最終更新日:

50代資格なしの女性は転職可能?おすすめの資格と転職が成功するコツ

50代資格なしの女性は転職可能?おすすめの資格と転職が成功するコツ

「資格やスキルがないと50代で転職・就職は難しい?」
「年齢を問わず働ける仕事はどんなもの?」

50代になり、どんな仕事に就くべきか悩んでいる女性は一定数いらっしゃいます。

高齢化が進む日本では50代の女性を求めている業界も少なくありません。

本記事では資格なし50代女性が転職・就職できる可能性や資格を取得する必要性について解説します。

満足いく仕事を見つけたい50代女性の方は、ぜひじっくり読んでみてくださいね。

50代女性の転職で資格なしは厳しい?

「50代で資格もない状態でできる仕事はあるのかな?」と不安な女性の方も多いでしょう。

まず知っておきたいのが、50代での資格取得=転職活動で有利とは限らない点です。

転職活動では資格より年齢が重要

「資格を取って理想の企業に転職したい」と考える方は多いですが、実際は年齢によるハードルもあるのが実情です。

同じ資格を取得している若手がいた場合、企業は年齢の若い人材を採用するでしょう。

これから色々な資格を取得しようとするとさらに時間がかかり、転職活動で不利になる可能性が高いです。

資格が必須となる業界への転職を考えている場合は、一つの資格に的を絞り、なるべく短期間で取得するようにしましょう。

転職したい50代女性におすすめの資格

手に職をつけたい50代女性におすすめなのは、業務経験を問わず受検できるニーズの高い資格です。

  1. 調剤薬局事務
  2. 登録販売者
  3. 介護福祉士実務者研修

今回は例として、上記3つの資格について解説します。

調剤薬局事務

調剤薬局の事務スタッフとして受付、会計、レセプト業務などを行なう「調剤薬局事務」。

薬剤の知識の他、医療保険制度の基礎、調剤報酬請求についての専門的な知識を学びます。

未経験から短期間で取得できる資格が多く、誰でも手に職をつけられる人気の資格です。

調剤薬局事務の仕事はすべて民間資格で、複数の資格があります。

調剤薬局事務に関する資格の一例

  • 調剤薬局事務士資格
  • 調剤事務管理士
  • 調剤薬局事務検定試験
  • 調剤事務実務士
  • 調剤報酬請求事務技能認定

登録販売者

登録販売者は、かぜ薬・鎮痛剤など一般用医薬品の販売ができる資格です。

ドラッグストアや薬局などに勤務し、知識に基づいた適切なアドバイスが求められます。

登録販売者は誰でも試験を受けられるのがメリットで、職場となるドラッグストア・薬局の数も多いです。

体力の要らない仕事が多く、定年後も登録販売者としての仕事は続けやすいでしょう。

資格取得に時間のかかる薬剤師が不足しているため、2009年改正薬事法によって新設された資格です。

介護福祉士実務者研修

介護職は無資格・未経験からも挑戦しやすい仕事で、50代、60代以降の女性も多く活躍している業界です。

介護福祉士実務者研修は、介護に関する専門的な知識を証明する資格で、合格率はほぼ100%。

この資格を持っていれば、国家資格である介護福祉士の受験資格が得られます。

介護業界で長く働きたいと思っている方におすすめの資格です。

資格なし50代女性におすすめの仕事

50代女性が未経験の仕事に就く場合、特別な資格が必要なく、年齢が不利にならない職種や業界を狙うのがおすすめです。

介護・福祉業界

  1. 少子高齢化の日本では将来性抜群
  2. 50代の寛容な人間性が求められている
  3. 資格支援制度が充実している

介護・福祉業界は未経験者も積極採用しており、入社後資格を取ればマネージャーや管理職などのキャリアも見えてきます。

「社会経験豊富な50代だからこそ、高齢者のわがままに苛立たず介護に当たれる」と考える企業は多いです。

