最終更新日:

40代転職はコネを上手に使う!事前の準備で成功へ導く方法!

40代転職はコネを上手に使う!事前の準備で成功へ導く方法!

40代の転職活動って年齢的に不利だろうし、自分の持っているコネをうまく使いたい。でも世間的にイメージが良くないから不安だったり、フェアじゃないと思われないかって心配ですよね。結論からお伝えすると、40代は積極的にコネを使って問題ありません。その理由は記事内でお伝えします。この記事では、40代転職でコネを上手に使う方法を紹介します。

40代の転職状況

そもそも、40代で転職する人ってどれくらいいるんだろう?それに、どうして転職しちゃうんだろう?僕からしたら、せっかく就職しているのに、もったいなく感じちゃうよ…

あら、わかってないわね♪40代でも転職の相談に来る子は意外と多いんだから☆

40代の転職希望者は意外に多い

40代の中で、約5人に1人(18.1%)は、機会があれば転職したいと思っています(表1)。

【表1】40代の今後の転職希望者の割合
 1. 今の職場で今後も働きたい(54.7%)
 2. 機会があれば転職したい (18.1%)
 3. わからない       (25.4%)
 4. 不明          (1.8%)

出典:平成27年転職者実態調査の概況/厚生労働省

本当だ!5人に1人って思っていたより多いね。僕の会社の課長クラスにも転職したいと思っている人がいるのかも。

そうよ♪次に、気になる離職理由も見てみましょッ☆

【表2】40代の離職理由(上位6項目を抜粋、3つまでの複数回答)
 1. 満足のいく仕事内容でなかったから  (30.4%)
 2. 労働条件(賃金以外)がよくなかったから(24.2%)
 3. 会社の将来に不安を感じたから    (23.9%)
 4. 人間関係がうまくいかなかったから  (22.0%)
 5. 賃金が低かったから         (21.0%)
 6. 能力・実績が正当に評価されないから (19.5%)

出典:平成27年転職者実態調査の概況/厚生労働省

40代ともなると、仕事以外にも家庭のこともあるだろうし、考えることも多くなってきそう。

そうね♪みんな現状に不満を感じているように見えるけれど、言い換えちゃえば、もっと高みを目指している証拠ね★

40代転職者の3人に1人は、コネを使っている

それにしても、40代の人って、どうやって転職活動しているんだろう?

ハローワークや求人情報誌だったりが一般的だけど、これまでの人脈を活かしてコネを使う方法もあるわ♪

【表3】40代の転職者が現在の勤め先に就職するためにどのような方法で転職活動を行ったか(複数回答)
 1. 公共職業安定所(ハローワーク)等の公的機関(45.0%)
 2. コネ・縁故(30.2%)
 3. 求人情報誌(28.6%)
 4. 民間の職業紹介(18.4%)

出典:平成27年転職者実態調査の概況/厚生労働省

転職でコネを使ってしまうのって世間的にどうなのかな?

コネって聞くと、確かに「フェアではない」「ずるい」っていう声があるわ☆でも実際はね、40代で転職した子のうち、だいたい3人に1人がコネを使って就職しているの♪だから周りに何か言われても、それほど気にしなくても大丈夫よッ☆

リファラル採用を実施する企業も増加中

リファラルとは社員紹介のことで、コネや縁故と似たような意味で使われています。リファラルによる中途採用を実施している企業は62%にも及びます(図1)。

【図1】貴社では、リファラル(社員紹介)による中途採用を実施していますか?

出典:人事担当者向け 中途採用支援サイト『エン 人事のミカタ』アンケート/エン・ジャパン

コネ転職のメリットとデメリット

40代転職者の中で、コネ転職の割合が意外に多いことは分ったわね♪コネ転職を選ぶなら、メリットとデメリットをキッチリ抑えておきましょッ☆

今のところ良い印象が無いんだけど、本当に大丈夫なのかな…

仕事の紹介者がもたらすメリット

コネ転職のメリットを生み出してくれるのが、仕事の紹介者の存在です。紹介者から会社側に事前に話を進めてもらうことで、

  • 面接免除など、スムーズに転職しやすい
  • 入社後の仕事内容の融通が利きやすい
  • 早く職場に溶けこみやすい

などのメリットがあります。

なるほど。紹介者のおかげで他の転職方法より有利に進められそうだね。

コネ転職にとって紹介者はとても大切な存在よ♪
感謝の気持ちを絶対に忘れちゃダメよッ☆

採用側にもメリットがあります。
・採用期間の短縮や、離職率を抑えられるので、採用活動にかかるコストを削減できる。
・紹介者が間にいるので、求職者と仕事とのマッチングが計りやすい。

コネ転職をする上での注意点

コネ転職する場合、デメリットもいくつか考えられます。

  • 早く成果を出さないといけないというプレッシャーがある。
  • 周りからの期待が大きく、成果を出しても当然とみなされる。
  • 仕事が合わない、働きづらいと感じても、なかなか辞めることはできない。

入社する前のチェックは欠かさずに

コネ転職って、いろいろと不安な要素が多いんだね…

安心して!先にデメリットも全て理解しちゃえば回避できるの♪事前にチェックしておきましょッ☆

  • 紹介者が採用側のキーマンかどうか(話を通してもらえないと意味がない)
  • 自分のやりたいことがその会社でできるのか
  • 入社後の給料や勤務地、役職など、雇用条件に不満は無いか
  • 自分の実力が十分に発揮でき、求められる仕事や役割を果たせそうか

入社後のトラブルを防ぐために

入社した後に、どうしてもやっぱり辞めたい…ってなってしまったら、とても大変だね…

入社した後も、紹介者と蜜に連絡を取り合うといいわ☆こまめに相談して理解を得ておくことで、何かトラブルが起きても早めに解決ができるの♪それに、万が一辞めることになっちゃっても紹介者の顔を潰さないで済むわ★

コネ転職を成功させるためには、事前の準備紹介者との密な連携が重要!

40代から転職に向けたコネをつくる方法

コネ転職が魅力的なことは分ったんだけど、どうやってコネをつくっていけば良いか教えて欲しいな。

そうね♪大事なポイントをまとめたから、参考にしてねッ♡

  1. どのようなコネをつくりたいか決める。
    やみくもに人脈を広げるのではなく、自分の目標を決め、アンテナを張った上で人脈を構築していく。
  2. 今までの人脈を整理する。
    これまでの人生で、どのようなご縁があったか洗い出す。手帳やノートに書き出すのがオススメです。
  3. 新しい人脈をつくる。
    異業種交流会やセミナー、勉強会後の懇親会や、学生時代の同窓会など、できる限り多くの人に接する機会を設けてコネを作る。

人脈はあなたの人生の財産よ♪ご縁を大切にしていきましょッ☆

40代転職はコネを最大限に利用する!

  1. 40代転職者の3人に1人はコネ転職。積極的にコネを使ってOK!
  2. コネ転職の成功の秘訣は、事前準備と紹介者との密な連絡!
  3. コネつくりのコツは、自分の目標を決める!人脈を洗い出す!新しい出会いを増やす!

40代からさらに成長する子ってカッコいいわ♡コネを使って転職を有利に進めちゃいましょ☆


RECOMMEND

関連記事