最終更新日:

【SE】通信エンジニアってどんな仕事?資格や年収は?

転職する際に、手に職をつけたいと思う方は非常に多いのではないでしょうか。そのなかでもとくに人気の高い職種がエンジニアです。

ただエンジニアにもさまざまな種類があり、システムエンジニアやサーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなど多岐にわたります。

そこで、もっとも人気の高い通信系のシステムエンジニアについてみていきましょう。

通信系のエンジニアはどんな業務内容?

通信系のシステムエンジニアはSEともいわれ、主に携帯キャリアのシステム開発を行う職種です。よくプログラマーと間違われやすい職種ですが、実は仕事内容は大きく違ってくるというわけです。

システムエンジニア
システムエンジニアとは、取り扱っている商材の開発からテストまでを手掛ける職種です。
プログラマー
たいしてプログラマーはPGともいわれ、設計されたベースをもとにプログラムを作る仕事がメインです。

一見、おなじような職種にみえてしまいますが、システムエンジニアは開発するだけではなくお客様に対してのやりとりも必要です。

たとえば、どのようなシステムが必要なのかを聞き、それをもとに開発します。そして納品からアフターフォローまでを行うのがエンジニアの仕事というわけです。

1日の仕事の流れとは

システムエンジニアは基本的に社内にずっといるイメージがあります。しかしお客様先へ訪問することも多々あるため、開発と訪問のスケジュールをしっかりたてないといけません。

また、社内ミーティングも多く、プログラマーやプランナーなどが今どこまで作業が進んでいるのかなどのチェックも行います。

そのため、ミーティング資料や議事録の作成をする場合もあります。そしていちばん肝心なのが納期をしっかり守ることです。

納期が予定通りいかないことが多々あるため、多少の残業をすることもあります。

通信系のエンジニアに求められるスキル

パソコンとずっとにらめっこをしていたい、という場合には少し難しい職種ではないでしょうか。

ある程度コミュニケーション力が必要で、プログラマーたちをまとめる力があれば非常にベストといえます。

そしてお客様にしっかり提案できるかどうかも肝心です。何かを開発するときには専門用語も多く、それらをそのまま伝えてしまってはお客様が理解できないこともあります。

相手のレベルに合わせた会話や提案ができれば、システムエンジニアとしてうまくやっていけるのではないでしょうか。

そして当たり前ですが、通信系のシステムを理解していないといけません。これに関していえば経験をしっかり積むことで理解することができるでしょう。

  • コミュニケーション力
  • 提案力
  • 通信系システムの理解

エンジニアには資格が必要?

通信系のシステムエンジニアに就こうと思ったら、必ず資格が必要というイメージがありますが、必ずしもそうではありません。

当然資格をもっていないシステムエンジニアも多く存在していますが、あれば一定のスキルがあると認識され転職もしやすくなります。

そのなかでも取得しておきたい資格といえば基本情報技術者ではないでしょうか。この資格は国家資格ではありますがエンジニアにとって基本中の基本ともいえます。

そして基本情報技術者を取得したあとは、応用情報技術者を取得するとよいでしょう。前者が名前の通り基本を覚え、応用情報技術者はシステムエンジニアとしてレベルアップするために取得する資格です。

どちらも合格率は20%前後のため、簡単には取得できる資格ではないということだけは知っておいてください。逆にいえばそれだけ価値のある資格というわけです。

エンジニアに向いていない人の特徴とは

通信系のシステムエンジニアに向いていない人は、やはりコミュニケーション力が全くできない人ではないでしょうか。

どうしてもパソコン系のスキルばかり磨いてしまうと、対人関係がうまくいかない人が多くいます。

それは学生のときも同じではないでしょうか。勉強ばかりしていては友達と会話することもなくなります。ある程度知識もあって、ある程度コミュニケーション力があれば、なんの文句もないエンジニアといえるでしょう。

通信系のエンジニアは今後どうなっていくのか

通信系のエンジニアは今後どうなっていくのでしょうか。これは、まさに自分自身のやる気によってかわってきます。

たとえば全く勉強をしないエンジニアだとどうでしょうか。おそらく時代についていけずに取り残されるに違いありません。時間外にどれだけ勉強できるかがカギとなってくるわけです。

もしそれができているのであれば、転職をしてさらに腕に磨きをかけることをおすすめします。そこでおすすめな方法が、転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、面談方式であなたの能力にあった仕事を紹介してくれるサービスです。さらにスキルが伴っているのであれば、年収アップのための交渉もしてくれます。

コミュニケーションはできても交渉力がないエンジニアであれば、なおさら利用しておきたいサービスといえるでしょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事