最終更新日:

フリーランスエンジニアの現実ってどうなの?良くも悪くも自由な実態を暴露

フリーランスエンジニアの現実ってどうなの?良くも悪くも自由な実態を暴露

IT技術の進化や新型感染症の影響などもあり、最近は働き方に多様性が生まれてきました。

中でも会社に雇われないフリーランスエンジニアは「自由に働ける」「頑張り次第で年収が上がる」など、特に注目を浴びています。

そんないい噂ばかりが目立つフリーランスエンジニアですが、「実際どうなの?」と疑問や不安を抱いている方も少なくないでしょう。

そこで本記事では、良い面も悪い面も含めてフリーランスエンジニアの現実についてご紹介します。

会社員からフリーランスエンジニアへの転向を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

フリーランスエンジニアの現実とは

いいイメージばかりが先行しているフリーランスエンジニアですが、その実態はどうなっているのか。

ここでは、あまり知られていないであろうフリーランスエンジニアの現実をいくつかご紹介します。

    ■ フリーランスエンジニアの現実

  • 働き方は大きく分けて4種類ある
  • 人手不足のため需要は高い
  • 意外と孤独感は強い
  • ブラック取引先が存在する
  • 50代以降のフリーランス転向は厳しい

働き方は大きく分けて4種類ある

一口にフリーランスエンジニアと言ってもその働き方は様々ですが、以下の通り大きく4種類に分けられます。

    ■ フリーランスエンジニアの働き方

  1. 「エージェント利用」の「常駐型」
  2. 「エージェント利用」の「リモート型」
  3. 「自力営業」の「常駐型」
  4. 「自力営業」の「リモート型」

「エージェント利用」と「自力営業」

エージェントとは、フリーランスエンジニアに案件を紹介してくれる仲介事業者です。

案件報酬から数%を手数料として差し引かれる代わりに、営業・契約・交渉などの業務を全てやってくれます

また、自力では獲得困難な大規模案件も紹介してくれるメリットもあります。

一方、「自力営業」とはエージェントサービスを利用せずに自力で営業したりクラウドソーシングサービスなどを用いて仕事を獲得する働き方です。

誰にも手数料を引かれずに本来の案件報酬をそのまま受け取れますが、自分で営業・交渉をしないと仕事ができないデメリットがあります。

「常駐型」と「リモート型」

クライアント企業のオフィスに常駐して、他のフリーランスやサラリーマンと一緒に仕事をするのが「常駐型」、クライアントから依頼された業務を自宅やカフェなどで作業するのが「リモート型」です。

一般的なフリーランスエンジニアのイメージは「リモート型」かと思いますが、実際はセキュリティの観点から大企業の案件ほど常駐型が多く、報酬が高いのも常駐型です。

また、基本的にエージェントサービスで紹介される案件は「常駐型」がメインとなります。

それぞれの働き方の特徴

それぞれの働き方の特徴は以下の通りです。

働き方 報酬 安定 自由
「エージェント利用」の
「常駐型」
「エージェント利用」の
「リモート型」
「自力営業」の
「常駐型」
×
「自力営業」の
「リモート型」
×

これらの働き方のうち、フリーランスエンジニアとして独立してすぐの頃は、「エージェント利用」の「常駐型」が最もおすすめ

エージェントに手数料を引かれるとはいえ、安定して仕事を紹介してもらえるのは非常に魅力的です。

フリーランスエンジニアで仕事を獲得するには信頼と実績が絶対条件となりますので、まずはエージェントサービスを利用して安定的に信頼と実績を積み上げましょう

人手不足のため需要は高い

IT人材需給に関する主な試算結果|経済産業省

上記グラフの通り、実はITエンジニアの需要は年々上がり続けているため、基本的にIT業界の仕事はかなり余っていると言えるでしょう。

ただし、ITエンジニアの需要が高いのと待遇や条件がいいかどうかは別問題です。

つまり、仕事を選ばなければ仕事はいくらでもあるが、報酬や働き方で好条件を求めるなら営業を頑張るかエージェントを利用するなどの対策は必要です。

意外と孤独感は強い

フリーランスエンジニアには華やかなイメージがあるかもしれませんが、実は意外と孤独感が強いです。

オフィスに常駐する「常駐型」であれば孤独感は薄いと思うかもしれませんが、フリーランスエンジニアは所詮社外の人間なのであくまでビジネスライクな関係性になりやすいのです。

