最終更新日:

副業でフリーランスエンジニアとして働くには?魅力から注意点まで一挙紹介

副業でフリーランスエンジニアとして働くには?魅力から注意点まで一挙紹介

働き方改革をはじめとした時代の変遷によって、昨今は副業を解禁する企業が増えてきています。

そんな社会の変化に加えてIT技術の更なる発展により、ITエンジニアの需要はますます増加する一方

そこで本記事では、副業でフリーランスエンジニアをする魅力や注意点、そして副業を始めるまでの流れについて解説しています。

会社員エンジニアといった働き方に物足りなさや将来の不安を感じてる方は、今こそ副業でフリーランスエンジニアを始める絶好の機会だと言えるでしょう。

実はITエンジニアの40%が副業経験あり

引用:現在の副業状況|ITエンジニアの「副業のリアル」調査レポート

2020年にパーソルキャリアが行った調査によると、実はITエンジニアの40%が副業経験ありと回答しました。

働き方がますます多様化している昨今の状況を考えると、エンジニアの50%が副業をしている状況もそう遠くないと言えるでしょう。

フリーランスエンジニアの人気は第2位

引用:経験したことある副業カテゴリ|ITエンジニアの「副業のリアル」調査レポート

上記グラフの通り、ITエンジニアが経験のある副業カテゴリのアンケートでは、1位が投資系(36%)、次いで2位が製作系(24%)といった結果に。

投資系は手軽に始められる点が人気の理由ですが、副業を頑張れば本業のスキルアップにも繋がるなど、収入以外のメリットもある点を考えると、フリーランスエンジニアも十分おすすめできる副業です。

\* エンジニアの副業相談も無料で乗ってもらえる */

フリーランスエンジニアを副業にする魅力

副業でフリーランスエンジニアとして働く魅力はいくつかありますが、ここでは以下の4つをご紹介します。

    ■ 副業フリーランスエンジニアの魅力

  1. 新しい技術を学べる
  2. 人間関係が広がる
  3. 収入が増える
  4. 独立への足掛かりになる

1.新しい技術を学べる

まず1つ目の魅力は「新しい技術を学べる」点です。

会社員の場合、自分が学びたい新しい技術があったとしても希望通りの仕事を任せてもらえるとは限りません。

企業によってはある程度の希望を考慮してもらえるかもしれませんが、それでも完全に自分の希望通りとまではいかないでしょう。

しかし、副業でフリーランスエンジニアとして働く場合は自分が学びたい技術の仕事を自由に選べます

新しい技術を身につけつつ報酬も貰えるのは非常に魅力的なポイントです。

2.人間関係が広がる

2つ目の魅力は「人間関係が広がる」点です。

エンジニアをされてる方の中には人間関係なんて興味がないと考える人もいるかもしれませんが、ここでいう人間関係とは友人関係ではなく「人脈」です。

普段の仕事では経験できない技術や知識を持つ人との出会いによって、自身のスキルアップにつながったり、新しい仕事を紹介してもらえる可能性もあります。

人脈が広がって仕事を依頼されるようになってくれば、副業ではなくフリーランスとして独立もしやすくなるでしょう。

3.収入が増える

3つ目の魅力は「収入が増える」点です。

これは副業であれば何をやっても収入は増えるだろうと思うかもしれませんが、収入以外のメリットがありつつも結果的に収入”も”増えるのが魅力だと言えるポイントです。

そして収入が増えれば自己投資できる額も増えてくるので、収入が増える→新しい技術を学べる→その結果収入が上がるといった好循環によってどんどん成長できるでしょう。

独立への足掛かりになる

4つ目の魅力は「独立への足掛かりになる」点です。

副業でフリーランスエンジニアとして実績を積んでいけば、いずれ高単価の案件も受けられるようになります。

そうなれば副業の収入だけでも生活していけるので、いずれは独立も見えてくるでしょう。

いきなり独立してしまうと案件の獲得に非常に苦労しますが、副業として実績を積みつつ独立すれば比較的スムーズに活動できるのは大きな魅力です。

将来的に独立を考えているなら、今のうちからエージェントサービスに登録しておくのがおすすめ。仕事の紹介だけでなく独立に関する相談も無料で乗ってもらえます。
\* 独立の相談も無料で乗ってもらえる */

