最終更新日:

フリーランスエンジニアになるリスクとは?独立前にリスクを回避する対策方法

フリーランスエンジニアのリスクって何?安心して働き続けられる対策を紹介

「フリーランスエンジニアとして働くリスクはある?」「リスクを回避する方法は?」

独立を考えている会社員エンジニアの中には、フリーランス特有のリスクに不安を感じている人は少なくありません。

自由な働き方や会社員よりも高収入が魅力のフリーランスエンジニアですが、仕事面や生活面などで様々なリスクがあります

本記事では、フリーランスエンジニアの抱えるリスクや回避方法を解説していきましょう。

フリーランスエンジニア向けサービス

フリーランスのリスクを回避するならエージェントの利用が効率的よ♡

レバテックフリーランス Midworks(ミッドワークス)
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代~40代
主なサポート対象者 実務経験1年以上のITエンジニア・Webデザイナー ITエンジニア(実務経験目安:3年以上)
支援実績 フリーランスエージェント登録者数・業界認知度No.1 IT系フリーランス専門エージェントサービス3部門で第1位
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/兵庫/京都/愛知/福岡 東京/神奈川/埼玉/千葉/大阪/京都/兵庫/滋賀
特徴 業界最大級の案件数。契約更新率90%超。最短1週間で参画 正社員並みの保障付き
給与保障あり
簡単登録
(無料)


フォスターフリーランス テックビズフリーランス
フリーランスエージェント
主な年齢層 20代~40代 20代半ば
~40代前半
主なサポート対象者 年収700万円以上のエンジニア・Webデザイナー 1年以上の開発経験・類する実績のあるITエンジニア
支援実績 20年の実績・登録者1万7000人 案件決定率・継続率90%超
対応地域 東京/神奈川/埼玉/千葉 全国対応
特徴 非公開案件多数
案件の半数上は直取引で高単価
案件登録数3万件超抜群のバックアップ体制
簡単登録
(無料)

フリーランスエンジニアの抱えるリスク

フリーランスエンジニアが抱えるリスクって具体的にどんなリスクなの?