一方、自宅やカフェで作業する「リモート型」は基本的に作業は1人で行う上、仕事上のやり取りは全てチャットやメールで完結する場合がほとんどなので、一日中誰とも話さないなんて状況もよくあるでしょう。

取引先によって関係性は様々であり、努力次第で関係を深めるのも可能なため、皆がみんな孤独感が強いわけではありません。

ブラック取引先が存在する

IT業界の急成長に伴いITエンジニアの需要も高まっていますが、同時にまともでないブラック企業もどんどん増えています。

法律や約束を平気で破ったり、事前に合意したはずの内容すら捻じ曲げる経営者がゴロゴロいます。

こういった状況でフリーランスエンジニアは非常に弱い立場になるため、契約書のエビデンスは必ず保管し、可能であれば法律関係の専門家とも繋がっておくといいでしょう。

エージェントを利用していれば、ブラック取引先との間に立ってもらえるメリットがあります。
おすすめエージェントを確認する⇒

50代以降のフリーランス転向は厳しい

フリーランスの年齢構成

フリーランス実態調査結果|内閣官房

上記円グラフにもあるように、実はフリーランスエンジニアの大半は50代以上です。

しかしこれは、長年にわたって信頼と実績を積みあげてきた50代・60代の方々であって、決して転向しやすいわけではありません。

むしろ、既に実績のあるライバルが多いと言えるため、50代以降のフリーランスエンジニア転向は厳しいと考えた方がいいでしょう。

フリーランスエンジニアの嬉しい現実

フリーランスエンジニアの魅力はなんといっても「自由に働ける」点です。

ここではそんなフリーランスエンジニアの具体的なメリットを5つご紹介します。

    ■ フリーランスエンジニアのメリット

  1. 収入アップの可能性が高い
  2. 自分でやりたい仕事を選べる
  3. 人間関係の苦労が軽減する
  4. 比較的時間の融通が利く
  5. 経費計上すれば節税もできる

収入アップの可能性が高い

平均年収の章でもご紹介した通り、フリーランスエンジニアは会社員エンジニアと比べて収入が上がる可能性が高いです。

これは、能力次第でどんどん高収入の案件を受注できるといった点もありますが、たとえ同じスキルであってもフリーランスエンジニアの方が貰える額が多くなります

なぜなら、フリーランスエンジニアは会社員のように他の社員や年功の影響を受けません

また、会社員であれば確定申告等の事務処理にかかる管理費や福利厚生費に充てられていた分も給料から天引きされないため、同じ報酬であっても個人で受け取れる額が上がるのです。

自分でやりたい仕事を選べる

フリーランスエンジニアは自分でやりたい仕事を選べます。

「報酬が高い仕事を優先して受ける」「自宅から通いやすい勤務地の仕事のみを受ける」「人間的に合わない取引先の仕事は受けない」など、自分のワークスタイルに合わせて仕事を選べるのは大きな魅力です。

