最終更新日:

Androidエンジニアが独立するメリットは?フリーランスの案件獲得法

androidエンジニア独立

「Androidエンジニアが独立するには?」
「独立に必要な資格・スキルはある?」
「独立後の仕事の獲得方法は?」

独立を検討しているAndroidエンジニアの中には、独立に必要なスキルや仕事の獲得方法が分からず悩んでいる人も少なくありません。

会社員Androidエンジニアとして経験・実績を積んで独立し、フリーランス向けエージェントなどを活用すれば自由な働き方が実現可能

本記事ではAndroidエンジニアが独立する方法や独立するメリット・デメリット、仕事の獲得方法を解説していきましょう。

Androidエンジニアが独立するには?

Androidエンジニアが独立するにはどうすればいいのかな?

Androidエンジニアは、Google社が開発したスマートフォンやタブレットに搭載されたOS上のアプリを開発する仕事

Androidアプリの開発言語は主にavaやKotlinで、Android OSはiOSよりもルールが緩く初心者でもプログラミングしやすいのが特徴です。

androidエンジニアの主な業務内容
・コーディング
・テスト
・設計や要件定義
・運用・保守

フリーランスで働くならマネジメントスキルや開発環境に関するスキルなど幅広い知識やスキルが必要になるため、企業で経験を積んでから独立するのが効率的でしょう。

    Androidエンジニアが独立する主な流れ

  1. 企業でスキルを身に付けて独立
  2. 独立の手続き
    (健康保険/年金の切り替え/開業届の提出/青色申告の申請など)
  3. スキルシート・ポートフォリオの作成
  4. 仕事を探す

フリーランス向けの案件内容

Androidエンジニアのフリーランス向け案件は、主に以下のような業務内容が多数。

・Androidアプリ開発
・ゲーム開発
・組み込み開発
・サービスの運用/保守

今後もスマートフォンの普及していくにつれ、Androidエンジニアの需要も高くなるでしょう。

マネジメントや上流工程の経験、専門性が高い業務の知識や経験があるとより多くの案件が受注できるようになります。

Androidエンジニアが独立するメリット

会社員の方が将来的にも安定できそうだけど、Androidエンジニアが独立するメリットってあるのかな?

確かに会社員の方が安定するけど、フリーランスになるメリットもたくさんあるの♡

会社員よりも高収入が得られる

フリーランスエンジニアは本人の能力次第で案件の単価が変動するため、会社員時代よりも高収入を得られる人も少なくありません。

レバテックフリーランスによると、フリーランス向けの案件単価の平均は77万円、年収で換算すると約920万円※1

Androidエンジニア年収

独立後は日々の勉強やスキルアップが必要になりますが、実力が収入に直結するため会社員よりも高収入を目指せるでしょう。

レバテックフリーランスの『スキル別市場分析ダッシュボード』なら、案件倍率や適性単価をチェックできるわ♪

レバテックフリーランス市場価値

自分のペースで自由に働ける

Androidエンジニアがフリーランスになると、受注する仕事は全て自分で選択可能です

独立後は会社員よりも自由な時間が取りやすくなるため、理想のワークライフバランスが実現できます。

また、興味がある・経験を積みたい分野をピンポイントで選べるので効率的にスキルアップが目指せるでしょう

人間関係のストレスが軽減

Androidエンジニアは基本的にチーム体制でプロジェクトを進めますが、フリーランスのクライアントは定期的に変わります。

仕事上の人間関係にストレスを感じる人には、フリーランスの働き方が向いているでしょう

Androidエンジニアの独立のデメリット

フリーランスになれば自分のペースで働けるし、高収入が目指せるんだね!