フリーランスエンジニアを副業にするまでの流れ

副業でフリーランスエンジニアをする働き方に興味はあっても「やり方がわからない」といった理由で始められない人はなんと24%もいるそうです。

しかし、副業でフリーランスエンジニアを始めるまでに必要なステップはたったの3つ。

    ■ 副業を始めるまでの流れ

  1. 副業がOKか就業規則を確認する
  2. 副業に費やせる時間を確認する
  3. 案件探しを始める

それぞれのステップを詳しく解説します。

1.副業がOKか就業規則を確認する

まずはじめに大切なのは、そもそも今の会社が副業OKなのか就業規則の確認です。

こっそりやっていればバレないと思うかもしれませんが、大抵の場合はバレます。

また、年間20万円以上の収入があれば確定申告が必要になりますので、副業を始めるなら会社にはバレる前提でいた方がいいでしょう。

年間20万円の収入と聞くと一瞬多く聞こえるかもしれませんが、月収に換算すると17,000円です。それ以上の収入が欲しい場合は就業規則を確認の上、副業を始めましょう。

副業に費やせる時間を確認する

次に今の生活の中で、どれくらいの時間を副業に費やせるのかを確認しましょう。

一度副業を始めても時間を確保できずに辞めてしまう人はたくさんいます。

そうならないためにも、必ず事前に使える時間を確認しておいてください。

1週間で8時間確保できれば、十分副業を続けていけるでしょう。

案件探しを始める

ここまで確認できたなら、後は実際に案件探しを始めるだけです。

しかし、「始めるだけ」と言いつつもここが最も苦戦するポイントで、実際に仕事が見つからなくて収入が上がらないフリーランスエンジニアはたくさんいると言われています。

そこで、ここでは案件探しの方法を3つご紹介します。

    ■ 案件探しの方法

  1. クラウドソーシング
  2. エージェントサービス
  3. 自力営業

安定して案件を受注できるようになればそのままフリーランスエンジニアとして独立も可能ですので、今のうちに身につけておきましょう。

クラウドソーシングは手軽だが低報酬

1つ目は「ランサーズ」「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサービスを利用する方法です。

クラウドソーシングサービスとは、依頼主がオークションのような形で不特定多数の人に仕事の募集をかけるサービスで、条件さえ合致すれば誰でも簡単に仕事へ応募できます

依頼主はベンチャー企業や個人が多く、報酬も低い案件が多いですが、まずはお小遣い稼ぎ程度に始めたい方におすすめの方法です。

エージェント利用が最も安定

エージェントサービスとは、フリーランスエンジニア向けに仕事を紹介する仲介事業サービスです。

エージェントが仕事探しを代わりにやってくれるだけでなく、福利厚生や健康診断、税務関係の相談など、フリーランスが本来自分でやる事務作業を全て代行してくれます

紹介された案件の報酬額から手数料を引かれますが、それ以外の費用は完全に無料です。

副業や独立の相談にも無料で乗ってもらえるので、将来的に本格的にフリーランスエンジニアの活動を検討している方は今のうちから登録しておくと有益な情報を得られるでしょう。

\* 副業の相談にも無料で乗ってもらえます */

自力営業でも探せなくはない

3つ目は知り合いの紹介などの人脈を使ったり自ら企業に声をかけるなど、自力営業をする方法です。

会社員エンジニアとして築いてきた人脈が広ければ、知り合いに仕事がないか聞いてみるだけでも意外と仕事が見つかったりします。

しかし、本業の傍らで営業活動をするのは時間的にも体力的にもなかなか厳しいので、副業でフリーランスエンジニアをやりたい方にはあまりおすすめできる方法ではありません。