身につけたいスキルや伸ばしたいスキルが必要な仕事を重点的に受けるなど、キャリアプランを立てやすいのもフリーランスエンジニアならではの大きなメリットでしょう。

人間関係の苦労が軽減する

フリーランスエンジニアには人間関係の苦労が軽減するといったメリットもあります。

会社員であれば誰もが一度は悩むであろう上司や先輩、そして同僚や後輩との複雑な上下関係はフリーランスエンジニアはありません

もちろん全く人と関わらずに仕事をするのは無理がありますが、人間関係すら自分で選べるのはフリーランスエンジニアの大きな魅力の一つでしょう。

比較的時間の融通が利く

フリーランスエンジニアは会社員エンジニアと比べると時間の融通が利きやすいのもメリットです。

在宅型の案件であれば働く時間も場所も完全に自由になりますし、常駐型の案件であっても交渉時に働き方を交渉する余地があります。

多少報酬が低くても時間の自由がある仕事を選ぶなど、仕事をする上でどういったポイントを重視するかも自由に選べるのがフリーランスエンジニアの大きな魅力の1つです。

経費計上すれば節税もできる

フリーランスエンジニアは個人事業主となりますので自由に経費を使えるのもメリットです。

例えば資格取得のための本や講座、移動にかかる交通費やタクシー代、使用するパソコンやデスク代など、全て経費として計上できます

経費計上の何がメリットなのかを説明すると、経費が増えれば支出が増え、支出が増えれば利益が減ります。

そして利益が減ると支払う税金も減るため、結果的に節税に繋がるのです。

プライベートの支出は経費にはできませんが、仕事に繋がるものであればなんでも経費計上できるので、スキルアップのために勉強会に参加するなど行動の幅も広がるかもしれません

例えば、年収500万円のフリーランスエンジニアが経費に100万円計上すれば、支払う税金は400万円にかかる税金のみとなります。(※あくまで簡易的な計算です。)

フリーランスエンジニアの厳しい現実

フリーランスエンジニア最大の魅力である「自由」と表裏一体の関係にあるのが「自己責任」といった点です。

フリーランスになると会社に縛られない代わりに、全てを自分でやらなければなりません

ここでは、フリーランスエンジニアの具体的なデメリットを6つご紹介します。

    ■ フリーランスエンジニアのデメリット

  1. 収入が不安定になりがち
  2. 自ら営業して仕事を取る必要がある
  3. 業務外の事務作業が増える
  4. 自らスキルを磨かないといけない
  5. ボーナスや福利厚生がなくなる
  6. 未経験からの転向は厳しい

収入が不安定になりがち

フリーランスエンジニアの一番のデメリットはやはり収入が安定しない点でしょう。

これは能力次第でどんどん収入が上がるメリットの裏返しとも言えるデメリットで、能力が不十分なら容赦なく収入は減り、最悪の場合は0になります。

たとえ自分に能力があったとしても先方の都合(方針転換、予算削減など)で、急に案件が途絶えるケースも珍しくはありません。

とにかく収入が安定しないのがフリーランスエンジニアで、これはデメリットと言うよりも特徴と言った方が正しいかもしれません。

ですので、収入に安定を求める人は会社員エンジニアのままでいるのをおすすめします。

自ら営業して仕事を取る必要がある

フリーランスエンジニアはエンジニアとしての技術が高ければいいだけではありません。

なぜなら、どれだけエンジニアスキルが高くても、自ら営業して案件を受注する力がなければいつまでも仕事がないままだからです。

また、収入を上げるためには仕事を受注する営業力だけでなく、報酬額を決める交渉力も必要になってきます。

元々コミュニケーションに自信のある人であれば問題ないかもしれませんが、エンジニア以外のスキルも磨く必要があるのは大きなデメリットと言えるでしょう。

どうしても営業や交渉が嫌な方はフリーランスエンジニア向けのエージェントサービスを利用するのもおすすめです。

業務外の事務作業が増える

フリーランスエンジニアは営業以外にも様々な事務作業を自ら行わなければいけません。

例えば請求書の作成、入金管理、帳簿の作成と確定申告など、会社員であれば他部署の方々がやってくれていたような業務を全て自分でこなす必要があります。

ただ自分の好きな仕事だけをやっていればいいわけではないので、そこは覚悟してください。

自らスキルを磨かないといけない

フリーランスエンジニアは自分の好きな仕事を自由に選べるメリットがありますが、その反面、意識してスキルを磨かないといつまでも成長しない危険があります。

会社員であれば上司や先輩からアドバイスをもらったり、会社の研修制度を利用したりと、スキルアップできる環境もある程度用意されていますが、フリーランスエンジニアにはそういった環境はありません。

