最終更新日:

住宅デザイナーの仕事内容は?必要なスキルや注意点についても解説

住宅デザイナーは文字通り住宅をデザインする仕事ですが、他業界のデザイナーとは異なる部分も多いです。このページでは、住宅デザイナーの仕事の何が他の業界と異なるのか、どのようなスキルが必要か、といったことについて解説します。

住宅デザイナーの仕事内容

住宅デザイナーの仕事内容は、住宅のデザインです。デザイナーと言えばアパレルやイラストを最初にイメージされるかと思いますが、住宅のデザインはそれらのデザインとは仕事の性質が大きく異なります。

その理由としては、機能性や住みやすさを重視したデザインを手掛けるためには幅広い知識が必須になるからです。服のデザインが機能性を無視しているわけではありませんが、住宅のデザインの方がより多くのことを検討しながらデザインしなければなりません。

住宅デザイナーの果たす役割・フロー

住宅デザイナーの役割は現場での施工作業でも設計作業でも監督作業でもありませんが、それらについて詳しく知っておく必要があります。その理由は繰り返しになりますが、オシャレなデザイン性だけに特化した住宅では人が住めないからです。

人が快適に住める家をデザインするのが住宅デザイナーの役割です。そのため、住宅デザイナーは以下のような作業を行います。

  • 現地視察
  • 住宅を建てる、もしくはリフォームする顧客の要望聞き取り
  • 建築士や施工技術者との打ち合わせ、情報共有
  • デザイン作成、反映

単にデザインを行うだけでなく、設計や施工のフェーズについても正確に技術内容を把握し、そのうえでデザインしなければなりません。1日中机に向かってデザイン制作に集中する日もありますが、ヘルメットを被って現場を視察して汗を流したり、職人や建築士と顔を合わせてミーティングすることもあります。

住宅デザイナーに求められる経験

住宅デザイナーに求められる経験は、建築の基礎、インテリアデザイン、エクステリアデザインについて幅広い事例を学んでいることです。住宅のデザインはインスピレーションを働かせて感性豊かにデザインする部分もありますが、機能性を壊さないことは絶対条件です。

そのためには、建築設計の基礎やデザイン事例を把握しておく必要があります。

引用
エクステリアデザインとは

未経験でも相性の良い業界・職種

未経験でも相性の良い業界は不動産、土木などです。同じデザイナーでも、イラストやアパレルからの転職は難しいです。絵がうまい、グラフィックデザインに長けている、といったスキルがあるとモックアップの作成などに便利ですが、それ以上に住宅建築について勉強した上でデザインすることが重要だからです。

いくらイラスト上良いデザインの住宅を描いていても、実際に人が快適に住める機能性を備えていなければ需要はありません。

住宅デザイナーに求められるスキル・資格

次に住宅デザイナーに求められるスキルや資格について紹介します。

住宅デザイナーに求められるスキル

住宅デザイナーに求められるスキルは、住宅の設計スキル、デザインスキル、素材・音・熱、といった住宅に関わる科学・物理的要素の知識、などです。

住宅デザイナーに求められる資格

住宅デザイナーに必須の資格はありませんが、建築士やインテリアコーディネーター、インテリアプランナー、といった資格があると有利です。少なくとも、「自分はデザイン担当だから建築士資格等理論が求められる勉強はしたくない。」といった姿勢は許されません。

住宅デザインは家の機能性や快適性に大きく影響を与えるので、建築理論を無視したデザインの家に顧客を住まわせるわけにはいかないでしょう。とは言っても、そもそも建築理論を無視したデザインだと建築士や職人に却下されるでしょう。

住宅デザイナーの注意点

住宅デザイナーを目指す前に、その仕事が自分に合っているのかどうか判断する必要があります。

住宅デザイナーに不向きな人の特徴

住宅デザイナーに不向きな人の特徴は以下です。

  • 建築に関する理論的な部分を勉強する気がない
  • 理数系が極端に嫌い
  • デザインセンスが壊滅的

以上のように、住宅デザイナーは建築に関する理論的な部分と、デザインセンスの両方が問われます。住宅デザイナーの中には建築士資格を持つ人も多く、なかには一級建築士の資格を持つ人もいます。

必ずしも数学や物理が得意である必要はありませんが、数字アレルギーのような状態だと厳しいでしょう。

住宅デザイナーの給与・待遇・将来性

住宅デザイナーの平均年収データはありませんが、建築士の平均年収は600万円~650万円程度です。建築士はこのように高収入ですが、住宅デザイナーは建築士よりは平均年収が下がると考えられます。

しかし、住宅デザイナーはその後独立する人が多く、独立すれば年収は青天井です。

参考URL
https://mayonez.jp/topic/3480#num_93860

住宅デザイナーの今後の推移

現在バリアフリーやスマートハウス等社会の変化に合わせた住宅デザインが求められており、新築だけでなくリフォームの需要も多いです。そして、今後も需要は増えると考えられます。

ただし消費者のニーズをうまく捉えて反映させるスキルのある住宅デザイナーに仕事が集中する可能性は高いので、二極化するとも言えます。仕事の取れる住宅デザイナーになれば、今後の収入アップにも期待できます。


RECOMMEND

関連記事