最終更新日:

50代で転職を成功させるために。成功例と体験談をご紹介

50代で転職を成功させるために。成功例と体験談をご紹介

「50代の転職を成功させるためにはどうすればいいんだろう」「50代転職の成功事例はあるのだろうか」と転職活動に臨み不安を抱えている方は多いはずです。50代でも、満足いく転職に成功しているケースはあります。

  • 50代で転職に成功する人の特徴と注意点
  • 50代で転職に成功した人の実例

今回はこの辺りを踏まえて、50代で転職に成功するためのノウハウをご紹介します。

50代で転職に成功する人の特徴と注意点

50代で転職に成功する人、50代で転職がスムーズに決まる人には一定の特徴があります。スキルや経験はもちろん、転職活動に臨む上での考え方も非常に重要です。

実績としてアピールできる成功体験が豊富

一番理想的なケースですが、実績としてアピールできる成功体験が豊富な50代は、転職に成功しやすいです。この場合は、自分のこれまでのカテゴリーに近い業界や職域で、積極的に転職活動を行うのが合理的でしょう。

ただし、注意しなければいけないのが、自分が実績や成功だと考えていても他者から見るとそうでもないケースがある点です。「大きな売上を上げた」「プロジェクトを成功させた」などはよく挙げられるアピールポイントですが、同じような実績で若い転職者がいればそちらには負けてしまいます

ですので、実績や成功体験だけをアピールするのではなく、「そこから何を得たか」「入社した会社でどういった部分に応用できるのか」を話せるようにしておく必要があります。若い人には無い見識や洞察力などの、「重み」を示す必要があるのです。

管理職を経験している

管理職を経験している50代も、転職に成功しやすいタイプといえます。特に最近では20代や30代の社員ばかりで構成されているIT系やベンチャー企業などで中高年の管理職のニーズが高まっています。ここでもやはり年齢相応の重みや見識、洞察力が必要とされています。

しかし管理職を経験しているからといって、年功序列で役職が上がっていったような場合は企業にとってメリットを感じられない場合があります。どのようなマインドを持って職務を遂行していたか、組織運営において強みを発揮できる場面などをしっかり話せるようにしておく必要があります

希少価値の高い経験やスキルがある

「複数の国での就労経験があり、ビジネス上の国際事情に詳しい」「AIの開発に携わった経験がある」「子会社や複数の拠点の立ち上げ経験がある」など、稀少性の高いスキルを持った50代も転職市場で有利です。

注意点としては単に経験やスキルが希少なだけだと、同様のレベルの若い転職者には負けてしまうことです。スペシャリストとしてのアピールをするだけでなく、年齢を経て身につけたジェネラリストとしての視点もアピール出来た方が良いでしょう。

とはいえ、あくまで特化型で突き進みたい転職者もいるはずなので、人それぞれです。

人脈が豊富

人脈が豊富な50代の転職も、決まりやすいのは間違いありません。特に人脈の中で能力が評価されている場合は、いい案件を紹介してもらいやすいでしょう。

ただしこれまでの人脈の中から転職先を選ぶと、既存の環境や人間関係を引きずることになります。変化を求めている人にとってはニーズに合わない可能性があります。

転職にあたって資格を取得する

50代の転職では、これまでの経験や実績をもとに転職活動する人がほとんどです。今から全く新しいことを身に付けるのが、難しいと考えている人が多いわけです

しかしこれまで経験したことのない業界に飛び込むにあたっては、何のスキルも実績もない人を雇うのは採用側にとってリスクになります。それはたとえ「未経験、中高年歓迎」と謳っていても同じです。

健康面や能力の伸びしろの要因で中高年を雇うのは慎重になるのです。そのため必要な資格等を転職活動中に取得しておくことで、意欲がある人材だと評価が高くなり転職に成功しやすくなります

