最終更新日:

短期離職を繰り返す40代は転職可能か?その他の選択肢3つと転職成功法

短期離職者の通勤風景

「40代で短期離職を繰り返している」
「短期離職した40代の転職先は無い?」
「転職を繰り返すとキャリアアップ不可?」

短期離職を繰り返し、転職できず悩んでいる40代も少なくありません。

40代は、転職以外にも収入を得る方法もありますが、短期離職しても条件にこだわりすぎなければ転職は可能です。

本記事では、40代の短期離職者の実態や原因、選択肢と転職成功法を解説していきましょう。

短期離職を繰り返す40代はサービス利用を検討

短期での離職を繰り返す40代は、転職支援やキャリア相談、スカウトサービスを利用すれば選択肢が広がるでしょう。

父も40代で2度転職しましたが、ビズリーチリクルートエージェントを利用して内定を獲得しました。

筆者のおすすめはスカウトサービスで、今までor直近の職歴を入力すると、興味を持った企業やヘッドハンターからコンタクトが来ます。

スカウトサービスのメリット
企業からの直接スカウトあり
待つだけで転職活動が進む
普通の転職活動より内定率が高め
自分の市場価値がわかる

転職サービスを複数使うほど選択肢が増えるので効率の良い転職活動が可能です。

    短期離職の40代のためのサービス
    押すと下へスクロールします

  1. 短期離職が少ない40代のエージェント
  2. 短期離職を繰り返す40代のスカウト型
  3. 40代フリーランス志望へのスクール
  4. 40代で起業・キャリアを迷っている人へのキャリアコンサル

短期離職を繰り返してない40代向け

リクルート
エージェント
LHH転職エージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者
全転職者に対応
支援実績 採用成功実績は54万人超 平均101万円
年収アップ
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
専門分野に精通
年収UP率59%
IT系に強い
簡単登録
(無料)


短期離職を繰り返した40代向け

スカウト・ヘッドハンティング有

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 26歳~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
現年収600万円以上の転職者
ハイキャリア
現年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
利用料金 完全無料 一部有料
支援実績 転職決定年収の平均925万円以上 導入企業数23,500社(累計)
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

短期離職してフリーランス志望

SHElikes
[シーライクス]
Wannabe
Academy
オンライン
スクール
SHIlikes-シーライクス-バナー
サービス
実績
累計参加者6万人
参加者満足度91%
2,000名を超えるセミナー受講生実績
特徴 女性向けWEBスクール
オンラインで受講可能
無料の体験レッスン◎
実務特化型カリキュラム
補修受け放題
卒業後の実務研修制度あり
コース詳細 Webデザイン
Webライティング
Illustrator
カメラ・写真
動画編集
など他多数!
Webマーケティング
Webデザイン
Web動画編集
公式
サイト

短期離職者へキャリアコンサル

キャリアコーチングRYOMEIは当サイトの監修もしていて実績豊富な岡本氏が在籍しています。

RYOMEI岡本さん

キャリアコーチングRYOMEI
キャリアサービス
RYOMEI公式
主な年齢層 30代以上
主なサポート対象者 35歳から”逆転”を目指す
社会人限定
受講料金 110,000円〜
支援実績 35歳以上の社会人限定
副業・独立・転職に対応
特徴 無料カウンセリングあり!
対面・オンライン面談OK
伴走型のキャリアコーチング
個別説明会
(無料)
ライフシフト
ラボ
coachee
キャリアサービス
主な年齢層 40~50代 20~40代
主なサポート対象者 自律的なキャリアを形成したい
ミドル世代
転職活動やキャリア形成に困っている人
受講料金 298,000円~
(入会金別途5万円)
1回1,000円~
支援実績 複業デビュー率95%。ソニー・NTTなど大手企業も導入 転職・就職相談から副業・現職の悩み相談までサポート
特徴 転職・独立・複業・定年後のキャリアを60日間伴走支援。無料説明会 キャリア相談専門サービス。目的に合わせて専属コーチを探せる。登録は無料
個別説明会
(無料)


40代の短期離職者の実態や評価

40代になってまで、短期離職を繰り返している人っているの?

40代の短期離職者は多い?

