最終更新日:

住宅デザイナーの年収・仕事内容・必須スキルは?理想の転職を実現する方法

住宅デザイナーは文字通り住宅のデザインを行なう仕事で、建物・インテリア・エクステリアの全てを担当します。

顧客の要望を受けて、理想のデザインも住みやすさも重視した家づくりを行なえるのが住宅デザイナーの魅力です。

本記事では住宅デザイナーの仕事内容や必要なスキルについて解説します。

住宅デザイナーへの転職・就職を検討している方や仕事内容を知りたい方は必見です!

住宅デザイナーの仕事内容と役割

住宅デザイナーの仕事は、住宅全て(建物・インテリア・エクステリア)の総合的なデザインです。

単に「デザイナー」と言うと、業界外では服飾デザインやイラストなどをイメージされる場合も多いでしょう。

しかし、住宅デザイナーはそれらの「デザイナー」とは仕事の性質が少し異なります。

機能性や住みやすさを重視した住宅のデザインを手掛けるには、デザイン性とは直接関係しない知識も幅広く必須になるからです。

住宅デザイナーの仕事分担

住宅デザイナーの多くは建築設計事務所、ハウスメーカー、空間デザイン事務所などに就職します。

主な仕事は顧客の要望に合ったデザインの提案で、現場での施工・設計・監督などは行ないません。

しかし、実際に作業を行なう際に必要な知識は知っておく必要があります。

デザイン性だけに特化したオシャレな住宅ではなく、「快適に住める」「顧客の理想」を両立する住宅を考える必要があるからです。

住宅デザイナーの仕事内容

住宅のデザイン全てを担当する住宅デザイナーは、下記のような業務を行なうケースが多いでしょう。

  • 現地視察
  • 住宅を建てる、もしくはリフォームする顧客の要望聞き取り
  • 建築士や施工技術者との打ち合わせ、情報共有
  • デザイン作成、反映

住宅デザイナーは単にデザインを行うだけでなく、設計や施工技術についても把握しなければいけません。

もちろん1日中机に向かってデザイン制作に集中する日もあるでしょう。

しかし、ヘルメット着用での現場視察や、職人や建築士と顔を合わせてミーティングなどが仕事に含まれるのは留意しておいてください。

住宅デザイナーに求められる経験・スキル

住宅デザイナーに求められるのは、建築の基礎、インテリアデザイン、エクステリアデザインについて幅広い事例を学んだ経験です。

住宅デザインは感性を重視したデザインをする時でも、機能性を壊さないのが前提条件になります。

そのため、建築設計の基礎やデザイン事例はきちんと把握しておく必要があります。

他業界から経験者として転職するのは難しいケースも

他業界でデザイナーとして働いた経験のある方でも、例えばWeb業界やアパレル業界からの転職は経験者枠では難しいかもしれません。

グラフィックデザインやイラストのスキルはモックアップの作成などに活きますが、まず住宅建築の知識を基にデザインするのが重要だからです。

快適に住める機能性を備えた住宅をつくるのが住宅デザイナーであり、単に美しい住宅をデザインする仕事ではない点には注意しましょう。

住宅デザイナーの将来性・年収

現在バリアフリーやスマートハウス等社会の変化に合わせた住宅デザインが求められており、新築だけでなくリフォームの需要も高いです。

ただし消費者のニーズを捉えてうまく反映できる住宅デザイナーに仕事が集中する可能性が高く、需要は二極化するとも言えます。

仕事の取れる住宅デザイナーになれば、今後の収入アップも大きく期待できます。

住宅デザイナーの年収

住宅デザイナーの平均年収データはありませんが、会社員として勤務している住宅デザイナーの平均年収は400万円ほどと言われています。

また、同じ業界で働く建築士の平均年収は600万円~650万円程度ですが、住宅デザイナーは国家資格が必須ではない分建築士より平均年収は下がりやすくなります

しかし、住宅デザイナーは経験を積んだ後独立する人も多く、独立すれば年収は青天井です。

参考URL
https://mayonez.jp/topic/3480#num_93860

住宅デザイナーに求められるスキル

住宅デザイナーは経験者がかなり有利ではありますが、未経験の転職が不可能な訳でもありません。

そのものになるのが難しくても、関連する職業に就いて経験を積むのも一つの手でしょう。

住宅デザイナーに求められるスキルは、住宅の設計スキル、デザインスキル、その他素材・音・熱などの住宅に関わる知識全般です。

住宅デザイナーに必要な資格

必須資格はありませんが、建築士やインテリアコーディネーター、インテリアプランナーなどの住宅に関する資格があると有利です。