優先順位がはっきりしている

転職をする上での優先順位がはっきりしている50代も、転職に成功しやすいといえます。 年収の意思を優先するのか、仕事内容を優先するのか、身体・精神的な負担の軽減を優先するのか。

全て望み通りにいく職場は存在しません。「年収が半分になっても健康に毎日を送れる職場なら構わない」など、妥協できるポイントを見つけることも大切です

気長に転職活動を行える

長期的に転職活動を行える環境であることも重要です。ですので、転職先が決まる前に現職を退職しない方が良いでしょう。長い場合だと2年程度はかかる可能性もありますし、退職してしまうと失業保険が切れた後の生活が不安です。

また、焦って転職先を決めてしまうことで、就労後に「こんなはずじゃなかった…」となる危険性があります。50代になってからの短期での退職は再就職への大きなマイナスです。年収激減、非正規雇用などの悪いループにハマる危険性があります。

挑戦的なマインドがある

50代の転職活動は暗い気分で行う転職者も少なくありません。しかし採用する側としてはポジティブで挑戦的な社員を採用したいのです。 後ろ向きなマインドで「生活できる収入をもらえれば何でもいい」という姿勢では、企業側にとって雇用をするメリットがありません。

様々な事情はあるでしょうが、一旦それはわきに置いておきましょう。新しい挑戦をすることに対してのモチベーションを上げていくことが大切です。書類や面接での記載内容・発言に大きく関わってきます。

成功する人の特徴に当てはまるなら

もし、ここまでご紹介した成功する人の特徴に当てはまっていたり、これまでの実績やスキルに自信がある場合、ハイクラス専門の転職エージェントを利用することをおすすめします

管理職以上の求人の多くは一般公開されておらず、転職エージェント経由でのみ知ることができる非公開求人である場合がほとんどです。今以上の高収入の職種を狙いたい場合は、ぜひ登録してみてください。

JAC Recruitment



役員や管理職向け求人に強い、エグゼクティブ向け転職エージェント。老舗であるJACリクルートメントの徹底された教育により所属コンサルタントのサポートの質が非常に高いです。

的確な面接対策や英語での書類添削、年収交渉や丁寧なキャリアカウンセリングに定評がある一方で、スキルや実績が求められる水準に満たない場合は、求人紹介を断られる場合もあります。

利用者を選ぶ転職エージェントですが、自信があるなら登録して損はないでしょう

ビズリーチ




もしこれまでの経歴に自信があるようであれば、最もおすすめできるのが『ビズリーチ』です。ビズリーチは転職エージェントではなく、登録しておくことで企業やヘッドハンターからのスカウトが届くヘッドハンティング型の転職サイトです

登録者の平均年齢も高く、年収アップ転職を成功させている50代男性も多くいます。登録しておくだけでスカウトが届く可能性はあるので、自信がある方はまず登録することをおすすめします

50代での転職成功体験談

具体的に50代の転職者が成功した体験談をご紹介します。前職やそれまでの収入、家庭環境等によって様々な状況があります。若年層に比べても転職事情は多様です。

大手メーカーの部長職(55歳)から同業界の転職

メーカーで部長職をしていました。社内規定により、56歳で役職手当のカットで収入20%減、60代で給与カットで収入50%減が確定していました。しかし行う業務自体の負担が軽くなるわけではないのが分かっており、54歳で転職活動を開始しました。

当初はこれまでと同じ年収役職レベルでの転職先を探していましたが、1年経っても決まらず気づけば55歳。猶予がなくなってきたところで方向転換しました。年収が低くなっても責任や業務の負担が軽減され、ワークライフバランスが取れるのであれば別にいいかと考えるようにしました。年収よりも働く環境を重視するようにしたのです

その後、同業の中小メーカーへ転職が決まりました。転職前に比べると3割ほど年収は下がったものの、穏やかな毎日を送っています。家族も転職前は不安を覚えていたようですが、早く帰れるようになり、休日をのんびり過ごせているので「転職してよかったね」と言ってくれるようになりました

