最終更新日:

50代資格なしでも転職できる?資格よりも優先するべき行動リスト

50代資格なしでも転職できる?資格よりも優先するべき行動リスト

「定年退職を見据えて最後の転職がしたい」

50代のあなたもこのように考えているのではないでしょうか。

「でも、資格なんて持ってないし誇れるスキルもない。そんな自分には転職自体が難しいかな…」

資格を持たない50代であれば、上記のような不安を抱えている方も多いはず。しかし、高齢化が進む日本では50代の人材を求める業界も少なくありません。資格なしだったとしても、的を得た転職活動を行うことで成功を掴み取ることができます。

では一体どんなポイントを重視すれば良いのでしょうか。本記事では

  • 資格なしでも転職できるのか
  • むしろ資格は転職に有利なのか
  • 転職成功のために取るべき行動

など、50代のあなたに向けた転職活動の知識を徹底解説します。転職活動で失敗したくない方は、ぜひじっくり読んでみてくださいね。

50代資格なしでも転職はできるのか?

「50代でしかも資格がない自分に転職なんてできるのかな?」と漠然とした不安を持っている方も多いでしょう。

しかし、結論から言えば「50代で資格を取得しても転職活動で有利になるとは限らない」と言えます。なぜなら、同じ資格を取得している若手がいた場合、企業は年齢の若い人材を採用するからです。

また、これから資格を取得しようとすれば、転職活動を行うまでにタイムラグが生まれます。定年が間近に迫る50代では、資格取得よりも迅速な転職活動を行うことが大切なのです。

「資格を取って理想の企業に転職したい」

このように考える方は多いですが、年齢によるハードルがあるのが実情です。今の仕事を辞めて新しい会社に転職したいと考えるなら、資格取得ではなく年齢が不利にならない職種や業界を狙うことをおすすめします

理想の企業に的を絞るのではなく、あなたのスペックを求める企業を探すことで50代資格なしでも転職成功を掴み取ることができるでしょう

資格なしの50代が転職活動で取るべき行動

資格を持たない50代が転職を成功させるには、以下3つの行動を重視してみてください。

  1. 働きながら資格が取れる職種を狙う
  2. 未経験からスキルが身につく仕事を選ぶ
  3. 正社員以外の雇用形態も考慮する

1.働きながら資格が取れる職種を狙う

職種によっては、働きながら資格が取れる仕事もあります。「資格取得は転職活動で有利になりにくい」と解説しましたが、資格を取ることで給与を上げることは可能です。例を挙げてみましょう。

  1. 介護業界へ転職
  2. 勤務しながら介護福祉士の資格を取得
  3. 年収アップ、仕事の範囲が増える

上記のように働きつつ資格が取れる職業であれば、はじめは条件が悪くても資格取得後に給与アップなどを期待できるでしょう。会社によっては資格取得支援を行っていることもあります。資格を取ることで任される仕事の範囲も広がり、やりがいも得られるはずです。

2.未経験からスキルが身につく仕事を選ぶ

未経験OKの職種に転職して、スキルを身につけていくのも戦略の1つとして有効です。現在進行形で伸びている業界であれば

  1. 未経験で入社
  2. 徐々にスキルを習得
  3. 企業の即戦力として活躍

というシナリオを描くこともできるでしょう。分かりやすい例としてはIT業界が挙げられます

  • プログラミング
  • Webデザイン
  • 動画編集

上記の分野は今後も需要が伸びる傾向にあり、人手が不足しています。現在では無料で学べるプログラミングサービスなども充実しているため、スキルを学びつつ仕事に活かしていくことも可能です。

また、数年企業で働いた後、フリーランスとして独立することもできます。50代になると体力も衰えてきますが、パソコンで完結する仕事であれば、心配はいらないでしょう。将来性のあるスキルを習得することで、50代という年齢をカバーできるのです。

3.正社員以外の雇用形態も考慮する

「資格なし」で「50代」という年齢を考慮して転職を見据えるなら、正社員以外の雇用形態も視野に入れましょう

  • 派遣社員
  • 契約社員
  • パート

上記のように正社員以外でも収入を得ることは可能です。正社員以外の雇用形態を含めれば、求人企業のバリエーションも増やせます。幅広い選択肢から職探しができれば、あなたの理想とマッチした仕事が見つかるかもしれません。

また、契約社員として入社しスキルをつけて独立などもできるはずです。転職成功の可能性を広げるためにも、雇用形態に囚われず柔軟な対応を取るようにしましょう。

資格なし50代におすすめの転職先5つ

ここでは、資格がない50代でも転職可能な業界を5つ例として紹介します。

工場・製造業

1つ目は工場や製造に携わる業界です。

  1. 未経験でも正社員採用あり
  2. 50〜60代のシニア採用する企業も多数
  3. 男性・女性ともに求人あり

主に生産ラインでの業務を行い、安定した収入が得られるメリットがあります。正社員として採用される他、週5日で残業が少ないという特徴もあり50代でも働きやすい環境と言えるでしょう。

介護・福祉業界

2つ目は介護や福祉業界です。

  1. 少子高齢化の日本では将来性抜群
  2. 50代の寛容な人間性が求められている
  3. 資格支援制度が充実している

未経験者も積極採用しており、入社後資格を取って仕事に従事すればマネージャーや管理職などのキャリアパスも見えてきます

「社会経験豊富な50代だからこそ、高齢者のわがままに苛立つことなく介護に当たれる」と考える企業は多いものです。福利厚生もしっかりしており、やりがいを得られるのも介護・福祉業界ならではの特徴と言えるでしょう。