機能性や建築理論を無視した家に顧客を住ませられませんし、そういったデザインは建築士や職人に却下される可能性が高いです。

デザイン担当であっても、建築やインテリアの知識を常に得ようとする姿勢は大切になるでしょう。

住宅デザイナーに不向きな人の特徴

住宅デザイナーに不向きな人の特徴は以下の3点です。

  • 建築に関する理論を勉強したくない
  • 理数系が極端に嫌い
  • デザイン自体が苦手

住宅デザイナーは建築に関する理論的な部分と、デザインセンスの両方が問われます。

住宅デザイナーには建築士資格を持つ人も多く、一級建築士の資格を持つ人も中に入るでしょう。

このような方は住宅デザイナーを目指しても転職が成功しなかったり、すぐに辞めてしまう可能性が高くなります。

必ずしも理数系に強い必要はありませんが、数字アレルギーの方にはかなり難しい仕事です。

住宅デザイナーにおすすめの転職サービス

住宅デザイナーになる場合、まず大手転職サービスを活用するのがおすすめです。

また、経験者は高収入求人の多いサービスを、若手の未経験者は未経験向け求人の多いサービスを併用しましょう。

自分の経験やスキルにあったサービスを選ぶと、希望通りの求人を見つけやすくなります。

おすすめの大手転職サービス

リクルート
エージェント
doda
転職エージェント
主な年齢層 20代~30代 26歳~35歳
主なサポート対象 全転職者に対応 大卒以上の転職希望者
支援実績 採用成功実績は54万人超 年間転職成功者は1万人以上
求人数 約20万件 約10万件
求人
対応地域
全地域対応 首都圏・関西圏・東海
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
スカウトサービスあり
丁寧な添削やサポートが好評
簡単登録
(無料)

経験者におすすめの転職サービス

建築関係のデザイナーとして働いた経験・スキルがある方は、高収入を目指せる転職サービスもおすすめです。

スカウト型で自分に合った求人が見られるサイトのため、転職活動に時間を割けない方にも向いています。

ただし、ハイクラス向けサービスは現在の年収がある程度高い方向けです。

利用が難しい場合は大手の転職エージェントで条件の良い求人を探しましょう。

ビズリーチ リクルートダイレクトスカウト
スカウト型サイト BIZREACH リクルートダイレクトスカウト
入会審査 あり なし
料金 一部有料 完全無料
主な年齢層 30代~40代 20代~40代
主なサポート対象 年収600万円以上の人向け
特徴 ハイクラス転職で支持率No.1
在籍ヘッドハンター約5,000名
転職時の平均年収900万円
在籍ヘッドハンター約3,000名
簡単登録


未経験者におすすめの転職サービス

未経験でも、20代や30代前半であれば住宅デザイナーを目指せる可能性は高いです。

しかし、住宅デザイナーとして住宅のデザイン全てを担うのは難しいケースも多いでしょう。

業界・職種未経験の場合は一旦住宅デザイナーに絞らず、関連する経験を得られそうな求人にも目を向けてみてください。

DYM就職 マイナビジョブ20’s
転職エージェント
主な年齢層 18~35歳 20代
主なサポート対象 高卒、既卒、第二新卒など 高卒、既卒、第二新卒など
支援実績 就職成功者14,000名以上 年間約3万4000人が登録
特徴 厳選2,500社
満足度90%
親身なサポート
最短7日で入社
全求人20代向け
ポテンシャル採用中心
50%が業種/職種未経験OK求人
簡単登録
(無料)
就職Shop ジェイック
(JAIC)
転職エージェント
主な年齢層 18~34歳 18~39歳
主なサポート対象 正社員未経験者、高卒、フリーター、第二新卒、既卒など 正社員未経験者、高卒、フリーター、第二新卒、既卒、中退者など
支援実績 利用者累計10万人超 就職支援実績23,000人超
特徴 9割が20代
3/4が未経験者
書類選考なし
取引企業1万社超
最短7日で内定
書類選考なし
20社と集団面接
研修が無料
オンライン対応
就職成功率81%
簡単登録
(無料)

適切なサービスを活用して住宅デザイナーへの転職を成功させよう

住宅デザイナーになるにはデザインセンスの他、住宅全般に関する幅広い知識と常に勉強する姿勢が大切です。

住宅デザイナーへの転職を目指したい方は、自分の経験・スキルに合った転職サービスを複数社併用してください。

各社が保持する非公開求人の中に希望に近い求人情報があるかもしれません

自分に合った転職サービスを活用して、希望通りの転職を実現しましょう!

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事