プログラマー(51歳)からトラック運転手に

プログラマーとして働いていましたが、年齢的に厳しさを感じるようになり転職活動を始めました。元々一人でコツコツプログラミングをする職人タイプで、人付き合いも苦手だったため人脈もなく、マネジメントの経験ももちろんありません

当初はフリーランスのエンジニアとして独立することも考えましたが、営業で仕事を取る能力が全く無く挫折しました。エンジニアの仕事自体に限界を感じていたのもあり、異業種で何とかならないかと考えるようになりました。

そんな中、トラックのドライバーの募集を見つけ、「これなら人付き合いが苦手な自分でもなんとかなるのではないか」と考え応募しました。これまでとはまったく異なるガテン系の業界で不安でしたが、これまでコツコツ仕事をしてきたことと、元プログラマーという珍しさが評価され採用されました

中型免許の取得は会社が支援してくれたため、費用の負担もなく感謝しています。来年には大型免許も取得する予定です。年収は思ったより下がらず、繁忙期にはプログラマー時代の月収を上回ることもあります

元ディレクターの専業主婦(53歳)から介護士へ

三十代半ばまで出版社でディレクターをしていましたが、結婚・出産後はパート以外の仕事をしていませんでした。

子供が大きくなったため、また以前のようにバリバリ働きたいと考え転職活動を行いましたが、正社員での採用が全く決まりません。ブランクと年齢がデメリットのようで、以前のようなオフィス系の仕事に就くのは無理なのではないかと考えるようになりました。

子供の大学の学費の足しにしたいのもあり、パートや契約社員ではなくボーナスが出る正社員の仕事が絶対条件でした。年収400万円は下回りたくなかったため、肉体労働を含めて、稼げる仕事に絞り転職活動を行うようにしました

その結果、未経験でもOKの障害者施設の介護士として、正社員採用の内定をもらうことができました。入社後に資格も取得でき、仕事内容にもやりがいを感じています。激務ではありますが、希望の年収ももらうことができました。最近では施設のパンフレットの新装も任されています。

50代で自分の希望にあった転職を成功させるには

50代の転職では求人の数自体が他の年代と比べると少なくなってしまうため、自分の希望にあった転職を成功させるには、転職エージェントの利用が効果的です。

先ほどはハイクラス専門の転職エージェントをご紹介しましたが、ここでは一般的な50代の方におすすめの転職エージェントを紹介します。自分に合った転職エージェントを選んでうまく活用してください。

リクルートエージェント



転職成功実績No.1の手厚いサポートで圧倒的な支持を集めているのが『リクルートエージェント』です。リクルートグループならではの企業との幅広いパイプがあり、求人数は群を抜いています

求人数が少ない50代の転職だからこそ、圧倒的求人数を誇るリクルートエージェントが最もおすすめです。転職実績No.1ということもあり、キャリアアドバイザーの評価も高く、登録しておいて損はない転職エージェントです。

Spring転職エージェント(アデコ)



『Spring転職エージェント(アデコ)』は企業も求職者も一人のキャリアアドバイザーが担当する仕組みである「両面型コンサルティング」を採用しています。そのためアドバイザーの専門性が高くて、求職者のニーズを的確に把握しミスマッチが少ないです

中でもこの転職エージェントの特徴は、絶対に面談を断らないことです。周りと比べて条件が厳しい50代の男性にとって、非常にありがたい特徴と言えるえるでしょう。

50代での転職を成功させるには変化と挑戦を忘れずに

50代の転職においては、これまでの経験やスキルを活かして新しい職場を見つけるのがスムーズではあります。しかしこれまでと全く同じはあり得ないため、自分の培ったスキルを全く新しい環境や業務に対して柔軟に生かす姿勢が大切です

場合によっては新たな能力を身につけることも必要になるでしょう。これまでの生活を守るだけでなく、人生を切り開く姿勢を転職活動においては示さなければならないのです


RECOMMEND

関連記事