フリーランスエンジニアを副業にする注意点

副業でフリーランスエンジニアをする場合、魅力的なメリットだけでなく注意すべき点もいくつかあります。

ここでは副業でフリーランスエンジニアをする際の注意点を4つご紹介します。

    ■ 副業フリーランスエンジニアの注意点

  1. 会社にはバレる
  2. 確定申告が必要になる場合がある
  3. リスクもあると理解しておく
  4. 本業は疎かにしないように

それぞれ詳しく解説していきます。

会社にはバレる

1番の注意点は「会社にはバレる」点です。

副業を始めればすぐにバレるわけではありませんが、ある程度活動を続けて収入が増えてくれば税金の処理等で会社にもその収入がバレてしまいます

そのため、副業を始める場合は必ず会社の就業規則で副業をしても問題ないか確認しておきましょう

もし副業禁止にも関わらずどうしても副業を始めたい場合、バレたら会社を辞めるくらいの覚悟は必要です。

確定申告が必要になる場合がある

副業の収入が年間20万円を越えると、副業で得た事業所得の確定申告が必要になります。

会社員の場合は毎月の給料から必要な税金を引いてもらえますが、副業収入分は自ら税金を納めなければいけません。

知らなかったや忘れていたでは済まされず、れっきとした脱税になってしまうので注意しましょう。

エージェントサービスを利用すれば税務関係の相談に乗ってもらえたり税理士の紹介をしてもらえる場合もあるので、どうしても面倒な方は検討してみて下さい。

リスクもあると理解しておく

副業でフリーランスエンジニアとして働く場合、ライセンスや著作権を意識しておく必要もあります。

知らずにライセンス違反や著作権侵害を起こしてしまうと客先とのトラブルにも発展する可能性もあるので、そういったリスクと隣り合わせであるとしっかり理解しておきましょう。

エージェントを利用していれば事前の相談だけでなく、万が一のトラブル発生時にも仲介役を担ってくれるので安心です。

本業は疎かにしないように

あくまで副業としてフリーランスエンジニアとして働きたい場合、本業が疎かになってしまわないように注意しましょう。

既に副業が軌道に乗っているならまだしも、収入が安定しないうちに本業も疎かになってしまうと、最悪の場合両方を失ってしまいます

クビになっても問題ないレベルになるまで本業優先で働くのを忘れないでください。

未経験からでは厳しい

エンジニアとしての経験が全くない状態から副業でフリーランスエンジニアとして働くのはかなり厳しいです。

フリーランスエンジニアとして仕事を獲得するにはある程度の実績が必要になります。

たとえフリーランスとしての実績がなくても会社員エンジニアの実績があれば何とかなりますが、それすらない場合はほぼ仕事を貰えないと考えた方がいいでしょう。

それでも副業でフリーランスエンジニアを目指したいのであれば、まずはプログラミングスクールに通うなどして最低限のスキルを身につけるのが先決です。

副業でもフリーランスで高収入を得るには

副業のフリーランスエンジニアとして高収入を得るには、限られた時間の中で報酬単価の高い案件を見つけるしかありません

そのために最もおすすめな方法がフリーランスエンジニア向けのエージェントサービスです。

クラウドソーシングサービスは比較的報酬単価が低い案件が多く、自力営業では幅広い人脈を持っている人でなければ仕事探しに時間がかかりすぎるでしょう。

ここでは、おすすめのエージェントをいくつかご紹介します。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

Midworks(ミッドワークス) エミリーエンジニア
サービス
主な年齢層 20代~40代 25歳~50歳
主なサポート職種 ITエンジニア(実務経験目安:3年以上) IT/webエンジニア
支援実績 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位 利用者の5人に1人が年収1000万円以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 正社員並みの保障付き
給与保障あり
充実の福利厚生
初めてのフリーランスでも安心
簡単登録
(無料)
フォスターフリーランス DYMテック
サービス
主な年齢層
20代~40代
主なサポート職種 実務経験のあるITエンジニア 実務経験のあるITエンジニア・webデザイナー
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 取引実績5000社以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/ 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 満足度90%
案件の半数上は直取引で高単価
非公開案件多数
年収アップ可能
面接同行あり
簡単登録
(無料)
※エージェントについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

副業フリーランスエンジニアでスキルも収入もアップしよう

副業をやっている人の60%以上の人が「収入を増やしたい」といった理由で副業をやっているそうです。

しかし、会社員エンジニアの方が副業でもエンジニアをやる場合、副業で身につけたスキルを本業で活かせるなどの相乗効果が期待できるのは大きな魅力です。

スキルや人脈を拡大させながら本業でも成果を発揮し、いずれは独立も見えてくるので、体力的に余裕のある方はぜひ副業を始めるのをおすすめします。

できる限りリスクを抑えて安定した副業活動をしていきたいといった方は、フリーランスエンジニア向けエージェントサービスの利用も一度検討してみて下さい。

\* 副業の相談にも無料で乗ってもらえます */
働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事