最終更新日:

50代転職の失敗要因はプライドの扱い方!失敗事例や失敗しない方法も紹介

50代転職の失敗要因はプライドの扱い方!失敗事例や失敗しない方法も紹介

世の中には50代で転職を成功させる方がいれば、意気揚々と転職したものの失敗だったと嘆く人も大勢います。

いったい両者の違いは何なんでしょう?

本記事では、50代の転職に失敗する理由とい失敗しないための方法、そして実際に失敗だと感じた人の具体事例を紹介します。

まだまだ長いこれからの人生に向けて、新しい生活をスタートさせたい方はぜひ最後まで目を通して下さい。

50代転職の失敗理由はプライドとの向き合い方

50代転職の成功と失敗を左右する最大のポイントは、プライドとの向き合い方です。

高齢になるほど転職が難しくなる理由はいくつかありますが、意外と気付かない重要な要素にプライドが邪魔をして自ら選択肢を狭めているといった点があります。

  • 過去の経歴
  • 働いていた業界
  • 任されていたポジション

こういったプライドが、無意識に業界や仕事内容を選別しているのです。

プライドをどう扱うか決めるのが大事

しかし、だからといってプライドを捨てろと言いたいわけではありません。

50代の転職を失敗させないためには自身のプライドをどう扱うか、つまり、

  • プライドを貫いて理想の転職を目指すのか
  • プライドを捨てて堅実な転職を目指すのか

事前にはっきり決めるのが非常に重要です。

ここが決まっていないと転職活動の方向性が定まらず、結果的に失敗しやすくなるでしょう。

次の章からはプライドを捨ててでも堅実な転職で失敗しないための方法を解説していきます。

これまでに積み上げてきたプライドは絶対に捨てたくない方はこちらから続きをお読みください。

50代転職に失敗しないために覚悟すべき点

50代転職に失敗しないために堅実な転職を目指すのなら、プライドを捨てる覚悟も必要です。

ここでは、50代の転職活動で失敗しないために覚悟するべき点を3つ紹介します。

  1. 年収ダウンは避けて通れない
  2. 自分より若い上司ができる

年収ダウンは避けて通れない

50代の転職では、企業からのスカウトを待つ方法でもない限り、年収ダウンの可能性は非常に高いです。

昨今では、日本を代表する大手企業が45歳以上の社員を対象にリストラした事例もあったように、企業は定年間近の50代よりも体力のある若手を評価する傾向にあります。

そのため、50代の転職では仕事内容の充実やプライベートに避ける時間など、収入以外の面でメリットを求める方がいいでしょう。

自分より若い上司ができる

50代で転職をする場合、自分より若い上司ができる可能性は高いでしょう。

ましてや、これまでとは異なる職種や業界に転職した場合、年齢は最年長だが立場は一番下といった状況も覚悟しなければいけません。

そういった環境に身を置いても、やりたいと思える仕事なのかどうかは慎重に判断するようにしましょう。

50代転職に失敗しないための具体的な方法

50代の転職で失敗しないためにはプライドを捨てる覚悟ができた方には、以下の方法で転職活動をするのがおすすめです。

  1. フラットな視点で自己分析を行う
  2. 転職エージェントで効率よく転職活動

フラットな視点で自己分析を行う

50代の転職に失敗しないためには、フラットな視点で自己分析を行う必要があります。

これは良くも悪くも理想と現実のギャップを明確にするためです。

そしてここで重要になるのは自己分析によって見えてきた「良いギャップ」です。

フラットな視点で自己分析をすれば、これまで気付いていなかった思いがけない自分の強みが見えてくるかもしれません。

そしてフラットな自己分析をするには、ツールを使った客観的な自己分析がおすすめ

最近では、無料で使えて信ぴょう性の高いツールがいくつか出てきていますので、中でもおすすめのツールを2つご紹介します。

5つの強みがわかるグッドポイント診断

強みとは「自分にとってできて当たり前」である場合が多いので、実は自分で見つけるのは難しいです。

そこでおすすめしたいツールが、18種類の強みの中から自分の持つ5つを診断できる『グッドポイント診断』

18種類の強み

簡単な質問に答えていけば15分程度で診断できる手軽さな上に、業界最大手の「RECRUIT」が開発しているため、診断結果の精度も信頼性も抜群です。

