最終更新日:

フリーランスエンジニアが感じる後悔とは?最悪の末路を避ける方法も解説

フリーランスエンジニアが感じる後悔とは?最悪の末路を避ける方法も解説

組織に所属しない自由な働き方や、頑張り次第で大きく収入を上げられる魅力のあるフリーランスエンジニア。

しかし、そういった華やかな一面に憧れて独立したものの、「今となっては独立を後悔している…」なんて人も少なくありません。

そこで本記事ではフリーランスエンジニアが感じる後悔やその解決策、他にもこれから独立を目指す人が後悔しないために今のうちにできる対策をご紹介します。

既にフリーランスエンジニアに後悔している人もこれから後悔したくない人もぜひ最後まで目を通して下さい。

フリーランスエンジニアが感じる後悔

フリーランスエンジニアとして意気揚々と独立したものの、しばらく経ってから独立を後悔する人も少なからずいらっしゃいます。

ここではフリーランスエンジニアが感じる後悔のうち、よく耳にするものをいくつかご紹介します。

    ■ フリーランスエンジニアの後悔

  1. 収入が安定しない
  2. 単価を安くしすぎた
  3. 営業や事務作業が大変
  4. 社会保険や福利厚生が弱い
  5. 思ったより孤独が辛い

収入が安定しない

フリーランスエンジニアの後悔として最もよく耳にするのが「収入が安定しない」です。

フリーランスになれば「自由になる」「収入が上がる」などの華やかなイメージが先行していますが、実際は自ら営業して仕事を獲得し続けなければ収入は安定しません

また、大きな怪我や病気などで長期間働けない状態になってしまうと、その間は収入が途絶えてしまいます

会社員時代はたとえ怪我や病気で仕事を休んでも会社に在籍していれば一定の給料はもらえていたため、独立後の収入の不安定さに後悔する人も多いでしょう。

エージェントを利用すれば安定して仕事を紹介してもらえるので、収入の不安定さに後悔している方は一度利用してみてもいいかもしれません。
※おすすめのエージェントはこちら⇒

単価を安くしすぎた

ある程度定められた額の給料が貰える会社員と違い、フリーランスエンジニアは報酬さえも自ら交渉して決める必要があります

これまで会社員エンジニアとして働いていた人の多くはそういった交渉の経験が少ないため、独立したての頃は相場が分からず相手の言い値で決めてしまいがち。

その時はあまり気にならないようですが、時給換算してみるとかなり低額だったり、相場価格よりもかなり安い金額で受けていたりと後になってから後悔する人が多いようです。

営業や事務作業が大変

フリーランスエンジニアは仕事を獲得するための営業活動、収入や経費を管理する経理処理や確定申告をはじめとした税務処理まで、全ての作業を自ら行う必要があります

エンジニアとして開発業務だけに集中できていた会社員時代と比べると他にもやらなければならない作業が多く、独立を後悔する人も少なくありません。

どうしても営業をやりたくない方は営業を外注するかエージェントを利用する方法もあります。

社会保険や福利厚生が弱い

フリーランスエンジニアとして独立すると、会社の健康保険や年金から脱退して個人で国民健康保険や国民年金に加入する必要があります。

これらの支払管理を全て自分で行わなければいけないだけでなく、健康保険で得られる保障や将来受け取れる年金の額はどちらも会社員よりも手薄になります。

また、健康診断をはじめとした福利厚生サービスもフリーランスの場合はありませんので、そういった会社員時代には当たり前だったものがなくなる後悔を感じる人もいるようです。

