最終更新日:

50代高収入転職は可能?50代高収入転職に必須のスキルと転職成功方法

50代高収入転職は可能?50代高収入転職に必須のスキルと転職成功方法

「50代で高収入転職は可能?」
「高収入転職の成功方法は?」
50代で高収入転職の成功方法を知りたい人は少なくありません。

50代高収入転職はハードルが高いですが、特定分野の高い専門性と即戦力スキルがあれば可能です。

本記事では、高収入50代の実態と転職成功方法・50代高収入向け転職サービスをご紹介します。

50代で高収入転職をしたい・年収アップしたいなら読破必須の一記事!

高収入50代の実態

50代の平均年収

2019年の民間給与実態統計調査では、50代前半の平均年収が525万円・後半は518万円。

男性は50代後半・女性は前半まで年齢が高くなるにつれて、平均年収が上がっています。

50代高収入の業種・職種

dodaは、2020年の業界・年代別の平均年収ランキングを発表。

50代の平均年収が高い業界は、金融やメーカー・総合商社やIT/通信です。

金融業界の投信/投資顧問の50代平均年収は1,315万円・たばこメーカーは1,072万円と、1,000万円を超しています

職種では、コンサルティングや監査法人などの専門職や企画/管理・技術職(IT/通信・電気/機械)や金融系の専門職の平均年収が高いです。

専門スキルや知識が求められる職種の平均年収が高いため、活かせる経験・能力が有れば高収入転職が可能でしょう。

50代に求められるスキル

エン・ジャパンの2019年ミドルシニア求人動向調査では、「特定分野の高い専門性」「豊富な経験から、短期間での戦力になれる」2点が50代に求めるスキルとして断トツ。

50代に求められている能力

50代を求めているのは、中小企業が圧倒的に多いです。

中小企業は採用にかける費用が少なく少子高齢社会により若年層の採用が激化したため、経験豊富で即戦力になる50代が求められています。

50代の求人が増えている企業特徴

50代の高収入転職成功方法

経験・スキルや実績の棚卸をする

企業は50代に高い専門性と即戦力を求めているため、経験やスキル・実績の棚卸が必須

自身の能力を把握すれば、応募できる求人が分かりマッチング率が高くなります。

棚卸後、現在の経験やスキルの市場価値(適正年収)や高収入転職に必須のマネジメント能力があるか自己分析すれば、無理のない範囲で高収入転職が可能です。

自己分析には、簡単な質問に答えるだけで適正年収や強みが分かるミイダスがおすすめです。

ミイダス

■ ミイダスでできる3つの診断
・市場価値診断(想定年収)
・コンピテンシー診断(総合適性検査)
・パーソナリティ診断

市場価値診断では、実務経験や職務経歴などの4つから適正年収を算出。

コンピテンシー診断(総合適性検査)はマネジメント資質や問題解決能力・個人の強みが可視化でき、高収入転職が可能かを判断できます。

個性や経験・環境で変化する現在のコンディションが分かるパーソナリティ診断は、精神医学をベースにした診断サービス「PSA」を基にしているため、信頼性が高いです。

自己分析をすれば現時点で可能な収入が分かる他、結果を転職活動での自己PR・志望動機に盛り込めます。

転職エージェントを活用

管理職や経営幹部などの高収入転職は一般社員と比べて専門スキルやマネジメント能力が求められ、若年層と比べ50代を求める企業は少ない傾向があるため転職のハードルが高いです。

高収入層がターゲットの転職エージェントやサイトでは、専門知識を交えたハイレベルなサポートが受けられ有利な転職活動が可能。

好条件が多い非公開・独占案件も紹介くれるため、高収入転職が期待できます。

■ 転職エージェントのサポート内容
・キャリアカウンセリング
・希望条件に合った求人の紹介
・応募書類添削
・面接対策
・面接日程の調整
・企業への年収/条件交渉
・入社手続き など

ハイクラス転職サービス

ハイクラス転職サービスは職務経歴やスキルを登録するだけで企業・ヘッドハンターからスカウトが届き、在職中でも隙間時間で転職活動が可能です。

登録情報を見たうえでスカウトが来るため条件交渉がしやすく大幅な年収アップをした人も少なくありません

エン・ジャパンの調査では750万円以上の転職成功者が年収アップのために意識したことに対し、「スカウトを送ってきた企業への転職」と回答した人が38%と最多

高収入転職には、スカウトが欠かせないと言えるでしょう。

エン・ジャパン:年収アップで意識したこと

50代高収入向け転職サービス

JACリクルートメント MS-Japan
転職
サイト
JACリクルートメント
MS-Japan
特化 総合型
外資系/海外転職・管理・技術職に強い
管理部門や士業(経理/人事/法務/会計士/税理士/弁護士)
実績 転職支援実績
約43万人
管理部門/士業の登録/転職率/相談率No.1
特徴 アドバイザーの質が高い 管理部門/会計業界/法律領域に専門性の高いアドバイザーがサポート
地域 全地域対応
公式


高収入向けハイクラス転職サービス

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 25歳~50代 20代後半
~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 なし
利用料金 完全無料
支援実績 転職決定年収の平均950万円超 20~50代で年収200~400万UP実績あり
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)


ビズリーチ
スカウトサービス
主な年齢層 20代後半~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
現年収500万円以上の転職者
入会審査 あり
利用料金 一部有料
支援実績 導入企業数21,100社(累計)
特徴 求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

50代高収入は転職エージェントで成功

50代高収入転職は一般社員や若年層の転職に比べハードルが高くなりますが、経験やスキルの棚卸・自己分析をすれば無理のない範囲で高収入転職が可能です。

転職エージェントやハイクラス転職サービスを利用すれば、ハイレベルなサポートが受けられ効率良く有利に転職活動が進められます。

■ 50代高収入転職エージェント
JACリクルートメント
MS-Japan
■ ハイクラス転職サービス
リクルートダイレクトスカウト
doda X
ビズリーチ

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人21万件!幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サービス。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターからスカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事