最終更新日:

ITエンジニアに必要なスキルは?効率良く確実にスキルを身に付ける方法

ITエンジニアに必要なスキルは?効率良く確実にスキルを身に付ける方法

「ITエンジニアに必要なスキルは?」「必要なスキルを身に付けるにはどうすればいい?」

ITエンジニアに必要なスキルは専門性が高いため、スキルを習得し磨くのはハードルが高いと感じる人も少なくありません。

プログラミングスクールを活用すれば、ITエンジニアに必要なスキルを習得して効率良くITエンジニアに転職成功できます。

本記事では、ITエンジニアに必要な基本スキルと、ITエンジニアに必要なスキルを身に付ける方法を解説。

ITエンジニアに必要なスキルを習得できるプログラミングスクールも取り上げます。

ITエンジニアに必要なスキルが身に付くプログラミングスクール4選

GEEK JOB WORKPORT(みんスク)
プログラミングスクール
対象年齢 20代のみ 20~30代
対応地域 全国
(オンライン)
(※求人は首都圏のみ)
全国
(オンライン)
主なサポート対象者 IT未経験者・正社員経験者・第二新卒など IT未経験者・正社員経験者・第二新卒・既卒・フリーターなど
実績 転職成功率97.8% 転職決定人数No.1のサービス
特徴 20代は無料
良質な学習教材
講師に質問可能
手厚いサポート
最短22日就職
完全無料
自己学習形式
講師に質問可能
手厚いサポート
限定求人多数
オンラインで相談する
(無料)
テックキャンプ CodeCampGATE
プログラミングスクール
対象年齢 20~30代 20代のみ
対応地域 全国
(オンライン)
(※求人は首都圏のみ)
全国
(オンライン)
主なサポート対象者 IT未経験者・正社員経験者・第二新卒・既卒・フリーターなど IT未経験者・正社員経験者・第二新卒など
実績 転職成功実績2,000人 受講者20,000名以上
特徴 転職率99%
返金保証あり
手厚いサポート
講師に質問可能
実践的な学習カリキュラム
個別指導あり
講師に質問可能
手厚いサポート
実践的な学習カリキュラム
オンラインで相談する
(無料)

ITエンジニアに必要な基本スキル

ITエンジニアに必要な基本スキルを一緒に見ていきましょ♪

ITエンジニアに必要な基本スキルは、主に以下の5つです。

ITエンジニアに必要な基本スキル
・PCスキル
・プログラミング言語のスキル
・IT分野に関する専門知識
・コミュニケーションスキル
・マネジメントスキル など

PCスキル

ITエンジニアの仕事では必ずPCを使用するので、PCスキルや知識は必要です。

・PCの基本操作/知識
・タイピングスキル
・ドキュメント作成スキル など

ファイルの保存やショートカットキー、ある程度の速さでタイピングができるなど基本的なPC操作スキルは必須

ITエンジニアは要件定義書/設計書/仕様書/納品書など、頻繁にドキュメントを作成します。

時には作成したドキュメントをクライアントに提出するケースもあるので、Excel・Word・PowerPointなど各種オフィスソフトの基本操作は完璧にしておくべきでしょう。

プログラミング言語のスキル

プログラミング言語のスキルは、開発に携わるITエンジニアに必須のスキル。

・Java
・Ruby
・PHP
・Python
・JavaScript など

システムエンジニア/プログラマー/Webエンジニアなどを目指すなら、上記のプログラミングスキルを習得しておくべきです。

どの言語のスキルから習得すべきか迷う子は、自分が目指す職種携わりたい分野で需要が高いスキルから優先的に勉強するのがおすすめよ☆

IT分野に関する専門知識

ITエンジニアはITを活用して仕事をするので、IT分野に関する専門知識が必要です。

ITエンジニアは職種によって必須となる知識は変わってきますが、以下の基礎知識は職種問わず身に付けておくべきでしょう。

プログラミング知識
ITエンジニアの基本知識。開発を担当しないポジションでもプログラミング知識は必要。
サーバー/ネットワークの知識
サーバー/ネットワークを取り扱うのは主にインフラエンジニアですが、他の職種でも基礎知識があると仕事の幅が広がる。
セキュリティの知識
セキュリティ対策を担当するのは主にセキュリティエンジニア。セキュリティ上の脅威が増している昨今、他の職種でも基礎知識は必要。

コミュニケーションスキル

ITエンジニアは技術職ではありますが、スキルが高いだけでは円滑に業務を遂行できません。

ITエンジニアは以下のような場面でコミュニケーションスキルも求められます

・クライアントとの商談
・開発チームでのミーティング など

ITエンジニアはクライアントへの提案・交渉・ヒアリングを担当する場合があるので、コミュニケーションスキルや営業力が必要。

社内でも開発チームとのミーティングや業務の報告・相談など、コミュニケーションを取りながらプロジェクトを進める場面が多いです。

ITエンジニアに限らず社会人として組織の中で働くのであれば、最低限のコミュニケーションスキルは身に付けておきましょう。

ITエンジニアはPCに向かって黙々と作業をするイメージがあったけど、対人スキルが必要な場面が多いんだね!

