最終更新日:

50代はビズリーチで転職可能?利用の注意点と50代で好条件転職を実現する方法

50代はビズリーチで転職可能?利用の注意点と50代で好条件転職を実現する方法

「50代でもビズリーチを利用できるのか」
「50代の転職活動で役立つか」

スカウト機能が備わったビズリーチは、50代でも転職活動で活用できるのか疑問に感じている人は少なくありません。

50代でもビズリーチで転職可能ですが、30~40代のハイクラス層をターゲットにしているため転職活動が長引く・満足のいく転職ができない可能性があるのが懸念点です。

本記事では、50代がビズリーチを利用する際の注意点やビズリーチで転職成功させる秘訣、50代転職の現状をご紹介。

50代転職で年収・キャリアアップを狙うなら必読の一記事です。

50代でもビズリーチで転職可能

ビズリーチは、「年収600万円以上の人に支持される転職サービスNo.1」を獲得したハイクラス向けスカウト型転職サイト。

下記の2点から、50代でもビズリーチで転職できると言えます。

  • 50代の転職実績あり
  • 50代活躍中の案件が存在する

ビズリーチなら50代でも年収・キャリアアップが狙える

ビズリーチは、企業側が求職者をスカウトするダイレクトリクルーティング方法を導入。

現年収や職務経歴書を見たうえでスカウトが送られてくるため、好条件案件の中から企業選択が可能です。

■ 年収・キャリアアップを狙える理由
・管理職や経営幹部など高ポジションの案件多数
・年収1,000万円の案件が全体の3分の1を占める

スカウトは企業やヘッドハンターからのアプローチなので年収交渉もしやすく更なる年収アップが狙えます。

ビズリーチには優秀なヘッドハンターが集う

ビズリーチのヘッドハンターは、約4,600人。優秀なヘッドハンターに出会えるサービスNo.1※3を獲得しヘッドハンターへの満足度が高いです。

若年層と比較するとスカウト数は見劣りしますが、優秀なヘッドハンターは実力がある50代を見逃しません

しかし、50代転職は長期化が予測されるため焦らず長い目で進めましょう。


50代がビズリーチを利用する注意点

50代はスカウト数が減少する

ビズリーチでは、50代の転職リスクである年収・キャリアダウンを防ぐだけでなく現状以上が期待できますが、若年層と比較するとスカウト数が減ってしまうのも事実です。

年齢別スカウト数分布

※1

スカウト数がピークの28歳:262,744件から、50歳:6,348件、51歳:4,955と、年齢と共に減少しているのが分かります。

50代のスカウト数が下がる理由

一般企業では年齢が上がるほど条件が高くポジションの幅が狭くなるため、案件数が減る傾向にあり50代に対してのスカウトが少ないです。

年齢でスカウト数が変動する理由

※2

ビズリーチは50代向けではない

ビズリーチは、30~40代のハイキャリア向け転職サイト。

50代でも審査に通る可能性がある一方で、50代向けのサイトではない理由から満足度が低い場合があります。

50代でハイキャリア転職を狙うなら年代に対応した転職エージェント”JACリクルートメント”・”iX“の利用がおすすめです。

50代対応転職サイト

JACリクルートメント iX
転職
サイト
JACリクルートメント
iX公式サイト
年齢層 30代~50代
タイプ 転職
エージェント
スカウト型
転職サイト
入会審査
なし
実績 転職支援実績約43万人
特徴 アドバイザーの質が高い 長期の付き合いで市場価値を向上させるサポートが受けられる
面談 ~19時半
※土日祝要相談
ヘッドハンターとのやり取りで各自調整
案件年収 600~2,000万円 800~2,000万円
主な
業種
職種
外資系企業
技術/専門/管理職
非公開
公式

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、30~50代向けのハイクラス転職エージェントで、利用者満足度は98.5%です。
※JACリクルートメント利用者アンケートによる

日本を含む世界11か所に拠点を持ち外資系や海外転職に強い他、管理職や技術・専門職への転職はエキスパートと謳っています。

JACはサービスクオリティのお約束を公開し、全コンサルタントを徹底教育。迅速丁寧なサポート・企業ごとの面接対策や書類添削を受けられます。

管理職や役員クラスの案件や、JACにしか紹介できない独占案件や一般非公開の案件も多いです。

≫JACリクルートメントの強み
  1. 年収アップが狙える
    企業との繋がりが強いコンサルタントは交渉力に長けている
  2. 在職中でも転職をスムーズに進められる
    企業面接の日程調節、書類添削など手厚いサポートあり

