最終更新日:

フリーランスエンジニアになるには?失敗しないための準備と独立手順を解説

フリーランスエンジニアになるには?失敗しないための準備と独立手順を解説

「フリーランスで働くにはどうすればいい?」「何から準備すればいいか分からない…」

会社員のITエンジニアの中には、フリーランスになりたくても準備や手続きが分からず悩んでいる人は少なくありません。

本記事ではフリーランスエンジニアになるにはどうしたらいいのか、具体的な手続きや独立前にやるべき準備を解説していきます。

フリーランスエンジニアになる方法を知りたい方はぜひ最後まで目を通して下さい。

フリーランスになるならエージェント利用

フリーランスエンジニアで年収アップするなら、フリーランス向けエージェントの利用がオススメ♡

レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)


フォスターフリーランス テックビズフリーランス
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代半ば
~40代前半
主なサポート対象者 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 案件決定率・継続率90%超
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉 全国対応
特徴 非公開案件多数
案件の半数上は直取引で高単価
案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制
簡単登録
(無料)


フリーランスエンジニアになる手順

フリーランスエンジニアで働くのって大変そうだけど、どんな手続きが必要なの!?

会社員からフリーランスエンジニアになる手順は主に以下の通りよ♪

    ■ フリーランスエンジニアになる手順

  1. スキルを身につける
  2. 独立の手続きをする
  3. スキルシートを作成する
  4. 仕事を探す

フリーランスエンジニアの需要は20代後半~30代が最も多いですが、スキルや実績がなければ仕事の獲得が困難になります。

フリーランスエンジニアへの独立を検討しているなら、年齢と実績のバランスを考慮しつつ早めに計画を立てるようにしましょう

1.スキルを身につける

フリーランスエンジニアとして安定して働くなら、会社員で実務経験を積んでから独立するのが得策。

職種によりますが、完全な未経験から独立して働くのは非常に困難です

未経験からフリーランスエンジニアを目指すなら、下記のような方法があります。

  • ・プログラミングスキルを学ぶ
  • ・企業/副業で実務経験を積む
  • プログラミングスキルを学ぶ

    未経験者が効率よくプログラミングスキルを身に付けたいなら、プログラミングスクールを利用しましょう。

    スクールによってはスキル習得後、就職・転職サポートをしてもらえるため、スムーズにIT企業への就職が実現します。

    企業/副業で実務経験を積む

    独学やプログラミングスクールでスキルを身に付けても、実務経験がないとフリーランスで安定して収入を得るのは厳しいです。

    実務経験を積むには企業に就職するのが最も効率的で、以下のようなメリットがあります。

  • 企業で実務経験を積むメリット
  • ・自分の興味以外のスキルも身につく
  • ・実際に活躍してる人の技術を学べる
  • ・教育環境が充実している
  • ・人間関係を広げられる
  • ・学びながらも安定して給料が貰える
  • 職種によりますが最低でも1~3年ほど企業で実務経験を積んでから独立すれば、コンスタントに案件を獲得できるでしょう

    会社員で働きながらフリーランスエンジニアとして副業で実務経験を積む人もいるわ♡

    2.独立の手続きをする

    会社を辞めてから独立するにはどんな手続きが必要なのかな?

      独立に必要な手続き

    1. 健康保険の切替
    2. 年金の切替
    3. 開業届の提出
    4. 青色申告の申請

    健康保険の切替

    会社を退職した後は、以下のいずれかの方法で健康保険の切替をしなければなりません。

  • ・国民健康保険に切り替える
  • ・会社の健康保険を任意継続
  • ・配偶者の扶養に入る
  • 任意継続は退職する前に会社に申し出が必要ですが、それ以外は役所で手続きができます。

    年金の切替

    健康保険と同じく国民年金への加入も必須なので、市区町村役場で手続きしましょう。

  • ・国民年金に切り替える
  • ・配偶者の扶養に入る
  • 開業届の提出

    フリーランスエンジニアで個人事業主として働くなら、開業日から1ヶ月以内に開業届の提出しなければなりません。

    提出しなくても特別な罰則はありませんが、銀行口座の開設、クレジットカードやローンの審査などで必要になるケースもあるため提出しておきましょう。

    青色申告の申請

    フリーランスエンジニアになると、年に一度『確定申告』をしなければなりません。

    個人事業主の確定申告には「青色申告」「白色申告」の2種類。

    青色申告は提出する帳簿が複雑になる代わりに、最大65万円の税控除を受けられます

    「青色申告」と「白色申告」の違い

    青色申告 白色申告
    事前申請 必要 不要
    帳簿 複式簿記 簡易簿記 簡易簿記
    税控除 65万円 10万円 なし

    開業届を提出していないと青色申告の申請はできないから、税務署で同時に申請しておきましょ。

    3.スキルシートを作成する

    スキルシートは履歴書と同様に、自分のこれまでの経歴やスキルをクライアント先にアピールするための書類です。

    主に企業側がプロジェクトを任せられる人物なのかを判断するために使用されます。

    スキルシートの書き方一つで年収が数十万変動するケースもあるため、テンプレートなどを参考にして取り組みましょう。

    【スキルシート例】※1
    スキルシート例

    スキルシートの必要項目例
    ・自分のプロフィール/資格/職歴/経験・知識/ポートフォリオ
    ・参画したプロジェクト期間/内容/使用言語/システム環境/担当工程など

    4.仕事を探す

    独立の手続きやスキルシートの準備が出来たら、次は仕事を探しだね!

