最終更新日:

フリーランスエンジニアは闇が深い?独立前の注意点と闇を回避する方法

フリーランスエンジニア闇

「フリーランスエンジニアの闇が深いって本当?」「闇を回避する方法はある?」

独立を検討しているエンジニアの中には、フリーランスエンジニアは闇が深そうと不安を感じている人は少なくありません。

独立前の準備を万全にして、日々のスキルアップを怠らなければフリーランスエンジニアの闇は回避できます。

本記事では、フリーランスエンジニアが抱える闇や闇を回避できる人と、闇を回避する方法を解説していきましょう。

フリーランスエンジニアが抱える闇

フリーランスエンジニアは闇が深いって聞いたんだけど本当?

フリーランスは不安定な働き方だから、様々な理由で闇を感じてしまう人はいるわ。

  1. 年齢が上がると案件獲得が難しくなる
  2. 肉体的・精神的に限界が来る
  3. 社会的信頼度が低い
  4. 収入が不安定・リストラされやすい
  5. 営業活動・事務作業が大変

年齢が上がると案件獲得が難しくなる

フリーランスエンジニアとしてキャリアが長くなるにつれ、クライアントから経験値の高さとスキル・知識の豊富さが求められます。

年齢を重ねるにつれて新しい知識やスキルの習得が難しくなり、受注できる案件が少なくなるケースも。

また、50代以降になると病気や体力の減少などによって、安定して仕事が獲得出来なくなってしまう人も少なくありません

肉体的・精神的に限界が来る

フリーランスには有給休暇や休業補償がないため、自己管理能力が重要になります。

フリーランスになるとキャパシティーを超える仕事を受注してしまい、無理して体調を崩してしまう人も。

また、トラブルに巻き込まれても1人で対処しないといけないため、心身共に不調をきたしてしまう人も少なくありません。

社会的信頼度が低い

会社員エンジニアは企業の後ろ盾がありますが、フリーランスエンジニアは後ろ盾がないため社会的な信用度が低いです。

社会的な信用がないとクレジットカードや住宅ローン、引越し先の審査などが通りにくくなってしまいます

収入が不安定・リストラされやすい

フリーランスエンジニアとして経験や実績が十分でないうちは、思うように案件が獲得できずに収入が不安定になってしまう人も。

また、万が一クライアントの業績が悪化すると、社員よりも先にフリーランスの契約が切られてしまいます

営業活動・事務作業が大変

フリーランスエンジニアとしての業務以外にも営業活動、収入や経費を管理する経理・税務処理まで、全て1人でこなす必要があります。

日々の経費の計算や確定申告なども自分で手続きしなければならないので、慣れないうちは面倒に感じてしまう人が多いようです

フリーランスエンジニアの闇を感じない人

以下のような特徴に当てはまる人は、フリーランスエンジニアの闇を回避しやすいわ♪

・新しい知識を貪欲に学べる人
・自己管理能力が高い人
・変化や挑戦するのが好きな人
・環境の変化に順応できる人

フリーランスエンジニアは常に新しい情報や技術を取得したり、日々のスキルアップ、仕事量を自分で調整する自己管理能力が重要です。

また、フリーランスは定期的にクライアントが変わるため、環境の変化に順応できる人に向いています。

逆に現状維持を望む人や事務作業・営業をしたくない人は、フリーランスエンジニアの闇を感じやすいでしょう。

フリーランスエンジニアの闇の回避方法

フリーランスエンジニアの中には闇を感じながら働いてる人もいるんだね…。

もちろん人によって向き不向きもあるけど、独立前にしっかり対策すれば、フリーランスの闇は回避できるわ☆

日々のスキルアップを怠らない

フリーランスエンジニアが新しい技術や知識についていけなくなると、他の人に仕事を奪われてしまいます。

スキルアップのための日々の勉強を欠かさなければ、今後仕事がなくなる闇は回避可能です

コツコツと実績を積めばコンスタントに仕事が受注できるだけでなく、高単価の案件も獲得できるでしょう

コミュニティに参加する

エンジニアは独立する前に、フリーランスの交流会やオンラインサロンなどのコミュニティに参加するのが得策です。

フリーランスエンジニアの有益な情報が知れたり、人脈が広がって仕事に繋がるケースも。

昨今では、フリーランスの交流も活発化してきているので、自分に合いそうなコミュニティがあれば参加してみましょう。

スキルを磨いてから独立

フリーランスエンジニアの中で最も闇を感じやすいのが収入面です。

フリーランスが安定して仕事を得るためには、豊富な実績とスキルが重要視されます。

現在のスキルに不安があるなら、会社員や副業で経験を積んだり、独学で勉強してスキルを磨いておくのが得策でしょう。

将来的に独立を目指すなら、まずは副業でフリーランスエンジニアを始めてみるのもオススメよ♡

フリーランス向けエージェントを活用

フリーランス向けエージェントは既に独立している人だけでなく、独立を検討している人でも利用可能です。

エージェントを利用すれば、業界経験豊富なアドバイザーがフリーランスエンジニアの闇を感じる部分をフォローしてくれます。

エージェントのサポート内容
・適切な案件を紹介
・企業との単価の交渉代行
・福利厚生や各種補償も充実
・正社員への出戻り支援 など

エージェントによって案件の質やサポート内容が異なるため、自分の理想の働き方に合ったサービスを利用しましょう

レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)


フォスターフリーランス テックビズフリーランス
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代半ば
~40代前半
主なサポート対象者 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 案件決定率・継続率90%超
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉 全国対応
特徴 非公開案件多数
案件の半数上は直取引で高単価
案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制
簡単登録
(無料)


フリーランスエンジニアの闇は回避可能!

フリーランスエンジニアは収入面や年齢の面など、様々な事情で闇を感じやすい職業です。

独立前の準備やフリーランス向けのエージェントを活用するなどして、対策すればフリーランスエンジニアの闇は回避できます。

闇を回避する方法を実践して、フリーランスエンジニアで理想の働き方を実現させましょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事