最終更新日:

ジェイック(JAIC)の集団面接会で効率よく正社員に!注意点や攻略法を大公開

ジェイック(JAIC)の集団面接会で効率よく正社員に!注意点や攻略法を大公開

「正規雇用じゃないから収入が低い。」
「周りに正社員が多いから自分もなりたい。」
「職歴が浅くてなかなか正社員になれない。」

こんな悩みを持つ人には「ジェイック」の就職支援サービスがおススメです。

そして、ジェイックがオススメな理由の一つに、職歴の浅い方々でも就職が決まりやすい集団面接会があります。

今回はジェイックの集団面接会とはどのような内容か、またメリット・デメリット、内定を得るコツについてご紹介します。

ジェイック(JAIC)の集団面接会のオススメ理由4つ

ジェイックの集団面接会は、10~20社の企業と20名ほどの求職者が、2日間に分けて総当たりで面接します。

そして面接の結果、企業と求職者の双方が好印象であれば、企業の個別面接に進むといった流れです。

さらにジェイックの集団面接会では書類選考が免除されるため、最短2週間で就職が決まるケースもあります。

そんなジェイックの集団説明会がオススメな理由は以下の4つあります。

    <集団説明会がオススメな4つの理由>

  1. 書類選考不要で必ず20社と面接できる
  2. 事前の研修で面接対策を手厚く学べる
  3. 面接できるのは優良企業ばかり
  4. 企業紹介で社内の雰囲気まで知れる
集団面接会は一度に面接できる企業数が多く、書類選考の期間も短縮できるため非常に効率が良い

書類選考不要で必ず20社と面接できる

ジェイックの集団面接会は、5日間の研修を全て受講しているのを条件に、書類選考不要で面接を受けられます

また、集団面接会に参加する企業はジェイックにより選別された未経験者の採用に協力的な企業ばかりです。

そのため、たとえこれまでの職歴が浅かったりなかったとしても、平等に話を聞いてくれるでしょう。

職歴のない求職者は書類選考の時点で落とされるケースもあるわ。その書類選考を省略できるのは大きなメリットね☆

事前の研修で面接対策を手厚く学べる

ジェイックでは、集団面接会に参加する前に5日間の研修を受ける必要がありますが、この研修により面接対策を手厚く学べます

その内容は、面接時の質問方法・注意点や、面接官役と求職者役に分かれて行う面接ロールプレイなど、講義形式から実習形式まで幅広い内容になっています。

講義で学んだ内容をすぐに実習で確認できるのは嬉しいね。それに何度もやることで本番にも強くなれそうだ!

↓ジェイックの研修内容はこちらを参照↓

面接できるのは優良企業ばかり

集団面接会に参加する企業は、あらかじめジェイックにより選別されています。

「若手の育成に理解がない」「離職率が高い」といったブラック企業は除外されているため、安心して長く働ける企業を選べます。

    <ジェイックが参加を断る企業・職種>

  1. 従業員数が10名未満の企業
  2. 社員の教育や定着・活躍に興味のない企業
  3. 保険を含む金融業界、投資用不動産業界、アミューズメント業界の企業
  4. フルコミッション型営業職の採用

この他にも、ジェイックの担当者が実際に企業に足を運んで社内の雰囲気から福利厚生まで確認しています。

ジェイックは就職後の定着と活躍までを考えて、企業の選別をしているの☆ただ企業に紹介して終わり、なんてことはないから安心できるわね♡

就職後の定着率が良い

集団面接会の企業が優良企業かつジェイックによる入社後のサポートも手厚いため、就職後の定着率は91.3%と非常に高いです。

こういった業績が認められ、ジェイックは平成27年度職業紹介優良事業者に認定されています。

ジェイック(JAIC)入社後定着率

(※1)

「職業紹介優良事業者」として国から認定されるには、厚生労働省の掲げる72項目の審査基準をクリアする必要があるの☆全国に18,000社ある人材紹介会社のうち、たった42社しか認定されていない、とても厳しい認定制度なのよ♪