思ったより孤独が辛い

これは独立するまではなかなか想像し辛い内容ですが、フリーランスエンジニアになって孤独を感じる人は少なくありません。

たとえ同じチームで仕事をしていたとしても社員同士ほどの絆はなく、ビジネスライクな関係になりやすいのがフリーランスの特徴です。

現場にもよるので一概には言えませんが、そういった関係が合っていない人は独立後に後悔してしまうのでしょう。

孤独を感じやすい方は「常駐型」の案件に絞って仕事を受けるといいでしょう。

フリーランスに後悔した時の解決策

フリーランスエンジニアに後悔すると、人によっては大きな挫折感や絶望を感じるかもしれません。

しかし、大きな変化が起こった時は誰だって大なり小なり後悔を感じてしまうものです。

ここではそんな状況を脱するために、フリーランスに後悔した時の解決策をご紹介します。

    ■ 後悔した時の解決策

  1. 相場価格をリサーチする
  2. エージェントに登録する
  3. コミュニティに参加する
  4. 再就職する

それぞれ詳しく解説していきます。

相場価格をリサーチする

単価設定に後悔を感じている方は、相場価格をリサーチするのが最も簡単な解決策でしょう。

ネットで調べれば現役フリーランスエンジニアの方の情報が出てきますので、どれくらいのスキルでどれくらいの単価設定をしているか参考になるはずです。

また、フリーランスとして報酬を得るのに慣れていない独立したての頃は、相場価格をリサーチしても自分の単価は低めに設定しがちです。

しかし、単価を低く設定していると成果物に修正が入った場合に余裕がなくなったり、後々単価を上げる際に苦労する可能性もあります。

何より仕事のモチベーションにも影響しますので、必ず相場価格に合わせて単価を設定しましょう

エージェントサービスに登録して単価の相談に乗ってもらう方法もあります

エージェントに登録する

フリーランスエンジニア向けのエージェントサービスを利用するのも解決策の1つです。

エージェントサービスとはフリーランスエンジニアに仕事を紹介してくれる紹介事業者で、報酬から手数料を引かれる代わりに様々なサービスを無料で受けられます。

自ら営業しなくても仕事を紹介してくれるので収入が安定しやすく、中には福利厚生サービスがあったり税務処理の相談に乗ってくれるエージェントもあります。

フリーランスエンジニアに後悔している方は、最後の手段として一度エージェントに登録してみるといいでしょう。

コミュニティに参加する

フリーランスエンジニアの孤独感に後悔している方は、交流会やオンラインサロンなどのコミュニティに参加するのがおすすめです。

同じ境遇の仲間が増えるだけでなく、人脈が広がって仕事に繋がる可能性もあります。

最近はフリーランス向けのコミュニティが活発化してきているので、自分に合いそうなコミュニティがあれば一度参加してみましょう。

再就職する

後悔した原因を考え、しっかり対策を講じてみたもののどうしてもフリーランスエンジニアは合わないと感じるなら再就職するのも1つの手です。

最近は会社に雇われない生き方が偉いとかカッコイイといった風潮もありますが、本当に大事なのは自分に合った生き方をしているかどうかです。

フリーランスの増加に伴い、一度フリーランスとして独立した人を受け入れている企業も増えてきているため、再就職も選択肢の1つだと忘れないでください

後悔しないために今のうちからできる対策

これからフリーランスエンジニアを目指す方は、独立後に後悔しないよう会社員時代からやっておくべき対策があります。

ここでは5つご紹介しますので、後悔しない独立を目指す方はぜひ参考にしてください。

    ■ 会社員のうちにできる対策

  1. 十分なスキルを身につけておく
  2. エージェントに登録しておく
  3. フリーランスの実態を理解しておく
  4. 副業として始めてみる
  5. 円満退職を心がける

フリーランスの実態を理解しておく

フリーランスエンジニアには様々なメリットがありますが、それと同時にデメリットもたくさんあります

魅力的なメリットばかりに目がいってデメリットを理解できてなければ、独立後に後悔する可能性はかなり高くなるでしょう。

独立を検討しているなら、今のうちからフリーランスエンジニアの実態についてしっかりと理解しておいてください。

※フリーランスエンジニアの年収や実態(メリット・デメリット)については以下の記事も参考にして下さい。


エージェントに登録しておく

フリーランスエンジニア向けのエージェントは既にフリーランスとして活動している方だけでなく、これからフリーランスを目指す方でも利用できます

中にはフリーランスエンジニアとして働くための有益情報をもらえたり、独立の相談に乗ってもらえる所もあるので今のうちから登録しておいても損はないでしょう。

実際に案件を紹介してもらうまでは費用は発生しないので安心して利用できます。

十分なスキルを身につけておく

フリーランスエンジニアの最も多い後悔は「収入が安定しない」ですが、安定して仕事を得るにはスキルが必要になってきます。

すごいスキルがないと仕事を獲得できないわけではありませんが、スキルに不安がある方や未経験からフリーランスエンジニアを目指す方は独立前に十分にスキルを磨いておきましょう。

どうやって勉強したらいいかわからない方や、どれくらいのレベルまでスキルを磨けばいいかわからない方はプログラミングスクールに通うのもおすすめです。


副業として始めてみる

いくら事前に対策・検討してみてもやっぱり実際に経験しないと何とも言えないといった方も多いかもしれません。

そんな方はまずは副業としてフリーランスエンジニアを初めて見るのもおすすめです。

自分で仕事を獲得して報酬を得るといった一連の流れを実際に経験してみると将来のイメージもつきやすいかもしれません。

エージェントを利用すれば副業OKの案件を紹介してもらえたり、独立の相談にも乗ってもらえるのでうまく活用して下さい。

円満退職を心がける

どうしてもフリーランスエンジニアの生活は自分には合わなかった場合、今いる会社は再就職先の最も有力な候補となります。

そのため、今いる会社を退職する際は必ず円満退職になるよう心掛けてください

最悪の場合またここに戻ればいいといった保険があるのとないのとでは精神的な重圧も大きく変わってくるでしょう。

後悔したくない人はエージェントを利用

フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用すれば安定して仕事を紹介してもらえたり福利厚生サービスを受けられるなど、後悔しやすいポイントを大きくカバーしてくれます。

ここではおすすめのエージェントを4社紹介しますので、参考にしてみて下さい。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

Midworks(ミッドワークス) エミリーエンジニア
サービス
主な年齢層 20代~40代 25歳~50歳
主なサポート職種 ITエンジニア(実務経験目安:3年以上) IT/webエンジニア
支援実績 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位 利用者の5人に1人が年収1000万円以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 正社員並みの保障付き
給与保障あり
充実の福利厚生
初めてのフリーランスでも安心
簡単登録
(無料)
フォスターフリーランス DYMテック
サービス
主な年齢層
20代~40代
主なサポート職種 実務経験のあるITエンジニア 実務経験のあるITエンジニア・webデザイナー
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 取引実績5000社以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/ 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 満足度90%
案件の半数上は直取引で高単価
非公開案件多数
年収アップ可能
面接同行あり
簡単登録
(無料)
※エージェントについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

後悔が大きいならフリーランスにこだわらない

同じエンジニアでも会社員とフリーランスとでは働き方が大きく異なります。

どちらが良い悪いでは決してないので、どうしても自分に合わないと感じるのならフリーランスにこだわる必要はありません。

それでも諦めたくないなら、まずはエージェントなどの外注サービスをうまく利用して問題点を一つ一つ潰していくといいでしょう。

成功しても失敗してもフリーランスに挑戦した経験は今後もずっと活かせるので、自分に合った働き方に向けてこれからの未来に集中して下さい。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事