フリーランスエンジニアは自由で好待遇なイメージを持たれやすいですが、様々な場面でリスクを抱えています。

  1. 収入や受注に関する仕事面のリスク
  2. 仕事上のトラブル面のリスク
  3. プライベートに関する生活面のリスク

まずは事前にどういったリスクがあるかをしっかりと把握し、対策を講じた上でフリーランスとして独立するのがいいでしょう

リスクに備えるなら、フリーランス向けのエージェントがオススメよ★

収入や仕事の受注に関するリスク

会社員にはない、フリーランスエンジニアの収入や仕事に関するリスクは主に以下の通り。

    ■ 収入や仕事の受注に関するリスク

  1. 仕事が獲得できない可能性がある
  2. 急に契約を切られるケースがある
  3. ク体調不良で収入が途絶える

①仕事が獲得できない可能性がある

フリーランスエンジニアは知人の紹介や自ら営業をかけて仕事を獲得する必要があります。

仕事の受注方法は色々ありますが、コンスタントに仕事を獲得出来ずに収入が安定しないフリーランスも少なくありません。

万が一、仕事がなくなった時に備えてエージェントに登録しておくなど、最低限の仕事の獲得経路は持っておきましょう

②急に契約を切られるケースがある

フリーランスエンジニアには会社などの後ろ盾が何もないため、立場が非常に弱いです。

もし企業の業績悪化や不況になれば、真っ先にフリーランスの契約が切られてしまいます。

契約を切られてもすぐに次の仕事を探せるような人脈や繋がりは常に確保しておきましょう。

③体調不良で収入が途絶える

フリーランスエンジニアには有給休暇や労災などがないため、病気・怪我などで仕事を休んでしまうと収入が0になってしまう可能性も

作業をこなすだけでなく、自身の体調管理もフリーランスエンジニアの仕事の一環です。

仕事上のトラブル面のリスク

フリーランスエンジニアは取引先とトラブルが発生しても、全てのリスクを1人で背負わなければなりません。

    ■ 収入や仕事の受注に関するリスク

  1. 一方的に不利な契約の危険がある
  2. 多額の損害賠償を受ける危険がある
  3. ハラスメント被害のリスク

①不利な契約を結ぶ危険がある

IT業界には悪質な「ブラック企業」が存在しており、一方的に不利な契約を結ばされてしまうフリーランスも少なくありません。

不利な契約のまま仕事をすると、損害賠償を請求されたり、無償で何度も改修させられるなどのトラブルになってしまいます。

自ら営業して仕事を獲得する際には相手先の企業HPを確認したり、契約内容を隅々まで確認しておきましょう。

②多額の損害賠償を受ける危険がある

ブラック企業でなくとも客先の備品を破損、個人情報や機密情報の漏洩、成果物の瑕疵担保責任などで損害賠償を請求されるケースも。

どれだけ気を付けていても避けられないトラブルもあるため、様々なリスクに備えて賠償責任保険に加入を検討しましょう。

無償で賠償責任保険に加入できるエージェントもあります。>>詳しくはコチラ<<

③ハラスメント被害のリスク

2020年6月より通称「ハラスメント規制法」が施行されましたが、対象者にフリーランスは含まれていません。

ハラスメント被害に遭いやすくなるわけではありませんが、守ってくれる法律がないのは大きなリスクです。

フリーランスのコミュニティに入ったり、エージェントに登録するなど万が一の時に相談できる相手は必ず作っておきましょう。

※参考記事:フリーランスの6割パワハラ、4割セクハラを経験 相談機関なく泣き寝入りも

生活面のリスク

フリーランスエンジニアは仕事面だけじゃなく、プライベートでも色々なリスクがあるの。

    ■ フリーランスの生活面のリスク

  1. 長期間仕事を休めない
  2. 社会保険の補償が手薄い
  3. 社会的な信用が低い

①長期間仕事を休めない

フリーランスエンジニアには有休休暇がないため、出産・育児・介護などのライフイベントの際にも大きなリスクになります。

フリーランスは実績と信頼が重視されますが、ブランク期間ができると実績面でマイナスとなるケースも。

長期間仕事を離れる状況になったら、貯蓄やブランク期間にも最新技術を学んでおくなどの対策は必ず検討しておきましょう

②社会保険の補償が手薄い

フリーランスエンジニアは「国民健康保険」「国民年金」に加入するのが一般的ですが、会社員の社会保険と比べて保障がかなり手薄に。

会社員と比較して負担額が少し高くなるだけでなく、健康保険で受けられる補償や将来受け取れる年金額も大きく異なります。

「付加年金制度」や「国民年金基金」、「フリーランス協会」を利用するなど、対策を具体的に決めてから独立しましょう。

【国民年金基金の加入例】※1
国民年金基金

フリーランスだと将来受け取れる金額が少なくなっちゃうの!?

しっかり対策すれば大丈夫!正社員並みの補償を受けられるエージェントもあるからチェックしておきましょ♡

③社会的な信用が低い

フリーランスエンジニアは収入が不安定なため、社会的な信用が低いです。

社会的な信用が低いと、クレジットカードや各種ローン(住宅ローン、カードローンなど)、賃貸契約などの審査に通りにくくなるリスクも。

社会的信用は一度大きな売り上げを出しただけで得られないため、ローンなどの利用を検討している方は独立前に対策しておきましょう。

エージェント利用でリスクを軽減

フリーランスエンジニアがリスク対策をしたいなら、エージェントを利用するのが最も効率良いです。

エージェントを利用すれば、フリーランス特有のリスクのほとんどが解消されます。

エージェントのサポート内容
・適切な案件を紹介
・企業との交渉を代行
・福利厚生や各種補償も充実 など

エージェントによって案件の質やサポート内容が異なるため、自分の理想の働き方に合ったサービスを利用しましょう

エージェントは2~3社併用すると選択肢が広がります。
【フリーランスエンジニア向けエージェント】
サービス名 特徴
レバテックフリーランス 登録者数・業界認知度No.1。最短1週間で参画
Midworks(ミッドワークス) 正社員並みの手厚い保証制度。常駐・リモート案件多数。
テックビズフリーランス 案件決定率・継続率90%超。案件登録数3万件超。全国対応。
フォスターフリーランス 20年の実績・登録者1万7000人。非公開案件多数。

独立前のリスク対策で希望の働き方を実現

フリーランスエンジニアは自由な働き方や高額な報酬を貰える反面、仕事面から生活面まで様々なリスクを抱えています。

まずは事前にどういったリスクがあるかをしっかりと把握し、ある程度対策をした上でフリーランスとして独立するのが得策です

各種補償が充実しているエージェントを有効活用し、フリーランスエンジニアのリスクを回避して希望の働き方を実現させましょう。

(※1 引用:制度について知る/国民年金基金制度とは?)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事