最終更新日:

転職エージェントの併用で転職効率UP!併用する際の注意点と有効活用法とは

転職エージェントは併用すべき?

「転職エージェントは併用していい?」「転職エージェントは併用すべき?」

転職エージェントの併用はしてもいいのか疑問に思う人は多いです。

転職エージェントは併用した方が転職効率が格段にアップし、スムーズに転職できます

今回は併用におすすめな転職エージェントから転職エージェントを併用するメリット・デメリット、併用する際の注意点・有効活用法までご紹介します。

転職エージェントは併用していいの?

転職エージェントは1社のみではなく、2社以上の併用が可能です。

リクナビNEXTの調査では、転職決定者は平均4.2社の転職エージェントを利用していると判明しました。

転職エージェントの併用すれば効率よく転職できます

リクナビNEXTの利用者全体では平均2.1社の転職エージェントを利用してるわ!

今は転職エージェントは併用して転職するのが普通なんだね!

併用におすすめの転職エージェント9選

転職エージェントには様々な職種・業界に対応している総合型エージェントと、業界や職種を限定した特化型エージェントがあります。

総合型エージェントと専門特化型エージェントを併用するとより円滑な転職活動が可能です。

総合型エージェント

総合型エージェントにもそれぞれに特徴や強みがあるので、自分に合う転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェント
おすすめな人
特徴
リクルート
エージェント
全世代
業界最大手
求人数は20万件を超える
マイナビ
エージェント
20代
第二新卒
中小企業・IT系の求人も多い
パソナ
キャリア
女性
各分野ごとに専門性の高いアドバイスが受けられる
ビズリーチ
高年収
ハイクラス
無料利用と有料利用が選べる
spring転職
エージェント
外資系
IT系に強い
初回面談を断られない

特化型エージェント

希望の業界・職種が決まっている場合は専門特化型エージェントの登録でより自分の専門に近い求人を見つけられます。

転職エージェント
特化した
業界・職種
特徴
ギークリー
(Geekly)
IT・web
ゲーム業界
ユーザー満足度85.3%!紹介可能求人数が多い
レバテック
キャリア
ITエンジニア
デザイナー
利用者は15万人を突破。内定率が高いのが特徴
ITK
(アイ・ティー・ケー)
飲食業界
飲食業界の求人1万2000件以上。入社後のフォローも充実
クリーデンス
アパレル
業界
販売職からデザイナー・商社まで求人企業数は2800社を超える

転職エージェントにも種類があるんだ!併用する転職エージェントの強みが先に分かればより効率的に活用できるね!

総合型エージェントと特化型エージェントの違いや特徴も把握しておくと選びやすいわよ★

転職エージェントを併用するメリット

転職エージェントを併用するとどんなメリットがあるのかな?

自分に合った担当者を見つけられる

転職エージェントでは自分の転職を支援してくれる担当者が1社につき1人付いてくれます。

基本的に初回面談の担当者が自分専属となり、転職成功まで担当者の変更はありません

担当者の知識が十分でも性格の相性が合わなかったり、希望が上手く伝わらなったりするとスムーズな転職は望めないです。

転職エージェントを併用すれば複数人の転職のプロと面談してもらえ、自分に合う担当者と出会えるでしょう。

1社1人の担当者しか知らないと貰うアドバイスも何が良くて何が悪いのか分かりづらいよね。

気が合う担当者を見つけ出すのが転職成功への第一歩よ!いいパートナーを見つけちゃいましょ♡

非公開求人・独占求人を紹介してもらえる

各転職エージェントでは一定数の非公開求人と独占求人を保有しています。

非公開求人・独占求人は大手企業優良企業好条件求人が多いです。

非公開求人:web上に公開されておらず、登録後に閲覧できる求人。

独占求人:特定の転職エージェントのみで応募できる求人。

転職エージェントの併用で各社の非公開求人や独占求人を紹介してもらえるので、自分の希望に合う求人が見つかりやすくなります。

併用すれば各転職エージェントの求人の質も比較検討できるね。

全体の求人数の7~8割が非公開求人って転職エージェントもあるの!希望の求人に出会うためにも転職エージェントの併用は必須ね。

【総合型転職エージェントの非公開求人比較】

転職エージェント 非公開求人割合
リクルート
エージェント
80%~90%
マイナビ
エージェント
約80%
パソナキャリア 非公表
ビズリーチ 非公表
spring
転職エージェント
非公表

転職エージェントの強みや特徴に合わせて利用できる

【大手エージェントと中小エージェント】
転職エージェントの規模の違いから生じる強みや特徴の傾向があります。

大手エージェント
大手は求人数は多いが、抱えている求職者が多いためサポートは手薄になりやすい。過去の転職成功者の膨大なデータから適性検査や独自のノウハウが仕上がっている企業が多い
中小エージェント
中小は求人数は少ないものの、一人当たりのサポートは充実。求職者の担当と企業側の担当が同じである、一気通貫性の体制を取っている企業が多く、スピード感やマッチング精度は高い

