最終更新日:

50代が直面する役職定年制とは?役職定年の目的やすべき準備と転職成功法

50代 役員定年 アイキャッチ

「50代が直面する役職定年とは?」
「50代の役職定年は何が変化する?」
「役職定年前にすべき準備は?」

役職定年が目前に迫る50代は、役職定年で何が変化するのか、役職定年前にすべき準備が分からず悩んでいる人は少なくありません。

50代で役職定年制を導入する企業は多いですが、エージェントを活用すれば効率よく役職定年後も役員として働ける企業に転職できます

本記事では、50代が直面する役職定年の詳細や目的、50代の役職定年で変化するものと事前にすべき準備を詳しく解説していきましょう。

【役職定年した50代向け】
管理職として働ける求人が豊富な
転職エージェントはこちら

【50代の悩みの種】役職定年とは

そもそも、50代で悩む人が多い役職定年ってなんだろう?

役職定年制とは?

役職定年 50代 とは

役職定年は、ある一定の年齢に達すると能力に関わらず役職を外される制度を指します。

企業によって定められる年齢は異なりますが、50代後半に設定する企業が多いです。

役職定年は大企業での導入率が高く、社内の新陳代謝を促す・人件費削減・キャリアシフト期間を設けるためなどが理由とされています。

役職定年の平均年齢

政府統計ポータルサイトの「民間企業の勤務条件制度等調査結果表」(※1)によると、部長・課長の役職定年の平均年齢は下記の通りでした。

50代 役職定年 平均年齢

役職定年制を導入している企業は、年齢を50代後半に設定する企業が多いです

定年が60歳だった頃に役職定年が取り入れられたので、65歳定年制の企業が増加した現代ではさらに設定年齢が高くなると言えるでしょう

役職定年制の導入状況

労務行政研究所の2022年度「人事労務諸制度の実施状況」(※2)によると、役職定年制の導入率は以下の通りです。

導入している 29.1%
導入していない 70.9%

全体では役職定年制を導入している企業は3割程度ですが、従業員が500人以上の企業に絞ると4割程度に上昇します。

役職定年制を導入している企業は3割弱なので、多くの企業が取り入れている制度ではないと言えるでしょう

50代が直面する役職定年の目的

50代が直面する役職定年は3割ぐらいの企業で導入されてるんだ!具体的な目的はなんだろう?

役職定年の目的は社内の新陳代謝やキャリアシフト期間、コストカットなど様々よ♪順番に見ていきましょ♡

社内の新陳代謝を促す

50代での役職定年制を取り入れていない多くの企業では、下記の課題を抱えています。

    ●若手社員が発言しにくい環境
    ●離職者が多く従業員の平均年齢も高い
    ●スキルがあっても活躍できない

50代での役職定年制を導入していない企業では、不要な習慣を排除できずに生産性が低くなる会社が多いです

企業を存続させるためにも役職定年制で社内の新陳代謝を促し、風通しがよく柔軟に対応できる環境作りが必須だと言えます。

キャリアシフト期間を設ける

50代 役職定年 変化

役職定年を迎えた50代の多くは役職定年後は、モチベーションの低下や会社に対する不信感を持つ人が多数。(※3)

役職定年にネガティブな感情を持つ50代は多いですが、管理職としてのプレッシャーからの解放をポジティブに捉える人も一定数います

50代での役職定年後もやりがいをもって働くために、仕事以外のやりがいを見つける・転職活動をするなどの事前準備が必須です

管理職経験のある50代~60代を求める企業が増加しています。

役職定年後に管理職として転職できる
転職サイト・エージェントはこちら ⇒

定年延長によるコストカット

シニア層の人件費削減のために、50代での役職定年を導入している企業も多いです。

高年齢者雇用安定法で65歳までの雇用確保が義務化されたため、強制的に管理職のポストを空けて優秀な若手を管理職にしています。

役職定年で管理職を退任した50代は、基本給は変わらなくても役職手当がなくなるため、収入が減少するのが一般的です

2021年に施行された、改正「高年齢者雇用安定法」では70歳までの定年引上げ・70歳までの継続雇用制度などの措置を講ずる努力義務が新設されています。

50代の役職定年で変化するもの

企業は様々な理由があって役職定年制を導入してるんだ!具体的に役職定年後は何が変わるの?

