最終更新日:

後悔しているフリーランスエンジニアは多い?最悪の末路を回避する対策法

フリーランスエンジニアが感じる後悔とは?最悪の末路を避ける方法も解説

「フリーランスになって後悔した人はいる?」「フリーランスエンジニアの末路は?」
「後悔しないための対策はある?」

自由な働き方や頑張り次第で収入アップできるフリーランスエンジニアですが、独立してから後悔する人もいます

本記事ではフリーランスエンジニアの後悔や解決法、独立前に出来る後悔しないための対策方法を解説していきましょう。

既にフリーランスエンジニアで後悔している人もこれから後悔したくない人も、ぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアが感じる後悔

念願のフリーランスエンジニアになったのに後悔する人がいるの?

フリーランスで働く魅力は多いんだけど、後悔するケースもあるみたい。

    ■ フリーランスエンジニアの後悔

  1. 収入が安定しない
  2. 単価を安くしすぎた
  3. 営業や事務作業が大変
  4. 社会保険や福利厚生が手薄い

フリーランスは収入が安定しない

フリーランスエンジニアは、自ら営業して仕事を獲得し続けなければ収入が安定しません。

万が一、大きな怪我や病気などで長期間働けない状態になってしまうと、その間の収入が途絶えてしまいます。

会社員であれば怪我や病気で仕事を休んでも一定の給料があるため、独立後の収入の不安定さに後悔する人も多いでしょう

単価を安くしすぎた

一定額の給料が貰える会社員と違い、フリーランスエンジニアは報酬も自ら交渉しなければなりません。

独立したてで交渉経験が少ない頃は、相場が分からず相手の言い値で決めてしまいがち

「時給換算するとかなり低額だった」「相場価格よりもかなり安い金額だった」など後々後悔する人が多いようです。

単価交渉が苦手なら、交渉を代行してくれるフリーランス向けのエージェントの利用がオススメ☆

営業や事務作業が大変

フリーランスエンジニアは営業活動、収入や経費を管理する経理処理、税務処理まで、全て1人でこなさなければいけません。

エンジニアとしての仕事だけでなく他にもやらなければならない作業が多く、独立を後悔する人も少なくないようです。

社会保険や福利厚生が手薄い

フリーランスエンジニアは独立後、国民健康保険や国民年金に加入する必要があります。

健康保険で得られる保障将来受け取れる年金の額は、どちらも会社員よりも手薄に。

会社員時代には当たり前だった有給や健康診断などの福利厚生サービスもないため、後悔を感じる人もいるようです。

独立前・後悔した後の解決方法

フリーランスになって色々後悔してる人がいるんだね…。独立したい人の不安を解消する方法はないのかな?

独立前の対策と後悔した後の解決策があるから大丈夫!不安な人は実践してみましょ☆

    ■ 独立前・後悔した後の解決方法

  1. 十分なスキルを身につけておく
  2. 相場価格をリサーチしておく
  3. 最初は副業として始めてみる
  4. フリーランスのコミュニティに参加する
  5. 企業に再就職する
  6. エージェントを利用する

フリーランスエンジニアになるメリットは様々ですが、デメリットもあります。

独立を検討している人や既にフリーランスで後悔している人も解決策を実践し、後悔しない働き方を実現させましょう

十分なスキルを身につけておく

フリーランスエンジニアが感じた後悔の中で最も多いのが、「収入が安定しない」です。

フリーランスで安定して仕事を得るためには、豊富な実績とスキルが重要視されます。

スキルに不安があるなら、会社員や副業で経験を積んだり、独学で勉強してスキルを磨いておきましょう。

効率的にスキルを磨くなら、プログラミングスクールがオススメよ☆

相場価格をリサーチする

最初に単価を低くくし過ぎてしまうと、修正時に余裕がなくなったり、後々単価を上げる際に苦労するケースも。

報酬は仕事へのモチベーションにも影響するので、ネットなどでリサーチして相場に合った単価を設定しましょう

最初は副業を始めてみる

将来的にフリーランスエンジニアを目指すなら、まずは副業として始めてみましょう。

実際にフリーランスの仕事の流れを経験すれば、独立後のイメージができ自分が独立に向いているか否かの判断材料にもなります

フリーランスのコミュニティに参加

フリーランスエンジニアを目指すなら、フリーランスの交流会やオンラインサロンなどのコミュニティに参加するのが得策です。

フリーランスの有益な情報が知れたり、人脈が広がって仕事に繋がるケースもあります。

昨今では、フリーランスの交流が活発化してきているので、自分に合いそうなコミュニティがあれば一度参加してみましょう。

企業に再就職する

後悔した原因を考え、対策を講じてもフリーランスで働くのが合わないと感じるなら、企業への再就職も1つの手です。

フリーランスエンジニアの就職活動を支援してくれるエージェントを利用すれば、スムーズに再就職が実現するでしょう

\正社員への出戻り支援があるエージェントも/

フリーランス向けエージェントを利用

独立するか悩んでいるなら、まずはエージェントに無料相談してみましょ♪

フリーランス向けのエージェントは既に独立している人だけでなく、独立を検討している人でも利用可能です。

報酬から手数料を引かれますが、様々なサービスを無料で受けられるため、フリーランスで働くリスクのほとんどが解消されます。

エージェントのサポート内容
・適切な案件を紹介
・企業との単価の交渉代行
・福利厚生や各種補償も充実
・正社員への出戻り支援 など

エージェントによって案件の質やサポート内容が異なるため、自分の理想の働き方に合ったサービスを利用しましょう

フリーランス向けのエージェントは2~3社併用すると案件の選択肢が広がります。
【フリーランスエンジニア向けエージェント】
レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)


フォスターフリーランス テックビズフリーランス
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代半ば
~40代前半
主なサポート対象者 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 案件決定率・継続率90%超
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉 全国対応
特徴 非公開案件多数
案件の半数上は直取引で高単価
案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制
簡単登録
(無料)

選択肢が豊富な案件検索サイト

エンジニアスタイル東京
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代
主なサポート対象者 ITエンジニア経験者
支援実績 平均単価67万円
最高単価240万円
対応地域 東京
特徴 案件・求人数は16万件超。AIが最適な案件を紹介
簡単登録
(無料)

対策すればフリーランスでも後悔しない

同じエンジニアでも会社員とフリーランスとでは働き方が大きく異なります。

独立後に後悔しても企業への再就職は難しくないため、フリーランスにこだわりすぎないようにしましょう。

これから独立を考えている人はフリーランス向けのエージェントなど有効活用して、後悔しないための対策を実践するのが得策です。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事