マネジメントスキル

プロジェクトの計画、工程/品質/進捗管理、ディレクションなどのマネジメント業務もITエンジニアの仕事の一つです。

キャリアアップや管理職を目指すのであれば、チームを束ねてプロジェクトを円滑に進められるマネジメントスキルが求められます

マネジメントスキルは全てのITエンジニアに求められるスキルってわけじゃないわ。あなたが思い描くキャリアパスによっては身に付ける必要が出てくるスキルなのよ♪

ITエンジニアに必要なスキルを身に付けるならスクールが断然おすすめ

・書籍
・学習サイト
・セミナー など

上記活用すれば独学でも、ITエンジニアに必要なスキルを身に付けられます。

しかし、一人前のITエンジニアとして働く上で必要なスキルを習得するなら、プログラミングスクールを活用すべきです。

プログラミングスクールには以下のような特徴があるので、ITエンジニアに必要なスキルが効率良く身に付くと言えます。

  1. 実践的なスキルが身に付く学習教材
  2. 効率良く短時間でスキルが身に付く
  3. 挫折せずに学べる環境
  4. 転職サポートが受けられる

実践的なスキルが身に付く学習教材

実践的なスキルが身に付く学習教材

スクールでは、プログラミングの基礎知識から学べるIT未経験者向けの学習教材を使用

プログラミングに関する知識がなく、PCの操作が不慣れな人でも安心です。

プログラミングスクールでは、基礎的なスキルだけでなく現場で必要な実践的なスキル/知識も身に付く学習教材で学べます。

基礎から実践で必要なスキルまで学べる学習教材なら、IT未経験者でもITエンジニアを目指せるね!

効率良く短時間でスキルが身に付く

ITエンジニアになるのに必要な学習時間は約1000時間。毎日3時間プログラミングを学習したとしても約1年の期間がかかる計算です。

ITエンジニアに必要なスキルを習得するには時間がかかるんだね…

スクールを活用すれば、短時間でITエンジニアに必要なスキルを習得できます。

本記事で紹介しているスクールの学習目安時間をまとめたわ☆具体的にどこまで短時間でプログラミングスキルを習得できるのか見てみましょ♪

プログラミングスクール 学習目安時間
GEEK JOB 約360時間
WORKPORT
(みんスク)
約20~90時間
※コースによって変動
テックキャンプ 約600時間
CodeCampGATE 400時間

上記のように効率良く短時間でITエンジニアに必要なスキルが身に付くので、プログラミングスクールの利用がおすすめです。

挫折せずに学べる環境がある

株式会社侍が実施した、プログラミング学習での「挫折」「行き詰まり」に関する調査結果を見てみましょう。
プログラミング学習で挫折や行き詰まりを感じた割合(※1)

上記の調査によると、独学でプログラミングを学習した人の約9割が挫折を経験しています。

独学でプログラミングを学習しITエンジニアに必要なスキルを習得するのは、かなり難易度が高いと言えるでしょう。

プログラミングスクールは未経験者でも挫折せずに学べる環境が整っています

講師に自由に質問できる

プログラミング独学の挫折理由(※1)

独学でのプログラミング学習に挫折した理由について、49%の人が「気軽に聞ける環境になかったから」と回答。

プログラミングスクールであれば学習を進めながら講師に自由に質問できるので、疑問点・不明点をすぐに解消可能です。

オンライン学習でもチャットやビデオ通話で自由に講師へ質問可能!

スクールは講師に気軽に質問できて効率良く挫折せずに学べるので、ITエンジニアに必要なスキルを習得したい人は活用すべきです。

メンター/講師の手厚いサポート

メンター/講師の手厚いサポート
モチベーションを維持し自分をコントロールできなければ、プログラミングスキルを習得するのは厳しいでしょう。

プログラミングスクールではメンターや講師がプログラミング学習を徹底バックアップ

スクールなら手厚いサポートを受けられるので、モチベーションを保ちながら挫折せずにITエンジニアに必要なスキルを習得できます。

一人だと心が折れちゃいそうだけど、プログラミングスクールなら講師やメンターなど心強い味方がたくさんいるし、最後までやり遂げられそうだよ!