元々向上心の強い人であれば日々の勉強も苦痛ではないと思いますが、自ら勉強する習慣がない人は要注意です。

ボーナスや福利厚生がなくなる

会社員時代は当たり前のようにあったボーナスや福利厚生は、フリーランスエンジニアになるとなくなります。

福利厚生に関してはあまり必要性を感じないかもしれませんが、急な病気や怪我で働けなくなった時の保障がなくなると考えると、大きなデメリットだと言えるでしょう。

また、当然ですがフリーランスエンジニアには有休制度はありません。仕事を休んでしまうとそのまま収入が減ると考えてください。

フリーランスエンジニア向けエージェントサービスには福利厚生を受けられるものもあります。おすすめエージェントはこちらで紹介しています。

未経験からの転向は厳しい

未経験からフリーランスエンジニアを目指すのは非常に厳しいです。

フリーランスエンジニアは信頼と実績によって仕事が決まると言っても過言ではありません。

たとえ独学でスキルを身につけたとしても実務経験がなければなかなか信頼は得られないでしょう。

どうしてもフリーランスエンジニアを目指したい方は、まずはプログラミングスクールでスキルを身につけ、副業でいくつか案件をこなした後に独立する方法をおすすめします。

※未経験者におすすめのプログラミングスクールは以下の記事を参考にして下さい。

エージェントサービスを利用すれば副業OKの案件も紹介してもらえます

エージェント利用が最も現実的な働き方

フリーランスエンジニアの現実には良い面も悪い面もありますが、安定して案件を紹介してもらえる点からもエージェントサービスを利用するのが最も現実的な働き方と言えます。

紹介手数料分を本来の報酬から差し引かれますが、自力では獲得困難な大規模案件を紹介してもらえたり、営業活動に費やすエネルギーや時間をエンジニア業務に集中できるなどメリットも大いにあるでしょう。

ここではフリーランスエンジニアにおすすめのエージェントを紹介します。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント

Midworks(ミッドワークス) エミリーエンジニア
サービス
主な年齢層 20代~40代 25歳~50歳
主なサポート職種 ITエンジニア(実務経験目安:3年以上) IT/webエンジニア
支援実績 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位 利用者の5人に1人が年収1000万円以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 正社員並みの保障付き
給与保障あり
充実の福利厚生
初めてのフリーランスでも安心
簡単登録
(無料)
フォスターフリーランス DYMテック
サービス
主な年齢層
20代~40代
主なサポート職種 実務経験のあるITエンジニア 実務経験のあるITエンジニア・webデザイナー
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 取引実績5000社以上
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/ 東京/神奈川/埼玉/千葉
特徴 満足度90%
案件の半数上は直取引で高単価
非公開案件多数
年収アップ可能
面接同行あり
簡単登録
(無料)
※エージェントについてさらに詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

フリーランスエンジニアの現実は一長一短

フリーランスエンジニアは「自由」なメリットがある反面、全てが「自己責任」になるデメリットがあります。

また、ITエンジニアの需要は益々増えているため仕事は余っている状態ですが、中には約束を破るようなブラック取引先も多数潜んでおり、慎重な営業活動が必要になるでしょう。

そんな一長一短のフリーランスエンジニアですが、これから転向を目指すのであれば「エージェント利用」の「常駐型」といった働き方がおすすめ

報酬から手数料を引かれますが、安定して仕事を紹介してもらえる上、ブラック取引先と出会うリスクも大いに減らせます。

まずは堅実に仕事を受注して実績と信頼を積み上げていくのがフリーランスエンジニアとして成功するために第一歩です。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事