式サイト
「有給の理由を聞かれる」「理由を答えないと取得できない」「取得を拒否される」今の会社に我慢の限界ですぐにでも退職したい方は、「弁護士法人みやびの退職代行サービス」の利用がおすすめです。

【弁護士法人みやびのメリット】
即日円満退職できる
・弁護士による安心サービス
有給消化、残業代、退職金の請求&交渉可能
LINEで24時間相談OK
・会社とのやり取りは一切不要
・退職届の提出・貸与品の返却も郵送でOK
弁護士法人みやびの退職代行サービス

弁護士によるリーズナブルな退職代行サービス。
24時間LINEで相談・即日円満退社可能!
弁護士の退職代行サービスだから有休消化の交渉退職金/残業代の請求にも対応

有給の理由を聞かれる会社を退職したい場合のおすすめ退職代行サービス「退職代行EXIT」公式サイト

上記以外のサービスであれば、メディア掲載実績No.1・退職成功率100%の「退職代行EXIT」がおすすめと言えます。

【退職代行EXITのメリット】
・相談から即日対応ですぐに退職できる
・深夜や休日でも対応可能
・会社とのやり取りは一切不要
・退職届の提出・貸与品の返却も郵送でOK

効率良く転職する方法

  1. 適性診断をする
  2. 転職エージェントを利用する

適性診断で自分の強みや適職を診断転職エージェントを利用すれば、有給の理由を聞かれる今の会社から効率良く転職可能です。

まずは適性診断

有給申請に問題がある会社からホワイト企業に転職するのも大切だけど、自分に合う仕事を選ぶのも大切よ☆

自分の強みや自分がどんな仕事に適性があるか診断するならリクナビNEXTがおすすめです。

リクナビNEXTのグッドポイント診断は、簡単な質問に答えるだけで自分の強みが分かる本格診断サービスで、時間もお金もかけずに仕事の向き不向きの適性をチェックできます

仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断(※会員登録完了後に診断できます)

\無料で手軽に適性がわかる!/

グッドポイント診断の手順は非常に簡単です。

診断をスタートすると出題される質問に順番に回答していくだけ。

スムーズに答えれば15分程度であなたならではの5つの強みが分かります。

仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

例えば「社交性」や「親密性」があると診断された人は、コミュニケーション能力が重視される営業職や接客業に向いています。

社交性」「受容力」「親密性」「バランス」があると診断された人は、コミュニケーション能力やマルチタスク能力が高く事務職に向いているなど、仕事の適性を分析可能です。

たった数分で適性が見えてくるので、自分の強みや適職を知りたい人はさっそくチェックしてみましょう。

\無料で簡単に診断できる!/
    【適性診断の開始手順】
    ※会員登録が完了すると無料で利用できます

  1. リクナビNEXTに会員登録
  2. 仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

  3. 診断ページへ
  4. 仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

  5. 診断スタート
  6. 仕事の適性が分かる「リクナビNEXT」の適性診断

適性診断の詳しい手順はこちら→

【グッドポイント診断のメリット】
・リクナビNEXT会員限定で本格診断が無料
・どこでも手軽に診断可
・自分の強みを客観的に把握できる
・診断結果は求人応募時に添付OK
・自己分析の負担が軽減され転職効率アップ

転職エージェントを利用する

自分の強みや適職を診断できたら転職エージェントを利用し転職活動を開始しましょう。

ホワイト企業の求人が豊富で、幅広い業種/職種の求人を取り扱うおすすめの転職エージェントを紹介します。

リクルートエージェント Spring転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20~40代
主なサポート対象者 全転職者に対応 全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は41万人超 大手優良企業への紹介実績多数
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
IT/外資系に強い
簡単登録
(無料)


マイナビエージェント doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 26~35歳
主なサポート対象者 若手、1~3回目の転職者 大卒以上
関東・東海・関西の転職者
支援実績 20代の信頼No.1を獲得 業界30年の採用成功実績
特徴 手厚いサポート
独占求人多数
中小企業も豊富
IT系にも強い
求人数約10万
非公開80%超
丁寧なサポート
簡単登録
(無料)


上記のエージェントを併用すれば有給の理由を聞かれる・有給を取得できない会社から、有給に寛容で取得率の高いホワイト企業へより効率良く転職できます。

有給は労働者の権利!有給の理由を聞かれる場合は私用でOK

本記事で解説してきたように、有給の理由を聞かれても答える義務はありません。

有給の理由を聞かれた場合、任意で細かく説明しても問題はありませんが、基本的には「私用のため」で十分です。

万が一パワハラや違法なケースがあれば社内・外部の相談窓口に相談してください。

我慢の限界と感じる方は、有給の取得に寛容で取得率の高いホワイト企業に転職しましょう。

適性診断と転職エージェントを活用して、労働者の権利である有給休暇をストレスなく利用できる環境に出会えるよう願っているわ♡

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事