福利厚生がしっかりしており、やりがいを得られるのも介護・福祉業界ならではの特徴と言えるでしょう。

飲食・サービス業界

  1. 未経験シニア層を募集する企業が多い
  2. 人と接する仕事がしたい方に最適
  3. 自由度の高い職場が見つかりやすい

ホテルの受付や飲食店のホール・キッチンなど、主に人と接する仕事です。

正社員採用はもちろん、パートや契約社員の採用もあるのが魅力でしょう。

課題としては職場の雰囲気に馴染めるかどうかが鍵を握ります。

若手も多い業界なので、人と関わるのに抵抗がない方に向いていると言えるでしょう。

工場・製造業

  1. 未経験でも正社員採用あり
  2. 50〜60代のシニア採用する企業も多数
  3. 男性・女性ともに求人あり

主に生産ラインでの業務を行い、安定した収入が得られるメリットがあります。

正社員として採用される可能性が高く、週5日で残業が少ないため50代でも働きやすいです。

営業

  1. コミュニケーション能力を活かせる
  2. 男性・女性ともに求人が豊富

「営業」は飛び込みなどの過酷な業務だけではありません。

業務内容は企業によって異なり、待機型のコールスタッフやメールでの営業が中心の仕事なども存在します。

資格は特に必要なく、過去の経験で培ったコミュニケーション能力が活かせるのもポイント。

男女ともに求人数も多いので、1つの選択肢として考慮すると良いでしょう。

【資格なし】50代女性が仕事を探せる転職サービス

特別な資格を持っていない50代の女性も、転職サービスを利用可能です。

50代女性の転職活動では、自分の状況や目的に合わせて、複数社サービスを併用するのがおすすめ。

今までの職歴やキャリアによって最適な方法は違うので、自分に合ったサービスを見つけて積極的に活用してみてください。

50代女性におすすめの転職方法

  1. 自分の強みが分かる診断サービス
  2. 転職エージェントを利用する
  3. キャリアを活かして転職

自分の強みが分かる診断サービス

志望動機や自己アピールを考える際、具体的な説明をするために必要なのが「自己分析」。

  1. 好きな仕事
  2. 不得意な仕事
  3. 過去の失敗談→改善した方法も作る
  4. 長所・短所
  5. やりがいを感じる瞬間

自己分析を行う際は、上記のような項目を徹底的に掘り下げて考えましょう。

また、自分の本来の強みとは、仕事中に発揮できるとは限りません。

仕事だけに捉われず、私生活も含めた自分自身の強みを全て洗い出しましょう。

どのように自己分析をすればいいか分からない時は、転職者向けの診断サービスを活用するのがおすすめです。

【おすすめ診断コンテンツ】
ミイダス(MIIDAS)
リクナビNEXT
診断名称
コンピテンシー診断
パーソナリティ診断
グッドポイント診断
所要時間
25分
15分
30分
質問数
152問
128問
293問
内容
職務適性
上下関係適性
ストレス要因
など
生まれ持った個性・コンディション
慎重性
感受性
親密性
など
診断可能
回数
1回のみ
料金
無料

転職エージェントを利用する

転職の方向性がある程度定まっている場合は、少しでも失敗の可能性を減らすために転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用すれば、書類作成から面接日程の確保、自己分析のサポートまで、様々なサービスを全て無料で受けられます。

50代も使える転職エージェント

リクルートエージェント doda
転職エージェント
主なサポート対象者 全転職者に対応 大卒以上
関東・東海・関西の転職者
支援実績 採用成功実績は54万人超 業界30年の採用成功実績
特徴 業界最大手
求人数No.1
面接対策が充実
6割が年収アップ
求人約10万件
非公開求人多数
丁寧なサポート
公式サイト