利用するには転職サイトのリクナビNEXTへの登録が必要ですが、誰でも無料で簡単に登録できます。

自分の強みや適性を知り、新しい分野へチャレンジするのもいいでしょう。

* あなたの5つの強みがすぐわかる *

市場価値がわかるミイダス


ミイダストップページ

ミイダスは、あなたの本当の価値を“見いだす”、効率的な転職活動ができるアプリです。

dodaを運営するパーソルキャリアの新ブランドで、同社が持つ膨大な過去の転職者データから自分のキャリアの分析が可能になります。

簡単な質問に答えるだけでおおよその年収が算出され、自分の今の市場価値がわかります。

更に優良企業170,000社にあなたの経歴が公開され、あなたを必要としている企業からオファーが届くといったシステムになっています。

【公式サイト】https://miidas.jp/
市場価値を5分で算出!

転職エージェントで効率よく転職活動

自己分析によって進みたい方向性が定まってくれば、少しでも失敗の可能性を減らすために転職エージェントを利用しましょう。

第3者の力を借りれば客観的な意見やアドバイスを受けられるため、よりプライドに囚われない効率的な転職活動ができるでしょう。

ここでは50代の方におすすめの転職エージェントを紹介しますので、自分に合った転職エージェントを選んでうまく活用してください。

50代も使える転職エージェント

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主なサポート対象者 全転職者に対応 大卒以上
関東・東海・関西の転職者
支援実績 採用成功実績は41万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
6割が年収アップ
求人数約10万件
非公開求人多数
丁寧なサポート
公式サイト

50代転職が失敗だったと感じた人の具体事例

50代の転職で失敗する可能性をさらに減らすため、ここでは実際の失敗事例をご紹介します。

失敗の定義は人によって違いますが、これらの事例を見て自分にとって大切なポイントはどこかを改めて確認してください。

事例1.部品製造会社に転職した54歳男性Aさん

54歳で前職と同じ部品製造会社に転職したAさん。転職の目的は「体力的にもキツくなってきたので、労働が軽いポジションに転職したかった」という理由でした。しかし、実際に蓋を開けてみると、前職よりも労働時間が長く年収もダウンしてしまったそうです。

「面接の時に人事の方から、優秀な経歴を持っているため製造だけでなく幅広いポジションで能力を活かしてほしいと言われたのが気がかりでしたが、内定をもらえること自体が稀なので承諾してしまいました。」と語ってくれました。

Aさんの入社に合わせて、社内では人事の整理が行われたそう。結果、今までよりも少数精鋭で生産性を高めるという、ハードルの高い任務を任されることに。当初の目的であるプライベートの充実は全くできず、転職はできたものの失敗と感じているようです。

焦りから内定が出た企業に飛び込んでしまった結果、企業とAさんの間にギャップが生まれました。50代で選択肢が限られてくると、つい衝動的になるのも分かります。ただし、転職を失敗に終わらせたくない方は、冷静に吟味することも忘れないようにしましょう。

事例2.事務受付に転職した51歳女性Sさん

51歳で事務受付に転職したSさん。前職は教育機関で働いていましたが、負担の軽い事務職へ転職しました。「女性らしい職場に転職できたことを喜んでいた」と語るSさんですが、1週間ほどたった頃、職場で孤立していることに気がついたそうです。

「気がつくといつも1人で、こちらから社員の方に声をかけるものの皆さん若くて馴染めないでいました」

事務を担当している社員は総勢5名でしたが、Sさん以外は20代半ばの社員で固められていたそう。後輩社員でありながら年上のSさんに対して、どのように接しれば良いのか分からない雰囲気が伝わってきたそうです。

Sさんは「職場の雰囲気を壊してしまった気がしてならない」と転職を後悔しています。女性中心の職場では、人間関係が上手くいかずにストレスを抱える人も少なくありません。事前に職場の雰囲気や年齢層などを確認することは、転職失敗を防ぐ上で大切ですね。