iX

iX HPメインビジュアル

dodaを運営するパーソルキャリアが展開するハイクラス向けスカウト型転職サイト。

30~50代・年収600万円以上の会員が多く年収1,000円以上の求人を保有しています。

ヘッドハンターのスカウトに応募しない限り最低限の登録情報しか公開されないため、現職に転職活動がばれず水面下で準備が可能です。

各業界・企業の動向や内部情報を把握したヘッドハンターがアドバイザーを務め、求人のミスマッチも防止できます。

ビズリーチで50代が転職成功させる秘訣

ビズリーチで50代が転職を成功させるコツは下記の2つです。

  1. 職務経歴書など情報を充実させ、常に最新を心がける
  2. ヘッドハンターをフル活用する

情報を充実させる

先述した通り、スカウトはあなたの情報を見たうえで送られてくるので、スキルや経歴など情報を充実させて実力をアピールする必要があります。

登録時には、職務経歴と職務要約・スキルは必ず入力しましょう。

ヘッドハンターをフル活用する

ビズリーチは、登録後待つだけでスカウトがくるためその中から企業を選ぶのも一つの手です。

しかしヘッドハンターを駆使すれば、より質の高い転職が実現可能。

ヘッドハンターは個々で得意分野が異なるので、複数人の保有案件に応募し多数と関わればキャリアへの視野や可能性が広がります。

スカウトが送られてきた際、興味が無くても希望条件を入力して送信するなど積極的に連絡を取り”スカウト返信+保有案件に自ら応募”でヘッドハンターをフル活用しましょう。

※複数のヘッドハンターに連絡できるのは有料会員のみ

50代転職の現状データ

転職市場は50代含む中高年が最も多い

2010年の転職者が275万人に対し、2018年は329万人と増加し続けています。

年齢別の平均で見ると2013年には30~40代が多く見られますが、45~54歳の転職者が徐々に伸び2016年には30~40代を抜いて1位をキープ。

転職市場ではミドル層からシニア層の転職者が多いと言えます。


※4

実力があれば年齢と関係なく企業に求められる

マイナビが2018年に行った調査では、企業は各世代に共通して経験豊富な人材を求めていると発表しました。

直近3年間に50代を採用した理由として、豊富な経験:47.7%、次いで年齢は関係ない:34.9%や専門性が高い:29.5%となり採用において年代に左右されていないと分かります。

よって、50代でもスキルや経験に自信があれば年齢を理由に転職を諦める必要はありません

マイナビ ミドルシニア採用企業レポート

出典:マイナビ
ミドルシニア採用企業レポート

年収を気にしない50代転職者が多い

2015年の転職者実態調査では、50~54歳が転職の際に現在の企業を選んだ理由で最も多かったのが”業務内容・職種に満足がいく”。

2番目は”自身が持つ技術・能力が活かせるから”でした。

55~59歳でも1位と2位が入れ替わっただけで大差はなく、50代は年収より仕事自体のやりがいを求めていると分かります。※6

一般と転職市場におけるミドル・シニア層への認識違い

一般的なミドル層(中高年)の年齢は45~64歳、65歳以上がシニア層(高年齢)とされていますが、転職市場では年齢にシビアで一般の定義とは異なります

しかし、転職市場でのミドル・シニア層の年齢に定義はありません。

エン転職では35~44歳、東京しごとセンターでは30~54歳がミドル層とされているなど転職サイトによって前後するので、一般と転職市場での認識ずれに注意が必要です。

■ 一般的なミドル・シニア層の定義
高年齢者雇用安定法では、45歳以上が中高年齢者(ミドル)、65歳以上が高年齢者(シニア)とされている。シニアについては、WHO(世界保健機構)も同様に定義している。
■ 求人に年齢制限がない理由
年齢に左右されず活躍することで少子高齢化社会を乗り切るべく、2007年に雇用対処法を改正。現在年齢を理由に採否を決定する行為は違法とされている。

ビズリーチ以外の50代対応転職エージェントを利用する

ビズリーチは、50代でも転職実現できる可能性があります。

しかし50代向けの転職サイトではないため案件やスカウト数も減る事実から、転職活動の期間が長引く恐れも。

50代の転職活動を有利に進めるなら、50代もサポートしてくれるJACリクルートメントiXの利用がおすすめです。

50代が対象に入っているに加え、転職エージェントならではのサポートを受けられる理由から、在職中でも時間を有効活用してスムーズな転職活動ができます。

※1 出典:ビズリーチ 2/28調べスカウト統計情報
※2 出典:ビズリーチ 年齢によってスカウト数が異なる理由
※3 2019年1月~8月「転職サービスに関する調査」:シード・プランニング社調べ
※4 出典:総務省統計局 年齢階級別転職者及び転職者比率
※5 出典:厚生労働省 平成27年転職者実態調査の概況

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、管理職や専門職に強い『JACリクルートメント』と、完全無料のヘッドハンティング型『キャリアカーバー』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』や自分の仕事の適性がわかる『グッドポイント診断』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

外資系や海外転職を中心に転職支援実績は約43万人。管理職や専門職の年収600〜2,000万円の求人が豊富!

ミドルのハイクラスに特化した転職エージェント。各業界や職種に精通するコンサルタントが最適なポジションを提案。

年収800〜2000万円の求人多数!転職決定年収の平均は900万円以上!!ハイクラス特化のスカウト型転職サービス。

登録審査なし完全無料で実績豊富な約2,000名のヘッドハンターから最適なポストのスカウトが届く。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事