キャリアを活かして転職

これまでのキャリアに自信のある方はスカウト型転職サイトを利用する方法が効率的です。

サイトに登録して経歴を登録しておけば、企業側から声がかかる仕組みになっています。

スカウト型の転職サイト2選

リクルートダイレクトスカウト ビズリーチ
転職
サイト
ハイクラス向けスカウト型(オファー型)転職サイト「リクルートダイレクトスカウト」
ハイクラス向けスカウト型(オファー型)転職サイト「ビズリーチ」
主なサポート対象者 ハイキャリア
管理職クラス
年収500万円以上の転職者
ハイキャリア
管理職クラス
年収500万円以上の転職者
入会審査 なし あり
サービス スカウト型(オファー型) スカウト型(オファー型)
実績 転職時の平均年収900万円 年収1,000万円以上の人から支持される転職サイトNo.1
特徴 完全無料
年収800~2000万円求人多数
一流ヘッドハンター指名可
求人数9万件超
求人の1/3が年収1000万円超
企業からの面談確約スカウト
公式サイト
会員登録後にレジュメを詳細まで入力するとスカウト率が大幅アップ!

資格なし50代女性が転職活動を成功させるコツ

資格を持たない50代が転職を成功させるには、以下3つの行動を重視してみてください。

  1. 働きながら資格が取れる職種を狙う
  2. 未経験からスキルが身につく仕事を選ぶ
  3. 正社員以外の雇用形態も考慮する
  4. 資格取得を優先して転職を遅らせない

1.働きながら資格が取れる職種を狙う

職種によっては、働きながら資格が取れる仕事もあります。

「資格取得は転職活動で有利になりにくい」と解説しましたが、資格取得で給与が上がる可能性は皆無ではありません。

資格で給与が上がる例

  1. 介護業界へ転職
  2. 勤務しながら介護福祉士の資格を取得
  3. 年収アップ、仕事の範囲が増える

上記のように働きつつ資格が取れる職業であれば、はじめは条件が悪くても資格取得後に給与アップが期待できるでしょう。

会社によっては資格取得支援を行っている場合もあります。資格によって任される仕事の範囲も広がり、やりがいも得られるはずです。

2.未経験からスキルが身につく仕事を選ぶ

未経験OKの職種に転職して、スキルを身につけていくのも戦略の1つとして有効です。

現在進行形で伸びている業界であれば下記のような流れも不可能ではありません。

  1. 未経験で入社
  2. 徐々にスキルを習得
  3. 企業の即戦力として活躍

3.正社員以外の雇用形態も検討

資格なし50代の転職・就職では、正社員以外の雇用形態も視野に入れるとよいでしょう。

  • 派遣社員
  • 契約社員
  • パート

幅広い選択肢から職探しをすれば、自分の希望と合致する仕事が見つかるかもしれません。

契約社員等として入社後、スキルをつけて独立する選択肢もあります。

転職成功の可能性を広げるためにも、雇用形態に囚われず柔軟に対応しましょう。

4.資格取得のために転職を遅らせない

「転職するために〇〇の資格を取ろう!」と資格優先で転職活動を遅らせるのはおすすめできません

転職に役立つとなると難易度の高い資格を狙わなければならず、勉強に時間を費やせば年齢もその分上がってしまいます。

企業によっては55歳の資格保有者と50歳の無資格者であれば、年齢の若い後者を選ぶ場合もあるのです。

50代は転職活動も時間がかかるので、転職を成功させたい方は少しでも早くスタートを切るのをおすすめします。

50代女性は資格なしでも転職可能!資格取得する場合は的を絞るべき

20代であれば資格取得が有利に働く場合も多いですが、50代では条件が変わってきます。

あなたを求める業界や職種を分析して戦略を練るのがポイントとなるでしょう。

未経験から入社して、後から資格を取得できる企業を探すのも一つの手です。

資格取得を目指す場合は短期間で習得でき、転職に活かせる資格だけに的をしぼるのをおすすめします。

自分に合った資格への取り組み方で、後悔のない転職活動をしてくださいね。

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。

複数の転職支援サービスを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめは、実績No.1の『リクルートエージェント』と、20~30代向けの『マイナビエージェント』です。

『生涯学習のユーキャン』で転職したい業界・職種に役立つ資格を取得すれば、転職活動を有利に進められます。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
幅広い業界・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!各職種の転職事情を熟知した手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\Q&Aに答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:おすすめ転職エージェントを厳選!おすすめの選び方と絶対失敗しない活用法

RECOMMEND

関連記事