Androidエンジニアが独立するメリットも多いけど、会社員時代にはなかった苦労もあるの。

業務以外の事務作業が多い

Androidエンジニアは独立後、業務以外にも見積書や請求書、確定申告などの事務作業をこなさなければなりません。

日々の経費の計算や確定申告なども自分で手続きしなければならないので、慣れないうちは面倒に感じてしまう人が多いようです。

収入が不安定になる

フリーランスとして経験や実績が十分でないうちは、思うように案件が獲得できずに収入が不安定になってしまう人も。

フリーランス向けの案件の中には、一見高単価でも参画期間が長く時給換算すると報酬が低いケースもあります。

会社員時代と比べて、労働時間に見合った給与が得られないと感じる人もいるでしょう。

社会的な信用が低くなる

会社員は企業の後ろ盾がありますが、フリーランスエンジニアは後ろ盾がないため社会的な信用度が低いです。

社会的な信用がないとクレジットカードや住宅ローン、引越し先の審査などが通りにくくなってしまいます

独立を検討しているエンジニアは、会社員の間に様々な審査を済ませておきましょう。

福利厚生や保障が手薄く不安

Androidエンジニアがフリーランスになると、国民年金と国民健康保険に加入する必要があります。

フリーランスには有給休暇や休業補償がないため、病気やケガの休業で給与がなくなっても補償はなくトラブルも自分で対処しなければなりません。

将来が不安なエンジニアは、「付加年金制度」や「フリーランス協会」に加入するなどして備える人が多いです。

福利厚生サポートが充実しているフリーランス向けのエージェントの利用もオススメよ☆

Androidエンジニアの仕事の獲得方法

Androidエンジニアがフリーランスで働くメリットもデメリットもそれぞれあるんだね。

独立するリスクもあるけど、きちんと対策して自分に合った仕事の探し方を選べば、安定して働けるわ☆

独立後の仕事の獲得方法
  • ・人脈を活用する
  • ・HP/SNSで発信
  • ・クラウドソーシングで仕事を探す
  • ・フリーランス向けエージェントを利用
  • フリーランス協会の調査では、フリーランスの案件受注経路の70%が『人脈』でした。※2

    人脈から思うように仕事が受注出来ない人は、クラウドソーシングサイトやフリーランス向けのエージェントを利用しましょう。

    他にも自身のSNSやブログで実績や経験をアピールするのも有益です。

    将来的にフリーランスで働きたい人は、独立後に活かせる人脈や業界との繋がりを広げるためのキャリアアップ転職も視野に入れましょう。

    フリーランス向けエージェントを利用

    Androidエンジニアがフリーランスエンジニアとして案件を探すなら、フリーランス向けのエージェントの利用が最も効率的

    条件が合えば、個人の営業活動では獲得できない大手クライアントや高単価の案件も紹介してもらえます。

    エージェントのサポート内容
    ・適切な案件を紹介
    ・企業との交渉を代行
    ・福利厚生や各種補償も充実
    ・税務サポート
    ・自分の市場価値を知れる など

    フリーランスで感じるリスクが解消できるため、営業活動する時間がない・案件の探し方が分からない人は利用してみましょう。

    レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
    フリーランスエージェント
    主な年齢層 20代~40代 20代~40代
    主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
    支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
    対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
    特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
    給与保障あり
    簡単登録
    (無料)


    テックビズフリーランス テクフリ
    フリーランスエージェント
    主な年齢層 20代半ば~40代前半 20代後半~40代
    主なサポート対象者 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー
    支援実績 案件決定率・継続率90%超 平均単価81.2万円。3人に1人が収入120%アップ
    対応地域 全国対応 東京/神奈川/埼玉/千葉
    特徴 案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制 90%以上の人が希望単価を下げずに参画。参画まで最短2日
    簡単登録
    (無料)


    フリーランスで自由な働き方を実現!

    Androidエンジニアがフリーランスで安定して働くなら、企業で経験や実績を積んでから独立するのが得策です。

    独立した後も日々のスキルアップを怠らず、より専門的な知識や資格を取得すれば、会社員エンジニアよりも高収入が得られます。

    独立後は人脈や自身のSNS、フリーランス向けのエージェントを有効活用して、自由な働き方を実現させましょう。

    フリーランス向けのエージェントなら独立前の悩みも聞いてもらえるから、気軽に相談してみましょ♪

    (※1 引用:Android求人・案件/Androidのフリーランス案件一覧【レバテックフリーランス】)
    (※3 引用:フリーランス白書2020|フリーランス協会)

    働く悩みを“ゼロ”に
    今よりいい会社に転職しませんか?

    転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

    複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

    リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

    自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

    登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
    転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

    リクルートエージェント公式へ

    転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

    年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

    マイナビエージェント公式へ

    20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

    主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

    現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
    ビズリーチ公式へ

    求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

    必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

    \Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
    ビズリーチ公式へ
    関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

    RECOMMEND

    関連記事