企業紹介で社内の雰囲気まで知れる

集団面接会の前に、ジェイックの担当者から求人企業についてプレゼンテーションが1社20分ほどあります。

求人票に載っている表面的な内容だけでなく、企業の雰囲気や採用担当者の人柄など、内側の部分までを教えてもらえます。

求人票の内容から企業の内情までわかれば、より「企業が求めている人物像」を想像できて自己アピールがしやすいわ♪

↓集団面接会に参加する↓
https://www.jaic-college.jp/

ジェイック(JAIC)の集団面接会での注意点

参加企業の数・職種などにバラつきがある

優良企業の求人が常に一定数あるわけではないので、参加する面接会によっては企業の職種や数などにバラつきがあります。

しかし気に入った企業がなければ次の面接会に参加できます。そうすれば結果的に、企業の選択肢を増やせるでしょう。

また、基本的に参加企業は職歴が浅くても就職しやすい中小企業が多く、職種も半数近くが営業職です。

半数近くが営業職と言っても、他の職種がないわけじゃないわ☆エンジニア職や事務などの仕事に就く子もいるから安心して♡

集団面接会の求人は中小企業や営業職が多い。
参加するタイミングによっては企業の数や職種などにバラつきがでる。

1社あたりのアピール時間がおよそ5分

面接でのアピール時間について
求職者は2人1組で、1社の企業と約12分面接できます。そのうち企業からの簡単な自己紹介の時間が2分程度あり、残りの時間を求職者2人で分けますので、1人当たりのアピール時間は約5分です。

集団面接会で企業1社に対してアピールできる時間は1名5分程度と一般的な面接時間と比べると短いです。

数分で自分のよさをアピールするとなると難しいと感じる人もいるかもしれません。

ですが、事前に企業には求職者の履歴書を渡しており、求職者には参加企業のプレゼンと求人票の配布をしているため、当日は企業担当者との質疑応答に多くの時間を費やせます

さらに、求職者には面接対策の研修で短時間でのアピール方法を学べるため、面接時間が短くても自分の良さを伝えるのは十分可能です。

5分は短いけれど、あなたの良さを全て伝えようとする必要はないわ。企業とフィーリングが合うかどうかが大事なの。そうすれば次の個別面接に進めるわよ☆個別面接では時間はたっぷりあるから、十分企業に自己アピールできるわ♪

    <短い面接時間をカバーできる理由>

  1. 事前に企業のプレゼンをしてくれる
  2. 企業にも前もって履歴書を渡している
  3. 面接対策のロールプレイング研修がある

集団面接会で「欲しい人材」になるには

集団面接会は複数企業の面接を効率よく行える一方、人気企業にはライバルが集中してしまうといった側面があります。

そのため、短い時間でいかに自分をアピールできるかが重要なポイントとなってくるでしょう。

条件のいい企業があれば、みんなそこに行きたくなるのは当然だよね・・・ライバルに勝つにはどんな所をアピールすればいいんだろう?

ライバルに勝つには、自分をいかに「欲しい人材」だと思わせるかが重要よ!企業のニーズをちゃんと理解して、それを満たせるようライバルよりも努力することが内定を得るコツなの☆

研修の成果で企業のニーズを満たす

近年の企業が人材に求めるものは「自らで考え行動する主体性」と「コミュニケーション能力」です。

また、20代は今後の成長が期待されているので、これから仕事を覚えるうえで困難にぶつかっても「挫けない心」や乗り越えるための「やる気、熱意」も求められています。

    <企業が求めているもの>

  1. 主体性
  2. コミュニケーション能力
  3. 挫けない心
  4. やる気

ネット上の利用者の声には「企業のニーズ」に合った自己アピールをするために、ジェイックの研修成果を伝えたとありました。ジェイックの研修は厳しいですが、それだけ企業から信頼されています

ですので、厳しい研修でうまくいかなかった所や、どうやって乗り越えたかを説明すれば、「難しい問題に直面しても挫けず、自分で考え成長できる熱意のある人材」であると伝えられます。