  1. 給与の大幅カット
  2. 所属部署や業務内容
  3. モチベーション

給与の大幅カット

ダイヤ高齢社会研究財団の「50代・60代の働き方に関する調査報告書」(※4)によると、役職定年後の年収変化は下記の通りでした。

50代 役職定年 役職定年後 年収

役職定年した人のうち9割以上が年収減となり、現状維持以上の人は1割弱です。

役職定年後に年収が50%未満の人が4割を超えているため、役職定年後に生活水準はかなり下がると言えるでしょう

所属部署や業務内容

50代 役職定年 移動の有無と評価

役職定年後に所属異動を経験した人は約3割に留まり、ほとんどの人が役職定年前と同じ部署に所属しています。

異動を経験した約7割の人は異動に関して満足しており、「新しい役職者がやりにくいと思う」と後任者への気遣いが最も多い理由です。

役職定年後の異動に不満を感じる人は知識や経験を活かせない・前部署でやりたい業務があったなどの理由を挙げています。

モチベーション

役職定年後にモチベーションが下がる大きな要因として挙げられるのは、収入の減少です。

収入が下がらなくても4人に1人がモチベージョンが下がっており、役職の肩書がなくなるのも1つの原因となっています。

50代を中心とした中高年層は管理職の即戦力として需要が高く、転職市場は活発で役職定年のない企業への転職者が増加傾向です

45歳以上の転職者数は3年間で17万人増加しています。

50代で役職定年になる前の準備

50代で役職定年を迎える人は、収入を維持するためにも転職の検討がおすすめです

転職エージェントでは求人紹介だけでなく、面倒な日程調整や交渉も全て代行してくれるので、仕事と転職活動を両立できます。

それぞれ得意なサポートや求人は異なるので、自分に合うサービスを利用しましょう。

ハイクラス向け転職サイト

リクルートダイレクトスカウト doda X
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 20~50代 25歳~50代
主なサポート対象者
ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査
なし
利用料金
完全無料
支援実績 転職決定年収の平均925万円以上 20~50代で年収200~400万UP実績あり
特徴 年収800万~2千万の求人多数
一流ヘッドハンター指名可能
年収800万~2千万の求人多数
高内定率ダイヤモンドスカウト
簡単登録
(無料)


ビズリーチ
ハイクラス転職サービス
主な年齢層 20代後半
~50代
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
現年収600万円以上の転職者
入会審査 あり
利用料金 一部有料
支援実績 導入企業数28,900社(累計)
特徴 求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
簡単登録
(無料)

ハイクラス向け転職エージェント

リクルートエージェント JAC Recruitment
転職エージェント
主な年齢層 20~50代 35歳~50代
主なサポート対象者 全転職者に対応 現年収600万円以上
支援実績 採用成功実績は54万人超 グローバル転職を中心に約43万人の支援実績
特徴 業界最大手
転職実績No.1
面接対策が充実
管理職や専門職の求人が豊富。外資系も◎
簡単登録
(無料)


50代で役職定年後も管理職として活躍

50代で直面する役職定年で悩んでいる人は多いですが、事前に対策しておけば役職定年後も活躍できる方法は多数あります。

役職定年後に年収やモチベーションが下がらないように、転職エージェントを利用して他社の管理職のポストに転職するのもおすすめ

これまでに培った知識や技術を活かせる職場は多いので、転職エージェントを上手く活用して役職定年後に希望の転職を成功させましょう

(※1 引用:政府統計ポータルサイト/民間企業の勤務条件制度等調査結果表)
(※2 引用:労務行政研究所/人事労務諸制度の実施状況)
(※3 引用:パーソル総合研究所/働くミドル・シニア躍進の実態)
(※4 引用:ダイヤ高齢社会研究財団/50代・60代の働き方に関する調査報告書(2018))

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティーワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、業界・職種が幅広い『doda』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職成功実績No.1!非公開求人多数
幅広い業界・職種から希望条件にマッチする求人を紹介可能

年代問わず転職決定者が多く、キャリアアップ・キャリアチェンジに強い。充実の面接対策も人気!

doda公式へ

求人数20万件超!非公開求人多数!!
こだわり条件にマッチする求人を提供する国内最大級の求人情報・転職サイト

特に営業職に強く、丁寧なサポートとアフターフォローに定評あり。大卒以上の26~35歳関東、関西、東海の求職者向け。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サービスがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超。登録者のレジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

会員登録時に基本情報や職務経歴まで入力するとスカウト率アップ!
関連記事:転職エージェント23社を徹底比較!自分に合う転職エージェントを選ぶコツ

RECOMMEND

関連記事