最終更新日:

転職エージェントとハローワークの違いは?転職が成功するそれぞれの活用法

転職エージェントとハローワークの違い

「ハローワークは転職に有利?」「転職エージェントの方が効率的?」「転職エージェントとハローワークは併用できる?」

転職エージェントとハローワークのどちらが転職に有利かわからず、悩んでいる求職者は少なくありません。

転職エージェントとハローワークを併用して状況に合わせて上手く活用すれば、効率良く転職が成功します。

本記事では、転職エージェントとハローワークの違い・転職エージェントorハローワークに向いている人や活用法を詳しく解説しましょう。

転職エージェントとハローワークの違い

転職エージェントもハローワークも求人を紹介してくれるんだよね?違いはあるのかな?

転職エージェントとハローワークの大まかな違いは下記の通りです。

運営元 料金 来所
ハローワーク 利用者・企業ともに無料 必須
転職エージェント 一般企業 利用者は無料。企業は有料 対面以外も可能

ハローワークと転職エージェントはどちらも利用者は無料ですが、転職エージェントでは人材を採用した企業が成功報酬を支払います。

求人に応募するには来所の必要があるハローワークに対し、転職エージェントは電話・Web上など柔軟に対応してくれて場所を選ばず手軽に利用可能です。

転職エージェントとハローワークは求人数が違う

転職エージェントとハローワークの違いからメリットやデメリットを知って効率的に転職しましょ☆

企業も無料で利用できるためハローワークは求人数が多く、地域に根差した求人も充実

ローカル企業から中小・大企業まで企業規模も様々です。

ハローワークと比べると求人数は限られますが、転職エージェントは非公開求人が豊富

一般公開されている好条件の求人は応募が殺到しますが、条件にマッチする求職者にしか紹介されない非公開求人はライバルが少なく受かりやすいです。

非公開求人とはハローワークや求人誌、求人サイトで一般公開されない求人。大手や優良企業の好条件・高待遇の募集も多い。

転職エージェントとハローワークは情報量が違う

ハローワークで閲覧できる求人は、必要最低限の情報しか載っていませんが、転職エージェントでは募集要項以外の情報の把握が可能です。

■ハローワークで得られる情報
○仕事内容
○待遇や各種手当
○必要なスキル/経験
○選考人数や選考方法
■転職エージェントで得られる情報
○仕事内容
○待遇や各種手当
○必要なスキル/経験
○選考人数や選考方法
最新の業界情報
職場環境や雰囲気
企業の求める人物像

企業の人事担当者と密にやり取りしているアドバイザーからも詳細な企業情報を教えてもらえるので、ミスマッチを未然に防げます

ハローワークで求人を探すなら、求人情報と現場のギャップに苦しまないよう積極的なリサーチが必要だね!

転職エージェントとハローワークはサポートの手厚さが違う

ハローワークでは窓口にいる相談員が求人紹介や応募のサポートをしてくれますが、自分一人での作業も多いです。

転職エージェントでは、担当のアドバイザーが書類添削から企業との面倒なやり取りまで代行してくれるため、転職活動の負担が大幅に軽減します。

主なサポート内容の違い

内容 転職
エージェント
ハロー
ワーク
キャリア
カウンセリング
希望条件に沿った
求人紹介
応募書類添削
なし
面接の日程調整
なし
面接対策
就業条件の交渉
なし
退職のサポート
なし
入社手続きの
サポート
なし
職業訓練
なし
セミナー開催

転職エージェントは職業訓練以外ほとんどのサポートが充実してるから、効率よく転職できるわね♡

ハローワークとの併用におすすめの
転職エージェントを見てみる⇒

転職エージェントorハローワークに向いている人

    ハローワークに向いている人

  1. 企業規模にこだわりなく待遇を重視
  2. スキルアップしたい
  3. 転職ノウハウを身に着けたい
  4. 広く求人情報を収集したい
  5. 地方・地元で働きたい
    転職エージェントに向いている人

  1. 非公開求人も選択肢に入れたい
  2. キャリアアップしたい
  3. 適職を相談したい
  4. 詳細な求人情報を収集したい
  5. 在職中に転職活動したい

職業訓練・セミナーの開催や求人の幅広さはハローワークならではの強みです。

サポートは転職エージェントの方が充実しており、非公開求人も豊富。

転職活動に少しでも不安がある人や今より好条件で転職したい人は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントとハローワークの活用法

転職エージェントとハローワークを併用する

求人数もサポートの手厚さも譲れない人はどうしたらいいの!?どっちかを選ぶなんてできないよ!

どちらか選べないなら、転職エージェントとハローワークを併用していいとこ取りしたらいいわ♪

転職エージェントとハローワークは扱っている求人やサポート内容が異なるため、併用すると効率よく転職できます

ただ曖昧に併用するのではなく「何をするために使うか」を明確にして、それぞれのメリットを活かしましょう。

現在の転職状況を把握した上で転職エージェントは的確なアドバイスをするので、併用する旨はきちんと伝えるのがベター。

経験が浅い20代向け

DYM就職 ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 18~35歳
主なサポート対象者 第二新卒、既卒、女性もOK 中退者、フリーター、ニート
支援実績 経験が浅い若年層を積極支援 入社後の定着率91.5%
特徴 優良企業を厳選
人物重視の採用
親身なサポート
正社員求人のみ
研修が無料
就職成功率8割
簡単登録
(無料)

経験がある20~30代向け

リクルートエージェント マイナビエージェント
転職エージェント
主な年齢層 20代~35歳 20代~35歳
主なサポート対象者 全転職者に対応 20代、第二新卒、1~3回目の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 20代の信頼No.1を獲得
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
サポートが◎
中小企業に特化
IT系にも強い
簡単登録
(無料)


doda パソナキャリア
転職エージェント
主な年齢層 26~35歳 25~35歳
主なサポート対象者 関東、関西、東海の大卒以上 東名阪の年収400万以上
支援実績 業界30年の採用成功実績 46万人の転職成功実績
特徴 求人約10万件
営業職に強い
丁寧なサポート
年収UP率67%
大都市圏の求人が豊富
簡単登録
(無料)


希望条件を明確にする

希望条件があまりにも多いと、ハローワークでも転職エージェントでもマッチする求人が激減してしまいます。

待遇や給与・通勤時間など絶対に譲れない条件と多少は妥協できる条件を明確にしてから、求人を探しましょう。

条件に優先順位をつけて伝えると、希望から離れすぎた求人をはじいて紹介してもらえるから効率もよくなるわ♪

転職エージェントとハローワークを併用して転職成功

転職エージェントとハローワークには、それぞれメリット・デメリットがあります。

転職エージェントとハローワークを併用すれば、いいとこ取りができ効率的な転職が可能

希望や状況に合わせて上手く両方を活用して、希望の転職を実現しましょう

求人やサポートに違いはあるけど、それぞれ多くの求職者が利用して転職を成功させてるわ!新しい職場で自分らしく輝いてね☆

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事