最終更新日:

フリーランスエンジニアが活躍できるのは何歳から何歳まで?年齢別の強みと弱み

フリーランスエンジニアの年齢は何歳まで?仕事がないを避ける適齢を解説

「フリーランスエンジニアとして働けるのは何歳まで?」「独立すべき年齢は?」
「フリーランスに年齢制限はある?」

独立を検討するエンジニアの中には、フリーランスは何歳まで働けるのか、何歳までに独立すべきか分からず悩む人も少なくありません。

フリーランスに年齢制限はないですが、年齢を重ねるにつれ仕事獲得が難しくなるケースもあるため、20代~40代で独立するのが一般的

本記事では、フリーランスエンジニアは何歳まで働けるかや独立しやすい年齢、年齢別の強みや弱み、案件獲得法を解説していきましょう。

フリーランスで長く働くならエージェント

フリーランス向けエージェントを利用すれば、年齢関係なく長く案件が受注できるようになるわ♪

レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)
テックビズフリーランス テクフリ
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代半ば~40代前半 20代後半~40代
主なサポート対象者 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー
支援実績 案件決定率・継続率90%超 平均単価81.2万円。3人に1人が収入120%アップ
対応地域 全国対応 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制 90%以上の人が希望単価を下げずに参画。参画まで最短2日
簡単登録
(無料)

各エージェントの詳細はコチラ>>>

フリーランスで働くのに年齢制限はない

2021年のランサーズの調査によると、フリーランスエンジニアの過半数が40代以上。※1

※フリーランスエンジニアは「自由業系フリーワーカー」

フリーランスエンジニアは定年がないため、仕事があるうちは何歳でも働き続けられます。

制限はないが働く年齢に限界はある

フリーランスエンジニアは実績やスキルがあれば、何歳まででも働ける職業なんだね!

フリーランスは年齢関係なく働き続けられるけど、中には年齢に限界を感じる人もいるみたい。

フリーランスが限界を感じる要因
・受注できる仕事が少なくなる
・最新スキルについていけなくなる
・体力的に限界を感じ始める

フリーランスエンジニアの開発案件の中には、20代・30代の若年層に限定される案件も。

40代・50代になると一般的な開発案件よりも上流工程スキルを求められるため、20代・30代のうちに経験を積んでおくのが得策です。

また、フリーランスエンジニアは常に新しい情報やスキルを習得する必要がありますが、年齢を重ねると新言語の習得が厳しくなる人も。

50代以降になると、長時間のデスクワークに体力的に限界を感じて、引退を考える人も少なくありません。

フリーランスへ独立する年齢別強み・弱み

年齢に制限がないならフリーランスになるのはいつでも大丈夫そうだね。

フリーランスエンジニアに年齢制限はないけど、独立する年齢には注意よ。

20代・30代は独立しやすい

20代・30代は吸収力や体力が高い点に加え、企業側から見れば雇用コストが低く、案件を依頼しやすいのも若年層の魅力の1つ。

強み 弱み
・吸収力が高い
・体力がある
・コストが安い
・実績が少ない(20代~30代前半)
・信頼が弱い
・単価が低くなる

ITエンジニアの需要は年々高まっているため、実績や信頼が少ない20代・30代でも仕事の受注がしやすいです。

20代・30代のうちは案件単価が低くなりがちですが、経験や信頼を積み重ねていけばスキルに見合った報酬が得られます

40代は経験を生かした独立が可能

40代はこれまでの経験や人脈を活かせば、仕事の獲得にも困らないので最も独立しやすい年齢とも言えるでしょう。

強み 弱み
・実績がある
・スキルが高い
・マネジメントに期待
・人脈が増えやすい
・指示が出しにくい
・単価が高い
・体力の低下

人脈がなくてもスキルや実績あれば、フリーランス向けエージェントなどからでも案件が獲得しやすいです。

一方、企業側から見ればベテランには指示を出しにくい・単価が高い・人によっては体力が低下する点などが弱みになります。

年齢を重ねるほど仕事を獲得するのは不利になっちゃうから独立を検討している人はすぐ行動しましょ☆

50代以上の強みと弱み

強み 弱み
・実績がある
・スキルが高い
・マネジメント力あり
・人脈が豊富
・現場で扱いづらい
・単価が高い
・体力が低い

50代以上となると十分な実績と信頼、マネジメント能力や豊富な人脈が強みになります。

50代以上だと現場の人間よりも年上になるケースが多く、雇用側から「扱い辛いのでは」と偏見を持たれてしまうのが難点。

他の年代と比べると体力が低く、長時間労働が辛くなってしまうのも弱みです。

\独立に迷っていても利用可!/

未経験からフリーランスを目指せる年齢

経験者がフリーランスになりやすい年齢は分かったけど、未経験から独立するのに年齢制限はあるのかな?