興味がある会社があるなら、徹底的に企業研究して事前に「どんな会社なのか」を明確にしておきましょう。

事例3.運送会社に転職した57歳男性Kさん

57歳で運送会社に転職したKさん。前職は引っ越し業者で勤務していましたが、年齢的に負担が大きくなってきたので個人向けの運送会社に転職を決意しました。

「軽バンで決まったルートを配送する仕事は負担が少なくて良かった」と運送業者へ転職したことを喜んでいたそうです。事態が変わったのは12月の繁忙期でした。

12月に半ばからクリスマスに向けて配送料が急増しました。それまで優しかった先輩社員も怒鳴り散らすようになり、毎日夜遅くまで強制労働が待っていたのです。」

見慣れていた日常とは全く異なる繁忙期の雰囲気に圧倒されてしまったKさん。「これもクリスマスが終わるまでの辛抱」と心に決めて2週間ほどの業務を必死でこなしたそうです。

しかし、クリスマスシーズンの後に待ち受けていたのは、お正月を含む年始の繁忙期でした。

「先輩社員さんもお正月は暇と言われたので安心していましたが、今思うと私が辞めることを恐れて偽っていたのだと思います。」

「繁忙期が終わる頃には、私が仕事に慣れてきたという理由からルートを増やされ1日のノルマも倍以上になりました。」とKさんは、当時完全に疲弊したことを語ってくれました。

「このままこの企業を続けていたら私生活にまで影響が出る」という理由から、転職してわずか6ヶ月ほどで退職することに決めたそうです。

業界によっては、50代の転職者に対して20代社員と同じ動きを求めることもあります。転職活動をする際は、業務内容だけでなくどのような働き方をするのか確かめることも重要です。

Kさんのように転職を失敗に終わらせないためにも、事前の調査はできる限り徹底するようにしましょう。

50代転職でプライドは捨てずに失敗しない方法

これまで積み上げてきた社会人としての経験と、それに対するプライドは最後まで大事にしたいと考える50代の方も多いでしょう。

そういった方が50代の転職で失敗しないためには、「スカウト型転職サイト」をうまく利用して企業側からのヘッドハンティングを待つ方法がおすすめです。

スカウト型転職サイトは、自身のプロフィールを登録しておけば企業の採用担当やヘッドハンターから声がかかるサービスです。

これまでの経歴を見た企業から声がかかる仕組みになっているため、転職後のミスマッチも少なく、自身の力も存分に発揮できるでしょう。

ここではおすすめのスカウト型転職サイトを2社紹介しますので、これまでの実績に自信がある方はぜひ有効活用して下さい。

スカウト型の転職サイト2選

キャリア
カーバー
ビズリーチ
転職
サイト
ハイクラス向けスカウト型(オファー型)転職サイト「キャリアカーバー」
ハイクラス向けスカウト型(オファー型)転職サイト「ビズリーチ」
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
年収500万円以上の転職者
ハイキャリア
管理職クラス
年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
サービス スカウト型(オファー型) スカウト型(オファー型)
実績 転職時の平均年収900万円 年収1,000万円以上の人から支持される転職サイトNo.1
特徴 完全無料
年収800~2000万円求人多数
一流ヘッドハンター指名可
求人数9万件超
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
公式サイト

50代転職に失敗しないためのカギはプライド

50代転職に失敗しないためのカギはプライドとどう向き合っていくかです。

まずは自分自身を振り返り、プライドを貫くのか?それともプライドは捨てるのか?をはっきりさせましょう。

そして、プライドをどう扱うかによって転職活動の方法も変わってきます。

プライドを最後まで大切にしたい場合は、

プライドを捨ててでも確実に転職を成功させたい場合は、

といった方法で転職活動を進めれば、50代転職の失敗をうまく避けられるでしょう。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数で幅広い業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

ビズリーチ 詳細情報の有無でかわる転職成功率

職務経歴書などの情報を詳細に入力している会員ほど転職が成功しやすい。

\情報の詳細入力でスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事