警備・建築業界

3つ目は警備・建築業界です。

  1. 50代男性を積極採用
  2. 業務内容を簡単に覚えられる
  3. 体力に自信のある方向け

交通整備やビルの警備・清掃などが主な業務内容です。資格を取得する必要はなく、仕事内容もシンプルなものが多いので物覚えに自信がない方でも安心して始められます

年齢的なハードルはなく50代を採用する企業も多い反面、体力が必要な仕事というデメリットも。過去に建築業経験がある方は、スムーズに転職できるでしょう。

飲食・サービス業界

4つ目は飲食・サービス業界です。

  1. 未経験シニア層を募集する企業が多い
  2. 人と接する仕事がしたい方に最適
  3. 自由度の高い職場が見つかりやすい

ホテルの受付や飲食店のホール・キッチンなど、主に人と接する仕事です。ホールスタッフとして転職した後、経験を積んでキッチン→店長→スーパーバイザーなどキャリアアップすることもできます

正社員採用はもちろん、パートや契約社員の採用もあるので転職成功の可能性も高められるはずです。課題としては職場の雰囲気に馴染めるかどうかが鍵を握ります。若手も多い業界なので、オープンマインドな性格の方に向いていると言えるしょう。

営業

5つ目は営業業界です。

  1. ポータブルスキルが役立つ
  2. コールスタッフなどの求人も多数
  3. 男性・女性ともに求人が豊富

営業と聞くと飛び込み型を想像する方も多いと思います。しかし、営業の業務内容は実に多岐に渡り、待機型のコールスタッフやメールでの営業が中心のものなど様々です。

資格は特に必要なく、過去の社会人経験で培ってきたコミュニケーション能力や語彙力などのポータブルスキルを活かせるのもポイント。男女ともに求人数も多いので、1つの選択肢として考慮すると良いでしょう。

50代で資格なしの転職者が注意するべきこと

最後に資格なしの50代が転職活動をする際に注意すべきことを解説します。

  1. 中途半端な自己分析はしない
  2. 体力やメンタルに合った職種を選ぶ
  3. 資格取得を優先して転職を遅らせないこと

1.中途半端な自己分析はしない

転職活動では客観的に強みと弱点を把握するためにも、自己分析を徹底しましょう。自己分析が中途半端だと

  • 企業にアピールすべきポイントが分からない
  • 転職市場での立ち位置が把握できない
  • 企業とのミスマッチが起こりやすい

などの問題が生じます。50代の多くが書類審査の時点で不採用となる現実がありますが、これは自己分析不足が1つの原因になっているのです。

例えば志望動機でもありきたりな言葉と具体性のある言葉では、説得力に雲泥の差が生まれます。企業が求める人材像にあなたの長所を当てはめるには、自己分析から見えてくる具体的なメッセージが重要です。

  • 好きな仕事
  • 不得意なこと
  • 過去の失敗談→改善した方法も作る
  • 長所・短所
  • やりがいを感じる瞬間

自己分析を行う際は、上記のような項目を徹底的に掘り下げて考えましょう。解像度を上げて自分を分析することで、転職成功の光が見えてきます。

2.体力やメンタルに合った職種を選ぶ

50代は20〜30代と比較して疲労を感じやすくなります。そのため、仕事を選ぶ際はあなたの体力やメンタルへの負担を考慮するべきです。

どんなに力に自信があっても、エネルギッシュな若手社員に対抗しようと思えば相当な重労働になってしまうでしょう。体力の消耗は精神的にもネガティブになりやすく、うつ病のリスクを高めてしまうことも。50代だからこそ身の丈に合った企業選びを意識してくださいね。

3.資格取得を優先して転職を遅らせないこと

前述した通り、資格優先で転職活動を遅らせることはおすすめできません。「転職するために〇〇の資格を取ろう!」と計画を立てた場合、学習から試験を受けるまでに時間を要します。転職のための資格取得を考えると、必然的に難易度の高い資格を狙わなければなりません。

学習時間に半年から1年ほど時間を費やせば、年齢もその分上がってしまいます。企業によっては55歳の資格保有者と53歳の無資格者であれば、年齢の若い後者を選ぶこともあるのです。

50代は転職活動も時間がかかるものなので、転職を成功させたい方は少しでも早くスタートを切ることをおすすめします。

まとめ

結論は「50代資格なしでも職種によって転職は実現できる」です。

20代であれば、資格取得が有利に働くことも多いですが、50代では条件が変わってきます。「転職を成功させる」という目標を達成するには、あなたを求める業界や職種を分析して戦略を練るのがポイントです。

仕事は人間関係に終始します。良質な人間関係があれば、未経験の分野でも「ここに転職して良かった」と思えるはずです。全く知らない業界であっても、あなたの過去の経歴が活用できる可能性が眠っています。

固定観念を捨てて視野を広げれば「この仕事良いかもしれない」と思える職場に出会えるものです。あなたの人生の幸福度が上がるような転職を目指して、後悔のない転職活動を行っていきましょう。


RECOMMEND

関連記事