厚生労働省によると、40代の転職者の4人に1人以上が前職を2年以内に辞めています。

40代の前職の勤務期間

短期離職は、明確な定義はありませんが一般的には3年以内とされているため、40代の短期離職者は少数ではありません

40代はどれくらい転職している?

全年齢層を通して最も多い転職回数は1回で27.7%と厚生労働省は公表しています。

下記は40代の平均転職回数のグラフです。
40代の平均転職回数

40代の平均転職回数は6回以上が最も多く、5人に1人以上は転職を繰り返しています。

▼40代の転職は難しくなる?

一般的に年齢を重ねるほど転職の難易度は上がるとされており、転職の難しさを痛感している40代もいます。

特に未経験職種・業種への転職は困難を極め、20・30代と比較しても求人量も減少します。
 
企業への付加価値をアピールして、人脈を活かし、条件にこだわりすぎなければ転職は不可能ではないでしょう。

職業選択の自由上、求人の年齢制限はNGだが、長期勤続によるキャリア形成のためなら例外とされているため、求人は若い世代と比較して選べない。

参考:募集・採用における年齢制限禁止について/厚生労働省

短期離職を繰り返す40代への評価

短期離職を繰り返してる40代は世間にはどう見られてるのかしら?

短期離職の40代への否定的な評価

短期離職を繰り返し、スキルも実績もない40代への風当たりは非常に強いです。

日本では、1社での長期的な勤務を美徳とする風潮が残っているため、短期離職者への評価は厳しい傾向にあります。

短期離職の40代への肯定的な評価

始めて転職する40代と、数社経験している若年層では、転職を数回経験した若い人の方が役職や給料が高いとする声もあります。

勤続年数や転職回数はあまり意味がないとする業界もあり、今後は個人のスキルやマネジメントの経験がより重視されていくでしょう。

短期離職を繰り返して多様なスキルが身についているなら、ジョブ型雇用の企業を検討するのも効果的です。

ジョブ型雇用:仕事に合わせて社員を雇用する。日本では真逆のメンバーシップ雇用(雇用し、育てながら能力に合わせて仕事を振る)が多い。
参考:ジョブ型雇用とは?/Persol Group

40代の短期離職者の転職以外の選択肢

短期離職の40代って転職以外の選択肢もあるの?

    短期離職者の40代の選択肢
    押すとスクロールします

  1. 起業・独立
  2. フリーランス
  3. 早期リタイア(FIRE)
  4. 転職

短期離職して起業・独立

起業には潤沢な資金が必要だと思われていますが、2006年から資本金1円からでも株式会社の設立が可能になりました。

設立の手続きには費用がかかるものの、やりたい事業が決まっている短期離職者は起業するのも手です。

有償ではありますが、キャリア相談サービスなどでノウハウを知るのも効果的でしょう。

起業にはリスクもあるから、徹底的に調べてから行動しなきゃダメよ!

短期離職してフリーランスに

短期離職を繰り返しても、スキルがあるならフリーランスでも活動できます。

駆け出しの頃は仕事・収入共に乏しい人もいますが、実績を積めば信頼が得られて仕事も収入も増加しやすいです。

スキルがなくても、業種を選んだりオンラインスクールで学べばフリーランスでも活動できるでしょう。

スキルなしで始めやすい仕事
・ブロガー/アフィリエイター
・Webライター
・Webデザイナー
・カメラマン など

短期離職して早期リタイア

十分な貯蓄や資産があれば、もう働かない選択も可能です。

最近では経済的自立・早期リタイアを意味するFIRE(Financial Independence Retire Early)も注目されています。

FIREの種類
サイドFIRE
 資産運用と仕事を両立する。必要な時に好きな仕事をする生活も可能。
フルFIRE
 十分な資産があり、仕事しなくても資産運用のみで生活できる。

短期離職を繰り返す40代の状況と原因

短期離職する40代はどんな人がいて原因は何?

40代で急に短期離職を繰り返す

今まで1社で勤めてきて、急に短期離職を繰り返すようになる40代もいます。

離職の理由として一般的な待遇・労働条件・人間関係の他、最近では「キャリアプラトー」と呼ばれる状態だとも考えられます。

最初の職場で慣れてしまって、次の環境に馴染めず短期離職したり、急に将来が不安になる40代もいるのかな?

そう、急に将来に不安を覚えたりする状態をキャリアプラトーって言うの。詳しく説明するわね!