転職サポートが受けられる

スクールではITエンジニアに必要なスキルを学べるだけでなく、転職サポートを受けられるのでITエンジニアへ効率良く転職成功可能です。

【サポート内容】
・キャリアカウンセリング
・応募書類の書き方/添削
・模擬面接
・推薦状の作成
・ポートフォリオ作成
・個別企業対策 など

プログラミングスクールではIT業界に精通した転職のプロが手厚くサポート。

IT業界で太いパイプを持つプログラミングスクールが厳選した、優良企業のエンジニア求人を紹介してもらえます。

大手IT企業の求人も多数保有!自力での転職活動では出会えない独自のレア求人と出会えるケースもあります。

転職サポートでは応募書類の書き方・面接のマナーなど、転職活動の基本から教えてもらえるので、転職経験がない/少ない方でも安心です。

企業へのアピールで大きな武器となるポートフォリオ制作も手厚く支援。企業への推薦状も作成してくれるので、転職が有利に進みます

プログラミングスクールは転職活動のほとんどを手厚くフォローしてくれるので、効率良くエンジニアへ転職成功可能です。

本記事で紹介しているプログラミングスクールは未経験者の転職支援実績・転職ノウハウが豊富だから、安心してサポートを任せられるわ♡

プログラミングスクール オンラインカウンセリング
GEEKJOB
WORKPORT
(みんスク)
テックキャンプ
CodeCamp
GATE

今後ITエンジニアに必要になる最新のスキル

ITエンジニアとしてキャリアアップ・年収アップを目指すなら、以下のような将来性のあるスキルを身に付けるのも重要です。

  1. AI関連のスキル
  2. ブロックチェーンスキル
  3. GO言語
  4. クラウド関連のスキル

需要が高まっているスキル、ITエンジニアとして活躍し続けるために今後必要になるスキルを見ていきましょ♪

AI関連のスキル

スマホの音声認識機能・お掃除ロボット・車の自動運転など、身近な製品にも搭載されているAI(人工知能)

マーケティング、医療など様々な分野で活用されているAIは、今後さらなる発展を遂げる技術であり、AI関連のスキルを持つITエンジニアの需要が高まっています

AI開発でよく用いられている「Python」は優先的に学習しておきたい言語です。

AIエンジニアを目指すなら、機械学習やデータ解析などAI関連のスキルを身に付けましょう。

ブロックチェーンスキル

ブロックチェーンとは、ビットコイン・電子決済など金融分野で用いられている技術です。

金融以外にも不動産取引サービス・シェアリングサービスなど、様々な分野のサービスへの導入が始まっている技術で将来性があります

ブロックチェーンや暗号に関するスキルがあれば、ITエンジニアとしてキャリアアップを目指せるわ☆

GO言語

「GO言語」とは、Googleが開発したプログラミング言語です。

シンプルさと安全性を追求した言語で、比較的覚えやすい言語と言われています。

近年、Go言語を採用するWebサービスやWebアプリが増加。

人気と将来性があるGO言語は、ITエンジニアに必要なスキルとなりつつあります。

GO言語は「YouTube」「メルカリ」「ぐるなび」など有名なサービスやサイトで採用されているプログラミング言語なのよ☆

クラウド関連のスキル

インフラを構築するためにサーバーやネットワーク機器などの実機を用意するのが一般的でしたが、近年ではクラウドサービスでのインフラの構築・運用が主流です。

そのため、クラウドサービスを扱うスキルを持つITエンジニアの需要が高まっています

ITエンジニアがマスターしておくべき代表的なクラウドサービスは以下の通りです。

・Amazon Web Services(AWS)
・Google Cloud Platform(GCP)
・Microsoft Azure

インフラエンジニア・クラウドエンジニアを目指すなら、自社内にインフラを構築するオンプレミスの知識や技術に加えて、クラウドサービスを扱うスキルも習得しておきましょう。

インフラ環境はオンプレスミスからクラウドへと移行しているとは言え、オンプレスミスでの構築・運用はなくならないと言われているわ。どちらも必要なスキルと言えるわね♪

スクールを活用して効率良くITエンジニアに必要なスキルを身に付けよう

ITエンジニアとして働く上で必要なスキルについて解説しました。

ITエンジニアに必要なスキルを身に付けるなら、スクールの利用がおすすめです。

  1. 実践的なスキルが身に付く学習教材
  2. 効率良く短時間でスキルが身に付く
  3. 挫折せずに学べる環境
  4. 転職サポートが受けられる

プログラミングスクールには上記のような特徴があるので、必要なスキルが身に付き確実にITエンジニアを目指せます

本記事で取り上げたプログラミングスクールを活用し、スキルを身に付けて効率良くITエンジニアを目指しましょう。

エージェント・スクール 公式サイト
GEEKJOB
WORKPORT
(みんスク)
テックキャンプ
CodeCamp
GATE

(※1出典:プログラミング学習者の約9割が挫折を経験~挫折時に「気軽に聞ける環境があればよかった」人が6割に~|株式会社SAMURAI)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事