20代・30代なら未経験でも間に合う

20代・30代からフリーランスエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールか企業で実務経験を積んでから独立するのが現実的

  1. プログミングスクールでスキル習得
    or 企業に就職して実績を積む
  2. 2~3年の実務経験を元に独立

ただし、30代後半からだと十分な実績を積む頃には40代になってしまうため、独立を考えているなら早めに行動しましょう。

40代未経験の独立は厳しい

40代で未経験からフリーランスエンジニアを目指すのは非常に厳しいです。

スキルだけでは仕事の受注が難しい職業なので、クラウドソーシングなどを利用して少しずつ実績を積み上げていくしかありません

50代以上の独立は現実的ではない

フリーランスエンジニアのほとんどが40代以上ですが、50歳を越えてからの独立は現実的ではありません。

現在活躍している40代以上のフリーランスエンジニアは長年の実績と信頼を獲得しています

実績を積みたくても一般の開発案件は若い世代向けが多いため、50代以上になると独立が非常に厳しくなるでしょう

年齢気にせず働くならエージェント活用

フリーランスエンジニアで安定して仕事を獲得するなら、エージェントの利用が効率的

フリーランス向けのエージェントを利用すれば、業界経験豊富なアドバイザーから様々なサポートを受けられます。

エージェントのサポート内容
・独立に関する悩み相談
・適切な案件を紹介
・企業との単価の交渉代行
・福利厚生や各種補償 など

エージェントによって取り扱う案件の職種やサポート内容は様々なため、自分に合ったサービスを利用しましょう。

フリーランス向けエージェントの利用・登録は無料だから、複数登録しておいて損はないわ♡

【フリーランスエンジニア向けエージェント】
サービス名 特徴
レバテックフリーランス 登録者数・業界認知度No.1。最短1週間で参画
Midworks(ミッドワークス) 正社員並みの手厚い保証制度。常駐・リモート案件多数。
テクフリ 平均単価81.2万円。3人に1人が収入120%アップ
テックビズフリーランス 案件決定率・継続率90%超。案件登録数3万件超。全国対応。

業界最大手のレバテックフリーランス

フリーランスエージェント_レバテックフリーランス【公式サイト】https://freelance.levtech.jp/

レバテックフリーランスは、業界認知度、案件数、登録者数で全てNo.1を獲得している業界最大手のエージェントです。

福利厚生パッケージ「レバテックケア」や独立したい方向けの「無料相談会」など、あらゆる面でフリーランスエンジニアを徹底サポート。

高単価案件から在宅案件まで幅広い求人を保有し、1人1人の希望に最適な案件を紹介してくれるため、登録しておいて損はありません。

    レバテックフリーランスの強み

  1. 業界トップクラスの案件数
  2. レベルの高いテクニカルカウンセラー
  3. 充実した福利厚生「レバテックケア」

給与保障制度ありのMidworks(ミッドワークス)

フリーランスエージェント比較_ミッドワークス【公式サイト】https://mid-works.com/

Midworks(ミッドワークス)はIT系フリーランス専門エージェントサービスの価格満足度・案件充実度で1位を誇るエージェント。

高単価案件や在宅案件も柔軟に対応可能で、年収アップとスキルアップの両立が実現できる案件も紹介してくれます。

仕事が途切れた際の給与保障制度(審査あり)や保険料50%負担などの福利厚生も豊富で、初心者から経験者まで使いやすいサービスです。

    Midworks(ミッドワークス)の強み

  1. 首都圏・関西を中心に案件3000件以上
  2. 希望に合わせた質の高い案件提案
  3. 正社員並みの福利厚生・保障

保障が充実のテックビズフリーランス

テックビズフリーランス評判【公式サイト】https://freelance.techbiz.co.jp/

テックビズフリーランスは5,000件以上の案件を保有しており、実務経験1年以上のエンジニアなら誰でも利用可能です。

テックビズフリーランスのコンサルタント全員が独立の経験があり、フリーランスに真に寄り添ったサポートが受けられます。

契約更新率は97%以上で福利厚生サポートも充実しているため、フリーランスでも安定した働き方が実現できるでしょう。

    テックビズフリーランスの強み

  1. 1人当たりの紹介案件数が多い
  2. コンサルタントは経験と知識が豊富
  3. 福利厚生が充実している

契約更新率90%以上のテクフリ

テクフリ評判・口コミ【公式サイト】https://freelance.techcareer.jp/

テクフリ10年以上の支援経験があるフリーランスエンジニアやクリエイター向けの案件紹介サービスです。

マージン率10%の高待遇案件が豊富で、3人に1人が収入120%アップを実現。

契約更新率は90%以上で案件が途切れる心配がなく、充実した福利厚生もあるため、フリーランス特有の不安も解消できるでしょう。

    テクフリの強み

  1. マージン10%の案件が多数
  2. 3人に1人が収入120%アップ
  3. 福利厚生パッケージが充実

フリーランスは年齢より信頼と実績が重要

フリーランスエンジニアとして独立するなら、クライアントが案件が依頼しやすい20代~30代、実績が豊富な40代が最適です。

案件によっては年齢制限はありますが、豊富な実績や信頼があれば高齢になっても仕事がなくなる心配はありません。

フリーランスエンジニアは何歳までも働き続けられるので、フリーランスエージェントなどを利用して安定した働き方を実現させましょう。

\独立に迷っていても利用可!/

(※1 引用:フリーランス実態調査 2021|ランサーズ)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人10万件超幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事