40代頃陥りやすいキャリアプラトー

キャリアプラトーとは、スキルの成長、キャリアアップや昇進が見込めなかったり、仕事のマンネリ化・行き詰まりによりネガティブに考えてしまう状態です。

40代の悩み

キャリアプラトーに陥ると、モチベーション低下やスキルの停滞、将来へ不安を感じやすく、短期離職を繰り返してもおかしくありません。

新しい知識の吸収や第三者との意見交換など、自分を見つめ直す機会だと受け止めさまざまな行動を起こしてみましょう。

目的があり短期離職を繰り返した40代

目的やキャリアプランが決まった状態で若いうちから短期離職を繰り返してきた40代も少なくありません。

目当てのスキルを身につけ、年収を上げ続けながら転職を繰り返した40代は今後の身の振り方まで決まっている人が多いです。

短期離職している40代でも、優秀な人も多いんだね!

短期離職をただただ繰り返した40代

目的なく「なんとなく」で転職を繰り返して40代になったなら、転職やキャリアアップはかなり難しくなるでしょう。

短期離職を繰り返すほど、企業や社会から穿った目で見られやすくなります。

転職・就職希望の40代はスカウト型転職サービスやハローワークを活用すれば仕事が見つかりやすいです。

資格取得、フリーランスもおすすめよ!知人に紹介してらったり、稼ぐ方法は1つじゃないわ!

やむを得ず数回短期離職した40代

短期離職の回数が少なく、繰り返していない40代は雇い止めや早期退職などのやむを得ない事情があったのでしょう。

短期間で離職した納得できる理由があれば転職・就職で不利になりにくいです。

転職サービスを利用すれば、視野や選択肢が広がります。

40代の短期離職者の転職の注意点・手段

短期離職した40代は転職しにくいし、繰り返したなら尚更!注意点と手段を教えるわ!

40代の短期離職者の転職の注意点2つ

注意点①短期離職は隠さない

短期離職した40代の転職活動において、職歴や離職理由を深堀りされるのは避けられません

職歴を偽って採用されても、入社後の手続きなどで職歴詐称がばれ、無職になる例も。

短期離職や職歴は隠さず、正直に伝える方が内定後トラブルになりにくいでしょう。


注意点②条件にこだわり過ぎない

短期離職を繰り返した40代が選べる仕事は多くありません。

特定の条件にこだわりすぎて、求人すら見つからない40代もいます。

今までと同じ理由で短期離職を繰り返さないよう自分を振り返りつつ、条件の幅を広げて転職活動をしましょう。

40代短期離職者の転職活動手段

短期離職した40代は流石にエージェント使えないよね。

40代短期離職のエージェントは△

短期離職の経歴があったり、繰り返している40代は十分な転職サポートを受けにくいです。

転職エージェントは企業が採用してから利益が発生し、信用にも関わるため短期離職のリスクが高い40代には積極的ではありません

転職エージェントの利用が難しければ、スカウト型転職サービスの活用が効果的です。

企業からの直接スカウトに絞ると選考に通りやすい人もいるんだって!

短期離職の回数が少なければ取り合ってくれるエージェントもいるわ♡

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 26歳~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
現年収600万円以上の転職者
ハイキャリア
現年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
利用料金 完全無料 一部有料
支援実績 転職決定年収の平均925万円以上 導入企業数23,500社(累計)
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

短期離職者は知人のツテやコネ入社も

転職・就職に困っている短期離職した40代は、知人や家族のツテやコネで働く方法も取れるでしょう。

知人の紹介は就職しやすい反面離職しづらく、労働条件や給与・勤務態度が原因でトラブルになりがちです。

勤務先を紹介されたら、知り合いといえど労働条件を書面で確認しておくと入社後の労働条件の相違などを防止できます。

短期離職を繰り返した40代も転職成功

40代の短期離職者の転職は非常に難しくなりますが、条件にこだわり過ぎず、長所をアピールできれば転職は不可能ではありません

短期離職者で転職が難しくても、独立など転職以外の選択肢もあるためキャリアや人生計画を再考する機会です。

転職サービスやコンサルティングなども活用すれば、自分に合う生き方が見つかるでしょう

(引用:厚生労働省:雇用の構造に関する実態調査/転職者実態調査/令和2年報告書 統計表 個人調査))

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事