【総合型エージェントと特化型エージェント】

総合型エージェントと特化型エージェントでも強みや特徴の傾向があります。

総合型エージェント
総合型エージェントは様々な求人を比較検討できるので、転職の視野が広がる。転職したい業界・職種がまだ定まっていない人におすすめ。
特化型エージェント
特化型エージェントは専門性の高いアドバイスが受けられる。転職したい業界・職種が決まっている人におすすめ。

1社のみの利用では不足する部分も併用すればカバーできるので、希望の求人紹介やサポートを受けられます。

併用するときは自分が求めているサポートが受けられる転職エージェントを選びましょ♥

転職エージェントを併用するデメリット

自己管理が難しい

併用する転職エージェントが多いと、どの転職エージェントからどの企業へ応募したか、選考に進めば進むほど進捗の管理が難しいです。

スケジュール管理が行き届いていないと予定が重なってしまったり、間違いが発生してしまいます。

違うアドバイスをされると悩む

併用している転職エージェントで違うアドバイスを言われるとどちらにするか悩むとの声も。

あまり悩みすぎると転職活動が長引くする恐れがあります。

自分で決める部分はバシッと決めていきましょ!アドバイスと違う方にしたからって冷たくなったりサポートが手薄になったりはしないから安心して!

転職エージェントの併用の注意点

同じ企業に複数の転職エージェントから応募しない

併用していると、1つの企業に複数の転職エージェントから紹介を受けるケースがあります。

この場合、1つの転職エージェントからのみ応募しましょう。

転職エージェントを併用する際の注意点

重複応募は企業にも転職エージェントにも悪い印象を与えてしまい、信用も失いかねません。

転職エージェントを併用する際は自分が応募した企業と日付はリストにして整理すると管理しやすいです。

「既に応募済みかどうか」はこっちから言わないと転職エージェントは分からないもんね。

一度フった男に何度も言い寄られると面倒でしょ?同じ子から何度も応募が来ると企業側も面倒に思っちゃうわ。

転職エージェントに併用は隠さない

転職エージェントは併用しても全く問題ありません。

重複応募のリスクやスケジュール管理のしやすさも考慮して、利用する各転職エージェントに併用している旨を早めに伝えておきましょう

併用してるってバレたら求人紹介の優先順位が落ちたりしないのかな…?

むしろ他社よりも興味のある求人を紹介しようとしてくれる可能性もあるの!併用を隠すメリットはないわ!

転職エージェントを併用でより有効活用する方法

総合型エージェントと専門特化型のエージェントの併用

総合型と特化型の転職エージェントそれぞれに登録すると、どちらのメリットも享受でき、デメリットはカバーできます。

転職エージェントの併用は総合型と特化型の両方を1社以上登録してみましょう。

方向性が決まっている人も総合型エージェントに登録すれば自分の適性と希望する業界・職種が本当に合っているか判断できるね。

併用する数は徐々に減らして2~4社に

スケジュール管理ができる範囲での転職エージェントの併用は2・3社、多くて4社がおすすめです。

信頼できる担当者の転職エージェントをメインに利用し、メインエージェントの補填ができる転職エージェントをサブで利用しましょう。

併用する転職エージェントが多すぎても疲れちゃうわ!最初に登録した転職エージェントから絞っていきましょ♪

転職エージェントを併用して転職成功!

転職エージェントの併用は問題なく、むしろ転職活動を効率的に進められます。

自分に合った転職エージェントを併用して転職成功させましょう。

【総合型エージェント】
●リクルートエージェント
【公式サイト】https://www.r-agent.com/
【関連記事】https://liberty-works.jp/8911/

●マイナビエージェント
【公式サイト】https://mynavi-agent.jp/
【関連記事】https://liberty-works.jp/17453/

●パソナキャリア
【公式サイト】https://www.pasonacareer.jp/
【関連記事】https://liberty-works.jp/21488/

●ビズリーチ
【公式サイト】https://www.bizreach.jp/
【関連記事】https://liberty-works.jp/13715/

●spring転職エージェント
【公式サイト】https://www.springjapan.com/
【関連記事】https://liberty-works.jp/15449/
【特化型エージェント】
●ギークリー(Geekly):IT・web・ゲーム業界
【公式サイト】https://www.geekly.co.jp/
【関連記事】https://liberty-works.jp/73577/

●レバテックキャリア:IT関連
【公式サイト】https://career.levtech.jp/
【関連記事】https://liberty-works.jp/41513/

●ITK(アイ・ティー・ケー):飲食業界
【公式サイト】https://i-t-k.co.jp
【関連記事】https://liberty-works.jp/64035/

●クリーデンス:アパレル業界
【公式サイト】https://www.crede.co.jp
【関連記事】https://liberty-works.jp/17480/
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事