そして、この説明が分かりやすければコミュニケーション能力も同時にアピールできます。

参加企業はジェイックの研修内容を把握しているから、比較的話も伝わりやすいと思うわよ☆この時、企業が求めている4つの能力をうまく絡めたエピソードにすることが、良い自己アピールをするためのポイントね☆

個人での企業研究、自己分析を徹底する

ライバルに差をつけるためにはジェイックの研修だけに頼るのではなく、自ら企業研究や自己分析の深掘りをするのも有効でしょう。

企業研究

ジェイックからの企業紹介に加えて、自分でも企業研究を行いましょう。そうすれば、より正確に企業の求める人材像を把握でき、ライバルよりも的確な自己アピールができます。

自己分析

ジェイックの集団面接会では上辺だけの志望動機より、人材の人間性を見る質問が多くなるといった書き込みがあります。

例えば、「どうしてジェイックを利用したのか」や「ジェイックの研修を受けてどう感じたか」などのその人材の考え方や、何か問題にぶつかった際の対応をみる質問です。

自己分析を徹底すると簡潔に自分を説明し、良い所をアピールできるようになります。

ジェイック(JAIC)の集団面接会なら効率よく正社員を目指せる

    <ジェイックの集団面接会まとめ>

  1. 書類選考不要で必ず20社と面接できる
  2. 事前の研修で面接対策を手厚く学べる
  3. 未経験者の採用に積極的な企業が参加

ジェイックの集団面接会はデメリットもあるけど、職歴が浅くて就職や転職がうまくいかない20代にはおススメの効率の良い就職サービスだね。

集団面接会を成功させるコツは「企業のニーズに合った自己アピールを効率よく行う」こと、「ライバルに勝つために個人で努力」することよ。今、フリーターや無職だとしても、20代なら今から巻き返せるわ☆ジェイックは厚労省の審査に合格した「職業紹介優良事業者」だから安心して任せられるわ。気になるなら挑戦してみましょう♪

JAIC(ジェイック)

社会人未経験からの就職成功率80%超!
18~39歳なら誰でも研修に参加可能。
ビジネス基礎から面接対策まで、
就職活動に必要な全スキルを一気に学べる!

【公式サイト】https://www.jaic-college.jp/
登録はたったの3STEP!

(※1 出典:就職カレッジの実績/JAIC公式サイト)

働く悩みを“ゼロ”に
今よりいい会社に転職しませんか?

転職活動は転職エージェントを活用した方が効率的です。
複数の転職エージェントを併用すると希望通りの転職が実現しやすくなります。

リバティワークスのおすすめ転職エージェントは、転職成功実績No.1の『リクルートエージェント』と、20代・30代に人気の『マイナビエージェント』です。

自分の市場価値がわかる『ミイダス』も利用すれば転職成功率はさらに上がります。

登録はスマホ一つで簡単!最短3分で完了!
転職エージェントのサポートは完全無料なので、まずは気軽に転職の相談をしてみましょう。

リクルートエージェント公式へ

転職実績No.1!非公開求人10万件以上!
圧倒的な求人数であらゆる業種・職種を網羅する業界最大手の転職エージェント。

特に20~30代の転職決定者が多く、営業職やIT系に強い。充実の面接対策も人気!

マイナビエージェント公式へ

20代に信頼されている転職エージェントNo.1!登録者の76%が35歳以下で手厚いサポートに定評アリ。

主に中小企業で独占求人が多く、IT系にも強い。転職回数が少ない求職者は転職活動が有利に進む。

現在の年収が500万以上ならハイクラス転職サイトがおすすめ!
ビズリーチ公式へ

求人の3割以上が年収1,000万円超のハイクラス転職サイト。レジュメを見た企業やヘッドハンターから直接スカウトされるため採用率が高い

必ず面談or面接できる「プラチナスカウト」では役員や社長面接確約も。キャリアアップを目指す人は外せないサービス。

\17の質問に答えるとスカウト率アップ!
ビズリーチ公式へ
関連記事:これを読むだけで転職成功率アップ!?厳選おすすめ転職エージェント18選

RECOMMEND

関連記事