    まずは色んな方法を試して自分に合った仕事の探し方を見つけましょ☆

      ■ 主な仕事の獲得経路・探し方

    1. 人脈を活用する
    2. クラウドソーシングに活用する
    3. フリーランス向けエージェントを利用

    人脈を活用する

    フリーランス協会の「フリーランス白書2020」によると、フリーランスの案件の受注経路の70%が『人脈』※2

    会社員時代に培った人脈や知人から案件を紹介してもらえるケースが多いようです。

    たとえ仕事上の繋がりはなくても、知り合いの知り合いがエンジニアを探してる可能性もあるため、知人・友人に相談してみましょう。

    クラウドソーシングに登録する

    「クラウドワークス」「ランサーズ」などのクラウドソーシングサービスを活用するのも営業活動の一つです。

    個人のクライアントも多いため単価の低い案件が多いですが、数をこなしていけば実績だけでなくスキルアップに繋がります

    エージェントを利用する

    フリーランスエンジニアが安定して案件を獲得したいなら、フリーランス向けエージェントの利用が得策です。

    コンスタントに仕事を紹介してもらえるだけでなく、下記のようなサポートを受けられます。

    エージェントのサポート内容
    ・適切な案件を紹介
    ・企業との交渉を代行
    ・福利厚生や各種補償も充実
    ・税務サポート
    ・自分の市場価値を知れる など

    特に「これまで営業経験がない人」や、「コミュニケーションスキルにはあまり自信がない人」にとっては大きな戦力になるでしょう。

    エージェントでは独立前の相談も聞いてもらえるから、悩んでいる人は気軽に相談してみましょ♪

    エージェントは2~3社併用すると選択肢が広がります。
    【フリーランスエンジニア向けエージェント】
    サービス名 特徴
    レバテックフリーランス 登録者数・業界認知度No.1。最短1週間で参画
    Midworks(ミッドワークス) 正社員並みの手厚い保証制度。常駐・リモート案件多数。
    テックビズフリーランス 案件決定率・継続率90%超。案件登録数3万件超。全国対応。
    フォスターフリーランス 20年の実績・登録者1万7000人。非公開案件多数。
    エンジニアスタイル東京 最高単価240万円。案件・求人数は16万件超。

    フリーランスエンジニアになる前の準備

    独立の準備はこれでバッチリだね!早速仕事を探そうよ!

    会社員からリーランスエンジニアになる前にやっておくべき準備があるわ。独立前に忘れずにやっておきましょ。

      ■ フリーランスになる前にしたい準備

    1. 資格を取得しておく
    2. 1年分の貯蓄をしておく
    3. カードやローンの審査は済ませておく
    4. 固定費はできるだけ下げておく

    資格を取得しておく

    フリーランスエンジニアはIT関係の資格があれば、仕事の獲得がしやすくなります。

  • ・情報処理安全確保支援士
  • ・ネットワークスペシャリスト
  • ・データベーススペシャリスト
  • ・プロジェクトマネージャー
  • 職種によりますが、上記のような比較的難易度の高い国家資格であれば、客観的に自分のスキルを証明できるでしょう

    1年分の貯蓄をしておく

    フリーランスエンジニアは収入が非常に不安定なため、貯蓄がないと精神的にもかなり苦しくなってしまいます。

    独立したての頃は安定した収入が得られないケースも少なくないので、半年~1年ほど生活できる程度の貯蓄は必要です

    どうしても貯蓄が少なくて不安な人は、コンスタントに仕事を紹介してくれるフリーランス向けエージェントを利用しましょう。

    カードやローンの審査は済ませておく

    フリーランスになると社会的信用が低くなってしまいます。

    クレジットカードや車、住宅など各種ローンの審査が通過し辛くなるため、会社員時代に審査を済ませておきましょう。

    固定費はできるだけ下げておく

    フリーランスになると毎月決まった額の給料が入ってくるわけではないため、月の固定費はできる限り下げておくようにしましょう。

    クレジットカードの分割払いやリボ払いは事前に完済、携帯電話を格安SIMに変更するなど、予め固定費を下げておくとフリーランスになってからも安心です。

    独立するなら準備と計画が重要!

    フリーランスエンジニアになるだけなら誰でもできますが、安定した収入を得るには様々な準備が必要です。

    また、クレジットカードや各種ローンの審査などは会社員の方が有利なので、事前準備はしっかり済ませておきましょう。

    独立が不安・安定して働きたいなら、フリーランス向けエージェントなどを有効活用すれば理想の働き方が実現します。

    (※1 引用:転職成功ノウハウ > 職務経歴書・履歴書を用意する > エンジニアのスキルシートの書き方とテンプレートダウンロード)
    (※2 引用:フリーランス白書2020|フリーランス協会)

    働く悩みを“ゼロ”に
    今よりいい会社に転職しませんか?

    転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

    複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

    リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

    『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

    登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
    転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

    リクルートエージェント公式へ

    転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
    幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

    特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

    マイナビエージェント公式へ

    20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

    主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

    現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
    ビズリーチ公式へ

    求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

    必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

    \Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
    ビズリーチ公式へ
    関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

    RECOMMEND

    関連記事