最終更新日:

システムエンジニアの給料が安い理由は?年収アップする対策法を解説!

システムエンジニアの給料が安い理由は?年収アップする対策法を解説!

「システムエンジニアって給料が安いの?」
「SEの年収をアップする方法はある?」

システムエンジニアとして働いてるけど給料が安い…SEの平均年収はどれくらい?転職すべき?と悩んでいる人は少なくありませんよね。

今回は、システムエンジニアの給料は安いのか年齢別の平均年収と安いと感じる理由給料が安い時の対策を詳しく解説していきます。

給料が安くて業務量に見合っていないと感じているシステムエンジニアは必見です!

今の給料って安いの?
あなたの適正年収や転職市場価値を診断!
↓↓↓

システムエンジニア向けの転職エージェント

給料が安いと悩んでいるシステムエンジニアの子は、転職エージェントを利用して年収アップを目指すのがおすすめよ☆

IT業界特化型転職エージェント

レバテックキャリア マイナビIT AGENT
転職エージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~35歳
主なサポート対象者 エンジニア
経験者
未経験も利用可
経験者優遇
支援実績 利用者数
15万人
20代の信頼
No.1を獲得
特徴 ITエンジニア・Webデザイナーに特化。年収アップ率80% 中小企業の独占求人が豊富。
レア求人あり。
簡単登録
(無料)

年収アップできるスカウト型転職サービス

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 20代後半~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし なし
利用料金 完全無料 完全無料
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)

フリーランスに転向できる案件紹介サービス

レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)

システムエンジニアの給料は安いの?

システムエンジニアの給料って平均どのくらいなんだろう?他の職種と比べて安いのかな?

システムエンジニアの平均年収と全体での平均年収を年代別に比較してみました。

年代
SE
平均年収
年代全体
平均年収
20代 364万円 342万円
30代 481万円 435万円
40代 563万円 495万円

参考:doda/平均年収ランキング(年齢・年代別の年収情報)【最新版】
参考:doda/平均年収ランキング(職種・職業別)【最新版】

結果、全ての年代で全体平均よりもシステムエンジニアの平均年収の方が高いとの結果に。

システムエンジニアはIT業界の中でもプログラミングなどのスキルや知識を必要とする技術職のため、特別なスキルを必要としない職種よりも給料は高く設定されている傾向にあります。

あれ?給料は安くないはずなのに、安いと感じてしまうのはどうしてなんだろう?

システムエンジニアの平均年収は決して安くはないんだけど、業務量に対して給料が見合ってないって感じる子が少なくないみたいね。

システムエンジニアの給料が安く感じてしまう原因

■ 労働時間が長い

システムエンジニアには残業や休日出勤が頻繁に発生するケースも少なくはなく、労働時間が他の職種よりも比較的長い傾向にあります。

急なトラブル対応や仕様変更で長時間労働を余儀なくされる場面もある割に、給料がそれに見合っていないと感じる人は多いでしょう。

■ 年功序列の給与体系

日本企業の多くは年功序列型の給与体系のところが多いため、優秀なシステムエンジニアであっても若い層は給料が同年代と同額程度である場合も少なくありません。

入社してからの勤続年数が長くなれば徐々に昇給していきますが、業務量や常にスキルをアップデートする大変さと給料が見合っていないと感じるケースは多いです。

知識やスキルが必要で残業も多いのに、同年代平均と変わらない給料だと安いと感じても仕方ないわよね。

システムエンジニアの給料が安い時の対策

年収の高い企業に転職する

システムエンジニア(SE)として働きたいけど給料が安くて見合っていないと悩んでいる人は、年収の高い企業への転職を目指すのも手です。

転職する際には転職エージェントを活用すれば、希望にマッチする質の高い企業と出会える確率が上がり効率的に転職可能に。

初めての転職で不安な場合でも、転職エージェントに相談すれば一人一人の悩みに合った転職サポートをしてくれます。

【転職エージェント】転職エージェントのサポート一覧

転職エージェントは無料で利用できるので、まずは気軽に相談してみましょう。

もっと年収アップを目指したい!
おすすめの転職エージェントはコチラ>>>

転職をする前に、「今の年収が本当に適正なのか」「自分のスキルや経験ではどのくらいの年収が目指せるのか」無料診断しておくのもおすすめよ☆

適正年収がわかる無料診断

市場価値がわかる転職アプリのミイダス【公式サイト】https://miidas.jp/

ミイダスはあなたの本当の価値を『見い出す』アプリで、簡単な質問に答えるだけであなたの転職市場価値や行動特性、適正などを診断できます。

転職活動にも活用でき、スマホだけで企業からオファーが届くスカウトサービスがメインなので、転職活動を効率的に進められます。

ミイダスの適性診断の開始手順はこちら→

【ミイダスのメリット】
家で手軽に適性診断可
5分程度かつ無料で市場価値がわかる
スマホだけで企業からオファーが届く体制に
・オファーが届いた時点で面接確約
・求人を探す手間が省けて転職の負担を軽減

スキルがある人はフリーランスへの転向も

システムエンジニア(SE)として高いスキルや知識がある場合は、企業に縛られないフリーランスへの転向を考えてみても良いでしょう。

フリーランスになれば自分のペースで業務量を調整できるので、長時間労働や無理な働き方をせずに年収アップを目指すのも可能です。

現在ではシステムエンジニア向けのフリーランス案件紹介を行なうサービスもあるため、活用してみるのもおすすめ!

自由な働き方をしたい人向け
フリーランス案件紹介サービスはコチラ>>>

スキルアップのための資格を取得する

今の会社でもっと給料を上げる対策をしたい場合は、資格を取得するのもおすすめです。

    システムエンジニアにおすすめの資格

  • 基本情報技術者試験(FE)
  • システムアーキテクト試験(SA)
  • ネットワークスペシャリスト試験(NW)
  • システム監査技術者試験(AU)
  • 情報処理安全確保支援士試験(SC)

資格があれば資格手当が発生したり、できる業務の範囲が増えてキャリアアップや年収アップを目指せます

上流工程のスキルを身につける

チャンスがある場合は、要件定義や基本設計・スケジュール作成などの上流工程の担当を目指しましょう。

上流工程ではシステムエンジニアとしての知識やスキルだけでなく、顧客の要望をくみ取るコミュニケーションスキル、チーム全体の動きを決めるマネジメントスキルも必要になります。

マネジメントスキルを身につけて上流工程を担当できる管理能力があれば、年収アップも実現しやすくなるでしょう。

システムエンジニアとして給料アップするには色々な選択肢があるから、自分の状況や希望に合わせてどんな将来を目指すか考えてみましょ☆

システムエンジニアの給料が安い時は早めに対策

システムエンジニア全体の平均年収は決して安いわけではありませんが、業務量や働き方と給料が見合っていないケースも少なくないため、安いと感じてしまう人は多いです。

プログラミング作業ばかりでキャリアアップできる仕事ができない場合や、無理な業務量で働き続けている場合早めに転職やフリーランスへの転向を考えてみましょう。

システムエンジニアはスキルがあれば高年収を目指すのも十分に可能な職種なので、将来のキャリアビジョンを考えつつ年収アップできる対策をするのがおすすめです。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人10万件超幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事